AKB48 関連記事

  • 柏木由紀

    柏木由紀、ヘソだし衣装がかわいすぎ! ファン「永遠の推しメン」の声

    エンタメ

     AKB48の柏木由紀が14日、自身のインスタグラムに握手会後の写真を投稿。ヘソだし衣装を着こなした彼女の姿にファンからは「めっちゃかわいい」「むり可愛すぎる」「本当に絵になってて素敵」などのコメントが殺到している。@@cutter 「握手会のLIVEでジッパー歌ったよ~ とってもレアなおでこ出し!』というコメントと共に投稿されたのは、ウェーブヘアに髪飾りをつけ、ピンクやブルーのフリルが付いた“ヘソだし”衣装に身を包んだ柏木の姿を捉えた写真。上目遣いでカメラを見つめ、唇の前に右手の人差し指を添えている。  かわいさ溢れる柏木の姿に、ファンからは「むり可愛すぎる」「なんでそんなに可愛いの」「ずっと見ちゃって何も手につかないです」「本当に絵になってて素敵です」や「永遠の推しメン」などのコメントもあがっている。 引用:https://www.instagram.com/yukikashiwagi_official/

  • HKT48指原莉乃、東京・AKB劇場で最終の公演に出演

    指原莉乃、AKB劇場で最後の出演 11年間を思い出し「ウルッときた」

    エンタメ

     HKT48の指原莉乃が9日深夜、東京のAKB48劇場に出演。卒業コンサートを控えた指原は、古巣でのステージに終演後「ちょっとウルッときたりするところもありました」と語った。@@cutter 4月13日には福岡での卒業公演、そして4月28日には横浜スタジアムでの卒業コンサートが控えている指原は、この日行われたHKT48 チームH「RESET」公演がAKB48劇場での最後のステージ。24時開演という異例の公演に、HKT48から18歳以上のメンバー16名が出演する“オールナイト公演”となった。  公演がスタートするとメンバーはオープニングからファンの大歓声に迎えられ、1曲目から大盛り上がり。チームHキャプテンの松岡菜摘が「皆さん深夜ですけどテンション上がってますか?最後までそのままの元気でいけますか?」と客席に呼びかけると、ファンのボルテージもさらに上昇。  冒頭のMCで指原は「今日が最後ということで11年前にバックダンサーで出ていた頃を思い出して、北原(里英)とか大家(志津香)とかのこともちょっと思い出して、頑張りたいと思います!」と意気込みを語る。  ユニット曲のブロックで指原は、松岡はな、村重杏奈とともに「制服レジスタンス」に出演し、圧巻のダンスパフォーマンスを展開。盛大な歓声に迎えられたアンコールではサプライスで、4月10日発売の指原最後の作品となるHKT48のシングル「意志」とAKB48としてのラストシングル「ジワるDAYS」を披露した。大きな拍手に包まれ、AKB48劇場での指原莉乃最後の公演は幕を閉じた。  終演後、指原は「まだ実感はわかないんですけど、メンバーが泣いてたりして、ちょっとウルッときたりするところもありました」と語ると、続けて「今までの11年間の色々な懐かしいことを思い出しました」と心境を明かした。

  • 『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に出演した、西野未姫

    元AKB48・西野未姫、握手会でファンから30分間の“説教”に逆ギレ

    エンタメ

     元AKB48でタレントの西野未姫が8日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系/毎週月曜24時20分)に出演。AKB48時代、握手会での西野の対応について、熱狂的なファンから30分間に及ぶ説教をされたことを西野自身が明かす一幕があった。@@cutter 2012年にAKB48の第14期生として13歳でグループ入りを果たし“次世代センター候補”として将来を期待されていた西野。当時グループでトップクラスの人気を誇っており、“第2のまゆゆ”とも称されていた。  そんな西野が“しくじり先生”として登場し「アイドルでありながら死ぬほど大嫌いだったものがあります」と切り出すと、グループ在籍時は握手会が大嫌いだったことをカミングアウト。  「握手会はゲロを吐くほど大っ嫌いでした」と眉をひそめながら話すと、スタジオにいたオードリー・若林正恭や真野恵里菜は大爆笑。AKB48の握手会では、CDに付いてくる握手券1枚につき10秒間握手をすることが可能となり、多く券を出すほど握手の時間が長くなるというシステム。1時間30分の握手会が1日で5回行われることもあったという。  デビュー当時は長蛇の列ができ、1日最大約2500人のファンと握手したという西野。しかし、握手会があまりに嫌だったことから、目をつぶって寝ながら握手会に参加していたことを告白。西野自身が「稀に見る“クズ対応”です」と懺悔すると、スタジオからは笑いが起こった。  この“クズ対応”で人気が急降下してしまった西野に対して彼女の熱狂的なファンは、握手会の際に握手券200枚を出して30分間に及ぶ大説教を展開。握手券200枚のために約20万円をかけて説教をしたファンに対して、西野は思わず「朝からずっとやってんだけどさぁ!この眠さ耐えられるの!?」とまさかの逆ギレをしてしまったことも告白。驚きの声が上がるスタジオで、西野は「本当に最低ヤローです…」と当時を振り返り反省していた。

  • 入山杏奈

    入山杏奈、肩だしセクシードレスで美しい横顔を披露 「輝きが眩しい」と反響

    エンタメ

     AKB48の入山杏奈が24日、自身のインスタグラムにオフショルダードレス姿の写真を公開。ドレスから露わになった、首から鎖骨、そして肩までの色っぽい肌見せと、美しい横顔の入山にファンからは「輝きが眩しい」「凛々しい感じが素敵」などのコメントが殺到している。@@cutter 入山が投稿したのは、セクシーなドレスに身を包んだ2枚の写真。ドレスからは肩が露出しており、美しい横顔も収められている。現在、メキシコに留学中の彼女が、一時帰国中に雑誌の取材に応じたことも報告している。  彼女の華やかな姿が収められた写真にファンからは「輝きが眩しい」「凛々しい感じが素敵です」「最近、色気増しましたよね」などの投稿が殺到。さらに「美人さんやわー」「美しすぎます」などのコメントも多数寄せられた。 引用:https://www.instagram.com/_iriyamaanna1203/

  • (左から)指原莉乃、横山由依

    AKB総選挙開催せず! 指原莉乃は「複雑」 横山由依は「寂しさもある」 それぞれの思い

    エンタメ

     アイドルグループAKB48が13日、公式ブログにおいて毎年恒例となっていた「AKB48選抜総選挙」を今年は実施しないことを発表した。突然の発表について、HKT48の指原莉乃や、昨年のベスト10に入った人気メンバーがツイッター上でコメントしている。@@cutter 公式ブログは同日、「AKB48選抜総選挙につきまして」というタイトルで記事を更新。「昨年開催10回を数え大きな区切りを迎えたAKB48グループの毎年の恒例行事である『AKB48選抜総選挙』を、本年は実施しないことに致しました」と発表した。2009年から毎年開催されていた「AKB48選抜総選挙」は、ファンからの投票によってシングルCDの選抜メンバーを決めるイベント。これまでに元メンバーの前田敦子や大島優子、卒業を発表した指原らが1位を獲得していた。  今回の発表について、総選挙で計4度頂点に立った指原がツイッターでコメント。「総選挙でみなさんに知ってもらえた自分としては…総選挙に向けて努力しているメンバーもファンの皆さんのこともわかっているので複雑です…」と率直な心境を吐露した。  ほかにも、昨年の第10回AKB48世界選抜総選挙の世界選抜メンバーもツイッター上でコメントした。昨年2位のSKE48須田亜香里は「総選挙がないアイドル人生は初めて」と切り出すと、「賛否の声もあるイベントだったかもしれないし 私は選挙シングル以外はライトの当たらないポジションにいる期間も長くてファンの方を何度も悲しませたはずなのに それでもよじ登ろうとする私を見て投票で力を貸してくれた全ての方へ改めて感謝しています!」と投票してくれたファンにあらためてお礼の言葉を述べた。  また5位だったAKB48岡田奈々は「去年 “1位奪還” 宣言をしましたが いつか また 開催されたとき 絶対に実現させたいと考えてます」と誓った。6位でAKB48の総監督、横山由依は「選抜総選挙を通して知ってくださった方もいて 応援してくださっているみなさんと同じタイミングで発表をドキドキして待つという一年に一度の感覚は総選挙でしか味わえなかったのかなと思うと寂しさもあります」と胸の内を明かしている。  そのほか、AKB48武藤十夢、SKE48大場美奈も、今回の発表についてそれぞれの思いをツイートしている。 引用:https://twitter.com/345__chan    https://twitter.com/dasuwaikaa/    https://twitter.com/okadanana_1107/    https://twitter.com/Yui_yoko1208/    https://twitter.com/tommuto1125/    https://twitter.com/mina_ovo

  • 島崎遥香

    島崎遥香、AKB時代の“塩対応”に「そうしないと生きていけなかった」

    エンタメ

     元AKB48で女優の島崎遥香が、17日放送バラエティ番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。AKB時代についた自身の「塩対応」イメージについて、「そうしないと生きていけなかった」と告白した。@@cutter 現在は映画・ドラマで活躍中で、AKB48を卒業して肩の荷がだいぶ下りたと話した島崎。アイドル時代は「塩対応」が売りだった彼女だが、本来はバラエティが大好きで「今日は頑張って爪痕を残したい!」「どんどんバラエティに出たい!」と笑顔。  あまりの変わりようにMCのフットボールアワー・後藤輝基が「今までの塩対応は本心じゃなかったってこと?」と尋ねると、「そうしないと生きていけなかった」と告白。島崎の発言にスタジオは騒然となり、東野幸治も「AKB層が厚いから」と爆笑しながらフォローをした。  さらに、アイドルにはお決まりの自己紹介パフォーマンスがあるなか、AKBでは「私と前田(敦子)さんだけなかった」ことを明かし、その理由を「めちゃくちゃ恥ずかしいじゃないですか」とキッパリ説明。代わりに元乃木坂46の市來玲奈アナウンサーが披露させられる展開となった。

  • 16日に20日の誕生日を迎えたNGT48・荻野由佳(※「荻野由佳」インスタグラム)

    NGT48・荻野由佳、20歳の誕生日にファン「おめでとう」と祝福

    エンタメ

     NGT48の荻野由佳が16日、自身のインスタグラムにて20歳の誕生日を迎えたこと報告。掲載されたキュートな動画にファンから祝福する声が多く集まっている。@@cutter 16日に20歳の誕生日を迎えた荻野が「20歳になりました!帽子にメガネが押しつぶされて目が開きません いつも、本当に ありがとうございます!」という感謝のコメントと共に投稿したのは、誕生日の定番であるケーキをかたどった帽子とサングラスをかけ、ろうそくを吹き消す動画。  さらに「これからもよろしくお願いします」とメッセージを送る荻野に対して、コメント欄には、「お誕生日おめでとうございます!」といった祝福の言葉をはじめ「今年もたくさん応援するね」「これからも、推していくよ!」「また劇場で会える日を、楽しみにしています」など、ファンから暖かいエールが送られている。  先月14日に行われたAKB48グループ合同成人式で「20歳になったら、人生初のショートカットに挑戦したい」と宣言した荻野。先月末に黒髪にしたことも話題になったが、近々、ショートヘアでイメチェンした姿を見ることができるのか注目したい。 引用:https://www.instagram.com/ogiyuka_ippaiwarae216/

  • (左から)高橋みなみ、前田敦子、小嶋陽菜

    前田敦子、高橋みなみ、小嶋陽菜ら“AKB1期生”集合ショットにファン感激「泣きそう」

    エンタメ

     前田敦子、高橋みなみ、板野友美、小嶋陽菜、篠田麻里子の“AKB48の1期生”の集合ショットを、前田、高橋、篠田が自身のインスタグラムに投稿した。ファンからは「初期メンバー最高すぎ」「泣きそう」といった感激の声が多数届いている。@@cutter 前田は「幸せな場所には幸せが沢山集まりますね 2019年初更新、、今年もよろしくお願いします」という挨拶とともに高橋との2ショットを公開。  篠田は「久しぶり~」「#みーちゃんいなーい」という言葉を添え、自身と小嶋、前田、板野、高橋のキュートな写真をアップした。  久しぶりにAKB48の1期生と、1.5期生の篠田が集まっているとファンが盛り上がっているところ、さらに高橋が「みぃちゃん居なかったの残念だったなぁ、みぃちゃんいるバージョン作ったよLOVE」と、集まりに来れなかったという、同じく1期生の峰岸みなみを集合写真の中に合成したものを披露。卒業アルバムの撮影日に欠席した生徒のような合成が笑いを誘う投稿となっている。  国民的アイドルAKB48の”初期メン”が集合している様子はコメント欄やSNSで大きな反響を呼んでおり、「本当このメンバー最高」「やっぱりAKBと言えば、初期メンバーですよ」「みんないい顔になった」など感動の声が殺到。「大人になった」「みんなが頑張ってくれたおかげで48グループも46グループも今がある」と、しみじみ振り返るファンの意見も見受けられた。 引用:https://www.instagram.com/atsuko_maeda_official/    https://www.instagram.com/shinodamariko3/    https://www.instagram.com/taka37_chan/

  • 1月19日開催の『AKB48 グループリクエストアワー セットリストベスト100 2019』の様子

    AKBリクエストアワー、チーム8が悲願の初V! 入山杏奈がサプライズ登場

    エンタメ

     「AKB48グループリクエストアワーセットリストベスト100 2019」が、 18日と19日の2日間に渡り、都内のTOKYO DOME CITY HALLで開催され、AKB48チーム8の『47の素敵な街へ』が対象曲1182曲の頂点に輝いた。2日目の夜公演には、昨年の春からメキシコで活動をしている入山杏奈がサプライズ登場を果たし、集まったファンを驚かせた。@@cutter 本イベントは、AKB48グループの楽曲の中からリクエストを募り、 上位100位にランクインした楽曲をランキング形式で発表。1日目の夜公演は、グループ総監督・横山由依が「これが始まると今年が始まったなと。平成最後のリクアワです」と語り、SKE48のシングルカップリング曲『いい人いい人詐欺』でハイテンションに幕開け。  2日目の昼公演では、渡辺麻友のソロ曲『純情ソーダ水』を高橋彩音が、さらに島田晴香が公演の前座で初めて披露し、その後は様々なメンバーが歌い継いできた『ロマンスかくれんぼ』を大森美優が、それぞれ歌唱。先輩の楽曲が継承されていくAKB48グループを象徴する一幕となった。  2日目の夜公演ではランキングの上位を発表。第3位は、世界選抜総選挙で選ばれたメンバーによるシングル曲『センチメンタルトレイン』。センターの松井珠理奈は「素敵な順位で歌わせていただいたことを嬉しく思っています」と喜びのコメント。第2位は、HKT48のシングルカップリングのユニット曲『ロマンティック病』。田中美久は「本当に本当にありがとうございます!」と、ファンへメッセージを送った。  そして、1182 曲の頂点に立ったのは、AKB48チーム8の代表曲『47の素敵な街へ』。これまで1位まであと1歩のところで悔し涙をのんできた楽曲が、悲願の初V。メンバーたちはステージに登場するなり、それぞれが喜びを爆発させながらパフォーマンス。地元の都道府県名を叫ぶ間奏では、いつもに増して大きな声で叫び、感謝の気持ち伝えていた。  また、アンコールでは、入山がサプライズで登場。久しぶりに『恋するフォーチュンクッキー』を披露すると、「まだ卒業してませんからね。また帰ってきます」と笑顔をみせた。  「AKB48 グループリクエストアワーセットリストベスト100 2019」TOP10は以下の通り。 1位:『47の素敵な街へ』(AKB48) 2位:『ロマンティック病』(HKT48) 3位:『センチメンタルトレイン』(AKB48) 4位:『君は僕の風』(AKB48) 5位:『月と水鏡』(AKB48) 6位:『ここで一発』(SKE48) 7位:『抱きつこうか?』(AKB48) 8位:『暗闇』(STU48) 9位:『涙の表面張力』(AKB48) 10位:『世界の人へ』(NGT48)

  • 「AKB48 2019年新成人メンバー成人式記念撮影会」の模様

    AKB48グループ荻野由佳ら、新成人44名が艶やか晴れ着姿

    エンタメ

     NGT48の荻野由佳が14日、東京・神田明神で開催された「AKB48 2019年新成人メンバー成人式記念撮影会」に出席。2月16日に20歳の誕生日を迎えたら「人生初のショートカットに挑戦したいと思いま〜す!」と宣言した。またイベント終了後には、AKSの運営責任者・松村匠氏らが、NGT48の山口真帆への暴行事件に関する緊急会見を開いた。@@cutter 今年は、過去最大となる45名が成人を迎え、本イベントには44名(STU48・三島遥香は体調不良により欠席)が参加。それぞれ艶やかな振袖姿を披露し、詰めかけたファンを魅了した。  萩野は、赤い振り袖で登場。「私はまだ19歳ですけど、20歳になるということで、NGTでは大人のメンバー入りをする。メンバーみんなを引っ張っていきたい」とコメント。また、家族との取り決めで「税金(処理)とか、いろんなことを自分でやらないといけなくなってしまうので、大人としての自覚を持ちたいです。あとは! 20歳になったら、人生初のショートカットに挑戦したいと思いま〜す!」と宣言した。  NGT48としては「全国ツアーをさせていただけるくらい、勢いのあるチームになりたい」と目標を掲げ、さらに今回集まったAKBグループの成人メンバーを「平成の大トリ世代」と命名。「私たちの代で、(AKBグループの)平成の成人式がこれで最後。平成の大トリ、という世代を名付けさせていただいた」と話した。  今年の総選挙は「次もあれば、参加させていただこうと思う」と回答。目標順位を問われると「去年よりランクアップは目指したいけど、あ、う、上に行きたい。い、い、行けるのだったら…そ、そうですね、奇跡を起こせたらと思えます」と歯切れが悪くなりつつも、「まだ勇気が出ないんですけど、できるならばNo.1を目指したいです」と話し、笑みをこぼした。  HKT48の朝長美桜は、AKB48グループの成人式に「ずっと憧れていた」と述べ、「指原(莉乃)さんが4月に卒業してしまうので不安。HKTのみんなで穴を埋めていきたい」とコメント。同じHKT48の村重杏奈は「20歳になったので、そろそろ右と左を覚えられるようになりたいです!」と意気込み、報道陣の笑いを誘っていた。  イベント終了後には、AKSの松村氏、NGT48の新支配人・早川麻依子氏、新副支配人・岡田剛氏が緊急会見を実施。NGT48・山口真帆への暴行事件について回答した。  松村氏は、今回の件に関して「ご迷惑とご心配をかけたことをお詫び申し上げます」と謝罪。会見の実現まで時間がかかった理由は「警察の捜査状況を鑑みていた」と説明。錯綜している情報に関しては「警察の捜査内容に関わるので(運営側からの具体的な情報公表などは)差し控える」と述べ、第三者委員会を設けて調査を進め、事態の早期解明を行って「再発防止に努めたい」と話した。また、プロデューサーの秋元康氏も「『憂慮している』と言っていた」と明かした。  今週金曜日に内示を受けて支配人に就任したという早川氏は「まずは山口真帆としっかり話をしたい。ほかのメンバーとも1人1人心を割って話をして、いいグループを作っていきたい」と述べた。  同会見はおよそ40分行われ、報道陣から厳しい質問が相次いだ。 ■出席メンバー(グループチーム毎/あいうえお順) AKB48:込山榛香・野澤玲奈・谷口めぐ・大森美優・川本紗矢・行天優莉奈・左伴彩佳・山田菜々美・吉川七瀬・立仙愛理・本田そら SKE48:北川綾巴・山田樹奈・荒井優希・井田玲音名・白雪希明・藤本冬香 NMB48:林萌々香・石田優美・川上千尋・久代梨奈・城恵理子・武井紗良・清水里香・水田詩織・小川結夏・新澤菜央 HKT48:運上弘菜・下野由貴・朝長美桜・村重杏奈・小田彩加・堺萌香・外薗葉月・山下エミリー NGT48:荻野由佳・加藤美南・中村歩加 STU48:石田みなみ・土路生優里・福田朱里・藤原あずさ・由良朱合 (※三島遥香は体調不良により欠席) BNK48:大久保美織

  • 「AKB48 2019年新成人メンバー成人式記念撮影会」の模様

    【写真特集】AKBグループ新成人44名が晴れ着姿「AKB48 2019年新成人メンバー成人式記念撮影会」

    エンタメ

    2019年1月14日、「AKB48 2019年新成人メンバー成人式記念撮影会」が東京・神田明神にて行われ、AKB48グループ新成人44名が艶やか晴れ着姿で登場した。

  • 『第69回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに出席したAKB48

    指原莉乃、ラストステージも紅白司会業に意欲?<第69回紅白歌合戦>

    エンタメ

     AKB48が29日、東京・NHKホールにて『第69回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加し、その後、行われた囲み取材に出席した。@@cutter 先日、グループの卒業を発表したHKT48の指原莉乃。紅白の司会としてカムバックするのはどうかと記者陣から質問が飛ぶと、「自分みたいな品のないMCには当てはまらない感じがする(笑)。今はあり得ない反響になると思うので、いつかは“確かにぴったりだね”と言ってもらえるような…」と願望を述べた。「今は下品すぎるので…」とつぶやきながらも、「なるべく早く品のある方になれたら」と、司会願望を語った指原だった。  AKB48として第11回目の出場となる今回は、指原がセンターを務める『恋するフォーチュンクッキー』が披露する予定。今年タイで国民的大ヒットを遂げた同曲について、海外姉妹グループのBNK48と共にパフォーマンスされることにも注目が集まっている。  紅白の思い出を尋ねられると、メンバーは各々「(大島)優子ちゃんが卒業発表したりとか」と盛り上がる。指原は「イリュージョンのリハーサルがめっちゃ大変だったり、人文字をしたり…。毎年誰かしらが失敗するんですよ。年始の休みで確認するのが大好きだった(笑)」とにぎやかに、多くの思い出を振り返った。  卒業発表後、環境の変化を尋ねられた指原は、「人が優しくなりました。今までも優しかったんですけど、より優しく感じて、ちょっと寂しい気持ちになります」と、うれしそうな表情を浮かべる。さらに「嘘か本当かわからないんですけど…ゆきりんが舞台裏とかで”フォーチュンクッキーはさっしーしかできないよ”と言ってくれる!」と隣の柏木由紀に話を振れば、「嘘じゃない! 本当(笑)! 何回、あとさっしーと歌えるかはわからないから、寂しいですよ」と卒業について、名残惜しそうにしていた。  『第69回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合・BS4K・BS8K・ラジオ第1にて、12月31日19時15分から23時45分まで放送。

  • TBS『第60回輝く!日本レコード大賞』記者会見にて

    柏木由紀、指原莉乃との最後のステージは「全力を尽くして」

    エンタメ

     AKB48、欅坂46、DA PUMP、乃木坂46、三浦大知、三山ひろし、STU48、辰巳ゆうと、Chuning Candy、BiSH、純烈が、17日に都内で開催された『第60回輝く!日本レコード大賞』記者会見に出席した。AKB48の柏木由紀は、先日AKBグループからの卒業を発表した指原莉乃について「一緒にこのステージに立てるのは最後だと思うので、全力を尽くして、良いパフォーマンスができるように、頑張りたいと思います」と語った。@@cutter 「優秀作品賞」を受賞した乃木坂46の白石麻衣は「去年は本当に、私たちもびっくりしましたし、自分たちでも緊張したステージだったなと思っております」と、第59回における「インフルエンサー」での大賞受賞を述懐。連覇に向けては「今年も『シンクロニシティ』という楽曲を披露させていただくんですけれども、私たちにとっても、とても大事な一曲となっているので、去年のパフォーマンスを超えるくらいの、素敵なパフォーマンスができるよう、チーム一丸となって頑張れたらなと思います」と白い歯を見せた。  同じく「優秀作品賞」を獲得したAKB48の向井地美音は「私たちAKB48は、なんと10回目のレコード大賞出演。そして9回連続、優秀賞をいただけているということで、本当に毎年うれしく思っています」とニッコリ。「今年は『Teacher Teacher』という曲で賞をいただいたんですけど、先日、指原さんの卒業発表もあり、私たちもすごく寂しい気持ちもあるんです」と言い「その分、新しい世代でどんどん頑張っていきたいという思いで、今年のレコード大賞も、ぜひ頑張っていきたいと思います。最優秀賞を目指して頑張ります!」と意気込みを示した。  一方、同グループの柏木由紀は「さっしーとは、もう10年以上一緒に活動してきていて、秋元(康)先生にも『指原・柏木のばばあコンビで頑張れ』と言われているので、当日のステージも…一緒にこのステージに立てるのは最後だと思うので、全力を尽くして、良いパフォーマンスができるように、頑張りたいと思います」と思いを明かしていた。  『第60回輝く!日本レコード大賞』は、TBS系にて12月30日17時30分放送。当日の司会は安住紳一郎(TBSアナウンサー)と女優の土屋太鳳が務める。  受賞結果は以下の通り。 【優秀作品賞】 欅坂46「アンビバレント」 三山ひろし「いごっそ魂」 TWICE「Wake Me Up」 SEKAI NO OWARI「サザンカ」 氷川きよし「勝負の花道」 乃木坂46「シンクロニシティ」 AKB48「Teacher Teacher」 三浦大知「Be Myself」 西野カナ「Bedtime Story」 DA PUMP「U.S.A.」 【新人賞】 STU48 辰巳ゆうと Chuning Candy BiSH 【日本作曲家協会選奨】 純烈 【最優秀歌唱賞】 MISIA

  • アイア AKB48を起用した新作ゲームお披露目記者会見にて

    柏木由紀、秋元Pからの「ババア」扱いに「腑に落ちない!」

    エンタメ

     AKB48の実際のライブ映像を使用した新たな音ゲー『AKB48 ビートカーニバル』がリリースされることになり、16日に都内で発表会見が開催され、柏木由紀、横山由依、小栗有以、向井地美音、加藤玲奈、倉野尾成美、岡部麟が登場した。@@cutter 本作は、未公開映像を含む実際のライブ映像をバックにプレイすることができ、お気に入りのメンバー1人を“推しカメラ”で撮影した、撮りおろしのフォーカスムービーが楽しめるのも特徴。また、このゲームのためのオリジナル楽曲の制作、ユーザー限定のスペシャルライブの開催も発表された。  柏木は「私、実は音ゲーマニアでして。小学生のとき、ゲームセンターで観衆を集めるくらいだった」と武勇伝を明かし、集まった報道陣を前にプレイしてみせたが、圧倒的な技量でクリア! すでに最難関の「エキスパートもクリアしてます」と余裕の表情で語っていた。  横山は、同ゲームのためのオリジナル楽曲が楽しみなようで「私もいま(オリジナル楽曲制作の事実を)聞いたんですが、どのメンバーでどんな曲を歌わせてもらえるのか楽しみです」と期待を口にした。  先日、俳優・勝地涼との結婚を発表したグループOGの前田敦子について尋ねられると柏木は「すごくうれしいお知らせでした」と語ったが、直接のメールなどでの祝福については「死ぬほどいろんな人から(祝福が)来ていると思って、結局送れずじまいで…」と苦笑。  また、NMB48・山本彩の卒業に関して横山は「寂しさはあるけど、彩ちゃんは常にグループのことを考えて行動していたので、これから本人のことだけを考えられるようになると思うとホッとしたし、背中を押してあげたい」とエール。柏木は、山本卒業に際し、秋元康プロデューサーから「指原と柏木のババアコンビで頑張れ」とネタにされたことに「27歳でババア扱いは腑に落ちない!」と抗議しつつ「“お局ババア”としてさっしーと図太く頑張ります!」と力強く宣言した。

  • 『アボガドじゃね~し…』を披露したさやリン(山本彩&吉田朱里)の衣装 ※「山本彩」インスタグラム

    NMB48山本彩&吉田朱里の王道アイドル姿が話題 「卒業しないで」の声も

    エンタメ

     7月30日にNMB48からの卒業を電撃発表した山本彩が4日、自身のインスタグラムに同じくNMB48の吉田朱里とユニットを組んで披露している『アボガドじゃね~し…』のパフォーマンス中の写真を披露し、「これは…まさに王道アイドルだけど、さや姉がやるとは」「こーゆー彩ちゃん見れるのもあと何回かやん。さみしい。めっちゃ可愛いやん」といった反響が寄せられている。@@cutter 『NMB48 LIVE TOUR 2018 in Summer』と銘打たれた全国ツアー中の彼女たち。山本は「さやリンで『アボガドじゃね~し…』アイドルさせてもらいました」というキャプションで、8月3日にカルッツかわさきで行われた神奈川公演で撮られたと思しき写真を5枚シェアしている。  『アボガドじゃね~し…』は、2012年発売のAKB48のアルバム『1830m』に収録された、渡辺麻友と指原莉乃のユニット曲。目立たない女の子の恋心を「イチゴ、アップル、メロン」などの王道フルーツに紛れた「アボカド」に喩えたかわいらしいナンバー。さやリンは山本と、愛称“アカリン”の吉田とのユニット名になっている。  この超王道なアイドル衣装とパフォーマンスに対し、「めっちゃ可愛いすっごい可愛いまじで何なんこれほんまに可愛い大好き」「ちょーーーー可愛いむり」「めっちゃ可愛くて死ぬかと思った」「もう本当に最高すぎた ちょー絶可愛い」「終始かわいすぎました」「世界でいちばんかわいかった!!!輝いてた!メロンの時のポーズが毎度毎度可愛くてすきでした」「とにかく可愛すぎた…天使でした」と、“かわいい”以外の語彙を失ったコメントが殺到。  「キラキラしてる彩ちゃん」「かわいすぎる!!!卒業してもアイドルより可愛い」「アイドル全開のさや姉やばかったっす」「アイドル彩ちゃん見納めだけど、いつでも可愛いから大丈夫か」「生で見れて幸せすぎた」「最高のコンサートをありがとう 彩ちゃんの歌声に感涙してしまった 彩ちゃん最高!!」「さや姉可愛いし綺麗だわ、卒業しないでー」「最高で最強のアイドルだよ大好き」と、卒業を意識したコメントも数多く見られた。 引用:https://www.instagram.com/sayaka__714/

  • ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』でAKB卒業後初の連続ドラマ主演を果たす渡辺麻友

    渡辺麻友、脱“アイドルまゆゆ”へ AKB卒業後の複雑な思いを吐露

    エンタメ

     AKB48卒業後、8月4日より放送の『いつかこの雨がやむ日まで』(東海テレビ・フジテレビ系)で初の連続ドラマ主演を果たす渡辺麻友。彼女が演じるのは、ある殺人事件の加害者の妹として、過酷な人生を歩む女性・ひかりだ。劇中、かなりハードなシーンもあり「“アイドルまゆゆ”のイメージとは違うかもしれません」と語る渡辺に、パブリックイメージについて率直な思いを聞いた。@@cutter 渡辺演じるひかりは、ミュージカル女優を目指していたものの、兄が殺人事件の容疑者として逮捕されたことにより、人生が大きく変化する。故郷を離れ、苗字も変え、世間の目を気にしながら隠れて生活するような人生。キャバクラで同僚から意地悪されるなど壮絶な展開もあり、かなり負のオーラがにじみ出ているキャラクターだ。  渡辺は「題材も重く、置かれている状況や歩んできた人生も救いようがない状況なので、演じていて追い込まれるような気持ちになることはありますが、私の性格上、あまり考え過ぎると成功しないので、力を抜きつつ良いバランスで演じられたら」と意気込みを語る。一方で、ひかりの暗い闇が心に覆っている部分について「私もひかり寄りの面を持っているのでしっくりきました」と心情的には共通するところが多いという。  昨年末にAKB48を卒業した渡辺だが、“アイドルまゆゆ”というパブリックイメージについて問うと「11年間“まゆゆ”としてやってきたので、すぐに消えることはないですよね」と語りつつも「卒業してからの半年間は、自分自身を理解しようと向き合う日々でした」と振り返る。「“アイドルまゆゆ”という面も決して作っていたわけではなく一つの自分ですが、それ以外の自分も、もちろんいます。とても混とんとしている人間なんだなというのが正直なところ」と胸の内を明かす。  今回演じる役柄を通じて「今までとは違う私を知ってもらえたら」と、本作に対する渡辺の思いは強い。「全然私に興味を持っていなかった人が、この作品を通じて、少しでも興味を持っていただければうれしいと思っています」。@@separator また、芝居へのアプローチ方法も大きな変化があったようだ。前述したように「考え過ぎてしまう癖がある」という渡辺は、本作では意識してあれこれ考えてしまうことを脳から排除し、そのときに感じたものを大切にしているという。特に母親役である斉藤由貴とのシーンでは「ご一緒する機会が多いのですが、対峙するたびに、台本を読んだときに感じていなかったいろいろな思いが湧いて出てくるんです」と大きな刺激を受けていると話す。  「私のお芝居にはパターンが少ないし、薄っぺらい」と自己分析する渡辺。その理由について「結構複雑な感情や、これまでのいろいろな経験で得たものは自分のなかに備わっていると思っているんです。ただそれは薄っぺらく、持ち合わせているものさえもうまく芝居に活かすことができずにもどかしいです」と悩みを吐露する。  ストイックな彼女らしい悩みではあるが、この課題の突破口となるのが、本作のひかりという役なのかもしれない。番組プロデューサーが「ドラマがスタートしたときの渡辺さんの表情と、ラストの表情をしっかり見比べてほしい」と語っていたが、その表情の変化を楽しみにしたい。(取材・文・写真:磯部正和)  ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』は8月4日より毎週土曜23時40分放送(初回のみ23時45分)。

  • 高橋朱里、写真集先行お渡し会囲み取材に登場

    AKB48高橋朱里、ランジェリー姿の撮影は「カメラマンには絶対見えてる」

    エンタメ

     AKB48の高橋朱里が20日、都内にて1st写真集『曖昧な自分』(講談社)の刊行記念先行お渡し会を開催し、300人のファンを集めた。@@cutter 台湾で撮影された本作ではランジェリー姿にも初挑戦しているが、「ランジェリー姿は自然に撮影してもらうのが難しく表情が固まっちゃったりしたんですけど、ファンのみんなのために頑張りました」と撮影を振り返った。  ランジェリー姿の撮影中、「きわどいカットの撮影になったときに、隠してたんですけど、『絶対見えてるよな、カメラマンさんには』『そのカメラに写ってるんだろうな』と思ったんですけど…」と大事な部分を見られているんじゃないかと最初は気にしていたという。でも写真集のタイトルにちなみ「見えてるのか見えてないのか、気にし過ぎず“曖昧”で行こうと思うようになりました」と笑った。  写真集はメンバーの横山由依や宮脇咲良、岡田奈々らも見たというが「エロ本! 18禁やないの?」と言われたそう。  また本作では、笑っていない写真や、不機嫌そうな表情の写真もあるが、「今までのアイドルの写真集にないような、素の一面が出ています。浅野温子さんの1st写真集をイメージして、アイドルらしさより、女優を目指している自分のこれからに繋がるような内容になっています」と語った。その上で写真集の出来について「写真集としては100点満点なんですけど、アイドルとしては0点だなと思います」と微笑んだ。  高橋朱里1st写真集『曖昧な自分』は、講談社より7月24日発売。

  • テレビ東京『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』より

    AKB48が泥まみれ!今夜放送『池の水ぜんぶ抜く大作戦』に参戦

    エンタメ

     AKB48の大家志津香、加藤玲奈、峯岸みなみ、向井地美音、横山由依が、今夜放送されるテレビ東京のバラエティ番組『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦 ~大乱闘!人間vs幻の巨大魚!ワニ!外来種5357匹!!~』(テレビ東京系/24日19時54分)に出演する。AKBメンバーは膝より上まである泥に足を取られながらも、外来種の根絶に奮闘する。@@cutter 埼玉県の草加市長から受けた2度目の依頼で、ココリコの田中直樹が昨年12月に水抜きしたそうか公園の修景池を訪問。「残るもう1つの池の水を抜き、外来種を根絶したい!」とのことで、田中と共にAKB48の大家、加藤、峯岸、向井地、横山が参戦する。彼女たちは、水が抜けた池に1歩2歩と足を踏み入れる。しかし、膝より上まである泥に足を取られ、全く身動きが取れなくなってしまう…。  それでも果敢に生き物のいる方へ進もうと泥の中でもがくうち、胸や顔の辺りまで泥だらけの茶色一色になったAKBメンバー。ついには、泥の上を泳いで(?)進む者まで現れる。ココリコ田中、AKB48、草加市長、さらに前回に続いて参加した環境大臣政務官や、環境省の職員、ボランティアの作業により、今回は1959匹、前回と合わせて5357匹の外来種の捕獲に成功する。  今回の放送では、田村淳が都会のど真ん中、東京・原宿にある東郷神社からの「池の水を抜き、ヘドロも全部とって綺麗にしたい!」という依頼を担当。また、希少な絶滅危惧種を探しに行く新コーナーもスタートする。  『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦 ~大乱闘!人間vs幻の巨大魚!ワニ!外来種5357匹!!~』は、テレビ東京系にて今夜6月24日19時54分放送。

  • 『AKB48世界選抜総選挙』で1位のSKE48・松井珠理奈(左)とHKT48・宮脇咲良(右)

    珠理奈・宮脇の韓国での評価は?日韓プロジェクト『PRODUCE48』に注目

    エンタメ

     16日に開票された『AKB48世界選抜総選挙』でSKE48・松井珠理奈が1位に輝き、来年の総選挙は「世界でやるべきだ」と海外開催を訴えたが、その裏で48グループメンバーが、韓国のオーディション番組に参加するというプロジェクトが進んでいるのをご存知だろうか? @@cutter その日韓グローバルアイドル育成プロジェクト『PRODUCE48』は、韓国の視聴者がアイドルデビューメンバーを選抜する韓国人気オーディション番組『PRODUCE101』とAKB48グループがタッグを組んだ画期的なプログラム。  『AKB48世界選抜総選挙』で1位の松井、3位のHKT48・宮脇咲良らAKB48グループから39人が参加し、韓国の事務所でトレーニングを積んできた57人の練習生、合計96人から12人のメンバーを選ぶ。日本でも人気のロックバンド・FTISLANDのイ・ホンギのほか、韓国の有名アーティストらがトレーナー・審査員として参加、容赦ない言葉で叱咤激励し、オーディション参加者をA~Fのランクで評価していく。  この番組 『PRODUCE48』(Mnet・BSスカパー/毎週金曜23時)が、15日に放送が始まった。初回では、審査の前にトレーナーのイ・ホンギが日韓のダンストレーニングの差を指摘。「韓国は芸能事務所に所属したらトレーニングから先生を付けて会社で教えてくれる。でも日本は違います。自分で別に習うんです。アイドルを育てる方向性が違うので」と明かした。そんな両国の違いから、韓国の練習生がデビュー前とは思えないキレッキレのパフォーマンスを披露すると、48メンバーの参加者はタジタジの様子。  過去に『AKBINGO!』(日本テレビ系)の「第4回歌唱力No.1決定戦」で優勝したAKB48・小田えりなは、同番組の「ダンスバトル」で優勝経験のある中野郁海とのコンビでパフォーマンスを披露。だが緊張のせいか実力を発揮できず、審査員から小田には「がっかりした。歌うスタイルが古い」と辛口の評価。中野も「いいパワーを持ってる割にそれを調節する能力がない。ダンスバトルで1位を取った実力だとは正直に思えない。このままだとステージに上げられない」と言われてしまった。結果、中野はD、小田はFの評価に。  さらに、HKT48・今田美奈、松岡菜摘、本村碧唯、荒巻美咲、栗原紗英、村川緋杏、月足天音の6人が自身の持ち歌を披露すると、トレーナーから「いま日本で活動してますよね? オーディションで選ばれたんですよね? 何で選ばれたんですか? 息が合っていませんが、たくさん練習しましたか?」と酷評。すると今田は「ダンスを合わせるというよりかは、愛嬌の方が日本のアイドルです…」とこれまでの経験から告白。トレーナー陣は「これが文化の違いですね」と改めて日韓双方の方向性の差が顕著となった。  特に、本村はHKT48ではチームKIVキャプテンとして“ダンスリーダー”を任されて、後輩たちを指導。指原莉乃にも実力を認められて、指原プロデュースのアイドルである=LOVEのカップリング曲の振り付けも担当する実力者。それだけに激しく落ち込み、「こんなにもできないんだなと悔しくて」と涙を見せた。その様子を見守っていたAKB48武藤十夢は「私たちは踊りとか歌を見せるっていうより、『楽しい!』っていうのを見せる方だよね」とつぶやく。岩立沙穂も「そういうエンターテインメントですっていうことを強調していくしかないよね」と同調していた。@@separator 一方、広く知られていない48メンバーが注目をされる可能性もある。総選挙で91位のNGT48・山田野絵は、少女時代の「Gee」を踊ると、天性の明るいキャラと物怖じしないパフォーマンスで辛口のトレーナー陣が絶賛。総選挙圏外のAKB48・竹内美宥は、後藤萌咲、岩立沙穂と『ダンシング・ヒーロー』をジャズアレンジで披露。「とても魅力的な声」と高評価を受けた竹内は「私がアレンジをしたんです」とパソコンを使った得意のDTMでバックトラックを制作したこともアピール。韓国の練習生からも「能力者だ!」と称賛されている。  22日放送の第2回では、松井、宮脇がそれぞれソロパフォーマンスで実力を試し、ジャッジを受けることに。宮脇は「韓国の皆さんは日本に来ても通用するのに。日本は日本を出た瞬間に通用しなくなるのが現実を付けられた気がして悔しい。日本人だってやればできるという100%を見てもらおう」と意気込みを明かしていた。 @@insert1  日本のアイドルは楽曲ごとに「振り付け」を習うのが通例。だが、韓国ではフリーダンスもできるような基礎的なトレーニングからみっちりと受けている。その違いが露呈したが、今後AKB48グループはその壁をブレイクスルーして、マッチアップできるのか? 言葉の壁も乗り越えて、韓国の練習生たちとどのように親睦をはかっていくのか? ダンススキルだけでなく、人間的な成長も含めて、今後の展開から目が離せない。  なお、『PRODUCE48』初回放送と同時に始まった韓国の視聴者投票では、宮脇が1位を獲得している。番組は全12回放送で、8月に最終メンバー12人が決定。活動期間は2年半で韓国だけでなく、日本でもデビューする予定となっている。

  • 「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」で第1位を獲得したSKE48・松井珠理奈

    <AKB48選抜総選挙>SKE48、5人が選抜入り 名古屋の“地熱”を見せつける

    エンタメ

      「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」開票イベントが16日に愛知・ナゴヤドームで行われた。SKE48の松井珠理奈が初の1位、須田亜香里の2位の史上初の“SKE48のワンツーフィニッシュ”が実現。地元・名古屋での開催が追い風となり、“結成10周年”のSKE48が存在感を発揮した。@@cutter 松井は19万4453票と昨年3位で獲得した11万票から8万票を増やして、悲願の首位を戴冠。11歳でSKE48に加入してセンターを任されて、重圧と戦い続け「私をここまで連れてきてくださった皆さん、まずは本当にありがとうございます」と感謝と安堵の表情。さらに、アイドル界全体を見渡して「みんなが信じ合えば、また48グループは、アイドル界のトップになれます。なりたいじゃダメ、なるんです!」と仲間たちを鼓舞した。  2位の須田は15万4011票を記録し、昨年6位での6万票から倍以上の増加を記録。この1年は『サンデー・ジャポン』(TBS系)など年間100本以上のテレビ番組に出演してお茶の間の知名度も上昇。“ブス”を自らネタにして個性を発揮した。「ステージの端にいる子でも、ブスでも、運営に推されなくても、頑張れば夢をつかまえる」と後輩たちに夢を与えた。その一方で、数々の仕事の経験から「世間のみなさんは、私たちが思っている以上に48グループに興味がない。『あなたは何ができますか?』『何を伝えられますか?』と常に問いかけられます。もっと個性を武器に、48グループの旗を掲げて戦っていく時」とタレントとしての現実も問題提起した。  松井から「ライバルになってくれてありがとう」とハグされたHKT48の宮脇咲良は14万1106票で3位に。「博多で獲った旗は博多が引き継ぐ」と3連覇した指原莉乃に続き、1位を標榜して“ラスト総選挙”を公言して不退転の決意で大一番に臨んだが、名古屋の地元愛の結束には敵わなかった。「1度も順位を落とさずにここまでこれたのは、ファンの人が作ってくださった私の誇りです。この誇りを胸に、総選挙を終わらせようと思います」と選抜総選挙からの“卒業”を発表した。  さらに選抜メンバー16名内では、SKE48から前回26位から躍進した8位の大場美奈、前回8位で速報では圏外となった11位の惣田紗莉渚、前回14位だった15位の古畑奈和と5人がランクイン。AKB48からは前回不出馬から7位に輝いた武藤十夢、前回17位で涙をのんだが13位として「総監督になりたい」と宣言した向井地美音ら5人が入賞。 HKT48は宮脇のほか初16以内の9位の矢吹奈子、10位の田中美久、NGT48は4位の荻野由佳、16位の本間日陽の2人、NMB48が14位の吉田朱里のみという結果に。  SKE48からは100位内に24人がランクイン。センター経験のある北川綾巴(27位)、小畑優奈(34位)が前年より大きく順位を上げて面目躍如。中でも、2期生で10年間選抜総選挙に参加しながら、初ランクインを飾った内山命(42位)の入賞時には、彼女の下積みの長さを知るファンから大きな声援が送られた。内山同様、SKE48のシングル選抜メンバーの経験のない荒井優希(28位)、高畑結希(68位)、岡田美紅(78位)らのランクインもあり、ファンが自分たちの力で新たなスターを発掘しようとする名古屋の“地熱”を見せつけた。  『第10回AKB48世界選抜総選挙』と銘打つだけに今回は、海外からタイ・バンコク拠点のBNK48、台湾・台北を中心に活動するTPE48も参加。39位にBNK48のキャプテンであるチャープラン、72位にBNK48のエースであるミュージックもランクインして、国際色を見せた。  国内では一番後輩グループとなるSTU48でキャプテンを務め、AKB48と兼任する5位の岡田奈々は「来年はAKB48が1位を奪い取る!」とAKB48の首位奪還を宣言。NMB48では、シングル「ワロタピーポー」でセンターを務めた昨年12位の白間美瑠が20位にランクダウン。選抜に一人となった吉田は「毎年、『NMB48は弱いね』って言われているのが悔しくて。次は『NMB48、大躍進だね』って言ってもらえるように、もっと戦いに行けるグループになりたい」と前を向いた。  グループ同士の切磋琢磨から個性を磨き、他メディアでも通用するニュースターの誕生すれば、AKB48グループ、そして選抜総選挙はさらに盛り上がるはずだ。 「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」選抜メンバー 第1位 松井珠理奈(SKE48 チームS)194,453票 第2位 須田亜香里(SKE48 チームE) 154,011票 第3位 宮脇咲良(HKT48 チームKIV) 141,106票 第4位 荻野由佳(NGT48 チームNIII)81,629票  第5位 岡田奈々(AKB48 チーム4)75,067票  第6位 横山由依(AKB48 チームA)67,465票  第7位 武藤十夢(AKB48 チームK) 62,611票  第8位 大場美奈(SKE48 チームKII)53,998票  第9位 矢吹奈子(HKT48 チームH)51,620票  第10位 田中美久(HKT48 チームH)50,175票  第11位 惣田紗莉渚(SKE48 チームKII) 48,671票  第12位 高橋朱里(AKB48 チームB)48,100票  第13位 向井地美音(AKB48 チームA)47,458票  第14位 吉田朱里(NMB48 チームM)46,837票  第15位 古畑奈和(SKE48 チームKII)45,688票  第16位 本間日陽(NGT48 チームNIII) 39,241票

  • 「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」 世界選抜メンバー 1~16位

    「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」選抜メンバー フォト特集

    エンタメ

    「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙 ~世界のセンターは誰だ?~」開票イベントが16日、愛知・ナゴヤドームにて開催され、立候補した339名のうち上位100位の順位が発表されました。1位の栄冠に輝いたのは、地元開催となったSKE48の松井珠理奈。第2位はSKE48須田亜香里、第3位にHKT48宮脇咲良となりました。選抜メンバーに選ばれた16人を写真でご紹介いたします。

  • 「女性アイドル顔だけ総選挙2018」

    「女性アイドル顔だけ総選挙2018」上位メンバー写真特集

    エンタメ

    『レコメン!』(文化放送/毎週月曜から木曜22時)が発表した「女性アイドル顔だけ総選挙2018」の結果をご紹介!

  • 「女性アイドル顔だけ総選挙2018」

    白石麻衣「女性アイドル顔だけ総選挙」で1位に 乃木坂46が5位まで独占

    エンタメ

     ラジオ番組『レコメン!』(文化放送/毎週月曜~木曜22時)内で行われた「女性アイドル顔だけ総選挙2018」の結果が13日の放送で発表され、乃木坂46の白石麻衣が1位に輝いた。@@cutter 「女性アイドル顔だけ総選挙2018」は『レコメン!』内で毎年行われている企画で、性格は考慮せず純粋に“顔だけ”で優れているアイドルをリスナーが選び投票するというもの。  白石は昨年に引き続き、1位に輝いた。2位は同じく乃木坂46の佐々木琴子、3位も乃木坂46の堀未央奈。さらに4位に齋藤飛鳥、5位に鈴木絢音という1位~5位を乃木坂46のメンバーが占める結果となった。  番組でお笑い芸人・オテンキのりと水曜日のダブルパーソナリティーを務める堀は昨年の9位から3位に大きくランクアップ。同じく月曜のダブルパーソナリティーを務める欅坂46の菅井友香も昨年の11位から9位に上昇した。  この日、番組に出演していた堀は結果を受けて「すごくうれしいんですけど、レコメンっていう枠でやらせてもらってるから、親心じゃないですけど…」とコメント。「レコメンやってたからここに食い込めたなあって思います」と謙遜していた。  「女性アイドル顔だけ総選挙2018」1位~20位の結果は以下の通り。 1位:白石麻衣(乃木坂46)        2位:佐々木琴子(乃木坂46)       3位:堀未央奈(乃木坂46)        4位:齋藤飛鳥(乃木坂46)      5位:鈴木絢音(乃木坂46)       6位:太田夢莉(NMB48)        7位:松井珠理奈(SKE48)       8位:横山由依(AKB48)       9位:菅井友香(欅坂46)        10位:山本彩(NMB48)        11位:西野七瀬(乃木坂46)   12位:松村沙友理(乃木坂46)   13位:相楽伊織(乃木坂46)    14位:生田絵梨花(乃木坂46)  15位:渡辺梨加(欅坂46)   16位:山下美月(乃木坂46)    17位:星野みなみ(乃木坂46)   18位:長濱ねる(欅坂46)    19位:小坂菜緒(けやき坂46)    20位:高柳明音(SKE48)

  • 『マジムリ学園』場面写真

    AKB48・小栗有以、新世代勢ぞろい『マジムリ学園』で連ドラ初主演

    エンタメ

     AKB48・小栗有以が、7月25日にスタートする『マジムリ学園』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)で連続ドラマ初主演を果たすことが発表。小栗は「この作品がAKB48の歴史に残るような作品になるんじゃないかと思います」とコメントを寄せている。@@cutter 本作は、生徒会長をトップとする厳しいヒエラルキーが存在する嵐ヶ丘学園を舞台に、謎の転校生で、生徒会の命令に従わず我が道を進むリリィーこと清水小百合(小栗)が繰り広げる戦いを描く。  共演には、AKB48グループの新世代が勢ぞろい。リリィーとともに生徒会に対抗する華組のメンバー・朝陽日奈役は岡部麟。桑原郁美役は向井地美音、山本菫役は倉野尾成美と、AKB48のフレッシュなメンバーが物語を彩る。  一方、学園のトップである生徒会長・神崎亜蘭に扮するのはNGT48の本間日陽。そして、会長に刃向うリリィーや華組に粛清と教育を与える生徒会副会長・加藤綾乃役はNGT48の荻野由佳。一番隊隊長・葵日向役は同じくNGT48の加藤美南。二番隊隊長・菊池知子役はAKB48の谷口めぐが務める。さらに、荒んだ町にある荒地工業高校の最強リーダーで、最後にはリリィーの最大の敵となる松本聖子役には、STU48の瀧野由美子が抜擢。自分の進退をかけて華組の味方となってくれるエロ先生こと後白河法子は、AKB48グループの総監督・横山由依が演じる。  また、生徒会長の命によりリリイーや華組に対して送り込まれる敵として、K‐1選手・城戸康裕などプロ格闘家も多数参戦。小栗は史上最強の男たちとガチで向き合い、体当たりでアクションに挑戦する。  小栗は、「最初『主演』というお話を聞いたときは信じられなかったです」と回想。「この作品がAKB48の歴史に残るような作品になるんじゃないかと思いますし、そういう作品になってほしいなと思います。特にアクションに注目してください!」とも話している。  『マジムリ学園』は日本テレビにて、7月25日より毎週水曜24時59分放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access