アラン・メンケン 関連記事

  • 映画『アラジン』来日マジック・カーペットイベントにて

    ウィル・スミス『アラジン』ひっさげ来日 中村倫也とノリノリダンス披露  

    映画

     実写映画『アラジン』プロモーションのため来日中のウィル・スミスが16日、都内にて行われたマジック・カーペットイベントに出席。詰め掛けた約1000人のファンの前で、アラン・メンケンが奏でた名曲ライブに、サプライズで飛び入り参加するなど、大ファンサービスで会場を盛り上げた。@@cutter 本作は、ディズニーアニメーションの不朽の名作『アラジン』を実写映画化。ウィルはランプの魔人ジーニーに扮する。イベントにはウィルのほか、作曲家アラン・メンケン、プレミアム吹替版キャストの中村倫也(アラジン役)、山寺宏一(ジーニー役)、木下晴香(ジャスミン役)、北村一輝(ジャファー役)も出席した。    約1年半ぶり、15回目の来日となったウィル。この日は、ジーニーの魔法で演出されたスペシャル・パレードのなか登場すると、サインや写真撮影に応じるなどノリノリでファンサービスを行う。    会場が興奮冷めやらぬなか、アランが「ホール・ニュー・ワールド」「フレンド・ライク・ミー」といった名曲をピアノで演奏。このコンサートではウィルの登場予定はなかったが、サプライズで舞台に姿を現すと、軽やかな歌声を披露する。    続けて行われた「フレンド・ライク・ミー」スペシャルバージョンでは、ダンサーやマーチングバンドと共に、中村や山寺ら日本人キャストも登場。ウィルは中村らと共に歌って踊るパフォーマンスを見せ、客席のボルテージはマックスになった。  中村は「日本のためにここまで盛り上げてくれるアランとウィルは最高の友達と言ってもいいんじゃないでしょうか。恵比寿がこんなにはしゃいだ夜はないんじゃないですかね。大満足です!」と客席に呼び掛けると、ウィルも笑顔で中村を見つめる。    大歓声を受けたウィルは「『フレンド・ライク・ミー』はこの作品にかかわって初めて覚えた曲。即興で歌ってすごく楽しかった。この映画には歌と踊り、演技、コメディ、アクションとすべてが含まれています。とても美しい映画になったことを誇りに思っています」と作品の出来に胸を張っていた。  『アラジン』は、6月7日より全国公開。

  • 映画『アラジン』ジーニー役のウィル・スミスが来日!

    『アラジン』ジーニー役のウィル・スミス、来日決定!

    映画

     ディズニーの名作アニメを実写映画化した『アラジン』でランプの魔人ジーニーを演じた俳優ウィル・スミスと、名曲「ホール・ニュー・ワールド」などの劇中歌を作曲した音楽家のアラン・メンケンが来日することが発表された。@@cutter 親日家としても知られるウィルの来日は今回で15回目、約1年半ぶり。本作の全米公開(5月24日)直前であるにもかかわらず、日本で5月16日に実施されるマジック・カーペットイベントに登壇する予定だ。  本作は、人生を変えたいと願う貧しい青年アラジンと自由に憧れる王女ジャスミンの身分違いのロマンスや、願いを叶える魔法のランプを巡る冒険を描く。ジーニー役をウィルが演じるほか、生きるために盗みを働きながらも真っすぐな心を持つアラジンにメナ・マスード、自立した心を持ち自由に憧れる美しい王女ジャスミンにはナオミ・スコットが起用されている。監督は『シャーロック・ホームズ』シリーズのガイ・リッチー。  ウィル演じるジーニーは、魔法のランプをこすると登場する陽気でハッピーなエンターテイナーで、主人公アラジンの良き友人となる、本作のコミカルな側面の魅力を担う超人気キャラクターだ。この愉快な魔人を演じるウィルは「ディズニーの中でも際立ったキャラクターを演じるのはとても恐ろしい気分だ」と並々ならぬプレッシャーを語るが、本作のクランクイン初日から、彼らしさを加えた「フレンド・ライク・ミー」を披露し、アラン率いる音楽チームからも驚きと絶賛の言葉が贈られたという。  アランは『美女と野獣』や『リトル・マーメイド』など数々のディズニー作品の音楽を担当。『アラジン』では、アニメ版でアカデミー賞最優秀歌唱曲賞(1992)とゴールデングローブ賞最優秀主題歌賞(1993)に輝いた名曲「ホール・ニュー・ワールド」や「フレンド・ライク・ミー」などの人気曲を作曲した。今回の実写版ではこれらのレジェンドナンバーが新たな装いで登場するほか、アランと『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』チームによる新曲も加わる。  映画『アラジン』は6月7日より全国公開。

  • 『アラジン』ポスタービジュアル

    実写映画『アラジン』日本公開日決定 特報&ポスター到着

    映画

     ディズニーの名作アニメをウィル・スミスらの出演で実写映画化した『アラジン』が、2019年6月7日より全国公開されることが決まり、特報とポスターが解禁となった。特報ではアニメ版で魔人ジーニーが歌った『フレンド・ライク・ミー』をアレンジしたBGMが力強く響き、ポスターは物語を象徴する魔法のランプをフィーチャーしたデザインとなっている。@@cutter 1992年に公開されたアニメ映画版は、人生を変えるチャンスを待つアラジンと新しい世界に飛び出したいジャスミンの身分違いのロマンスと、3つの願いを叶える魔法のランプをめぐる冒険、そしてランプの魔人ジーニーのコミカルな魅力が人気を集め、同年の世界興行収入1位を記録。主題歌『ホール・ニュー・ワールド』もアカデミー賞歌曲賞、ゴールデングローブ賞主題歌賞、そしてグラミー賞最優秀楽曲賞(1994)を受賞するなど、世界中に旋風を巻き起こした。  今回の実写版では、ランプの魔人ジーニー役を『メン・イン・ブラック』シリーズや『スーサイド・スクワッド』など数々のメガヒット作に出演してきたウィル・スミスが演じているほか、貧しいながらも勇気とまっすぐな心を持つアラジンにメナ・マスード、そしてディズニー・プリンセスとしても人気が高い王女ジャスミンにはナオミ・スコットが起用されている。監督は『シャーロック・ホームズ』シリーズなどスタイリッシュな映像表現で知られるガイ・リッチー。音楽は名曲『ホール・ニュー・ワールド』を作り出した作曲家アラン・メンケンが担当している。  特報では、これから何かが起こることを予感させる静かな砂漠と、今にもジーニーが飛んで来そうな怪しげな夜空に、出演者の名前などのテロップが映し出されては砂になって消えるカットが映し出される。そこにアニメ版ですっかりお馴染みとなった『フレンド・ライク・ミー』をアレンジしたBGMが力強く鳴り響く。  日本版ティザーポスターには“3つの願い”を叶える“魔法のランプ”が登場。ファンタジックな造形のランプの口から煙がたなびき、「あなたの願いは、何ですか?」と問いかけるコピーとともに、物語への期待を膨らませるビジュアルとなっている。  映画『アラジン』は2019年6月7日より全国公開。

  • ディズニー映画の巨匠アラン・メンケンにインタビュー

    『美女と野獣』作曲家アラン・メンケン、ベル役エマ・ワトソンは「パーフェクト!」

    映画

     ディズニー・アニメーション不朽の名作をエマ・ワトソン主演で実写化した映画『美女と野獣』の音楽を手掛けた作曲家アラン・メンケンが来日。ジョン・ウィリアムズやエルトン・ジョンの影響も受けたというアランが、世代を越えて愛され続ける名曲誕生の舞台裏を語った。@@cutter 本作は、アニメーション史上初めてアカデミー賞作品賞にノミネートされた同名作品を実写映画化したファンタジー・ロマンス。聡明で美しい女性ベル(エマ/吹替版:昆夏美)と、魔女の呪いによって野獣の姿に変えられた王子(ダン・スティーヴンス/吹替版:山崎育三郎)が織りなす恋模様をドラマティックに描く。アランが手掛けた美しいナンバーは、第64回アカデミー賞作曲賞&歌曲賞をダブル受賞。  ヒロイン・ベルを演じたエマに対して、「パーフェクト!」「グレイト!」を連発するアラン。「エマに決まったという一報を聞いたときから、それ以上のキャスティングはないと心から思ったよ。もちろん、ベル役を自分のものにするためには、曲の意味を学ばなければならないし、歌い手としての自信もつけなければならない。やるべきことがたくさんあったと思うけれど、ビル・コンドン監督とのコラボによって素晴らしいパフォーマンスが生まれた」と絶賛。  また、エマ(90年生まれ)と主題歌を歌ったアリアナ・グランデ(93年生まれ)は、アニメーション版(91年アメリカ公開)とほぼ同時期の生まれ。そんな若者世代にも愛され、こうして歌い継がれていくことについてアランは、「うれしいのひと言に尽きる。こうした若い人たちの熱い思いが、時折、私に奇跡がもたらしてくれることもあるしね」とニッコリ。  「例えば、私が音楽を担当した映画『ニュージーズ』(92)。DVDやテレビなどで観た若者たちが熱狂し、それがキッカケで舞台化されることになったのですが、まさかこの作品でトニー賞オリジナル楽曲賞をいただくとは思ってもみなかった。彼らが私の作品を愛してくれることはとても幸運なこと」と振り返る。@@separator アランが奏でる音楽は、『アラジン』しかり、『リトル・マーメイド』しかり、人々の心にスーッと入り込み、“虜”という名の魔法をかける。新曲3曲を含む本作でも、その才能をいかんなく発揮しているが、世代を越えて愛され続けるメロディーを生み出す秘訣は何なのか。  「私は常に、キャラクターやストーリーに対して純粋な“通り道”であろうと心がけています。キャラクターを生かす音楽的な表現方法を見つけたり、物語を的確に伝えつつ、面白い部分を“味”として盛り込んだり…一曲一曲と真摯に向き合いながら、物語の始点から終点をどう紡いでいけばいいかを模索する。頭の脳に質問をどんどん投げかけ、最後は心の脳で曲を書く。それによって力を持ったメロディーが生まれてくるのかもしれない」と創作のプロセスを分析。  さらに、これまで影響を受けた音楽にも言及したアランは、「私の想像力をかき立て、クラシック音楽の扉を開いた作品は、ディズニー映画『ファンタジア』」と明言。クラシックを基盤にしながらも、「ジョン・ウィリアムズの映画音楽やエルトン・ジョンの初期の作品、父が夢中で聞いていたファッツ・ウォーラー(ジャズピアニスト)のスライドピアノなど、さまざまな音楽が今の僕を形成している」と語るアランは、「大切なのは、それらの楽曲がどこから来たのかを肌で感じ、親和性のある部分をいかに採り入れていくかということ」と、自身の音楽観についてもひも解いてみせた。  25年以上前のアニメーション版に歓喜した世代はもとより、エマ、アリアナのような10代、20代の若い世代にもディズニー映画の醍醐味を味わってほしいというアラン。「私も何度も涙しましたが、心に訴えかけてくるエモーショナルな旅ができる作品。古典的なミュージカルであると同時に情熱的なラブストーリーでもあるので、ぜひ劇場で、リアルタイムで観てほしい」とアピールした。(取材・文・写真:坂田正樹)  映画『美女と野獣』は全国公開中。

  • 『ラプンツェル あたらしい冒険』は5月14日放送

    『ラプンツェル あたらしい冒険』 放送日時決定! 中川翔子が歌う新曲も初公開

    アニメ・コミック

     世界中で大ヒットした映画『塔の上のラプンツェル』のその後を描くテレビアニメーション『ラプンツェル ザ・シリーズ』の序章となる長編アニメーション『ラプンツェル あたらしい冒険』が5月14日よりDlifeで日本初放送されることがわかった。また、ラプンツェルを演じる中川翔子がシリーズとしては初めて歌唱を担当した、歌唱シーン映像も公開された。@@cutter 本作は、2011年に劇場公開された『塔の上のラプンツェル』の6ヵ月後を描いた物語。晴れて両親の元にユージーンと戻り、幸せな生活を取り戻したラプンツェルだったが、プリンセスとしての王宮での慣れない暮らしやしきたりを窮屈に感じ始める。天真爛漫で探究心が旺盛なラプンツェルは、自分のさらなる可能性を信じて、もっと外の世界を知りたい!と切望し、そして…。  今回の放送日時決定に合わせ公開された映像では、中川が「ラプンツェルといえば歌ですよね。私は声の吹替と歌も担当しています」と、新曲「髪に風うけて」を紹介。その後、ラプンツェルが金色の髪をなびかせて、お城を抜け出し、また悪者に立ち向かう姿と共に、同曲を歌い上げるシーンが公開された。同曲は、『美女と野獣』や『アラジン』などディズニー映画の名曲を手がけた、天才作曲家アラン・メンケンによる楽曲。耳に残るキャッチーなメロディを中川が伸び伸びと歌い上げている。  『ラプンツェル あたらしい冒険』は、全国無料のBSテレビ局・Dlifeにて5月14日18時5分より放送。また、6月にはディズニー・チャンネルでの放送も決定している。

  • 『美女と野獣』来日記者会見に出席した、昆夏美、山崎育三郎

    昆夏美&山崎育三郎、ディズニー巨匠の前で名曲「美女と野獣」を生披露!

    映画

     全米をはじめ、中国、イギリスなど全世界で大ヒット中の映画『美女と野獣』の来日記者会見が29日、都内で行われ、メガホンをとったビル・コンドン監督、作曲を担当したアラン・メンケン、日本語吹替版でベル役を務めた昆夏美、野獣役の山崎育三郎が出席した。昆と山崎は、劇中に流れる曲の生みの親であるアラン・メンケンの前で主題歌「美女と野獣」を生披露。共に「今まで経験がないほど緊張した」と言いつつも、堂々たる歌声を会場に響かせると、アラン・メンケンは「素晴らしい。心が動かされました。美しく歌い上げていただき感謝します」と賛辞を贈った。@@cutter 本作は、1991年に公開されたディズニー・アニメーション映画『美女と野獣』を『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン主演で実写映画化。『シカゴ』や『ドリームガールズ』などの大ヒットミュージカルを手掛けたビル・コンドン監督がメガホンをとり、美しい映像と音楽で、新たな『美女と野獣』を作り上げた。  ビル・コンドン監督やアラン・メンケンの前で生歌を披露した昆は「この作品を作られた二人の前で歌うということで、出番の前はナーバスになっていたのですが、優しい二人のお顔をみた瞬間、歌うことが楽しみに変わりました。この機会を光栄に思い歌いました」とすがすがしい笑顔を見せると、山崎も「僕は子どもの頃、誕生日に『アラジン』のビデオをもらって以来、ディズニーアニメが大好きになりました。そんな生みの親であるアランさんの前で歌うことは、普段あまり緊張しない僕ですが、さすがに緊張しました」と、無事歌えたことに安堵した様子だった。  さらに、この日はアラン・メンケンが「朝の風景」、「ひとりぼっちの晩餐会」、「強いぞ、ガストン」、「美女と野獣」、「時は永遠に」、「ひそかな夢」をピアノメドレーで生演奏。美しいピアノと伸びやかな歌声で会場の人々を魅了すると、昆は「この方から(映画の)すべての楽曲が生まれたんですよね」と感慨深い表情で語る。さらに「そんな方の生演奏を聴けるなんて、嬉しくて涙が出てきました」と感想を述べると、山崎も「子どもの頃から憧れていた方。モーツァルトにお会いしたような感覚で幸せです」と満面の笑顔を浮かべていた。  ビル・コンドン監督は「日本でとても『美女と野獣』が愛されていることを知りました。アニメには敬意を評していて、トリビュート的な作品でありつつ、新しい要素を取り入れた物語になっています」と映画をアピールすると、アラン・メンケンも「これまでいろいろなキャリアを積んできているので、大方のことでは驚かなくなっているのですが、実写版の『美女と野獣』の出来の素晴らしさには驚いています。新しい命が吹き込まれた作品です」と映画の出来に太鼓判を押していた。  映画『美女と野獣』は4月21日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access