坂本真綾 関連記事

  • (左から)映画『レゴ(R)ムービー2』で吹き替えを務める坂本真綾&斉藤貴美子

    『レゴ(R)ムービー2』坂本真綾&斉藤貴美子、個性的な新敵キャラで出演

    アニメ・コミック

     全世界興行収入500億円の大ヒットを記録した映画『レゴ(R)ムービー』の最新作『レゴ(R)ムービー2』より、新キャラクターの吹き替えキャストとして坂本真綾、斉藤貴美子が出演することが発表された。2人は本作で新たに登場する個性的な敵キャラを務める。@@cutter 本作は、前作のブロックシティが襲われた恐ろしい事件から5年後の世界が舞台。主人公エメットの前に現れた謎の宇宙人が、ルーシー、バットマンをはじめとする仲間たちを連れ去ってしまった。大切な仲間たちを取り戻すため、エメットはひとり地球を飛び出し宇宙へ。またもや<選ばれし者>になったエメットの戦いは前代未聞の領域へ突入する。ヤバいクイーンが支配する“すべてがミュージカル”な惑星で一体何が起こるのか。  前作から引き続き、吹替えキャストとして森川智之、沢城みゆき、山寺宏一が発表されていたが、坂本と斉藤は本作で新たに登場する個性的な敵キャラクターを担当する。坂本は、シスター星雲艦隊の司令官である敵キャラ・メイへム将軍役、斉藤はシスター星雲の女帝であり、何でも姿・形を変える事が出来るわがまま女王を演じる。  メイへム将軍を演じた坂本は「なかなか素顔を見せてくれず、本心も明かされないので、とてもミステリアス。そういうところが魅力的でした。第一印象とラストの印象がかなり違うギャップがある役で、演じていても楽しかったです。日本語吹替え版ならではの言葉の表現の面白さもあるので、ぜひ吹替え版でもご覧いただけたら嬉しいです!」とコメント。  わがまま女王を務めた斉藤は「役名がなんと“わがまま女王”!どんなワガママな人なのだろう…と思っていたのですが、とてもチャーミングでパワフルで、どこか憎めない大好きなキャラクターです。劇中で突然流れる、わがまま女王の歌も楽しんでいただけたら嬉しいです。魂を込めて、楽しく歌わせていただきました」と語った。  映画『レゴ(R)ムービー2』は3月29日より全国公開。

  • 『二ノ国』キャラクター&声優陣

    『二ノ国』宮野真守&坂本真綾&山寺宏一ら豪華声優陣集結

    アニメ・コミック

     『妖怪ウォッチ』『レイトン教授』シリーズなどを手がけたレベルファイブCEOの日野晃博氏が製作総指揮を執るアニメーション映画『二ノ国』に、宮野真守、津田健次郎、坂本真綾、山寺宏一、梶裕貴の豪華声優陣の参加が決定した。@@cutter 『二ノ国』は、レベルファイブ発売のRPGゲームで、2010年に『二ノ国 漆黒の魔導士』、続編となる『二ノ国II レヴァナントキングダム』などがリリース。スタジオ・ジブリが制作協力、久石譲が音楽を担当した。映画化に当たり、日野氏が原案と脚本を担当し、『おもひでぽろぽろ』などの原画を務めた百瀬義行が監督を、久石がゲームに続いて音楽を手がけている。  現実世界“一ノ国”に住むユウとその親友のハルが、ある事件をきっかけに突然迷い込んだのは、隣り合わせにある魔法世界“二ノ国”。そこには、2人の幼なじみの女子高生コトナをはじめ、一ノ国の住人と同じ顔を持ち、命がつながっている人間たちがいた。やがて、両方の世界のコトナに命の危険が迫る中、2人は「究極の選択」を迫られる…。  俳優の山崎賢人が主人公のユウ役を演じるほか、宮野が“二ノ国”にあるエスタバニア王国の参謀ヨキ役を担当。津田がエスタバニア王国を狙う「黒旗軍」の最高指導者ガバラス役を、坂本がユウとハルの幼なじみのお姉さんサキ、エスタバニア王国の姫を守る女戦士ヴェルサの2役を演じる。さらに、山寺がエスタバニア王国の騎士団長バルトン役、梶が二ノ国”のパンダのような柄の妖精族ダンパ役を務める。  宮野は同作出演を光栄だと語り、「周りのキャスト陣もとても豪華なので緊張しますが、集中して『ヨキ』役に臨みたいと思います」と意気込みをみせた。そして「ヨキは参謀役ということですが、しっかりと設定を打ち合わせして、彼のことを一番に理解し、そしてキャストの皆さまと、最高の作品を、素敵な世界を作っていきたいと思います」とコメントしている。  また、宮野らは3月23日に東京ビッグサイトで行われる「Anime Japan 2019」の『二ノ国』ステージイベントに登壇。日野氏とともに作品に関するトークショーを行うことも決定している。  アニメーション映画『二ノ国』は今夏全国公開。

  • 『くるみ割り人形と秘密の王国』日本語吹替版声優を務める小芝風花

    小芝風花、ディズニー『くるみ割り人形』主人公・クララ役で声優初挑戦

    映画

     女優の小芝風花が、ディズニー最新作『くるみ割り人形と秘密の王国』の日本語吹替え版で主人公・クララ役の声を担当することが発表された。オーディションを経て主人公役に抜擢された小芝は、「ディズニーというだけでも嬉しいのに、『くるみ割り人形』という作品で声をやらせてもらえるんだというのは本当にうれしかったです」と語っている。@@cutter 童話をモチーフに、時代を超えて、バレエや音楽などさまざまな形で愛され続けてきた物語を実写映画化する本作。愛する母を亡くして心を閉ざしたクララ(マッケンジー・フォイ)が、クリスマス・イブの夜に、“花の国”“雪の国”“お菓子の国”“第4の国”からなる<秘密の王国>に迷い込み、やがて第4の国の反乱によって危機に瀕した王国の戦いに巻き込まれていく姿を描く。  本作で小芝が演じるのは、聡明で豊かな想像力を持つ14歳の少女・クララ。他の女の子と少し違う彼女は、一番の理解者であった愛する母を亡くし、寂しさから心を閉ざしてしまうが“秘密の王国”での冒険を経て成長を遂げていく。2015年公開の『魔女の宅急便』で主人公キキを演じ、映画デビューを果たした小芝は、可憐な姿の中に持つ凛とした佇まいが、クララそのもので、イメージにぴったりだったことから起用が決定した。  小芝は初挑戦となる吹き替えについて「やっぱり緊張しました」と語るが、「今回は実写映画化なので、人が動いて実際に演じているので、私がつくるというよりは、演者さんのお芝居をいかに表現できるかという方に気をつけようと思った」と明かす。さらに「私が小さい頃見ていた『くるみ割り人形』のイメージと少し違っていて、すごく豪華で、華やかで、めちゃくちゃ楽しかったので、『くるみ割り人形』をもともと知っている方も見てほしいです!」と作品の魅力をアピールした。  小芝のほかにも、日本語吹替え版では、キーラ・ナイトレイが演じた“お菓子の国”の統治者、シュガー・プラム役に坂本真綾、クララを壮大な別世界の冒険にいざなう“くるみ割り人形”のフィリップ役に小野賢章といった豪華俳優陣がキャスティングされている。  映画『くるみ割り人形と秘密の王国』は、11月30日より全国公開。

  • 坂本真綾、『劇場版 はいからさんが通る 後編』新キャラで出演

    坂本真綾、『劇場版 はいからさんが通る 後編』新キャラで出演

    アニメ・コミック

     『はいからさんが通る』劇場版アニメーションの後編『劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』の新キャラクター・ラリサ役に坂本真綾が出演決定。坂本はラリサについて「だれにも言えない重大な秘密をひとりで抱えています」と人物像を語っている。@@cutter 大和和紀が生んだ『はいからさんが通る』を、新たなスタッフ・キャスト陣によって劇場版アニメーション二部作として復活させた本作。後編では、TVアニメシリーズでは描かれていない、怒涛の展開をみせる原作のラストパートがついに初めてアニメーションとなって描かれる。  『後編』の制作には、『打ち上げ花火、下から見るか横から見るか』で助監督を務めた、アニメ演出家・城所聖明が監督を務める。キャストにはヒロイン紅緒役・早見沙織をはじめ、少尉役の宮野真守や青江冬星役の櫻井孝宏など、今作も実力派声優たちが作品に色を添える。さらに主演の早見沙織が歌う主題歌も、『前編』に続いて竹内まりやが作詞・作曲を手掛けることが決定した。  そして後編には坂本演じる、日本へ亡命してきた少尉そっくりの旧ロシア貴族、サーシャ・ミハイロフ侯爵の夫人であるラリサが登場。消息不明となった少尉と瓜二つなサーシャを追いかける紅緒の前に立ちはだかるラリサだがその秘密とは?  坂本はラリサについて、自由なマインドを持つ紅緒とは正反対と語り「物語の中では視聴者の皆さんに嫌われる役なのかしら…と思ったんですが、台本を読んで、決して悪人でもなければ意地悪でもない、彼女は彼女で一生懸命に生きているのだと思いました」と彼女の人物像を解説している。  『劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』は、10月19日公開。

  • 『Cutie Honey Universe』に登場するフラッシュハニーとアイドルハニー

    『Cutie Honey Universe』第5話、フラッシュ&アイドルハニーが登場

    アニメ・コミック

     TVアニメ『Cutie Honey Universe』第5話の場面写真が公開された。前回はジュネの作戦によりハニーがパンサークローのアジトに潜入。そこでタランチュラパンサ―たちとの戦いが描かれ、田村ゆかりが演じるミスティーハニーも登場した。今夜放送の第5話では黒沢ともよ演じるフラッシュハニーと、花澤香菜が演じるアイドルハニーがお目見え。ハニーは2人の新しいハニーでパンサークローの忌まわしき計画を目にする。@@cutter TVアニメ『Cutie Honey Universe』は、原作者・永井豪50周年を記念し、「キューティーハニー」が新たなスタッフと共に生まれ変わった作品。本作の主人公、如月ハニーは聖チャペル学園に通っている女子高生だが、その正体は天才科学者・如月博士によって生み出された美少女アンドロイド・愛の戦士キューティーハニー。ハニーは謎の秘密結社パンサークローを捕まえるべく、対パンサークロー捜査官とともに行動するが…。  第5話の放送タイトルは「死ぬまで気持ちは変わりません」。パンサークローとつながっているとにらむ女性市長・寺田倫子に、ハニーはカメラマン・フラッシュハニーとなりインタビューを敢行するが証拠を掴めない。そこでジュネのアドバイスにより、倫子が進めているリゾート開発の視察団に紛れ、海に浮かぶ孤島・孫島に潜入する。  公開された場面写真では、カメラマンに扮したフラッシュハニーが寺田倫子の真相を究明するために活躍する姿が描かれる。さらにアイドルハニーの可愛らしい姿も確認することができ、2人のハニーから目が離せない。  そして今回、黒沢と花澤からコメントが到着。フラッシュハニー役の黒沢は「わたしが生まれる前から愛されている作品でしたので、細かいことは考えず体当たりで演じさせていただきました」とコメント。キャビンアテンダントのアイドルハニー役の花澤は「まさかハニーになれる日が来るなんて思っていませんでした。『キューティーハニー』をカラオケで歌いまくっていた中学生の自分におしえてあげたい…!」と喜びを露わにしている。  TVアニメ『Cutie Honey Universe』は、TOKYO MXにて毎週月曜19時放送。ほかAT‐X、J:COMテレビ等にて放送。

  • 『西尾維新大辞展』初日、神谷浩史&坂本真綾&梶裕貴が来場

    神谷浩史、「とにかく圧倒された」 坂本真綾&梶裕貴と『西尾維新大辞展』来場

    アニメ・コミック

     27日、東京・松屋銀座にて『西尾維新大辞展』が初日を迎えた。一般会場の前に開催されたオープニングイベントには、『〈物語〉シリーズ』を原作にしたアニメで主人公・阿良々木暦を演じてきた声優の神谷浩史、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード役の坂本真綾、『戯言シリーズ』の主人公・いーちゃん役の梶裕貴が来場した。@@cutter 小説家・西尾維新氏の作家業15周年を記念した展覧会。デビュー作である『戯言シリーズ』、初のアニメ化作品『〈物語〉シリーズ』、実写ドラマ化された『忘却探偵シリーズ』を中心に“西尾維新ワールド”を紹介する。会場は1冊の辞書をイメージしており、「あ」~「わ」までの索引で構成されている。  会場を見て回った神谷は「とにかく圧倒された。ここに書いてある文字は一人の作家によって生み出されたことを考えると怖い。回るのにまったく時間足りなかったですね、軽く1時間以上はいられる」と圧巻の言葉。梶も「西尾先生の脳内が見える形で表現されていて、迷子になりそうでした」と語った。  会場では100冊を超える作品の魅力や制作秘話をイラストを交えて展示するほか、キャラクターの決めセリフ、ベストシーン、そして今回初公開となる描き下ろし作品や西尾氏の執筆机が登場。「驚異の速筆」と言われる西尾氏の執筆スピードを体感するゴーストタイピングや、物語の体験型シアターも設置され、ファン垂涎の空間に仕上げている。坂本は「想像以上のボリューム。平面ではなく立体や音声も、映像などいろんな感じ方ができる展示会」と話した。  アニメ化作品に長く関わってきた神谷は、西尾維新作品の魅力について聞かれると「正直のまま言うと分からないまま演じている部分がある」と話し、「でも文章にものすごい魅力を感じるのは間違いない。いまだに“これが魅力”というのを模索してる最中だと思うので、シリーズがどこまで続くのかわからないけど、完結して映像化しきったところで作品の魅力がわかるのではないか」と話した。  同展の東京会場は7月27日から8月7日まで、大阪会場は8月9日から21日まで開催される。

  • 長澤まさみ、アフレコ歌唱シーンに「思い出したくもない」と苦笑い

    長澤まさみ、アフレコ歌唱シーンに「思い出したくもない」 英語発音の難しさを吐露

    アニメ・コミック

     内村光良、長澤まさみ、坂本真綾、宮野真守らが16日、都内で行われたアニメ映画『SING/シング』の日本語吹替版完成報告会見に出席。本作ではロックな歌声も披露している、ヤマアラシのアッシュ役を務める長澤は「なかなかOKが出なくて…思い出したくもない」と苦笑いでアフレコを振り返った。@@cutter 長澤が演じるアッシュは、パンクが好きな、ロックシンガーを目指す少女。この日の会見では『コール・ミー・メイビー』の歌唱シーンも初公開。このシーンについて、長澤は「発音の先生もいらっしゃっていて、厳しく指導してもらいました。でも、ちゃんと英語が言葉として聞き取れないとダメだと(指導された)…思い出したくもないくらいでした」と、苦笑いを浮かべ本音を吐露。これには、坂本も「日本語吹替なのに、英語の発音を直されると思ってなくて、私もなかなかOKが出なくて苦労した」と同調し、60曲以上の名曲が登場する本作ならではのアフレコの苦労が明らかになった。  『SING/シング』は、『ミニオンズ』や『ペット』などを生み出したユニバーサル・スタジオとイルミネーション・エンターテインメントによる新作アニメ。誰もが聞いたことがある名曲やヒットソングを散りばめながら、劇場を立て直すために奮闘するコアラの支配人とオーディションで集まったシンガーたちの姿を描く。  本作のストーリーにちなんで、人生の転機を聞かれた宮野は、「7歳から子役をやっていますが、18歳の時に初めて声優のお仕事をしたこと」をあげると、「世界が広がって、アーティストとして歌うということにも繋がったので、その声優の経験は非常に大きかった」と感慨深げに思い返す。また、宮野は、内村とは同じトレーニングジムに通っていると言い、「パーソナルトレーナーが、内村さんの情報をいっぱい教えてくれるので、今、どこを鍛えているのかまで知っています」と意外な共通点を明かし、会場を盛り上げた。  なお、この日の会見にはトレンディエンジェルの斉藤司と大地真央、山寺宏一も出席した。  映画『SING/シング』は、3月17日より全国公開。

  • 映画『SING/シング』 日本語吹き替え声優陣

    長澤まさみ、ハリウッド映画声優初挑戦!『SING』水樹奈々、宮野真守ほか声優陣集結

    アニメ・コミック

     『ミニオンズ』や『ペット』などを排出したユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・エンターテインメントのタッグによる新作アニメーション映画『SING/シング』(3月17日公開)より、長澤まさみをはじめとした豪華吹き替え版キャスト陣が発表、吹き替え版の本編映像も公開された。@@cutter 本作の舞台は、動物だけが暮らすどこか人間世界と似た世界。取り壊し寸前の劇場支配人バスター・ムーンは、名劇場と呼ばれた頃の栄光を取り戻すため世界最高の歌を求め、一世一代のオーディションを開催することに。主要候補は個性的な6名。人生を変えるチャンスを掴むため、彼らはオーディションに参加する…  第74回ゴールデングローブ賞でアニメーション映画賞、主題歌であるスティーヴィー・ワンダーの「フェイス feat. アリアナ・グランデ」が主題歌賞と2部門にノミネートされるなど、高い評価を得ている本作。  既に発表されている、主人公のバスター・ムーン役の内村光良に続き、オーディションを受けに来たロックミュージシャンのヤマアラシのアッシュ役には、ハリウッド映画の声優初挑戦となる女優の長澤まさみ。字幕版では、アカデミー賞受賞女優のスカーレット・ヨハンソンが歌う本作のオリジナルソング「セット・イット・オール・フリー」の歌唱アフレコにも挑戦している。  その他に斎藤司(トレンディエンジェル)、大橋卓弥(スキマスイッチ)、大地真央らが名を連ねる。さらに声優界からも、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、水樹奈々、谷山紀章と、超豪華な布陣が発表されている。  今回の出演について、長澤は「アッシュ自身が自分の殻を破って曲を作り上げるという内容になっているので、それに自分も気持ちが乗れたかなと思いました」とアフレコを振り返る。「沢山のキャラクターの想いがつまっていて、そして一生懸命前に突き進んでいく姿を、沢山の楽曲とともに笑いながら楽しんでもらえたらと思います」とアピールした。

  • 小野大輔の“カリスマ性(笑)”に救われる!? 坂本真綾『黒執事』の魅力語る

    小野大輔の“カリスマ性(笑)”に救われる!? 坂本真綾『黒執事』の魅力語る

    アニメ・コミック

     小野大輔、坂本真綾、諏訪部順一ら人気声優が21日、都内で行われた『黒執事 Book of the Atlantic』初日舞台挨拶に登壇。執事セバスチャン役の小野は「『黒執事』の集大成と言える作品になっております」と胸を張る。だが、集大成と言いつつ「いつまでも『黒執事』を演じていたい」と、約10年に渡り出演してきた同シリーズの続編制作を切望した。@@cutter 『黒執事 Book of the Atlantic』は、全世界累計2300万部を超えるベストセラーコミック『黒執事』の劇場版アニメーション。2008年にTVシリーズ第1期が始まり、これまでに3期制作。そして今回シリーズ屈指の人気を誇る「豪華客船編」が劇場版として描かれる。    満を持して劇場版となった『黒執事』。小野にとって同作のセバスチャン役は「役者としての視野を広げてくれた、もっと言うと人として成長させてくれた役になりました」と振り返る。TVアニメ1期の頃は「“座長として背負わなきゃいけない”と強く感じていた」とのことで、思い詰めることもあったという。だが、演じ続けていくうちに、「1人の力では作品を作れない、みんなで作っていくもの」ということも改めて気づかされたと話す。    一方、坂本も第1期の頃は脇目を振らずシエル役に打ち込んでいたようで「とにかくいっぱいいっぱいでした。すごくプレッシャーに思っていましたね」と明かす。「会話する余裕もなかったです」とのことだったが、第2期のころには「小野さんにも頼りやすくなった」と自身の中で少しつづ余裕が生まれてきたと述懐。「小野さんがセバスチャンとして一声話すだけで、現場が『黒執事』の世界になるような、カリスマ性が滲み出ていて…なんか嘘くさくなっちゃいましたけど(笑)。作品をみんなで育てていく喜びがありました」と語る。小野を“カリスマ”と言うも、自身の発言にうっかり笑ってしまった坂本は「カリスマ性(笑)で」と言い直し、会場から笑いを誘った。    『黒執事 Book of the Atlantic』は絶賛上映中。

  • 冬アニメ映画は“坂本真綾”が大人気! スクリーンで観たいオススメの3作

    冬アニメ映画は“坂本真綾”が大人気! スクリーンで観たいオススメの3作

    アニメ・コミック

     声優業を中心に、歌手、女優、ナレーター、エッセイストと多岐に渡る活躍を見せている坂本真綾。そんな彼女の主演映画が、2016年~2017年の年末年始にかけて立て続けに公開される。今回は、各作品における坂本の役柄と見どころを紹介する。@@cutter 2013年10月にリリースされたスマホアプリ『モンスターストライク』の映画化作品『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』は現在大ヒット中。2015年10月よりユーチューブにて配信が始まったアニメ版の主人公・焔レンとその仲間たちが、無くしてしまった“ある時期の記憶”を辿る冒険の物語を描く本作で、坂本は小学生時代のレン役を担当している。4人の少年少女が繰り広げる勇気と友情の冒険譚には、胸がアツくなること間違いない。  2017年1月6日に全国公開となるのは『傷物語〈III冷血篇〉』。劇場作品として公開されてきた第一部『傷物語〈I鉄血篇〉』、第二部『傷物語〈II熱血篇〉』に続く完結篇だ。シリーズを通して吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード役を演じている坂本は、本作でも同役で出演。キスショットとの衝撃的な出会いにより吸血鬼となってしまった主人公・阿良々木暦(神谷浩史)は、はたして人間に戻れるのか?スクリーンに刻みつけられる、決して消えない青春の〈傷〉に注目しよう。  そして、1月21日に公開を迎えるのが、劇場版『黒執事 Book of the Atlantic』。全世界累計2300万部超えの超人気コミック『黒執事』を基にする本作は、坂本演じる名門貴族ファントムハイヴ家の若き当主シエル・ファントムハイヴと、その執事セバスチャン・ミカエリス(小野大輔)が、謎の秘密結社“暁(アローラ)学会”を探るため、豪華客船「カンパニア号」に乗船する姿を描く。2017年1月14日・15日と二日に渡り実施される完成披露クルージングイベントでは、2000席が販売後に即完売するなど、ファンの盛り上がりは驚異的だ。

  • 三部作の最終章『傷物語〈III冷血篇〉』場面カット解禁

    三部作の完結編『傷物語〈III冷血篇〉』予告編&先行場面カットが解禁!

    アニメ・コミック

     2009年の『化物語』を皮切りに制作され、人気を博す作家・西尾維新の代表作『物語』シリーズ。来年早々に公開される同シリーズの最新作『傷物語』の第三部「冷血篇」の予告編と先行場面カットが解禁された。@@cutter 最新作「冷血篇」は、2016年1月公開の第1部「鉄血篇」、同年8月公開の第2部「熱血篇」に続く三部作の最終章。第1部で美しき吸血鬼、キスショット・アセロラオリオン・ハート・アンダーブレード(CV:坂本真綾)と出会った主人公・阿良々木暦(CV:神谷浩史)であったが、第2部では彼女のために過酷な戦いへ。そして、最新作では、阿良々木の友人・羽川翼(CV:堀江由衣)がある提案を持ちかける。  今回、解禁された予告編は、登場人物たちのセリフを断片的につなぎ合わせる謎めいた仕上がりに。また、先行場面カットでは、阿良々木やキスショット、翼と、おなじみの登場人物たちの姿が映されている。  映画『傷物語〈III冷血篇〉』は、2017年1月6日から全国ロードショー。

  • 劇場版『黒執事 Book of the Atlantic』メインビジュアル&第2弾PV解禁。

    劇場版『黒執事』メインビジュアル&最新PV初解禁! その執事、ついに出航

    アニメ・コミック

     全世界累計2300万部を超えるベストセラーコミックの待望の劇場版『黒執事 Book of the Atlantic』のメインビジュアルと第2弾PVが解禁された。PVでは、シドが歌う主題歌「硝子の瞳」も初めて公開される。@@cutter 本作で描かれるのは、原作屈指の人気エピソードである「豪華客船編」。ある日、まことしやかにささやかれる「死者蘇生」の噂を耳にした、19世紀英国一名門貴族ファントムハイヴ家の執事セバスチャン・ミカエリスと13歳の主人シエル・ファントムハイヴは、調査のために豪華客船「カンパニア号」へと乗り込む。そこで、彼らを待ち受けていたものとは…。  公開されたPVでは、本編映像が初公開される。映像では、カンパニア号に乗船したシエルとセバスチャンに、生き返った死人たちが襲いかかる様子が映し出されており、本編への期待が高まる。  また、メインビジュアルは、キャラクターデザイン・総作画監督の芝美奈子が描き下したもの。このビジュアルは、10月29日より発売される劇場版第2弾特典付き全国共通特別鑑賞券の特典のポスターとしても使用されている。  さらに、原作の「豪華客船編」には登場していない、チャールズ・グレイ(CV:木村良平)、チャールズ・フィップス(CV:前野智明)、ドルイット子爵(CV:鈴木達央)の3人が出演することも発表された。  そして、2017年1月14~15日には、完成披露試写会を船上で楽しむことができるクルージングパーティーの開催も決定。「黒執事 CRUISING PARTY ~その執事、出航~」と題したこのパーティーでは、本編をいち早く鑑賞できるほか、『黒執事』にちなんだフルコースの料理や、キャラクターによる船内アナウンス&船内装飾でカンパニア号に乗船したような雰囲気を味わえる。  11月5日~6日に開催される「アニメイトガールズフェスティバル2016」アニプレックスブースでは、本作の描き下ろしSDキャラクターイラストを使用した新商品が発売されるなど、ますます盛り上がりを見せる本作。ファンには見逃せないイベントが続く。  劇場版『黒執事 Book of the Atlantic』は、2017年1月21日より公開。

  • 映画版『モンスト』、山寺宏一&水樹奈々の参戦決定!

    映画版『モンスト』、山寺宏一&水樹奈々の参戦決定! キャラビジュアルも解禁

    アニメ・コミック

     世界累計利用者数が3500万人を突破し、アニメ化なども果たした人気スマホアプリ『モンスターストライク』が今冬に映画化される。豪華声優陣の集う映画版の公開に先駆けて、新たに、山寺宏一と水樹奈々の出演が発表され、さらに、担当するキャラクターのビジュアルも解禁された。@@cutter 映画『モンスターストライク THE MOVIE』は、Youtubeで配信されているアニメ版『モンスターストライク』のはじまりを描く。主人公の中学生・焔レン(CV:坂本真綾)と仲間たちは、さまざまなモンスターを操り共に戦う「モンスト」のチーム。ある日、時空を超えて現れたモンスターによって、仲間の一人が過去の世界へ飛ばされてしまう。チームのメンバーは皆、なぜか“ある時期の記憶”を失っているのだが、この事件を期に失われた記憶がかすかに蘇り始める。そして、「モンスト」に隠された謎が徐々に明らかにされていく。  追加キャストとして発表された山寺宏一演じるゲノムは、突如レンたちの前に立ちはだかる本作の重要な鍵を握るキャラクター。壮大な冒険へとつながる事件を巻き起こすのだが、その目的にも注目が集まる。  また、水樹奈々が演じるのは、原作となるアプリでも人気の円卓の騎士王・アーサー。光り輝く聖剣“エクスカリバー”を片手に、レンたちといっしょにさまざまな戦いを繰り広げる。  映画『モンスターストライク THE MOVIE』は、12月10日から全国公開。

  • 劇場版アニメ『モンスターストライク THE MOVIE』主人公の声優に坂本真綾決定!

    映画『モンスト』、主人公に坂本真綾が決定! おなじみ声優陣も集結

    アニメ・コミック

     国民的ゲームアプリをアニメ映画化した、劇場版アニメ『モンスターストライク THE MOVIE』の主人公・焔レン(小学生)役の声優に、坂本真綾が決定。また、レンの幼馴染・神倶土春馬(小学生)役を村中知が務めるほか、Lynn、木村珠莉、河西健吾、福島潤、小林裕介と、ユーチューブで配信されているモンストアニメからおなじみの声優陣も集結することがわかった。@@cutter 本作は、世界累計利用者数3500万人を突破する、大人気スマホアプリ、ひっぱりハンティングRPG『モンスターストライク』(通称、モンスト)の劇場版アニメ作品。2015年10月にはアニメ版『モンスターストライク』(通称、モンストアニメ)の配信がユーチューブで始まり、世界累計再生回数1億回を突破するなど、大きな話題を呼んだ。劇場版では、モンストアニメの始まりの物語が描かれる。  アニメ『攻殻機動隊ARISE』の草薙素子役などで知られる坂本は、「私はレンの小学生時代の声をやらせていただきましたが、皆さんの良く知っているレンだけでなく、この劇場版で初めて見る新しい一面も見つけてもらえればいいなと思っています」と本作への思いを語る。  また、神倶土春馬役の村中は「色彩豊かで迫力のあるバトルはもちろんですが、主人公たちが困難に立ち向かう中で何を経験してどう変化していくのかにも注目していただきたいです」とアピール。レンを支える水澤葵(小学生、中学生)役のLynnは「純粋で無鉄砲で好奇心旺盛な彼女たちの冒険はハラハラドキドキの連続です。みんなで困難を乗り越えていく中で成長していく姿や、友達を想う優しい気持ち、友情に、胸を打たれました」とコメントした。  劇場版アニメ『モンスターストライク THE MOVIE』は、12月10日より公開。

  • TVアニメ『舟を編む』、櫻井孝宏、神谷浩史、坂本真綾がメインキャストに!

    アニメ『舟を編む』に櫻井孝宏、神谷浩史、坂本真綾!豪華すぎて原作者・三浦も感激

    アニメ・コミック

     フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて、10月より放送開始となるTVアニメ『舟を編む』のメインキャストに櫻井孝宏、神谷浩史、坂本真綾ら人気声優陣が顔を揃えた。また、「人をつなぐー言葉を編む」というキャッチコピーと共にキービジュアルと、メインキャラクターの最新ビジュアルも公開された。@@cutter 『舟を編む』は、2012年に本屋大賞を受賞した三浦しをんの人気小説。2013年には松田龍平、宮崎あおい出演で実写映画化もされており、今回が満を持してのアニメ化となる。    このたび発表された3名のキャスト陣は、物語の中心人物を演じる。櫻井は、玄武書房・第1営業部に所属する営業マンではあるが、口下手という馬締光也役、神谷は玄武書房・辞書編集部に所属する西岡正志役。見た目通りのチャラ男でコミュニケーション能力は高いものの辞書編集に興味はないという役どころ。坂本は、馬締が下宿している「早雲荘」の大家・タケおばあちゃんの孫娘であり、板前修行中の林香具矢役。早雲荘に住むことになり、次第に、馬締に興味を持つようになっていくという女性だ。    原作者の三浦は、TVアニメ版の『舟を編む』ついて「シナリオ、絵コンテ、美術設定など、どれもこれも感嘆のため息が出てきます」と大満足な様子。また、原作の連載時と同じく雲田はるこが同作のキャラクターデザインを務めることもあり「鬼に金棒だ」とも。さらにアフレコ現場に足を運んだとのことで「キャストのかたがたも実力派ぞろいで、すごかったです……。いまの段階でこんなに素晴らしいということは、完成品をテレビで拝見したら、私はどうなってしまうのでしょうか。感激死しないよう気をつけます」とコメントを寄せた。    原作者も放送を心待ちにするTVアニメ『舟を編む』は、2016年10月よりフジテレビ・ノイタミナほかにて放送開始。

  • 劇場版『黒執事』公開日決定! アニメ版ビジュアルも解禁

    劇場版『黒執事』公開日決定! アニメ版ビジュアルも解禁

    アニメ・コミック

     全世界累計2300万部を超えるベストセラーコミックが原作の人気シリーズ『黒執事』。その劇場版『黒執事 Book of the Atlantic』の公開日が2017年1月21日に決定、上映劇場や劇場前売券情報なども発表された。またキャラクターデザイン・総作画監督の芝美奈子描き下ろしのティザービジュアルも公開となった。@@cutter 2008年にテレビシリーズ第1作目『黒執事』が放送されて以来、その続編となる『黒執事II』、さらには2014年に新シリーズ『黒執事 Book of Circus』『黒執事 Book of Murder』が発表され、いずれも好評を得た。完璧な執事・セバスチャンと少年貴族・シエルの物語は待望の劇場版アニメーションとして公開されることに。本作では原作屈指の人気エピソード「豪華客船編」が描かれる。キャストにはセバスチャン役の小野大輔、シエル役の坂本真綾をはじめ人気声優が顔を揃える。  19世紀英国、名門貴族ファントムハイヴ家の執事セバスチャン・ミカエリスは、13歳の主人シエル・ファントムハイヴとともに、“女王の番犬”として裏社会の汚れ仕事を請け負う日々。ある日、まことしやかにささやかれる“死者蘇生”の噂を耳にしたシエルとセバスチャンは調査のため、豪華客船『カンパニア号』へと乗り込む。果たして、そこで彼らを待ち受けるものとは…。  芝美奈子描き下ろしのアニメティザービジュアルを使用した全国共通特別鑑賞券が8月20日より発売。特典として、同イラストのポストカードが数量限定でプレゼントされる。  また“ラジオ体操CD”付き前売り券が8月18日よりwebサイト「ANIPLEX+」にて発売。セバスチャン&シエル、グレル&葬儀屋がインストラクターとなったラジオ体操を収録している。  映画『黒執事 Book of the Atlantic』は2017年1月21日、全国公開。

  • 映画『傷物語<II熱血篇>』、2016年夏公開決定!

    映画『傷物語』第2部、2016年夏公開決定! 第1部公開日に特典付前売り券も発売

    アニメ・コミック

     西尾維新の人気作を原作とした劇場アニメ第2部『傷物語<II熱血篇>』が、2016年夏に公開されることがわかった。さらに『傷物語<I鉄血篇>』公開初日の2016年1月8日より、特典クリアファイル付き全国共通特別前売り券とムビチケが発売決定。本作は、新房昭之監督×シャフトがTVアニメ化し、大人気を博した『<物語>シリーズ』の原点だ。@@cutter 『<物語>シリーズ』は、2009年の『化物語』を筆頭に、これまでに6作・全75話を数える人気アニメシリーズ。“怪異”に悩まされる少女たちを助けるべく奔走する“吸血鬼体質”の高校生・阿良々木暦を中心に、巻数を追うごとにヒロインそれぞれにスポットを当て、より深くキャラクターを掘り下げていく構成が採られている。『傷物語』は、ほぼ全ての作品の出発点であり、阿良々木が“吸血鬼”になった過程を描く。  春休みのある日、私立直江津高校に通う高校二年生・阿良々木暦(神谷浩史)は、学校一の優等生・羽川翼(堀江由衣)と知り合い、最近出没するという“金髪の吸血鬼”の噂を聞く。そしてその夜、暦は噂の吸血鬼である“怪異の王”キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード(坂本真綾)と遭遇。金髪金眼の彼女は、四肢を切断され、周囲に血を撒き散らしながら、暦に助けを請う。求められるまま、キスショットに自分の血を与える暦だったが、次に目覚めたとき、彼は彼女の眷属に生まれ変わっていた。

  • 『攻殻機動隊 新劇場版』完成披露上映会・舞台挨拶に登場したNAOTO(EXILE/三代目J Soul Brothers)

    三代目JSB・NAOTO、『攻殻機動隊』愛を語る 「草薙素子は上司にしたい第1位」

    アニメ・コミック

     25周年記念新作長編アニメ『攻殻機動隊 新劇場版』完成披露上映会・舞台挨拶が9日に行われ、本作の藤本修役で声優初挑戦となったNAOTO(EXILE/三代目J Soul Brothers)が登場。兄の影響で子どもの頃から『攻殻機動隊』が好きだったというNAOTOは、「草薙素子は僕の中で上司にしたい第1位」と力説した。@@cutter NAOTOは、主人公・草薙素子役の坂本真綾に、“夢は叶う”が花言葉の青いバラをプレゼント。坂本は驚きながらも「これは“私が”というより、キャスト・スタッフ合わせて皆さんの代表としていただいたものだと思っています」とコメント、朗色を浮かべる。  声優初挑戦であり、総理大臣の息子という役柄を演じたNAOTOは、「草薙素子に任務を与えるシーンだったり、物語の核になるシーンだったので、かなり緊張した。ほとんどしゃべったことのない言葉がいっぱいあったので、難しかった」と振り返る。  主人公・草薙素子役の坂本は、「今日、ここにいないキャストたちも自身にプレッシャーをかけながらも真剣に取り組んできました。それぞれの愛情がこもった作品です。お友達にもすすめていただければと思います」と本作をアピールした。  また、当日は塾一久(荒巻大輔役)、新垣樽助(トグサ役)、咲野俊介(イシカワ役)、中國卓郎(サイトー役)、上田燿司(パズ役)、黄瀬和哉(総監督・キャラクターデザイン)、冲方丁(脚本)、野村和也(監督)、石川光久(製作総指揮)も登壇。  『攻殻機動隊』は1989年、士郎正宗による漫画作品として誕生。1995年には押井守監督による映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』が公開され、その圧倒的な作品世界と映像表現により世界中のクリエイターに影響を与えた。今作では、主人公・草薙素子の過去と電脳犯罪を未然に察知しそれを除去するために組織された“攻殻機動隊”の誕生について描く。  映画『攻殻機動隊 新劇場版』は6月20日全国ロードショー。

  • 坂本真綾、3年連続「ROCK IN JAPAN FES.」出演決定

    坂本真綾、「ROCK IN JAPAN FES.」3年連続出演決定

    アニメ・コミック

     声優・歌手として活躍する坂本真綾が、日本最大級の野外ロックフェスティバル「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」に3年連続での出演が決定。同イベント公式サイトで発表された第1弾出演アーティストとして、椎名林檎、きゃりーぱみゅぱみゅ、MAN WITH A MISSIONらと共に名を連ねた。@@cutter 「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」は、茨城県・国営ひたち海浜公園にて、8月1日、2日、8日、9日に開催される人気イベント。「FUJI ROCK FESTIVAL」「SUMMER SONIC」「RISING SUN ROCK FESTIVAL 」と共に“日本4大ロックフェス”と称されている。  同イベントで3年目の参加となる坂本だが、今年は8月9日に出演。同日の出演者はほかにACIDMAN、9mm Parabellum Bullet、クリープハイプ、ゴスペラーズ、dustbox、チャットモンチー、10‐FEET、Plastic Tree、back numberらが発表されている。詳細は公式サイトまで。

  • 『「PERSONA3 THE MOVIE」 #3 Falling Down』初日舞台挨拶に登壇した豪華キャスト陣

    劇場版『ペルソナ3』舞台挨拶に豪華キャスト登壇! 石田彰がアフレコで意識した点とは

    アニメ・コミック

     人気ゲームの映画化第3弾『「PERSONA3 THE MOVIE」 #3 Falling Down』の初日舞台挨拶が都内にて行われ、石田彰(結城理役)、豊口めぐみ(岳羽ゆかり役)、鳥海浩輔(伊織順平役)、能登麻美子(山岸風花役)、坂本真綾(アイギス役)、緒方恵美(天田乾役)、足立和紀プロデューサーが登壇。豪華キャストの集結に会場は大歓声に包まれた。@@cutter 『「PERSONA3 THE MOVIE」 #3 Falling Down』は、人気ゲーム『ペルソナ3』の映画化第3弾。季節は、春から始まった第1弾から秋へと進み、異型の怪物「シャドウ」と主人公・結城理をはじめとした特別課外活動部の戦いにも終わりが近づこうとしていた…。    イベントでは、キャラクターを演じる上で苦労した点や注意した点などをキャストに質問。中でも、主人公・結城理役を演じる石田は、本作では演じるキャラクターが一人増え3役を演じる。アフレコ時は、それぞれが別キャラクターとして見てもらえるかを意識したとのこと。  また、トーク終盤ではファンから募った質問コーナーなども行われ、“苦手なもの”について聞かれた坂本は海老は食べれるが見た目が苦手と明かし、その独特な苦手意識に登壇したキャスト一同興味津々な様子を見せていた。    『「PERSONA3 THE MOVIE」 #3 Falling Down』は絶賛上映中。

  • 『HELIX ‐黒い遺伝子‐』の吹替えを担当する坂本真綾(サラ・ジョーダン役)

    真田広之、海外ドラマ『HELIX』で本人役を自ら吹き替え 共演は森田順平、坂本真綾

    海外ドラマ

     真田広之が、米ドラマで初レギュラー出演を果たしたサイエンス・スリラー『HELIX(ヘリックス)‐黒い遺伝子‐』で、自身が演じるヒロシ・ハタケ役の日本語吹き替えを真田自らが務めることが決定した。真田のほか吹き替え声優は、坂本真綾、森田順平、藤原啓治、伊藤美紀と実力派が勢ぞろいしている。@@cutter 舞台は、北極にある巨大製薬会社の研究所。人類を滅ぼしかねないウィルスの発生に対する恐怖と、閉ざされた空間にうごめく複雑な人間関係を軸に、“遺伝子操作”という神の領域に踏み込んだ人類の“恐怖の13日間”を描くサイエンス・スリラー。謎が謎を呼ぶ内容と、1話で1日分進む形式が話題となり、2015年1月よりシーズン2の放送も決定している注目作だ。  真田演じるのは、物語の鍵を握る所長ヒロシ・ハタケ。アフレコに臨む際「現場のニュアンスをいかし、日本語版にもオリジナルの息吹を吹き込むことが自分の使命だと思い演じました」と話す真田。そして「日本語に吹替えることで、映像は同じでも、全く別のバージョンがうまれてくる。その面白さを改めて感じました」と、どちらの現場も経験しているからこその魅力を明かす。  坂本が演じるのは、仕事にのめり込む20代のキャリア女性、サラ・ジョーダン。仕事を貪欲にこなしつつも、好意を寄せる上司の元妻に敵対心を燃やすという役柄に「女性らしいところや微妙な心理状態が表現できたらいいなと思い演じました」と芝居をするうえで意識したポイントを述懐。共演の真田に対しては「日本語でお芝居されているとよりハタケの感情が伝わってきて、涙が出そうになりました」と吹替えにも絶賛の様子だ。  『HELIX‐黒い遺伝子‐』吹替版は、完全無料BSテレビ局Dlifeにて、2015年1月10日より毎週土曜23時放送。

  • 劇場版『ペルソナ3』第2章キービジュアル

    『ペルソナ3』劇場版第2章、公開日決定!坂本真綾、緒方恵美が追加キャストに

    アニメ・コミック

     2006年7月にPS2用ゲームソフトとして発売され、今なお絶大な人気を誇る「ペルソナ3」。その劇場版アニメ第2章『PERSONA3 THE MOVIE #2 Midsummer Knight’s Dream』の公開日が6月7日に決定した。@@cutter 『ペルソナ3』は、昼は学園生活を送り、夜は特殊能力ペルソナを使ってシャドウと呼ばれる謎の怪物と戦う、少年少女たちを主人公にしたロールプレイングゲーム。小説、漫画、ドラマCDなどメディアミックス展開され話題を集め、2013年11月には劇場版アニメ第1章『PERSONA3 THE MOVIE#1 Spring of Birth』が公開され大ヒットを飛ばした。第2章となる本作では、物語も夏に入り、ますます加熱していくことが期待される。  監督は、本作から新加入した田口智久。ボイスキャストには、主人公・結城理を石田彰が務めるほか、豊口めぐみ、鳥海浩輔、田中理恵、緑川光、能登麻美子らお馴染みのメンバーが顔をそろえる。さらに、新キャラクター役で人気声優の坂本真綾、緒方恵美も加わる。  現在、全国の上映劇場では、キャラクタークリアファイル&ペルソナリーフレット付き前売券(税込1500円)を販売中。また、前売券+主題歌CDセット(「時価ネットたなか」&「Anime Japan」限定版/税込3000円)と、前売券+グッズセット(アニメイト・ゲーマーズ限定版/税込2000円)の発売も決定している。詳細は公式サイトで確認を。  私立月光館学園に転入した結城理は、怪物シャドウの襲撃をきっかけにペルソナの力に覚醒し、ペルソナ使いたちで構成された特別課外活動部へと引き入れられる。最初は流されるままに行動していた理だったが、影時間の謎を追い、シャドウとの死闘を重ねていくうちに、その心は大きな変化を見せる。そして季節は春から夏へ。特別課外活動部は新メンバーを迎え、新たな試練に立ち向かう…。  『PERSONA3 THE MOVIE #2 Midsummer Knight’s Dream』は6月7日より全国公開。

  • 『劇場版 空の境界 』シリース最新作、初のBD総合首位を獲得!

    『劇場版 空の境界 』シリース最新作、BD総合首位を獲得! 売上枚数も更新

    アニメ・コミック

     『劇場版 空の境界 未来福音』のブルーレイ ディスク(以下BD)が19日に発売され、今週の3月3日付週間BDランキング(集計期間:2月17日~23日)に初登場。発売初週に3.9万枚を売り上げ総合1位を獲得した。@@cutter 奈須きのこによる新伝奇小説『空の境界』を原作とした本作。人気シリーズである『空の境界』の最新作であり、主要キャラクターとなる両儀式役の坂本真綾と黒桐幹也役の鈴村健一が夫婦共演をする作品でもある。  今回、本作のBD総合首位獲得は、2011年2月に発売された『劇場版 空の境界 ブルーレイ ディスク ボックス』の最高位2位を上回り、『劇場版 空の境界』シリーズのBD最高位を記録。また、売上枚数も同作の累積売上2.7万枚を発売1週で上回り、最高位・売上枚数ともに同シリーズ最高を更新した。  さらに、本作の限定版は本編の他に同時上映された『劇場版 空の境界 未来福音 extra chorus』本編のディスク2枚に加え、梶浦由記が手掛けるオリジナル・サウンドトラックCD、奈須きのこの書き下ろし小説『終末録音/the Garden of oblivion』のドラマCDも含めた豪華4枚組となる『劇場版 空の境界 未来福音』完全生産限定版は、1万2600円(税込)。

  • 『ミリオンアーサー』待望のシリーズ最新作の発売が決定!

    水樹奈々、新作RPG『乖離性ミリオンアーサー』でヒャダイン制作の主題歌を歌う!

    アニメ・コミック

     株式会社スクウェア・エニックスは iOS/Android向けカードコマンドRPG『乖離性ミリオンアーサー』の発売を発表。主題歌を水樹奈々が担当するなど、豪華な内容となっている。@@cutter 『乖離性ミリオンアーサー』は、2012年の配信開始以降、日本国内のみならず、台湾・韓国・中国でも好評を博しているオンライン専用のカードバトルRPG『拡散性ミリオンアーサー』の正統進化タイトル。ネットワーク上に構築された世界に無数のプレーヤーがアーサーとしてゲームに参加し、協力して強敵を倒したり、時には対戦したりと、さまざまな楽しみ方ができる人気ゲームだ。  新作では、どんどん進化するカードキャラクターや、仲間4人と一緒に強敵と戦う協力プレイも可能になるなど、『拡散性』『唯一性』とも異なる新たなゲームシステムにより、アーサー達の物語が展開する。主人公は、自らの戦力アップのためキャメロットを離れブリテン北部にある「訓練城ヘヴリディーズ」で修行することになった4人のアーサーたち。彼らの前に立ちはだかるブリテン史上空前の脅威との戦いが描かれる。  『拡散性』に引き続き、シナリオは鎌池和馬氏。そして音楽はヒャダインこと前山田健一氏が担当。音楽制作には伊藤賢治氏も加わるとともに、2人が制作した主題歌は人気声優・水樹奈々が歌うなど、よりパワーアップした内容になっている。さらに、ボイスキャストを務めるのは、阿部敦、岡本信彦、佐倉綾音、内田真礼をはじめ、宮野真守、坂本真綾、戸松遥など、人気・実力を兼ね備えた声優陣が集結。「ミリオンアーサー」シリーズを牽引するフラッグシップタイトルに是非ご期待を!   iOS/Android向けカードコマンドRPG『乖離性ミリオンアーサー』は年内発売予定。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access