ゲイリー・マーシャル 関連記事

  • 映画『プリティ・ウーマン』のリチャード・ギアとジュリア・ロバーツ

    ジュリア・ロバーツ、『プリティ・ウーマン』の悲惨なオリジナルエンディングを回顧

    映画

     娼婦と実業家の恋愛を描く『プリティ・ウーマン』で、アカデミー賞主演女優賞に初ノミネートされた女優のジュリア・ロバーツ。恋愛映画として大ヒットしたが、当初は『3000』というタイトルで、ジュリアが演じたビビアンがエンディングでひどい扱いを受ける内容であったことを振り返った。@@cutter Varietyの特集で、女優のパトリシア・アークエットと対談しているジュリア。『プリティ・ウーマン』の話題は、パトリシアもオーディションを受けていたという話で始まった。パトリシアが脚本のエンディングがとてもヘビーな内容だったと回顧すると、ジュリアが「ビビアンは車から放り出されて、体の上にお金をばらまかれる。そう記憶しているわ。彼らはビビアンを汚い路地に置き去りにして、車で去っていく」と続けている。  “3000”とは、ビビアンが俳優のリチャード・ギア演じるエドワードから1週間の“サービス”の報酬として受け取る3000ドルのこと。ジュリアは主役を射止めたが、もとの製作会社が会社をたたんでしまい、3日後には失業してしまったという。  その時のプロデューサーの1人が企画をキープし、最終的にディズニーに企画が渡ったという。「私は“ディズニーですって? アニメにするの?”と思ったわ」とジュリア。「それからゲイリー・マーシャル(監督)が参加することになって、彼ができた人だったから、主役を射止めて3日で失業した私に会うのが当然と思ってくれたの」と説明。その後、脚本がガラリと変わり、自分でもできそうと思ったそうだ。ジュリアはオリジナルの脚本のままだったら、ビビアンを演じきる自信がなかったことを明かした。

  • 『プリティ・プリンセス3』の制作に光?(※『プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング』より)

    『プリティ・プリンセス』第3弾、原作者が脚本の存在を明かす

    映画

     オスカー女優アン・ハサウェイがブレイクするきっかけになったゲイリー・マーシャル監督作『プリティ・プリンセス』。2002年の1作目のヒットを受け、2004年には続編『プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング』が制作されたが、何度か浮上しては消えた第3弾企画が完全には白紙になっていないことを原作者のメグ・キャボットが語ったという。@@cutter 『プリティ・プリンセス』は内気で冴えない高校生のミアが主人公。ヨーロッパのジェノヴィア国という小さな国の王位継承者だったことが判明し、疎遠だった祖母の女王から英才教育を受けるというストーリー。アンがミア、ジュリー・アンドリュースがクラリス・レナルディ女王を演じた。  2016年にマーシャル監督は他界したが、アンとジュリーは監督へのトリュビュートとして第3弾を実現させたいと語っていた。3作目のストーリーについてアンにはアイデアがあるとのことだった。  キャボットはEntertainment Weeklyとのインタビューで、関係者の間にはマーシャル監督へのトリビュートとして、第3弾を制作する関心があると認めたという。発言に注意を払い、脚本が存在すること以外は何も明言しなかったそうだが、「どうなるかしらね。言われているとおり、現実になるかも知れないわ」とキャボット。笑いながら「言うことを禁止されているのよ」と述べ、「でも(第3弾は)本のほうではなく、映画の展開に沿う形になるかしら。最後に読んだ脚本では、ミアは異人種間の妹がいることを発見することはなかった。個人的にはそのほうが面白いと思うけど、脚本ではその方向には展開してなかったわ」と明かしたという。  キャボットが執筆した『プリンセス・ダイアリー』シリーズの姉妹本『From the Notebooks of a Middle School Princess(原題)』シリーズでは、ミアよりもだいぶ年下の腹違いの妹オリヴィアが主人公になっている。

  • 『プリティ・ウーマン』撮影中のジュリア・ロバーツとゲイリー・マーシャル監督

    『プリティ・ウーマン』ゲイリー・マーシャル監督が死去

    映画

     『プリティ・ウーマン』『プリティ・プリンセス』『バレンタインデー』などを手掛けたゲイリー・マーシャル監督が現地時間19日、カリフォルニア州にある病院で亡くなったことが分かった。 海外メディアUSA TODAYが伝えたところによると、肺炎による合併症が死因、81歳だった。@@cutter マーシャル監督は1934年、アメリカ・ニューヨークで誕生。喜劇ライターとしてキャリアをスタートし、テレビ番組『The Tonight Show with Jack Paar』の脚本を担当。1970年には『おかしなカップル』でジェリー・ベルソンと共同で初めてテレビドラマの脚本を務めると、その後『ハッピーデイズ』『ラバーン&シャーリー』『モーク&ミンディ』など数々のテレビドラマ製作に携わった。  そして80年代には映画『フラミンゴキッド』『潮風のいたずら』『フォエバー・フレンズ』、90年代にはリチャード・ギアとジュリア・ロバーツ共演の大ヒット作『プリティ・ウーマン』を監督。ジュリアはアカデミー主演女優賞にノミネートされ、ハリウッドのトップ女優になるきっかけを作った。そのほかに、アン・ハサウェイ主演『プリティ・プリンセス』シリーズのほか、『バレンタインデー』『ニューイヤーズ・イブ』なども手掛けた。  また、ロバート・ダウニー・Jr出演の『ソープディッシュ』、トム・ハンクス、マドンナらが出演した野球映画『プリティ・リーグ』、アニメ『チキン・リトル』(声の出演)など俳優としても活躍した。  マーシャル監督の死を受け、著名人からは哀悼のコメントが発表され、『プリティ・ウーマン』出演のジェイソン・アレクサンダーは、「マーシャル監督は俳優人生で最も素晴らしい経験を僕に与えてくれた。ありがとうございます。やすらかに」、『Lの世界』の女優マーリー・マトリンは「ハリウッドの天才が亡くなられました。素敵な方でした」とツイートしているほか、俳優のドナル・ローグ、ゼルダ・ウィリアムズも哀悼の意を表している。

  • アン・ハサウェイ出演で『プリティ・プリンセス』第3弾を製作か

    『プリティ・プリンセス』第3弾、アン・ハサウェイ続投で製作か

    映画

     女優アン・ハサウェイがブレイクするきっかけになった2001年のロマンチック・コメディ『プリティ・プリンセス』。2004年に続編『プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング』が製作された人気作品とあり、10年以上の歳月を経て第3弾製作の可能性が出てきたという。同シリーズの監督ゲイリー・マーシャルが海外メディアPeopleに明かした。@@cutter 冴えないアメリカの女子高生ミアが、小さな国の唯一の王位継承者であるプリンセスだったことで巻き起こる騒動を描く『プリティ・プリンセス』シリーズ。マーシャル監督はPeopleに対して「2週間ほど前にアン・ハサウェイと一緒だったんだ。マンハッタンを舞台に『プリティ・プリンセス3』をやりたいなという話になった」と明かしたという。  「アン・ハサウェイは今まさに妊娠中だから、出産が終わるまで待たなくてはならないが、その後に製作することになるのではないかな」とのことだ。  『プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング』でアン演じるミアの相手役ニコラス・デヴロー卿を演じたクリス・パインが出演する可能性については、「もしかしたらね。ご存じの通り、彼は大物になったから」と、マーシャル監督も確かではない返事だ。しかしPeopleいわく、クリスは以前、第3弾への出演を検討する意思があることを示していたという。  2015年夏に製作されると一部で伝えられたが特に動きはなく、誤報ということで1度は収まった『プリティ・プリンセス』第3弾。今回はマーシャル監督の口からこぼれた話だが実現することになるのか、続報を楽しみにしたい。

  • ゲイリー・マーシャル監督が映画『プリティ・ウーマン』をブロードウェイ・ミュージカル化(※映画『プリティ・ウーマン』より)

    『プリティ・ウーマン』、ブロードウェイ・ミュージカル化企画が始動!

    映画

     オスカー女優ジュリア・ロバーツの出世作で、世界中で大ヒットしたシンデレラストーリー『プリティ・ウーマン』(90)。監督を務めたゲイリー・マーシャルが、映画公開から25年が経った現在も根強い人気を誇る本作のブロードウェイ・ミュージカル化企画を進めていることを明かした。@@cutter 本件については既に憶測が飛んでいたが、マーシャル監督は「初めて『プリティ・ウーマン』を手がけた時に、とても楽しい思いで作れたので、もう一度ブロードウェイ・ミュージカルで試しています」と、声明文の中で企画を進めていることを肯定したという。「舞台化する権利を取得しました」とのことだ。  ブロードウェイ・ミュージカル化は、映画版の脚本を執筆したJ・F・ロートンや、映画『ミッション:インポッシブル』シリーズや『アウトロー』(13)のプロデューサーとして知られるポーラ・ワグナーが参加するそうだ。  映画『プリティ・ウーマン』は、ジュリア扮する娼婦のヴィヴィアンと、仕事一筋の孤独な実業家エドワード(リチャード・ギア)が出会い、一週間という期限付きの“恋人契約”を結び行動を共にするうちに、真実の愛に目覚めるというラブストーリー。ロイ・オービソンの歌う主題歌『オー・プリティ・ウーマン』がリバイバルヒットし、世界興行収入約4億6300万ドル(約550億円)の大ヒットとなった。

  • 「プリティ・ウーマン」監督がジュリア・ロバーツにお仕置き!

    「プリティ・ウーマン」、あの有名シーンはジュリア・ロバーツへのお仕置きだった!

    映画

     映画の大ヒットと共にジュリア・ロバーツが大ブレイクを果たしたロマンス映画「プリティ・ウーマン」(90)について、監督のゲイリー・マーシャルが驚きの撮影秘話を明かしている。@@cutter 同作の印象的なシーンとして知られる“宝石箱に手を挟まれる”場面。なんと、これはロバーツに対する“お仕置き”として撮影されていたのだという。撮影当時、まだ20代前半で、夜遊びに繰り出すことも多かったというロバーツ。  マーシャル監督はEntertainment Tonightのインタビューで「彼女はまだ子供で、パーティ三昧。時には夜ふかしをした挙句、寝ぼけまなこで現場に来ることもあったんだ」。これを懲らしめようと妙案を思いついた監督は、共演のリチャード・ギアにある相談を持ちかけたそう。「リチャード、彼女の目を覚ましてやろう。宝石箱に手が届いたら、フタで噛みついてやれ」。  柔らかい箱なので、ケガをさせることもないと考えてのことだった。「あのシーンの採用を決めたのは、最後の最後だった。結局それが、この映画のトレードマークになったんだよ」。

  • 「ニューイヤーズ・イブ」のロバート・デ・ニーロ。こちらはハル・ベリーとの共演シーン

    「ニューイヤーズ・イブ」でデ・ニーロは寝ていた!? 共演女優が暴露

    映画

      「プリティ・ウーマン」(90)のゲイリー・マーシャル監督がメガホンを取った超豪華オールキャスト映画「ニューイヤーズ・イブ」。大晦日のニューヨークを舞台に8組の人々の絆を描いたこのヒューマン・ドラマで、ロバート・デニーロと初共演を果たしたヒラリー・スワンクが共演時の思わぬエピソードを明かした。 @@cutter   本作でデ・ニーロが演じたのは頑固で偏屈で孤独な老人。詳しいストーリーは伏せるが、いよいよ死期が迫っているという役どころ。スワンクが共演したのはデ・ニーロと病室で対面するシーンだったという。   「ロバートは死ぬまでに絶対共演してみたい俳優の一人だった」とスワンク。二人とも2度のオスカー受賞を誇る実力派だが、これまで共演作はなく、スワンクにとっては念願の作品となった。   「ロバートと言えばメソッド演技法(徹底的なリサーチのもと劇中で役柄に生じる感情や状況を擬似的に追体験する役作り)でしょう? 私との撮影のとき、ロバートは病室のベッドに横たわっていて、死ぬ間際の演技をしていたの。目を閉じて、筋肉を収縮させてね…私は心の中で、『すごい!これが噂のメソッドだわ!私もロバートもメソッド演技でつながってる!!』って叫んでた。でもね、すぐにわかったんだけど、本当は彼、寝てたのよ。一日中ベッドでの演技をして疲れたんでしょうね。私に対して深い演技をしてくれたのかと思ったら、昼寝していただけだったの!」   「ニューイヤーズ・イブ」は12月23日(金)より丸の内ピカデリー他にて全国公開中

  • 「ニューイヤーズ・イブ」のサラ・ジェシカ・パーカー、私生活での大晦日の過ごし方は?

    映画

      年越しカウントダウンまであと数時間に迫った大晦日のニューヨークを舞台に、大切な人との絆を取り戻そうとする8組の人々を描いた「ニューイヤーズ・イブ」。「プリティ・ウーマン」のゲイリー・マーシャル監督がメガホンを取り超豪華キャストが集まったことで話題の同作が12月23日に日本公開されるのを前に、メインキャストの一人であるサラ・ジェシカ・パーカーへのインタビューが届いた。 @@cutter   山ほどくる出演オファーの中から本作への出演を決めた動機を、「ゲイリー・マーシャルと2週間一緒にいて仕事が出来たこと」と明かしたサラ。「彼との仕事は本当に楽しいものだったし、しかも今回は本当に魅力的な若い女優(アビゲイル・ブレスリン)とも共演できた。この役をすごく楽しんで演じることができたわ」と手応え十分の様子だ。   サラが演じたのは、15歳の娘ヘイリー(アビゲイル・ブレスリン)を育てながらラジオシティで働くシングルマザーのケイト。演じた役柄に共感する部分は全くなかったというが、「共感できない部分があっても、それは私にとってあまり重要ではないの」という。「だからこそ、演じていて楽しかったしね。もちろん彼女も母親ではあるけど、現在の私の親としての位置とは大分違うし、それから彼女はシングル・マザーでしょ。私の状況とはとても違うのよ」。   娘役を演じた元天才子役アビゲイルについては、「本当に素敵な女の子よ。本当に賢くて、優しくてチャーミングで、才能がある若い女の子だった」と絶賛。アビゲイルは学業の合間を縫って撮影に参加したため、共に過ごした時間はとても短かったそうだが、「一緒に共演した時間は本当に楽しかった」と振り返った。   ちなみに私生活でのニューイヤーズ・イブの思い出については、「そうね~。自分の中に閉まっておきたいの(笑)」とかわされてしまったが、「でも私は世の中の大勢の人たちと同じで、大晦日は大好きなのよ。新たな始まりの瞬間って誰にとっても魅力的でしょ。年によってはニューヨークで過ごすこともあれば、街から出ることもあるのだけど、大晦日は大好きだし、その日の夜が大好きなの」と語ってくれた。   「ニューイヤーズ・イブ」は12月23日(金)、丸の内ピカデリー他全国ロードショー

  • 会見でもサービス精神旺盛だったザック・エフロン

    ザック・エフロン、年上女優とのド緊張のキスシーン秘話を披露!「ニューイヤーズ・イブ」来日会見

    映画

      ゲイリー・マーシャル監督がメガホンを取り、ロバート・デ・ニーロ、ヒラリー・スワンク、ハル・ベリーら超豪華キャストが総出演することで話題の映画「ニューイヤーズ・イブ」。同作の日本公開に先駆け、キャストの一人であるザック・エフロンが来日。都内で記者会見を行った。 @@cutter   2009年に公開された「セブンティーン・アゲイン」以来、2年7ヵ月ぶり4度目の来日。成田空港には前回を上回る600人もの女性ファンが殺到し、定員600名の挨拶付舞台挨拶には20000通というすさまじい数の応募があったというザックは、日本が心底好きなようだ。会見冒頭、「コンニチハ!ザック・エフロンです。アリガトウ」と日本語で挨拶。日本に着いてからはなんと餅つきを体験したそうで、「モチ」という単語を連発。しかも、他にも好物のラーメン、神戸牛、お饅頭、抹茶、お寿司と日本食を食べまくっており、短時間で日本滞在を満喫している様子が伺えた。   大晦日のニューヨークを舞台に8組の人間模様が描かれる本作。ザック自身はNYでの大晦日の様子をテレビで観て育ったそうで、タイムズスクエアの撮影は大いに楽しんだという。特にミシェル・ファイファーとのキスシーンは本作の中で一番のお気に入りであり、一生忘れることができない、と次のように撮影を振り返った。   「すごく緊張していたから撮影前に一人で練習を重ねたよ。完璧な瞬間にしたいと思っていた。でも現場に行ったらものすごく寒くて、何千人もの人が僕たちの周りにいて、紙ふぶきがものすごく降ってきて…。しかも、アクションの声がかかったとき、キスする直前に口の中に紙ふぶきが入ってきたんだ。それをペッと吐き出すところをミシェルに気づかれないように頑張ったよ(笑)。恐れていたこと全てが起きてしまったけれど、でも結果的にミシェルにキスすることができたよ」。   ちなみに、本作に出演を決めたのも、ミシェルから直接電話がかかってきたからとのこと。「あなたが出るなら私も出るわと言われたんだ。一生忘れられない留守電だったよ。ロマンスに年齢は関係ない!僕はミシェルを愛してるよ!」と、「ヘアスプレー」でも共演した年上女優ミシェルへの愛を終始炸裂させていた。   一番記憶に残る大晦日は?との質問には、「その質問は何度も聞かれたけど、今思い出したとっておきの思い出がある」として、こんなレアエピソードを披露してくれた。   「昨年の大晦日の晩、友達のディナーに呼ばれた。会場が薄暗くて唯一空いている席に座ったらなんと隣がロバート・デ・ニーロだったんだ。もちろん僕はすごく緊張して何を喋っていいかわからなくてずっと黙ってたんだけど、人生は一度きりだと思って『ザック・エフロンです。俳優です。あなたの演技を見て育って、あなたをすごく尊敬しています』って言ったんだ。そしたら彼が、『いつか君と仕事ができたらいいね』って言ってくれたんだ。そして今年、同じ映画に出ることができた。すごい話だと思うんだけど…このエピソード、何で今まで思い出さなかったんだろう(笑)?」   最後に、「大晦日というのは重要な日だと思う。1年を振り返って、前向きになって新しい年を愛と希望に満ちた年にしたいと皆が願う日だ。希望と幸せと愛と許しに満ちた新年を迎えてもらえればと思う」とメッセージを寄せたザック。特に今年、未曾有の大震災に見舞われた日本に向けて、「日本の皆さんにとって今年は本当に大変だった思う。でも、前を向いて未来に向かって行って欲しいです。皆さんにこの映画を持ってくることが出来て嬉しく思っています」と語り、会見を締めくくった。   「ニューイヤーズ・イブ」は12月23日(金・祝)より丸の内ピカデリーほかにて全国公開

  • ザック・エフロンが緊急来日!2年7ヵ月ぶり4度目の日本に「楽しみにしているよ!」とコメント

    映画

      「プリティ・ウーマン」のゲイリー・マーシャル監督がハリウッド史上最高の超豪華キャストを集めて贈る映画「ニューイヤーズ・イブ」。12月23日に日本公開(全米は12月9日公開)されるのを前に、キャストの一人であるザック・エフロンの緊急来日が決定した。 @@cutter   ザックの来日は、2009年5月の「セブンティーン・アゲイン」でのPR以来、2年7か月ぶり4度目。TV映画「ハイスクール・ミュージカル」のトロイ・ボルトン役で大ブレイクし、映画「セブンティーン・アゲイン」の来日時は、成田空港に女子中高生500人が殺到するという人気ぶりだった。日本滞在中は12月14日に都内劇場で行う舞台挨拶付試写会に登壇し、15日にはマスコミ向けの来日記者会見に出席する予定。   関係者によると、ザックは超多忙なスケジュールの合間をぬって来日の時間をとったとのこと。「日本は大好きな国のひとつなんだ。日本に行くのを楽しみにしているよ!」とのコメントを寄せているそうだ。   「ニューイヤーズ・イブ」は、大晦日のニューヨークを舞台に人と人との“絆”が生み出す感動の物語。豪華キャストはザックだけに限らず、ハル・ベリー、ジェシカ・ビール、ジョン・ボン・ジョヴィ、アビゲイル・ブレスリン、ロバート・デ・ニーロ、ジョシュ・デュアメル、キャサリン・ハイグル、アシュトン・カッチャー、リー・ミシェル、サラ・ジェシカ・パーカー、ミシェル・ファイファー、ヒラリー・スワンクと、ハリウッドを代表するベテランから若手までそうそうたる顔ぶれが集結した。   「ニューイヤーズ・イブ」は12月23日(祝・金)、丸の内ピカデリー他全国ロードショー

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access