夏菜 関連記事

  • 夏菜

    夏菜、過去の恋愛発言をざんげ “元カレ”との意外な交流も明かす

    エンタメ

     女優の夏菜が15日、『今夜くらべてみました』(日本テレビ系/毎週水曜21時)に出演した。前回、地元・埼玉県民との交際経験はないと断言していたが夏菜が、その発言を訂正したほか、現在も続くという“元カレ”との意外な交流についても明かした。@@cutter この日は「ガツガツしてるぞ埼玉女子 Part2」と題して埼玉出身の女性芸能人が集合し、それぞれの地元の魅力についてトークを展開した。そんな中、MCのチュートリアル・徳井義実が「夏菜さんがどうしても言いたいことがある」と振ると、夏菜は「実は前回、埼玉県民と付き合ったことがないって言ってたんですけど…ありました」と告白。  前回、同じ企画に参加していた夏菜は、「東京の人としか付き合ったことがない」と話しており、地元の埼玉の人間と付き合わない理由については「なんかダサいから」とぶっちゃけていたのだ。  ところが、実際には1人だけ交際していた人物がいたそうで「(夏菜の地元・戸田市)北戸田のジャスコのRight-onで働いていたまーくん」と、妙に細かい情報を打ち明けてスタジオの笑いを誘った。その相手とは「17歳とか18歳のときに、2~3ヵ月だけ。バイクに乗って蓮田の古着屋さんとかよく行ってた」と地元での思い出を振り返りつつ、「ざんげしに来ました。すいません」と頭を下げた。  フットボールアワー・後藤輝基からの「連絡はもう取ってない?」という問いには「保険会社やってて。保険会社の人としてお世話に…」と現在も交流が続いていることを明かすと、スタジオで驚きの声があがっていた。

  • 夏菜

    夏菜の寝顔がかわいい ワンコに囲まれおやすみショット

    エンタメ

     女優の夏菜が30日、自身のインスタグラムに犬と戯れる写真を投稿。犬に囲まれた中で見せた寝顔にファンからは「素敵すぎ〜」「可愛すぎる」などのコメントが殺到している。@@cutter 「平成最後の日はワンコに囲まれてすごしました」というコメントとともに投稿されたのは、犬に囲まれた夏菜が笑顔を浮かべる様子や、犬と一緒に眠る姿を収めた写真。ソファに横になっている彼女のそばには、かわいい犬の姿が。眠っている夏菜の顔も心なしか幸せそうな表情に見える。  この写真にファンからは「ワンちゃんに囲まれて笑みが幸せだ」「素敵すぎ〜可愛すぎ〜」「可愛すぎる」「とっても幸せそうだね」などのコメントが集まっている。 引用:https://www.instagram.com/natsuna_official/

  • 『IPPONグランプリ』に出演する粗品

    霜降り明星・粗品、今夜『IPPONグランプリ』に満を持して初参戦

    エンタメ

     霜降り明星の粗品が、今夜放送の土曜プレミアム『IPPONグランプリ』(フジテレビ系/4月20日21時)に初参戦することが分かった。粗品は『M‐1グランプリ2018』『R‐1ぐらんぷり2019』に続き、最年少優勝を目指す。@@cutter 『IPPONグランプリ』は、大会チェアマンに松本人志を迎え、大喜利が好きな10名の芸人がシンプルに大喜利のみを行い、勝者を決めるバラエティー番組。2009年12月に深夜番組としてひっそりと放送されて以降、回を重ねるごとに人気、知名度を上げ、今回は第21回大会となる。  今回初出場するのは、粗品のほか、インパルス・板倉俊之、さらば青春の光・森田哲矢の3名。そのほかには、秋山竜次(ロバート)、川島明(麒麟)、千原ジュニア(千原兄弟)、バカリズム、塙宣之(ナイツ)、堀内健(ネプチューン)、又吉直樹(ピース)が出場。塙と又吉を除く5名が優勝経験者という実力者ぞろいの大会となる。また、観覧ゲストとして、田辺誠一、夏菜、吉田沙保里も出演する。  今回初参戦の粗品は、出場が決まったときの気持ちとして「芸人になってから、ずっと出たいと思っていたのでうれしかったです。『M‐1グランプリ』で優勝して、『IPPONグランプリ』に出るのが夢でした」とコメント。また、『M‐1』『R‐1』と『IPPONグランプリ』の舞台の違いについて問われると「別物ですけど、緊張感はありました。『IPPONグランプリ』では同じ土俵で戦う方々が、『M‐1グランプリ』や『R‐1ぐらんぷり』と比べて、ベテランの方々ばかりでしたので、すごく良い経験をさせて頂きました」と話している。  土曜プレミアム『IPPONグランプリ』は、フジテレビ系にて今夜4月20日21時放送。

  • 夏菜

    埼玉出身・夏菜、お国自慢も過去の交際経験で“本音”がポロリ?

    エンタメ

     女優の夏菜が27日放送の『今夜くらべてみました 翔んでる埼玉女&ハワイ女子会&工藤夕貴と合宿2時間SP』(日本テレビ系)に出演。出身地である埼玉県を熱く語ったが、過去の交際経験で思わぬ“本音”も飛び出した。@@cutter 番組では「ガツガツしてるぞ!埼玉女子」と題し、埼玉県出身の芸能人が集まり、地元トークを展開。そんな中、MCのフットボールアワー後藤輝基が「ざっくり埼玉ということしか分からへんもん」と話すと、藤田は「(今回の共演者の中でも)ド田舎と都会で全然分かれます」とし、戸田市出身の自身は「勝ち組です」と主張。同市出身の夏菜も「5分で東京に行けるもん」と同調し「戸田公園が最強」「埼玉出身だけど東京だと思っている」などアピールした。さらに、埼京線・戸田公園駅の東京の中心部までのアクセスの良さを訴えると、後藤も「これはだいぶ東京寄りやわ」と認めた。  また、番組では「大宮駅だと人気がない芸能人でもキャーキャー言われる?」という企画を実施し、後藤がロケに参加。すると、握手を求められたり、女子高生にプリクラに誘われたりと大騒ぎの結果に。VTRを見た藤田は「TGC(東京ガールズコレクション)でも、代々木体育館でやるより、さいたまスーパーアリーナでやったときの方が歓声がケタ違いだった。想像していないくらいの『キャー』がきます」と振り返った。  ローカル自慢で盛り上がる中、共演者らが、過去に地元の男性と交際経験があると話していると、「東京の人としか付き合ったことがない」と夏菜。「なんで埼玉の人と付き合わないの?」という問いには「なんかダサいから」と回答。まさかの本音にスタジオは笑いに包まれ、後藤も「本音が出た!」と指摘していた。

  • 『ラーメン大好き小泉さん2019春SP』ウエディング姿の早見あかり

    早見あかり、ウェディングドレス姿公開『ラーメン大好き小泉さん』場面写真解禁

    エンタメ

     女優の早見あかりが主演を務めるSPドラマ『ラーメン大好き小泉さん2019春SP』(フジテレビ系/4月5日23時)より、小泉さん役の早見がウェディングドレス姿を披露する場面写真が公開された。@@cutter 早見演じるラーメン好きな謎の美人女子高生“小泉さん”がラーメンをひたすら食べまくる『ラーメン大好き小泉さん』は、鳴見なるの同名漫画が原作。2015年の連続ドラマ、2016年の2回のスペシャル版を経て、本作で3年ぶりの復活となる。  今回解禁となった場面写真は、早見演じる小泉さんがウェディングドレスを身に付けたもの。早見が結婚発表後、ウェディングドレス姿を披露するのはこれが初となる。女子高生である小泉さんがなぜ今回ウェディングドレスを着ることになったのか、そのストーリーにも注目が集まる。  あわせて、長嶋一茂、夏菜、小宮浩信(三四郎)ら豪華ゲストの出演も解禁となった。  今やテレビで見ない日がないほどの活躍を誇る長嶋は、自称カリスマ・ラーメン・ブロガーの男として、番組冒頭部分からの出演。朝ドラヒロイン経験もある夏菜は、小泉さんの友達である大澤悠(美山加恋)の従姉にあたる大澤絢音役として、本物のテキーラが入っているという変わり種ラーメンに挑戦する。今回のゲストの中で最も異彩を放つお笑い芸人・三四郎の小宮は、ラーメンフリークのお客さんを演じる。  長嶋は「『ラーメン大好き小泉さん』にゲストとして、出演する事ができ、うれしい気持ちです。現場が好きなので、熱い情熱がぶつかり合うドラマ現場に、50歳を過ぎても参加できるというのはこの上ない喜びです」と熱いメッセージを寄せている。  夏菜は「またアニメ、マンガ原作か!!という、プレッシャーですね。いつもそうですが、皆さんのイメージが出来上がってるのでそれが役になって、演じるというのはとても緊張します。これは…原作より私寄りの設定になっている…と思いました。なので、原作のまんま!演じるというのはちょっと難しいなぁと感じましたが、テンション高めで小泉さんに絡んでいければと思います」と意気込みを語った。  小宮は「こんな僕みたいな大根にオファーなんてドッキリかなと思いましたが、ガチかもしれないので全力で挑みました! 結果ガチだったのでよかったです! かなり僕小宮の等身大の役だったのでやりやすくて、バチボコありがたかったです!」とコメントを寄せた。  ドラマ『ラーメン大好き小泉さん2019春SP』は、フジテレビ系にて4月5日23時放送。

  • 夏菜

    夏菜、デニムで際立つ美尻ショットに反響「めっちゃ綺麗」

    エンタメ

     女優の夏菜が5日、自身のインスタグラムを更新。デニム姿で際立ったスタイル抜群のショットを投稿し、ファンからは「スタイル抜群すぎ!」など大きな反響を呼んでいる。@@cutter 3日の更新では、パリで行われたファッションブランドのイベントに参加していたことを明かし、滞在先から写真をアップしていた夏菜。  今回も現地からの投稿で「もうすぐ帰国します。人生ではじめてのfashion showはほんとに刺激的で、これからの人生の糧になるような、最高の経験になりました。ありがとうーparis!」というコメント共に、エッフェル塔をバックにポーズを決めた写真を披露している。  背中がぱっくりと開いたセクシーなトップスと、美尻が際立つデニム姿にファンからは「めっちゃ綺麗です!!!」「お尻のライン奇麗!」「デニム姿珍しい!めっちゃいい」と絶賛の声が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/natsuna_official/

  • 夏菜

    夏菜、肩だし&美脚ショット披露に「エレガント」「脚長ーい」の声

    エンタメ

     女優の夏菜が3日、自身のインスタグラムにパリで撮影した写真を投稿。肩を大胆に露出したセクシーなドレス姿や、美脚があらわになったショートパンツ姿を収めた写真に、ファンからは「綺麗だな~」「スタイル良すぎて羨ましい」「めちゃくちゃ可愛い」などのコメントが寄せられた。@@cutter パリで行われたファッションブランドのイベントに参加していた夏菜は、滞在先から写真を複数枚投稿。アナログレコードやローラースケートをかたどったネオン看板など、70年代を彷彿させる装飾が施された部屋での1枚は、ロングドレスを着た夏菜の姿を収めた写真。ソファに腰掛け大人っぽいイメージで決める彼女のドレスからは肩や鎖骨のラインがあらわに。夏菜の妖艶な表情を切り取った写真にファンからは「なかなかのエロ格好いいですね~」「大人っぽい!!大好きです」「鎖骨のラインも綺麗だな~」「エレガントです!」などのコメントが寄せられた。  そのほか、チェック柄のジャケットとショートパンツのセットアップを着た夏菜が、パリの街角で佇んでいる写真も投稿。ショートパンツから彼女の美脚のぞくショットに、ファンからは「スタイル良すぎて羨ましい」「足細いぃ!!!」「脚長ーい!」「セットアップめちゃくちゃ可愛いです」などの声が多数あがっている。 引用:https://www.instagram.com/natsuna_official/

  • 『CORK Special Wine Event』に登場した夏菜

    夏菜、お酒の失敗は「これ以上しちゃいけない」と決意 30代に向け生活の変化を明かす

    エンタメ

     女優の夏菜が20日、都内で開催された「CORK Special Wine Event」に出席。2017年9月に、ワインを中心とする酒類などの専門的知識やテイスティング能力を有する者に与えられる“ワインエキスパート”の資格を取得した夏菜は、飲食店のプロデュースに対する意欲や、生活における変化などを語った。@@cutter 「CORK(コルク)」はワインを軸にサービス展開を行うブランド。夏菜はワインエキスパートの資格を活かして取り組みたいことを聞かれると「自分のお店をプロデュースするとか。自分のじゃなくてもいいんですけど、どこかの飲食店とコラボとかしたいなあというのは、ずっと夢であるので、何かそういうきっかけがあったら、やりたいなと思います」とコメント。  今まででワインを1番飲んだ量を聞かれると「一時期は、1日1人で2本飲んで、そのまま寝てみたいなのが、自分の中で流行っている時期がありましたね」と自嘲気味に明かし「2本くらいしか。ワインは限界が来ますね」とも。酔うとどうなるのか質問されると「家でしかそういう飲み方はしないので、そのまま寝るって言うだけですけど、赤いよだれが出ていることもあります。たまに」と白い歯を見せた。  30代が近づいていることに話が及ぶと「ぎっくり腰になったりだとか、肌の衰えを感じたりだとか。色々なことが、人間として、女性として、変わってきている時期なんだなということで、色々なものを一新しました。化粧水だとか、自分が体に取り入れるものだとか」と、生活における変化を報告。  その後、お酒にちなんだ失敗談に話が及ぶと「こういうの話し過ぎて、『いい加減にしろよ!』ってなってると思うんですけど」と笑いつつ「全部出しましたね。とりあえず、失敗は。最近は、家でしか飲んでいない。これ以上、失敗しちゃいけないと思って。撮られる!って思って、気を付けてます」と話していた。

  • 『人生が楽しくなる幸せの法則』第6話場面写真

    今夜『人生が楽しくなる幸せの法則』、夏菜は恋する和田琢磨の意外な姿を目撃

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第6話が今夜放送される。第6話では、夏菜演じる中川彩香ら3人は、神様の助言に従い、積極的に行動するが…。@@cutter 本作は、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイによる人気エッセイ『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)を原作に、オリジナルストーリーでドラマ化したラブコメディー。ジャストライト物産に勤務する彩香、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)の3人の女性会社員が、「ちょうどいいブスの神様」のレクチャーを受けて成長していく姿を描く。原作者の山崎も「神様」役で出演している。  “ちょうどいいブスの神様”(相席スタート・山崎ケイ)から次に与えられたミッションは「幸せが勝手に舞い込んで来るなんて思ったら大間違い! 受け身にならず、今こそ動くの!」というもの。早速、彩香は、佐久間涼太(和田琢磨)が女性と言い争っているのを見て、里琴、佳恵と、後をつける。すると涼太の思わぬ一面が発覚。「目に見えているものが真実とは限らない」と3人は引き続き行動するが…。  『人生が楽しくなる幸せの法則』第6話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜2月14日23時59分放送。

  • 『人生が楽しくなる幸せの法則』第5話場面写真

    今夜『人生が楽しくなる幸せの法則』、夏菜は苦手な合コンに参加するはめに…

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第5話が今夜放送される。第5話では、失恋をひきずる夏菜演じる中川彩香は、ショック療法として苦手な合コンに参加することになってしまう。@@cutter 本作は、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイによる人気エッセイ『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)を原作に、オリジナルストーリーでドラマ化したラブコメディー。ジャストライト物産に勤務する彩香、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)の3人の女性会社員が、「ちょうどいいブスの神様」のレクチャーを受けて成長していく姿を描く。原作者の山崎も「神様」役で出演している。  失恋の痛手から立ち直れない中川彩香と皆本佳恵に、“ちょうどいいブスの神様”(相席スタート・山崎ケイ)は、“ショック療法”と称して合コンにチャレンジさせる。合コンが苦手で拒否反応を見せる彩香に、神様は「ちょうどいい距離を制する者が、全てを制す!」とアドバイス。そして、彩香と佳恵のために、木原里琴が合コンをセッティングするが…。  『人生が楽しくなる幸せの法則』第5話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜2月7日23時59分放送。

  • 『人生が楽しくなる幸せの法則』に主演する夏菜

    夏菜、デートで緊張する姿がかわいい! 『人生が楽しくなる幸せの法則』第4話

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第4話が放送され、夏菜演じるヒロインが憧れの同僚と2人きりになり緊張するシーンに視聴者から「かわいい」「見てるこっちが緊張」などの声がSNSに寄せられた。@@cutter 彩香(夏菜)は、涼太(和田琢磨)から誘われた日曜日のデートのことで頭がいっぱい。恋愛の必殺技など持たない彩香、里琴(高橋メアリージュン)、佳恵(小林きな子)たちに、“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ)は、「“ちょうどいいブスの恋はRPG”よ! 少しずつ経験値を積んで、ひとつひとつステージをクリアしていくの!」とアドバイス。彩香は「佐久間君と楽しく会話をすること」を目標に突き進むが…。  ついに迎えたデート当日。待ち合わせの店に出かけた彩香だったが、そこには涼太だけでなく、同僚の鴨志田萌(佐野ひなこ)らも同席。彩香同様に涼太が気になる萌が2人きりのデートを邪魔しにきたのだった。たどたどしい会話が続く中、萌たちが席を外すと、彩香と涼太は2人きりに。緊張が頂点に達した彩香は、会話を円滑に進めるために用意していた“ネタ帳”を落とし、それを涼太に発見されてしまう。彩香が「しゃべるのも苦手で退屈させないために準備してきました…」と話すと、涼太は笑顔で「もっと気楽に来てくれたら良かったのに」とフォロー。  男性との会話に緊張する初々しい彩香の姿に、ネット上には「ネタ帳だなんて…夏菜が可愛く見えてきた(当たり前)」「夏菜かわいい」「頑張れ!」「見てるこっちが緊張してドキドキ」などの声が寄せられた。  しかしその後、彩香は萌から「私たち付き合ってるんです」と涼太と交際していると聞かされ落胆。ショックを受けた彩香は、里琴(高橋)に「こういうオチになるんじゃないかなと思ってたんですけどねぇ」と開き直ると、それを聞いた里琴は真剣な表情で「慣れっ子なフリして心の中ボロボロなんでしょ!!」と怒りをぶつける。このシーンに視聴者からは「木原さんめちゃくちゃ良い女」「バリええやつやん」などのツイートも寄せられた。

  • 『人生が楽しくなる幸せの法則』第4話場面写真

    『人生が楽しくなる幸せの法則』、夏菜は和田琢磨にデートに誘われ…

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第4話が今夜放送される。第4話では、和田琢磨扮する男性社員からデートに誘われた中川彩香(夏菜)が“ある目標”を掲げて突き進む姿が描かれる。@@cutter 本作は、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイによる人気エッセイ『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)を原作に、オリジナルストーリーでドラマ化したラブコメディー。ジャストライト物産に勤務する彩香、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)の3人の女性会社員が、「ちょうどいいブスの神様」のレクチャーを受けて成長していく姿を描く。原作者の山崎も「神様」役で出演している。  中川彩香は、佐久間涼太(和田琢磨)から誘われた日曜日のデートのことで頭がいっぱい。恋愛の必殺技など持たない彩香、木原里琴、皆本佳恵たちに、“ちょうどいいブスの神様”(相席スタート・山崎ケイ)は、「“ちょうどいいブスの恋はRPG”よ! 少しずつ経験値を積んで、ひとつひとつステージをクリアしていくの!」とアドバイス。彩香は「佐久間君と楽しく会話をすること」を目標に突き進むが…。  『人生が楽しくなる幸せの法則』第4話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜1月31日23時59分放送。

  • 高橋メアリージュン

    高橋メアリージュンの爆走を視聴者が絶賛! 『人生が楽しくなる幸せの法則』第3話

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第3話が放送され、クライマックスで高橋メアリージュン演じる総務部社員が全力疾走を見せると、視聴者から「ハイヒールなのにこの速度」「いかつい」などの声がSNSに寄せられた。@@cutter 本作はお笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイの人気エッセイを原作にしたラブコメディ。夏菜、高橋、小林きな子の3人が演じるイケてない女性たちが仕事も恋愛もスマートにこなす生き方上手な女性を目指す姿が描かれる。  今回、中川彩香(夏菜)、木原里琴(高橋)、皆本佳恵(小林)は、“ちょうどいいブスの神様”(山崎)から、自己評価と他人から受ける評価とが違いすぎる、と指摘される。神様から「あなたたちは自分が見えてないということ。それではただのブス。ブスだって自分で認めた以上は人並み以上の努力をしなきゃダメ!」と発破をかけられ、彩香、里琴、佳恵はそれぞれに挑戦し始めるのだが…。  得意先への荷物の誤配が発覚したジャストライト物産。若手社員のミスに責任を感じた里琴(高橋)は、配送中のトラックに追いつこうと「も~!!」と叫びながらm脱兎のごとくオフィスを飛び出す。里琴の「追いかけるんですよ!!」の一言に彩香もつられて、2人でトラックを追いかけることに。  トラックに追いつこうと必死の里琴。演じる高橋は制服姿にハイヒールという出で立ちにも関わらず、豪快なフォームで住宅街を全力疾走する。このシーンに視聴者からは「速いwww」「ハイヒールなのにこの速度」「高橋メアリージュンの走り方いかついなー!ハマリ役」などのツイートが寄せられた。

  • 夏菜

    夏菜、“悪魔メイク”にファン動揺「キャラ作りがすごい」

    エンタメ

     女優の夏菜が24日、自身のインスタグラムにて“悪魔メイク”を施した姿を披露し、ファンの間で「キャラ作りが凄い方向に向かってますな」「妙に似合っているのは何故だ」「怖い」などと大きな話題となっている。@@cutter 本作はお笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイの人気エッセイを原作にしたラブコメディ。夏菜、高橋メアリージュン、小林きな子の3人のイケてない女性たちが、「ちょうどいいブスの神様」(山崎)の指南を受けて仕事も恋愛もスマートにこなす生き方上手な女性を目指す姿が描かれる。  「えー!もう木曜日ーーー!はやーーーーーー」とのコメントとともに、目をカッと見開き、真っ黒なリップを塗った悪魔メイクを施された際の写真を掲載。これは『人生が楽しくなる幸せの法則』(日本テレビ系/毎週木曜23時59分)第2話で出現した“悪魔あやかちゃん”のオフショット。続いて夏菜は25日放送の第3話に向け「23:59~だよー みてね」としっかり作品をアピールした。  コメント欄には、「キャラ作りが凄い方向に向かってますな」「妙に似合っているのは何故だ」「怖い」といったコメントが殺到しているほか、「面白くて何回もリピリました(笑)」「超面白かったです!こういう、ドラマ 最近無かった」など、ドラマに対する称賛の声も続々と寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/natsuna_official/

  • (左から)夏菜、高橋メアリージュン

    夏菜、高橋メアリージュンらの“ダサかわいい”ジャージ姿に反響

    エンタメ

     女優の高橋メアリージュンが25日、自身のインスタグラムにドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)で共演する夏菜、小林きな子らとのおそろいの“芋ジャージ”姿を公開。ファンからは「素敵」といった称賛の声が集まっている。@@cutter 本作はお笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイの人気エッセイを原作にしたラブコメディ。夏菜、高橋、小林きな子の3人が演じるイケてない女性たちが、「ちょうどいいブスの神様」(山崎)の指南を受けて仕事も恋愛もスマートにこなす生き方上手な女性を目指す姿が描かれる。  「来週もお楽しみに!とても良いセリフがあるんです」という言葉とともに高橋が投稿しているのは、いわゆる“芋ジャージ”姿の自身、夏菜、小林、そして山崎の4ショット。芋ジャージとは、学校指定の野暮ったいジャージの意味だ。  第3話では冒頭から、夏菜ら3人がダサいジャージで登場し、「神様」からお叱りを受けていた。1枚目はキリッとした表情の4人だが、2枚目へ行くと笑顔をのぞかせている。特に高橋は「#芸人さんポーズ 意識」「#関西人」というハッシュタグからも見て取れるように、ひょうきんな姿を見せている。  ファンからは「メアリーさんのジャージ姿 も素敵ですよ」「ジャージに着替えてもめっちゃ似合っていて綺麗で素敵ですね」といったジャージ姿への称賛の声も集まっている。 引用:https://www.instagram.com/maryjuntakahashi/

  • 『人生が楽しくなる幸せの法則』第3話

    『人生が楽しくなる幸せの法則』、夏菜には自己評価と周囲からの声に差が…

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第3話が今夜放送。第3話では、中川彩香(夏菜)ら3人の自己評価と周囲からの声との差を「ちょうどいいブスの神様」(相席スタート・山崎ケイ)が指摘する姿が描かれる。@@cutter 本作は、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイによる人気エッセイ『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)を原作に、オリジナルストーリーでドラマ化したラブコメディー。ジャストライト物産に勤務する彩香、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)の3人の女性会社員が、「ちょうどいいブスの神様」のレクチャーを受けて成長していく姿を描く。原作者の山崎も「神様」役で出演している。  中川彩香、木原里琴、皆本佳恵は自己評価と他人から受ける評価とが違いすぎる。そのため、“ちょうどいいブスの神様”から「つまり、あなたたちは自分が見えてないということ。それではただのブス。ブスだって自分で認めた以上は人並み以上の努力をしなきゃダメ!」と発破をかけられる。  彩香、里琴、佳恵はそれぞれに挑戦し始めるのだが…。  『人生が楽しくなる幸せの法則』第3話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜1月24日23時59分放送。

  • 夏菜

    夏菜、セクシーな“美脚”がチラリ ファン「色っぽい」「キレイ」

    エンタメ

     女優の夏菜が22日、自身のインスタグラムで美脚を披露。衣装のすき間からのぞく長い脚に、ファンから「綺麗やわ」「セクシー」といったコメントが届いている。@@cutter 女優の夏菜が22日、自身のインスタグラムで美脚を披露。衣装のすき間からのぞく長い脚に、ファンから「綺麗やわ」「セクシー」といったコメントが届いている。  同日放送の『踊る!さんま御殿』(日本テレビ系/毎週火曜19時56分)の出演をアピールした夏菜。番組では首都圏4県出身芸能人がトークバトルを繰り広げ、夏菜は埼玉県代表として出演していた。写真の夏菜は、黄色いインナーに白いフロントボタンのワンピースという出で立ちに、ヘビ柄のブーツを合わせている。ワンピースの割れ目からは、美しい脚があらわになっている。  ファンからは夏菜に対する「かわいい」といった声や『さんま御殿』の鑑賞報告、さらには衣装の割れ目からのぞく脚に「ヤッパシ 脚 綺麗やわ」「脚がセクシー」「美脚」といった声も集まっている。 引用:https://www.instagram.com/natsuna_official/

  • 高橋メアリージュン

    高橋メアリージュンの態度をめぐって賛否両論『人生が楽しくなる幸せの法則』第2話

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第2話が放送され、高橋メアリージュン演じる里琴の態度に、視聴者から「超イライラ」「まったく悪くないと思う」などの賛否がSNSに寄せられた。@@cutter 本作はお笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイの人気エッセイを原作にしたラブコメディ。夏菜、高橋メアリージュン、小林きな子の3人のイケてない女性たちが仕事も恋愛もスマートにこなす生き方上手な女性を目指す姿が描かれる。  大型契約の締結を控えた得意先、ゴールデンモバイル社のアイザック・ベネット社長がジャストライト物産を来訪。突然の来社に“抜き打ち視察だ!”と社内は大慌て。しかし彩香(夏菜)、里琴(高橋メアリージュン)、佳恵(小林きな子)は的外れの対応ばかり。それを“ちょうどいいブスの神様”(山崎ケイ)は「あなた達に足りないもの!それはコミュニケーション能力!」と指摘し…。  キレイ好きで知られるベネット社長の突然の来訪で、大急ぎで社内を整理することになったジャストライト物産の面々。社内が大騒ぎする中、サーバーダウンで販売予測データも消失してしまう。なんとかデータを復元するため営業班の森(忍成修吾)は、社内で一番タイピングの早い総務部の里琴にデータの復元を依頼する。  急ぎたい森は、作業中の里琴に「なんとかあと10分で無理?」とたずねると、彼女は怒りをあらわにしながら「ダメになったらそれはそこまでってことじゃないんですか?」と反論。すると森は諦めた様子で「必死に頑張っている人間に対して、よくそんなこと言えるな」と言い放つ。  里琴のそっけない対応について、SNS上に「超イライラするなぁ」というツイートが寄せられる一方、森を演じる忍成のこのセリフに対して「高橋メアリージュンはまったく悪くないと思うんですが」「融通きかないかもしれんが、必死に他部署の尻拭いしている人に向かって『あと10分で何とかしてよ』って出来もしない追い込みかける人が、なんでそんな捨て台詞吐けちゃうのか」などの投稿が寄せられた。

  • 夏菜

    夏菜「もうどうにでもなれ」 “お相撲さん”姿にファンびっくり

    エンタメ

     女優の夏菜が17日、自身のインスタグラムで“相撲取り”姿を披露。主演ドラマ『人生を楽しくする幸せの法則』(日本テレビ系/毎週木曜23時59分)のオフショットで、ファンからは「どういう状況!?」「さすが女優」といったさまざまな声が寄せられている。@@cutter 本作はお笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイの人気エッセイを原作にしたラブコメディ。夏菜、高橋メアリージュン、小林きな子の3人のイケてない女性たちが、「ちょうどいいブスの神様」(山崎)の指南を受けて仕事も恋愛もスマートにこなす生き方上手な女性を目指す姿が描かれる。    「今日23時59分からは『人生が楽しくなる幸せの法則』第2話でーす この姿は、いったいどういうことなんでしょうか。。。笑 答えは見てからのお楽しみ」と告知した夏菜。写真は、お相撲さんの着ぐるみにまげのかつらをつけ、股をガバっと広げた真剣な表情の夏菜だ。このときの心境なのか、ハッシュタグでは「#やばば#もうどうにでもなれ」ともある。  第2話では、「ちょうどいいブスの神様」から「コミュニケーション能力」が欠けていると指摘された彩香(夏菜)。意中の相手である会社の同僚・涼太(和田琢磨)が社交ダンスを踊ろうとしているのに、自身は一人“相撲”をとっている、という状況がコミカルに描かれた。  ファンからは「どういう状況!?」「何なんですかその格好は!!」といった驚きの声のほか、「最高です」「さすがっす!」「何でもあいますね、さすが女優ですね」「身体張ってますね~」といった女優魂への賛辞の声も寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/natsuna_official/

  • 『人生が楽しくなる幸せの法則』第2話場面写真

    『人生が楽しくなる幸せの法則』、仕事で失敗続きの夏菜に神様の助言が…

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第2話が今夜放送。第2話では、的外れな行動をする中川彩香(夏菜)らに、「ちょうどいいブスの神様」(相席スタート・山崎ケイ)が、コミュニケーション能力不足を指摘する姿が描かれる。@@cutter 本作は、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイによる人気エッセイ『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)を原作に、オリジナルストーリーでドラマ化したラブコメディー。ジャストライト物産に勤務する彩香、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)の3人の女性会社員が、「ちょうどいいブスの神様」のレクチャーを受けて成長していく姿を描く。原作者の山崎も「神様」役で出演している。    大型契約の締結を控えた得意先、ゴールデンモバイル社のアイザック・ベネット社長が突然、ジャストライト物産を訪れてきた。これまで直前に契約破棄をされた会社もあったという同社の訪問に、「抜き打ち視察だ! 機嫌を損ねて契約破棄されると困る!」とジャストライト社内は大慌て。一同総出で対応にあたるが、彩香、里琴、佳恵は的外れの対応ばかり。それを「ちょうどいいブスの神様」は「あなた達に足りないもの! それはコミュニケーション能力!」と指摘するのだが…。  『人生が楽しくなる幸せの法則』第2話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜1月17日23時59分放送。

  • 夏菜

    夏菜の“生きづらさ”にファンから共感の嵐『人生が楽しくなる幸せの法則』

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の初回が11日に放送され、ヒロインが抱える“生きづらさ”に、視聴者から「痛いくらいわかる」「全ての言葉が自分に刺さる」「耳が痛いよw」などの共感がSNSに寄せられた。@@cutter 本作はお笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイの人気エッセイを原作にしたラブコメディ。夏菜、高橋メアリージュン、小林きな子の3人のイケてない女性たちが仕事も恋愛もスマートにこなす生き方上手な女性を目指す姿が描かれる。  ジャストライト物産に勤務する中川彩香(夏菜)、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)は、ある晩、流れ星の光に飲まれ“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ)と出会う。神様は彩香、里琴、佳恵の3人に「あなた達は、私に選ばれました。私についてくれば、あなた達は必ず幸せになれます!」と語りかけるが…。  会社の飲み会が終わり、なぜか二次会に誘われず店の前に取り残された彩香と里琴、佳恵の3人。なんとなく一緒に帰路につく3人は歩道橋の上で流れ星を発見。星に願掛けをする3人だったが、流れ星は軌道を変えて、3人の急接近。驚きの事態に顔を歪めて絶叫する3人は、まばゆい光に包まれると宮殿風のある部屋へ。そこには“ちょうどいいブスの神様”を自称する女性の姿が。ネット上には神様を自称する原作者・山崎ケイの登場に対して「え?原作者が出てくるんだ?ww」「ケイちゃんだ!」「この人が原作者なの?笑」などの反響が。  “3人の生きづらそうな姿を見て、いたたまれなくなった”という神様は「今の自分を変えないと!」と一言。自己主張が下手で存在感が薄いものの、内心では同僚への憧れや、さまざまな感情が渦巻いている彩香に対して、神様は「存在感はないのに、中身はフル回転。まるでエアコンの室外機みたいな人ね!」と言い放つ。神様が言い当てたヒロインの“生きづらさ”に、視聴者から「痛いくらいわかる」「全ての言葉が自分に刺さる」「耳が痛いよw」などの共感の声がネット上に寄せられた。

  • 夏菜

    夏菜の“女子高生”ブレザー姿に反響「まだいける!」「違和感ない」

    エンタメ

     女優の夏菜が11日、自身のインスタグラムに女子高校生の制服姿を投稿。ファンからは「超絶かわいい」「似合う」といったコメントが集まっている。@@cutter 10日夜、主演ドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)がスタートした夏菜。同作は、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイによる人気エッセイ『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)を原作に、オリジナルストーリーでドラマ化したラブコメディー。3人の女性会社員が「ちょうどいいブスの神様」のレクチャーを受けて成長していく姿を描く。夏菜は、主人公の“自己表現下手くそ女子”中川彩香を演じる。  「人生が楽しくなる幸せの法則 見て頂きありがとうございます どうでしたか? 来週も楽しみにしててくださいね」といったコメントとともに夏菜が投稿しているのは、自身の制服姿。第1話では、彩香の女子高生時代が描かれ、夏菜本人が演じていた。  チェックのスカートにブレザー、紺色のハイソックスというかわいい出で立ちの夏菜だが、ひざには大きな絆創膏が。これについて夏菜はハッシュタグで、「#足の絆創膏は衣装合わせのときにリアルにケガをしてたんだけどそれがあやかっぽいねってなって撮影したときはケガ治ってたけど貼ってみた笑」と撮影秘話も紹介している。  現在29歳の夏菜だが、制服姿にはファンから「まだまだ似合うなあ」「制服全く違和感ないですね~。すんごい」「制服似合い過ぎる」「超絶かわいいです!!!」「まだいける!」といった好意的な声が集まっている。 引用:https://www.instagram.com/natsuna_official/

  • 『人生が楽しくなる幸せの法則』第1話場面写真

    夏菜『人生が楽しくなる幸せの法則』今夜スタート “神様”と運命の出逢い!?

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)が今夜スタート。第1話では、夏菜演じる主人公・彩香ら3人の女性が、突然目の前に現れた「ちょうどいいブスの神様」(相席スタート・山崎ケイ)から「あなたたちは私に選ばれました」と告げられる場面が描かれる。@@cutter 本作は、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイによる人気エッセイ『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)を原作に、オリジナルストーリーでドラマ化したラブコメディー。3人の女性会社員が「ちょうどいいブスの神様」のレクチャーを受けて成長していく姿を描く。主人公の中川彩香を夏菜が演じるほか、原作者の山崎も「神様」役で出演する。  ジャストライト物産に勤務する中川彩香(夏菜)、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)は、ある晩、流れ星の光に飲まれ、「ちょうどいいブスの神様」(山崎)と出会う。  神様は、“自己表現下手くそ女子”の彩香、“融通の利かない女子”の里琴、“開き直り女子”の佳恵に、「おめでとう。あなたたちは私に選ばれました。私についてくれば、あなたたちは必ず幸せになれます!」と語りかけるが…。  『人生が楽しくなる幸せの法則』第1話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜1月10日23時59分放送。

  • 夏菜、『人生が楽しくなる幸せの法則』インタビューフォト

    夏菜、20代最後に挑む連ドラ主演は「プレッシャーしかない」

    エンタメ

     女優の夏菜がOLの制服に身を包み、笑いあり涙ありのラブコメディーに挑戦する。10日スタートのプラチナイト 木曜ドラマF『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)はお笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイのエッセイを原作に、放送開始前から注目を集めている作品だ。高橋メアリージュン、小林きな子ら女子3人の“心”がどう成長し、“生き方”がどう変わっていくのか、主演を務める夏菜に聞いた。@@cutter 開口一番、「プレッシャーしかないです」と笑う。全国ネットでの連ドラ主演は、2012年度後期のNHK連続テレビ小説『純と愛』以来、実に約6年ぶり。  「全国ネット主演の責任を、あの頃以上に感じています。近年は、自分に寄せても大丈夫な役が多かったんです。昨年の『デイジー・ラック』(NHK)もそうでしたが、楽しんでお芝居しちゃえ、という感じで思い切ってやれた。今回は、そういうふうにはできない役だしプレッシャーも大きいです。でも、朝ドラの頃には演技的な意味で十分な表現ができなかったかもしれませんが、今はもうちょっとうまくできるんじゃないかなって」。  控えめながら自信もちらりとのぞかせる。“自己表現下手くそ女子”彩香(夏菜)、“融通の利かない女子”里琴(高橋)、“開き直り女子”佳恵(小林)の3人が、“ちょうどいいブスの神様”(山崎)と出会うことから始まる物語。役柄的には演じたことのない役だという。  「私自身は彩香とは真逆のタイプなので、どう演じるのが良いか毎日悩みながらやっています。少女時代なんかリカちゃん人形には全く触らず、男子とドッジボールして、ほぼ男子みたいな。長女だったので言いたいこと言って、弟たちから『鬼!』って言われてたぐらいなので」。 @@insert1  そんな夏菜だが、女優デビューは2006年1月期のドラマ『ガチバカ!』(TBS)の生徒役。すでに13年のキャリアがある。  「入る前は、芸能界はもっと華やかな世界だと想像していたんです。でも、実際にやってみると、売れている人ほど地道に頑張っているし努力している。真面目な人だらけだって感じました。自分には何ができるだろうと思ったとき、モデルをやりたかったんですがオーディションに受からず、最初は仕方なくドラマの仕事をしたんだと思います。で、怒られながら分からないままやって、でも演技レッスンが楽しくて、お芝居することがいつの間にか生活の一部になっていたんです」。  そこからキャリアを積み重ねて、気がつけば今年の5月で30歳になる。今回が、20代最後の作品となるわけだ。  「ホントだわ。そういう意味でも、幸せってなんだろうって思うことがここ最近多くて。周りには結婚する人がいっぱいいたり、仕事を頑張っている子たちもいたり、その狭間で『どうする?』って考える時期なんだと思います。今回のドラマは、まさに人生の幸せとは、みたいなことに向き合える作品でもあります。これがクリアできたら、気持ちいい30代を送れるんじゃないかなと思いますね」。 @@insert2  その30代、どういうふうにありたいと思っているのだろうか。  「いつの間にか自分よりも若い子たち、後輩たちが増えてきて、最初は席を譲れなかったんですよ。でも、これからは譲れる大人になりたいですね。心を広くというか、次の世代にどんどん担ってもらって、自分自身も時代の変化に合わせられる柔軟な頭を持っていたい。かっこいい大人になりたいなと思います」。  女優としての覚悟も、改めて強く感じているようだ。  「私たちの年代には、生きづらさを感じている人がいっぱいいると思うんです。これからどうしよう、と不安に思っている人もいるし、会社で辛いなとか、あの人苦手だなとか、そういうふうに思っているときって自分にも原因がある事が多かったりするんですよね。このドラマのOL達は、その原因や変わっていく方法をなかなか見つけられない人たちで、同じような悩みを持つ人たちには特に見ていただけるとうれしいですね。皆さんのバイブルになれるようなドラマにしたいです」。  幸せになるヒントが、いっぱい落ちているドラマになりそうだ。(取材・文・写真:志和浩司)  『人生が楽しくなる幸せの法則』は、読売テレビ・日本テレビ系にて1月10日より毎週木曜23時59分放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access