北川景子 関連記事

  • (左から)新垣結衣、北川景子

    新垣結衣、北川景子も!「白衣姿にキュンとしそう」女性有名人ランキング

    エンタメ

     女優の新垣結衣が、男女1000名が選ぶ「『白衣姿をみたらキュンとしそう』と思うお医者さんのイメージにあてはまる有名人」ランキングで1位に輝いた。2位には北川景子、3位には石原さとみが選ばれている。また男性有名人の1位は福山雅治がトップとなっている。@@cutter 今回の結果は、「メディケア生命保険株式会社」が2019年2月15~18日の4日間、インターネットリサーチを実施。直近1年以内に病院・医院・診療所・クリニックを受診したことがある、全国の20歳~59歳男女(男性500名、女性500名、計1000名)の有効サンプルを集計したもの。  回答者1000名に「『白衣姿をみたらキュンとしそう』と思うお医者さんのイメージにあてはまる有名人」をきいたところ、ドラマ『コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』(フジテレビ系)シリーズのフライトドクター役で、ブルーのスクラブ姿を披露した新垣が1位。2位は北川、3位はドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の法医解剖医役で白衣姿を見せた石原がランクインする形となった。  続く4位は深田恭子、5位は米倉涼子、6位は綾瀬はるか、7位は有村架純、8位は橋本環奈、9位は戸田恵梨香、菜々緒が同率で名を連ねた。  一方、男性有名人の1位は、ドラマの物理学者役での白衣姿が印象深い福山。2位には、ドラマで小児科医を演じていた斎藤工と、フライトドクター役が記憶に新しい山下智久が同率でランクイン。続く4位は西島秀俊、5位は阿部寛、綾野剛、木村拓哉が同率、8位は高橋一生、竹野内豊が同率、10位は竹内涼真が並んでいる。

  • (左から)長澤まさみ、新垣結衣

    長澤まさみ&新垣結衣がランクイン!「汗をかく姿が美しそうなタレント」発表

    エンタメ

     女優・長澤まさみが、営業職女性が選ぶ「汗をかく姿が美しそうなタレント」の1位に輝いた。2位には新垣結衣、3位には土屋太鳳&北川景子が並んだ。@@cutter 今回の結果は、カネボウ化粧品が2019年2月12日、13日の期間にインターネットリサーチを実施。全国20歳~30歳の営業職女性500人の有効回答を集計したもの。  「汗」と関連して、「汗をかく姿が美しそうなタレント」を聞いたところ、最も票を集めたのは長澤。「汗をかいても清潔感があって、きれいだから」「明るくて元気でアクティブな感じがするから」「健康的でセクシーなイメージなので汗が似合いそう」という意見が集まり、清潔感、健康的なスポーティなイメージが今回の結果に繋がったようだ。  2位の新垣には、「青と白が似合う爽やかなイメージがある」「素肌が綺麗だから」「ナチュラルで薄化粧でも綺麗だと感じるから」といった、爽やかさや素肌の綺麗さを支持する声が。  さらに、3位の土屋には「体育会系のイメージがあるので」「天真爛漫で汗をかいても美しい感じがするから」など、同数票の北川には「働く女性からの支持が高そうだから」「健康的で、汗をかいても綺麗な印象」といった声が挙がった。また、ランキングでは続いて、5位に菜々緒、6位に上戸彩、本田翼がランクインした。

  • 北川景子

    北川景子の身に“Wサプライズ”! ファン歓喜の『家売るオンナの逆襲』最終話(ネタバレあり)

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)の最終話が放送され、三軒家万智(北川)に起きた2つの急展開について、視聴者から「最高」「おめでとう!!」などの声が殺到した。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  留守堂が万智たちの前から姿を消して1年後。テーコー不動産新宿営業所は外資系ライバル会社の急成長により消滅の危機を迎えていた。そんな中、住人の高齢化が進む新宿の集合住宅群「新宿ガーデンハイツ」の部屋をリッチブラスト不動産が次々買い占めているという噂を聞き、万智と庭野(工藤阿須加)は現地を訪ねる。一方、客を装ってライバルを偵察した足立(千葉雄大)は、リッチブラスト不動産副社長にまで登り詰めた留守堂に遭遇する…。  リッチブラスト不動産による再開発案から、新宿ガーデンハイツを守ることに成功したテーコー不動産新宿営業所の面々。営業所で朝礼が行われると、契約社員の布施(梶原善)が、屋代(仲村トオル)に「部長! 昇進おめでとうございます!」と一言。さらに足立も課長に昇進したことが明らかになると、SNS上には「課長が部長に!!足立が課長に!!」「昇格したんかいww」などの反響が。足立が「部長! そろそろ社長がいらっしゃいますよ」と言うと、2人のSPを伴って社長に昇進した三軒家が登場。「テーコー不動産社長兼売買仲介営業部チーフ三軒家万智です!」と社員の前で改めて力強く自己紹介。ヒロインの社長への昇進にネット上には「まさかの社長www」「ついに社長!!」「最高」「家売る社長」などの声が寄せられた。  その後「BARちちんぷいぷい」で酒を飲んでいた足立が「社長もやってチーフもやって奥さんもやって、大変だなぁ」と三軒家について話すと、隣にいた屋代が「実はもう一つ増えることになりそうなんだ…」と三軒家の妊娠を報告。このシーンに視聴者からは「さんちー妊娠!!??」「サンチーがママに!!おめでとう!!」「おめでたい」などのツイートが殺到。放送終了後には「サンチーママバージョン見たすぎるぅ!」「ママになったサンチーも楽しみなので、ぜひ続編お待ちしてます」「続編はよ!!」などの声が多数寄せられた。

  • 『家売るオンナの逆襲』最終回場面写真

    今夜『家売るオンナの逆襲』最終回、北川景子ら新宿営業所VS松田翔太の行方は…

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)が今夜最終回を迎える。万智(北川)に対する留守堂(松田翔太)の憎しみから消滅の危機に陥った新宿営業所だったが、メンバー一丸となってライバル会社に立ち向かう。@@cutter 本作は、2016年7月期と2017年5月のSPドラマで放送された『家売るオンナ』シリーズの続編。伝説の不動産屋・三軒家万智(北川)を主人公に、彼女が顧客の個人的な悩みや問題にも関わりながら、人生最大の買い物である家を型破りな方法でダイナミックに売りまくる姿をコミカルに描いていく。  留守堂が万智たちの前から姿を消して1年。新宿営業所は外資系ライバル会社・リッチブラスト不動産の急成長により業績が伸び悩み、消滅の危機を迎えていた。  そんな中、住人の高齢化が進む新宿の集合住宅群「新宿ガーデンハイツ」の部屋をリッチブラスト不動産が次々買い占めているという噂を聞き、万智と庭野(工藤阿須加)は現地を訪ねる。しかし、そこで立ち退きに抵抗する住人の老兄弟・藤見明(笹野高史)と譲(本田博太郎)の姿を見た万智は突然しゃっくりが止まらなくなる。  一方新宿営業所では、リッチブラスト不動産が今まで万智が行った型破りな家の売り方を真似して家を爆売りしていることが発覚。庭野と共に客を装ってライバルを偵察した足立(千葉雄大)は、なんとAIに万智のノウハウを組み込み副社長にまで登り詰めた留守堂に遭遇する。万智への憎しみを露わにする留守堂は、新宿ガーデンハイツを都市型リゾートに再開発すると話す。ライバル会社の勢いを前に、屋代(仲村トオル)は一同に地道な営業を呼びかけるが売り上げは伸びず大苦戦。  そんな中、万智は明と譲の元を再び訪ね、ある計画を提案する。実は明と譲は昔一世を風靡し小学生の万智も大ファンだった大人気コミックマジシャングループ「マジック7」のメンバーだった。屋代は万智の計画実現のため、雲の上の存在だった社長(舘ひろし)に直談判を試みるが…。  ドラマ『家売るオンナの逆襲』最終回は、日本テレビ系にて今夜3月13日22時放送。

  • 北川景子

    北川景子、夫DAIGOの家庭的な変化を告白 料理が「帰ったらできてる」

    エンタメ

     女優の北川景子が、9日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系/毎週土曜21時)に出演。夫DAIGOの変化を明かした。@@cutter この日、主演ドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)で共演している松田翔太と共に登場した北川。身の回りで起きたニュースとして「最近、(DAIGOが)料理を始めました」と語ると、観客席から「エーッ!?」と驚きの声が。  嵐・櫻井翔から「そういうときはお手伝いするの?」と聞かれると、「今まで家事は私が完璧にやらなくちゃいけないと思って、全部自分でやっていたんですけど、最近はやってくれるようになった」と述べ、「最近は帰ったら(料理が)できてる」と夫の変化ぶりを告白。実に家庭的なDAIGOに対し、松本潤は「全然ロックじゃねーじゃん」と笑わせていた。  そんな北川と松田が挑戦したのが、クイズに答えて絶品グルメを食べる定番コーナー「グルメデスマッチ」。今回は、地方や海外から続々と東京に進出している料理を集めた「上京グルメデスマッチ」が企画された。    ただし北川は、あるクイズに不正解した相葉雅紀に続いて、「ほとんど相葉さんと一緒(の答え)になっちゃうんですけど」と切り出しながら答えようとすると、進行役の平成ノブシコブシ吉村崇から「じゃ違います」とバッサリ切り捨てられるなど、あまり活躍できず。  その後もなかなか正解を導きだせない北川。「惜しいんですけどね、ずっと」と強がると、またもや吉村から「北川さん全然ですよ、全然惜しくない!」とツッコまれていた。前回出演時も食べられなかったという彼女は、「今日こそ食べて帰ろうと…」と、もう1人居残った松田翔太をマジマジと見つめ、「負けないよ!」とライバル心むき出しにしたが、ラストも問題でも、松田にあっさり答えられてしまうありさま。北川は「一言でいうなら、KS」と、夫の「DAI語」で表現し、「悔しい…!」と残念がっていた。

  • ドラマ『家売るオンナの逆襲』で共演中の(左から)北川景子、松田翔太

    北川景子と松田翔太にまさかの展開! 視聴者騒然の『家売るオンナの逆襲』第9話

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第9話が放送され、小学校の同級生だった三軒家(北川)と留守堂(松田翔太)だったが、留守堂の記憶違い発覚し、2人の関係が急展開を迎えるシーンに視聴者から「変な展開にwww」「笑ってしまった」「えぇ…(困惑)」などの声が殺到した。@@cutter 三軒家は、静江(松金よね子)と同居するための家を探す娘の馬場礼子(酒井若菜)を担当。一方、足立(千葉雄大)は新婚夫妻の家探しを担当し、留守堂は離婚予定の迫田のぞみ(小野真弓)から家を売りたいと相談される。偶然、足立の客が留守堂担当の迫田家を気に入ったことで、内見先で顔を合わせる一同だが、思わぬトラブルが発生する…。  第5話で、三軒家と留守堂が小学校の同級生であったことが発覚。イジメられていた留守堂に、三軒家が毎週餃子を届けてくれたことや、プールで溺れた際には彼女が救助し人工呼吸までしてくれたという想い出が彼の口から明かされた。  第9話では留守堂が思いを抑えられなくなり、三軒家と対峙する展開に。彼が真剣な表情で「もうパンパンなんです!」と語ると、三軒家は「何がパンパンなんですか!? …私への想いですか?」と返答。留守堂が「そうです!」と答えると彼女は喰い気味に「迷惑です!」とバッサリ。この会話にネット上には「よく笑わないでセリフ言えるな」「なに、このやり取りwww」などの反響が。  留守堂は三軒家に対して「すべて僕のものにしたい」と告白。それを聞いた三軒家は「あなたは人違いをしています」と答え、餃子を届けたのもプールで人口呼吸を下のも別人であると主張する。結局、留守堂の想い出が勘違いであったことが判明すると視聴者からは「留守堂さん、人生をかけたドジっ子やん」「なんちゅう勘違い(笑)」などのツイートが寄せられ、最終回を前にした急展開にSNS上には「変な展開にwww」「ヤバいwww笑ってしまったwww」「めっちゃ面白い(笑)」「えぇ…(困惑)」などのツイートが殺到した。

  • 『家売るオンナの逆襲』第9話場面写真

    今夜『家売るオンナの逆襲』、北川景子に対する松田翔太の愛が爆発!?

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第9話が今夜放送される。今回は、万智(北川)と屋代(仲村トオル)の順調な夫婦関係を目の当たりにした孤独な留守堂(松田翔太)の愛に、爆発へのカウントダウンが…。@@cutter 本作は、2016年7月期と2017年5月のSPドラマで放送された『家売るオンナ』シリーズの続編。伝説の不動産屋・三軒家万智(北川)を主人公に、彼女が顧客の個人的な悩みや問題にも関わりながら、人生最大の買い物である家を型破りな方法でダイナミックに売りまくる姿をコミカルに描いていく。  万智は高齢の母・静江(松金よね子)と同居するための家を探す独身女性・馬場礼子(酒井若菜)を担当。庭野(工藤阿須加)は売り手のつかない古家の中身をフルリノベーションすべく同年代の施工会社の社員・真壁(入江甚儀)と協力する。  今回がデザイナーとしてのデビュー作だという真壁は内装に自分のこだわりを詰め込み、意気投合した庭野は自分が家を売ろうと張り切る。一方、絶好調の足立(千葉雄大)は新婚の新垣夫妻の家探しを担当し、留守堂は離婚予定の迫田のぞみ(小野真弓)から家を売りたいと相談される。  偶然足立の客が留守堂担当の迫田家を気に入ったことで内見先で顔を合わせる一同だが、思わぬトラブルが発生し…。一方、リノベ物件のエッジの効いたデザインが客に受けず苦戦する庭野を尻目に、万智は自分が家を売ると宣言。しかも真壁が苦労して完成させたリノベーションを一掃し、全面畳に戻すと言う。  真壁の努力を無駄にしないため、庭野はなんとかしようと抵抗するが…。そして、売り上げの伸び悩む新宿営業所メンバーたちは現地販売で大奮闘。そんな中、万智と屋代の順調な夫婦関係を目の当たりにした孤独な留守堂の愛に爆発のカウントダウンが始まっていた…。  ドラマ『家売るオンナの逆襲』第9話は、日本テレビ系にて今夜3月6日22時放送。

  • 北川景子

    北川景子の“サイレントGO”に反響「無言でも迫力」 『家売るオンナの逆襲』第8話

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第8話が27日に放送され、突如声が出なくなった三軒家万智が無言のまま決めゼリフの「GO!!」を披露するシーンに、視聴者からネット上に「無言怖いwww」「無言でも迫力ある」「GOはサイレントでも通用する」などの反響が寄せられた。@@cutter 庭野(工藤阿須加)は、父・茂雄から実家を売ってタコ焼き屋を始めたいと相談されるが猛反対。そんな庭野の元に、棟方母娘から自宅の売却依頼が舞い込む。「家を売ったお金でケーキ屋を始めたい」という母・幸子(南野陽子)に振り回される娘・すみれ(大後寿々花)に共感する庭野は、実家も棟方家も売らずに済ませようと決意する。  棟方母娘の自宅売却を自分が担当し、ケーキ屋の物件も売ると名乗り出た三軒家。彼女は庭野を伴って、棟方母娘が自宅売却後に購入するための物件へ案内する。そこで三軒家はすみれに自宅売却で得た資金で一人暮らしをするべきだと提案。三軒家はすみれに対して「お母様の犠牲…」と言いかけたところで、なぜか声が出なくなってしまう。異変に気付いた庭野に対して三軒家は通訳を要求。庭野は彼女の唇を読みながら「お母様の犠牲になってはいけません」とすみれに伝える。  自分と似た境遇の棟方母娘に対して庭野は「親一人子一人だと思うとなかなか突き放せないんですよね、でもそれって違うんじゃないですか!」と通訳以上のことを話すと、それを見た三軒家は彼に唇の動きで「あとは庭野が話せ」と意思表示。それを「自分には無理です!」と拒否した庭野に向かって、三軒家は唇の動きだけで「庭野GO!!」と発すると、彼は「はい!」と応じてしまう。このシーンに視聴者からは「サイレントGO!!」「サイレントモードwww」「無言GO!!」などのツイートが殺到。さらに「無言でも迫力ある」「GOはサイレントでも通用する」などの声がSNSに寄せられていた。

  • 北川景子

    北川景子の「手をつなぎたいです」に「萌える」の声殺到 『家売るオンナの逆襲』第8話

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第8話が27日に放送され、北川演じるヒロインの三軒家万智が仲村トオル扮する夫の屋代に「手をつなぎたいです!」と明かすシーンに視聴者から「可愛い」「最高最高!」などの声が殺到した。@@cutter 庭野(工藤阿須加)は職場に来た父・茂雄(泉谷しげる)から、実家を売ってタコ焼き屋を始めたいと相談される。商売に失敗しては食いつぶしてきた茂雄を反面教師としてきた庭野は反対するが、三軒家は“自分が売る”と宣言。そんな庭野は、自分の境遇を自宅の売却を担当している客・棟方母娘に重ねる。「家を売ったお金でケーキ屋を始めたい」という母・幸子(南野陽子)に振り回さる娘・すみれ(大後寿々花)に共感する庭野は、実家も棟方家も売らずに済ませようと決意する。  美加(イモトアヤコ)から屋代が浮気をしていると聞かされた三軒家は、彼を詰問。浮気の事実のない屋代は否定しながら、三軒家が彼に内緒で留守堂(松田翔太)と会っていたことを追求する。留守堂の正体を突き止めるために会っていた三軒家は「私が愛しているのは課長だけです!」と力強く告白。誤解のとけた三軒家と屋代は久しぶりに2人で帰宅することに。道すがら、三軒家は真剣な表情で「課長! 手をつなぎたいです」と気持ちを伝える。この三軒家の言葉に、視聴者からは「可愛いくて悶える」「直球サンチーかわいい」「まんちっちが甘えモード」「最高最高!」「8話鬼リピ確定」などのツイートが殺到。  三軒家の言葉に屋代が笑顔で応じると、2人は手をつなぐ。つないだ手を大きく降って足取り軽く歩く姿に、SNS上には「手繋いでブランブランしてるの何…萌え…」「キャー!仲良し!」「仲良さげでええなぁ」などの投稿が多数寄せられた。一方、それでも表情は堅い三軒家に対して「操り人形みたいなサンチー笑」「顔だけ真顔で首から下がルンルンなのはシュール過ぎるw」などの声も寄せられていた。

  • 『家売るオンナの逆襲』第8話場面写真

    今夜『家売るオンナの逆襲』、工藤阿須加は父・泉谷しげるに振り回され…

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第8話が今夜放送される。今回は、庭野(工藤阿須加)がお調子者の父・茂雄(泉谷しげる)から実家を売りたいと持ちかけられて反対するものの、万智(北川)は、自分が売ると宣言する。@@cutter 本作は、2016年7月期と2017年5月のSPドラマで放送された『家売るオンナ』シリーズの続編。伝説の不動産屋・三軒家万智(北川)を主人公に、彼女が顧客の個人的な悩みや問題にも関わりながら、人生最大の買い物である家を型破りな方法でダイナミックに売りまくる姿をコミカルに描いていく。  庭野は突然職場に押しかけてきたお調子者でいい加減な父・茂雄から、実家を売って人生最後の勝負にタコ焼き屋を始めたいと相談される。  お金と女にだらしなく、商売に失敗しては食いつぶしてきた茂雄を反面教師として真面目に育ってきた庭野は、亡き母が残した実家を売れば茂雄の生活基盤がなくなると反対するが、突然現れた万智が自分が売ると宣言。頭を抱える庭野は、自分の境遇を自宅の売却を担当している客・棟方母娘に重ねる。  夢見がちな母・棟方幸子(南野陽子)の「家を売ったお金でケーキ屋を始めたい」というわがままに振り回されながらも、母を心配し家を売らない方がいいと主張する堅実な娘・すみれ(大後寿々花)に共感する庭野は、万智に逆らい実家も棟方家も売らずに済ませようと決意。“サンチーの犬”を脱したい庭野と、留守堂(松田翔太)に対してモヤモヤを抱える足立(千葉雄大)は、それぞれ万智と留守堂からの卒業を誓う。  しかし、茂雄を説得しようと実家に帰ると、すでに万智が家を売る算段をつけていて…。しかも買い手はなんと留守堂。万智のあまりの仕打ちに庭野は自暴自棄になってしまう。そんな中、美加(イモトアヤコ)から屋代(仲村トオル)と三郷(真飛聖)の浮気写真を見せられた万智は怒りに燃える。恐ろしい剣幕で庭野を呼びつけた万智は棟方母娘の元へ。しかし家を売ろうとしたその時、万智は突然声が出なくなってしまう…。  ドラマ『家売るオンナの逆襲』第8話は、日本テレビ系にて今夜2月27日22時放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access