笈田ヨシ 関連記事

  • 映画『駅までの道をおしえて』に出演する有村架純

    有村架純、映画『駅までの道をおしえて』でモノローグ初挑戦

    映画

     アニメーション監督・新海誠の娘としても知られる子役の新津ちせが映画初主演を務める『駅までの道をおしえて』に、女優の有村架純が声のみで出演することが発表された。モノローグ初挑戦となる有村は、愛犬を亡くした主人公・サヤカ(新津)の心情を代弁する10年後のサヤカを演じている。@@cutter 本作は、直木賞作家・伊集院静の同名小説が原作。愛犬ルーを亡くしたショックから立ち直れない少女・サヤカを主人公に、彼女と幼い息子を亡くした老人との出会いと、二人の心の交流を描いていく。  主演には一般公募のオーディションを経て、映画『3月のライオン』やミュージカル『美少女戦士セーラームーン』への出演で注目を集める新津を抜てき。サヤカと出会い、心を通わせることになる孤独な老人・フセ役を、パリを拠点に俳優・演出家として活躍し、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙 ‐サイレンス‐』でも印象を残した笈田ヨシが演じる。このほか、サヤカの両親役で坂井真紀と滝藤賢一、サヤカの親戚役でマキタスポーツと羽田美智子、祖父母役で市毛良枝と塩見三省、動物病院の院長役で柄本明らが出演する。  大人になったサヤカのモノローグから物語が進んでいく本作で、有村は、愛犬ルーがいなくなった世界で喪失感を抱える現在のサヤカに代わり、心情を伝える役目を担う10年後のサヤカを演じる。モノローグのため姿の出演はないが、子供の頃のサヤカにそっと優しく寄り添う重要な役どころとして存在感を示している。  初めてのモノローグ出演に「いつもより客観的に役を見て演じることができたと思っています」と話す有村。「私も小学生の時にチワワを飼っていたのでサヤカとルーのような、犬と人の心が通じ合う特別な関係に共感することができました」と、自身の経験も踏まえて声の演技に挑んだことを明かす。  さらに有村は「『駅までの道をおしえて』の大きな魅力はサヤカとフセさんとの関係だと思いました。大切に思っていた存在を亡くした2人が必然的に出会って分かり合う、見えない何かで繋がっている。見た目は孫とおじいちゃんみたいですが、年齢は関係なく同じ人間としてそこにいる感じがとても素敵でした。誰もがいずれ大切な人を亡くす、今を後悔しないように生きてほしいなと思いました」とコメントしている。  映画『駅までの道をおしえて』は10月18日より全国公開。

  • 『駅までの道をおしえて』出演キャスト

    新津ちせと笈田ヨシが76歳差共演で友達役 『駅までの道をおしえて』

    映画

     アニメーション監督・新海誠の娘としても知られる子役の新津ちせが映画初主演を務める『駅までの道を教えて』の公開日が10月18日に決定。また、パリを拠点に活躍するベテラン俳優の笈田ヨシが、主人公のサヤカ(新津)と心を通わせる孤独な老人の役で共演することが発表された。@@cutter 本作は、直木賞作家・伊集院静による同名小説が原作。愛犬ルーを亡くしたショックから立ち直れない少女・サヤカを主人公に、彼女と幼い息子を亡くした老人との出会いと、二人の心の交流を温かい筆致で描いていく。主演には一般公募のオーディションを経て、映画『3月のライオン』やミュージカル『美少女戦士セーラームーン』への出演で注目を集める新津を抜てき。撮影は1年間かけて時系列で進め、彼女の成長がリアルタイムで感じ取れる作品となっている。  パリを拠点に俳優・演出家として活躍し、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙 ‐サイレンス‐』でも強烈な印象を残した笈田が演じるのは、主人公サヤカと出会い、心を通わせることになる孤独な老人・フセ役。サヤカとフセの年の離れた友情が映画の見どころの一つとなるが、新津と笈田の年齢差は実に76歳。共に犬好きなこともあり、本物の友達のように仲むつまじく撮影に臨んでいたという。  また、サヤカを温かく見守る家族として、両親役を坂井真紀と滝藤賢一、近所で暮らす親類役をマキタスポーツと羽田美智子、祖父母役を市毛良枝と塩見三省が演じる。さらにサヤカを取り囲む重要人物として、柄本明が動物病院の院長役、余貴美子が病院の婦長役と、豪華ベテラン俳優陣が集結している。  映画『駅までの道をおしえて』は10月18日より全国公開。

  • 2018 PARCO PRODUCE “三島×MISHIMA”三島由紀夫原作『豊饒の海』出演キャスト

    東出昌大、三島由紀夫絶筆の書『豊饒の海』で3年ぶりに舞台挑戦

    エンタメ

     俳優の東出昌大が、11月に上演される三島由紀夫原作の舞台『豊饒の海』で主演を務めることが発表された。東出は、三島由紀夫の「美」の象徴とも言うべき松枝清顕として3年ぶりの舞台出演を果たす。@@cutter 本作は、日本文学の金字塔・三島由紀夫をグローバルな視点で取り上げる、2018 PARCO PRODUCE “三島×MISHIMA”シリーズとして、三島由紀夫の絶筆の書である『豊饒の海』を舞台化。第一部『春の雪』、第二部『奔馬』、第三部『暁の寺』、第四部『天人五衰』の全四作から成る長編小説を、一つの舞台作品として創作する。  20歳で生命を落とした男・松枝清顕。彼の影に取り憑かれた男・本多繁邦。本多の人生に松枝清顕の生まれ変わりとして登場する三つの黒子の人々…。清顕という美に憧れ続け、取り残されてしまった人間、本多繁邦を軸に、夢と転生を描く壮大な物語となる。  主演を務めるのは、映画・テレビで様々なキャラクターを演じ注目を集める東出。2015年の舞台『夜想曲集』以来、3年ぶり2度目の舞台出演となる東出は、本多が生涯執着することになる松枝清顕という「美」を象徴する大役に挑む。  東出は「思春期より三島由紀夫の虜になり、その作品の多くを読んできた私は、『豊饒の海』の舞台化を聞き震えました。役者になって最大の試練になると思います。持てる全てを注ぎ込みます。三島世界の再現を、楽しみに待っていて下さい」と、舞台に対する期待と意気込みを語っている。  共演キャストには、宮沢氷魚、上杉柊平、大鶴佐助、神野三鈴、初音映莉子、首藤康之、笈田ヨシが顔をそろえる。翻案・脚本は長田育恵、演出はマックス・ウェブスターが担当する。  2018 PARCO PRODUCE “三島×MISHIMA”『豊饒の海』は11月3日~12月2日まで東京・紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAにて、12月8日~9日まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演。

  • 映画『沈黙-サイレンス-』より

    M・スコセッシ監督、遠藤周作原作『沈黙』2017年公開決定

    映画

     『タクシー・ドライバー』などで知られる巨匠マーティン・スコセッシ監督の最新作『沈黙-サイレンス-』が、2017年に日本公開を迎えることが決定。併せて、劇中の場面写真も解禁となった。@@cutter 本作は、遠藤周作の小説『沈黙』(新潮文庫)を実写映画化した作品。劇中では17世紀の江戸初期を舞台に、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、日本にたどり着いた宣教師の目に映った、想像を絶する光景、そして人間にとって本当に大切なものとは何かが描かれる。  キャストには、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズで知られるアンドリュー・ガーフィールド、『シンドラーのリスト』のリーアム・ニーソン、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でブレイクしたアダム・ドライバー。そして日本からは、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシら実力派俳優陣が集まった。  脚本は、『ギャング・オブ・ニューヨーク』などのジェイ・コックス。撮影は『ブロークバック・マウンテン』のロゴリゴ・プリエトが務め、美術は『ヒューゴの不思議な発明』などでアカデミー賞を3度受賞しているダンテ・フェレッティが担当する。また、編集をアカデミー賞に3度輝いたセルマ・スクーンメイカーが務めるなど、スタッフにも実力者が名を連ねた。アメリカでは2016年末に公開する予定で、本年度の賞レースにおける有力作として注目を浴びている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access