上田誠 関連記事

  • 映画『前田建設ファンタジー営業部』発表されたキャスト(左から)小木博明、上地雄輔、高杉真宙、岸井ゆきの、本多力

    高杉真宙主演『前田建設ファンタジー営業部』に小木博明&岸井ゆきの出演

    映画

     俳優の高杉真宙が主演を務める映画『前田建設ファンタジー営業部』の追加キャストとして、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明、俳優の上地雄輔、本多力、女優の岸井ゆきのの出演が発表された。@@cutter 本作は、アニメやゲームなどファンタジー世界の建造物を“実際に作ったらどうなるか”を大手ゼネコンの前田建設工業が真面目に検証したウェブ連載を実写映画化。一見すると”意味のないこと“に七転八倒しながら本気で取り組んだサラリーマンたちの姿を描く。2013年には劇団・ヨーロッパ企画により舞台化されており、映画版の脚本も同劇団代表の上田誠が担当。監督は英勉が務める。  舞台は、建設業界が受注減で先行き不安を抱えていた2003年。ある日、建設会社の広報グループ長が、アニメ『マジンガーZ』の出撃シーンで目にする地下格納庫兼プールを現状の技術および材料で建設するとしたらどうなるか、マジンガーZが格納されている光子力研究所の所長・弓教授から発注を受けたというテイで検証するウェブ連載をしようと提案する。若手社員の土井航(高杉)は、いやいやながらプロジェクトに携わっていくうち、社内外の技術者たちの熱意、架空のものにどこまでも真剣に向き合う姿を目の当たりにして、“意味のないこと”だと思っていた業務に本気で取り組んでゆく。  小木はファンタジー世界からの受注という奇想天外な企画を立案した破天荒な上司役、上地、本多、岸井の3人は、その上司に翻弄(ほんろう)されながらも、マジンガーZの格納庫の建設に挑むというテイのブログを作るべく奔走するファンタジー営業部のメンバー役を演じる。  小木は「最初に内容を聞いた時に、ファンタジーか…と思ったのですが、よくよく聞いてみると、僕が何よりも大好きな実話を基にした映画だということで、がぜんやる気になりました。さらに僕の役柄のモデルとなった方にもお会いして忠実に役作りをさせて頂きました」と明かす。  上地は「ここまでスタッフさんや共演者の方と初めましての方が多い現場もこの20数年間無かったので、どういう作品でどういう現場になるのか楽しみな気持ちと、初心にかえる気持ちで撮影に臨もうと思いました」と語る。  同じ原作を舞台化したヨーロッパ企画に所属する本多は「舞台化のときに思った『あの作品が舞台に!?』という驚きを超える『あの作品を映画に!?』という驚きがありました。キャストを見て『どんな組み合わせ!?』と更に驚きました」とコメント。  岸井は「最初はあまり意味が分からなかったのですが、大人の自由研究みたいで面白そうだな、と思いました。実際に設計図や模型、掘削などを目の当たりにすると、もー少年の心が騒いで、『興味がなさそうなエモト』というト書きを忘れてうっかりワクワクしてしまうほどでした!」としている。  映画『前田建設ファンタジー営業部』は2020年全国公開。

  • 映画『前田建設ファンタジー営業部』主演の高杉真宙

    高杉真宙主演、実在企業のウェブ連載『前田建設ファンタジー営業部』映画化

    映画

     アニメやゲームなどファンタジー世界の建造物を“実際に作ったらどうなるか”を大手ゼネコンの前田建設工業(本社・東京都千代田区)が真面目に検証したウェブ連載『前田建設ファンタジー営業部』が、俳優・高杉真宙の主演で実写映画化されることが決まった。2020年の公開を予定している。@@cutter 本作は、一見すると”意味のないこと“に七転八倒しながら本気で取り組んだサラリーマンたちの姿を描く、積算エンターテインメント。  原作のウェブコンテンツでは、アニメやゲームの世界に存在する、特徴ある空想上の構造物・建造物の建設を本当に受注し、技術の粋を集約し実現するとしたらどうなるかについて、工期・工費を含め正確に検証。2003年2月に、まず『マジンガーZ』の地下格納庫兼プール建設の検証から始まり、04年に幻冬舎より書籍化。その後もシリーズとして『銀河鉄道999』高架橋編、『機動戦士ガンダム』地球連邦軍ジャブローを創ろう編が発表され、建設業界内外で話題の取り組みとして知られた。2013年には劇団・ヨーロッパ企画により舞台化されており、映画版の脚本も同劇団代表の上田誠が担当。監督は英勉が務める。  舞台は、建設業界が受注減で先行き不安を抱えていた2003年。ある日、建設会社の広報グループ長が、アニメ『マジンガーZ』の出撃シーンで目にする地下格納庫兼プールを現状の技術および材料で建設するとしたらどうなるか、マジンガーZが格納されている光子力研究所の所長・弓教授から発注を受けたというテイで検証するウェブ連載をしようと提案する。若手社員の土井航(高杉)は、いやいやながらプロジェクトに携わっていくうち、社内外の技術者たちの熱意、架空のものにどこまでも真剣に向き合う姿を目の当たりにして、“意味のないこと”だと思っていた業務に本気で取り組んでゆく。  主演の高杉は「マジンガーZ、ではないその格納庫を作る為に皆が奮闘する話。そんな、なかなかないお話がまずは単純に面白い!と思いました」と話し、「周りの皆さんはかなり濃いのでそこに巻き込まれながら自分は自分のキャラクターをブレさせないように。と演じていきましたが、特にファンタジー営業部のメンバーの皆さんは強烈で毎日の撮影が戦いだった気がします笑」と撮影を振り返っている。  映画『前田建設ファンタジー営業部』は2020年全国公開。

  • 上白石萌歌主演、舞台『続・時をかける少女』

    『時をかける少女』続編、上白石萌歌主演で初舞台化! セーラー服ショット&動画公開

    エンタメ

     世代を超えて愛され続ける名作の“幻の続編”『続・時をかける少女』が、女優・上白石萌歌の主演により舞台化されることが決定し、上白石のメッセージ動画とセーラー服姿のティザービジュアルが解禁された。「現役で制服が着られる最後の年に、この作品に出会えたことをとても嬉しく思います」と、上白石は主演への喜びを語る。@@cutter 本作は、筒井康隆の小説『時をかける少女』を元にしたドラマ『タイム・トラベラー』(NHK)の脚本家・石山透が、原作から離れオリジナル続編として創作したドラマ『続・タイム・トラベラー』をノベライズした小説を原作とする青春ファンタジー作品。今回が初めての舞台化となり、脚本・演出は映画『夜は短し歩けよ乙女』や『サマータイムマシン・ブルース』の脚本で知られる、“SFコメディの旗手”ヨーロッパ企画の上田誠が務める。    主人公・芳山和子(上白石)はクラスメイト深町一夫=未来人ケン・ソゴルと恋に落ち、彼の開発したラベンダーの香りがする薬でタイムトラベルの力を得るが、ケンが未来へ帰る際に、彼に関する記憶をすべて消されてしまう。月日が流れ、高校生となった和子の前に再びケンが現れる…。  「多くの方に愛され、わたしも大好きな作品である『時をかける少女』に続編があるということをお話をいただいてから初めて知りました」と振り返る上白石は、「原作を読みましたが、非現実的な世界と日常との間で揺れる和子の姿に思わず背中を押してあげたくなりました」と感想を語る。  「世界観が舞台上でどのように広がっていくのか、今から胸が高鳴ります」と上演を控える胸の内を明かすが、脚本・演出を務める上田については「事務所の先輩である長澤まさみさん主演の映画『曲がれ!スプーン』で存じ上げていました。 独創性溢れる演出とユニークな仕掛けにいつも驚かされます!」とコメント。「エチュードを交えながら稽古を進めていくスタイルは後にも先にもないと思うので、存分に鍛えていただきたいです!(笑)」と意気込みを示す。    コメディ舞台初挑戦となる上白石は、「高校生である今だけの自分の感性を頼りに、和子と共に思い切り駆け抜けたいと思います!」と力のこもったメッセージを伝えている。  舞台『オールナイトニッポン50周年記念公演 続・時をかける少女』は、2018年2月7日から14日まで東京グローブ座で上演予定。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access