中尾隆聖 関連記事

  • 映画『ペット2』で吹き替え声優を務める(左から)内藤剛志と伊藤沙莉

    『ペット2』、内藤剛志&伊藤沙莉が吹き替え挑戦 本予告&本ポスター解禁

    アニメ・コミック

     アニメーション映画『ペット2』(7月26日公開)に登場する新キャラクターの吹き替えキャストを、俳優の内藤剛志と女優の伊藤沙莉が務めることが発表された。内藤はイルミネーション作品には初参加、伊藤は声優初挑戦となる。二人を含む日本語吹き替えキャスト陣の声が収録された本予告映像も、日本オリジナル本ポスターとともに解禁された。@@cutter 本作は、飼い主の知らないペットたちの日常をユーモラスに描き、オリジナル・アニメーション映画史上最高の全米オープニング興収を記録したアニメーション映画『ペット』の続編。日本語吹き替え声優には、主人公マックス役と相棒デューク役で、それぞれバナナマンの設楽統と日村勇紀、さらに2匹の飼い主ケイティ役で佐藤栞里、ペット仲間の太った猫クロエ役で永作博美、マックスに思いを寄せるポメラニアンのギジェット役で沢城みゆき、うさぎのスノーボール役で中尾隆聖、陽気なモルモット・ノーマン役で梶裕貴が前作から続投するほか、ペットたちの前に立ちはだかる悪徳サーカス団長セルゲイを宮野真守が演じる。  内藤が演じるのは、ケイティ一家が訪れる牧場の農場犬のリーダーで、のちにマックスの成長のカギを握るルースター。元気でパワフルなおなじみのペットたちとは一味違った堂々と威厳のあるキャラクターで、オリジナル版ではハリウッドを代表する名優ハリソン・フォードが初めて吹き替えを務めることでも話題となっているが、内藤の落ち着いた渋い声でどのように息吹が吹き込まれるのか注目される。  無類の猫好きでも知られる内藤は、初の動物キャラ挑戦となったが、「『人間もペットも同じ心を持っている』と言う前提でやらせていただきました。この作品に限っては『人間』『動物』の違いは、ないと思います」と話している。  一方、伊藤が演じるのは、悪徳サーカス団のセルゲイが狙うホワイトタイガーを救うべく、正義のヒーローに転じたキャプテン・スノーボールに助けを求めるキュートなシーズーのデイジー。見た目のカワイさだけでなく、内面に正義感とたくましさが詰まったキャラクターだ。オリジナル版のティファニー・ハディッシュと同様、伊藤も個性的なハスキーボイスを巧みに生かしながら演じる。  伊藤はデイジー役について「見た目があまりに可愛いので最初はちょっと、、大丈夫かな、、この声だしな、、っていうのが正直あったのですが(笑)、そんなの気にしてられないくらい逞しくてカッコいい子でした。ギャップ女子の極みです(笑)」としている。  本予告は、主人公マックスの飼い主ケイティのもとにリアムという名の新たな家族が誕生し、穏やかな生活に異変が起きる場面で幕を開ける。リフレッシュのため旅行へ出た田舎町では、ニューヨークの街並みと異なる世界が広がり動揺を覚えるマックスだが、農場犬のリーダーのルースターに出会うことによって、ある一歩を踏み出すことに。一方、ヒーローへと姿を変えたキャプテン・スノーボールは、デイジーとともにホワイトタイガーを救う極秘のミッションを遂行、猫と化したギジェットは本物の “ネコ軍団”を引き連れ、りりしい表情でどこかへ向かおうとしていたりと、前作のユルくて陽気な大騒動から、何かに挑戦するために立ち上がるペットたちの姿が描かれていく。  映画『ペット2』は7月26日より全国公開。

  • 『ペット2』中尾隆聖が声優を務めるスノーボール

    『ペット2』ウサギのスノーボールがスーパーヒーローに? 中尾隆聖の続投決定

    アニメ・コミック

     映画『ペット2』の日本語吹き替え版に、前作で悪役ながら人気を博したウサギのスノーボール役で声優の中尾隆聖が続投することが発表された。そのスノーボールが正義のヒーローさながらの青いスーツに身を包んだ姿を映し出す最新映像も解禁となった。@@cutter 本作は、飼い主の知らないペットたちの日常をユーモラスに描き、オリジナル・アニメーション映画史上最高の全米オープニング興収No.1を記録したアニメーション映画『ペット』の続編。日本語吹き替え声優には、主人公マックス役と相棒デューク役に、それぞれバナナマンの設楽統と日村勇紀、2匹の飼い主ケイティ役に佐藤栞里、ペット仲間の太った猫クロエ役に永作博美、マックスに思いを寄せるポメラニアンのギジェット役に沢城みゆきの続投が既に発表されている。  このたび解禁されたスノーボール編の映像では、勇ましいテーマソングに乗って、スーパーヒーローさながらの青い覆面とスーツ、マントを身にまとったスノーボールが登場。前作では元ペット軍団のリーダーを引退し、優しい少女モリーに飼われることになったが、モリーの元で何があったのか。素早くベランダに飛び上がると、「おはよう! ニューヨークシティ!」と高らかに叫び、風を感じながら手すりの上で、まるで空を飛んでいるかのように振る舞うスノーボール。ノリノリになってテーマソングを口ずさんでいると、マックスに「何しているの?」とのんきに尋ねられ、「見て分かんねぇ? オレはスーパーヒーローだ!」と堂々宣言する姿が披露される。  さらに、凛々しい表情でパンチの素振りをしたり、モリーとともに動物を愛するスーパーヒーロー会議なるものを開いたり…。前作の超ワルいキャラから一転、見た目だけではなく心まで正義の味方へと生まれ変わったキュートな様子が収められた映像となっている。  中尾は今回の続投決定について、「1作目の『ペット』で大好きなキャラクターに出逢えてとても幸せな気持ちになれたので、続編のオファーがきた時も、ヤッタ~!と思いました。ちなみにいま携帯の待ち受け画面をスノーボールにしています!(笑)」と喜びをあらわに。最新作でスノーボールに期待したい部分については「正義のヒーロー気取りですが、やっぱりドジで憎めないところかな…!?」と話している。  映画『ペット2』は7月26日より全国公開。

  • アニメ『MIX』で西村勇役を演じる中尾隆聖

    アニメ『MIX』、中尾隆聖の出演決定 『タッチ』上杉達也のライバル西村勇役を再演

    アニメ・コミック

     あだち充作品『タッチ』の舞台である明青学園の約30年後が描かれるTVアニメ『MIX(ミックス)』。本作の追加キャストが発表され、西村勇役で中尾隆聖の出演が明らかになった。『タッチ』から引き続き、上杉達也のライバルだった西村役を演じることについて「約34年ぶりに同じキャラクターに逢えるなんて…。とても楽しみです」とコメントを寄せている。@@cutter 『MIX(ミックス)』は、あだち充が「ゲッサン」(小学館月刊少年サンデー)で連載中のコミックが原作。TVアニメ版のキャストとして、梶裕貴(立花投馬役)、内田雄馬(立花走一郎役)、内田真礼(立花音美役)のほか、高木渉、井上喜久子、花澤香菜らが既に決定している。  今回、中尾が演じる西村役は、『タッチ』で浅倉南を追いかけていた上杉達也のライバル。現在は母校、勢南高校野球部の監督をしている。出演について中尾は「三枚目で見栄っ張りでおっちょこちょいで、それでいて、何処か憎めない、私の大好きなキャラクターです」と自身の演じるキャラクターの魅力について語っている。  TVアニメ『MIX(ミックス)』は、4月6日より読売テレビ・日本テレビ系にて毎週土曜17時30分放送。(※一部地域を除く)

  • 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』ワールドプレミアの様子

    野沢雅子、『ドラゴンボール』最新作には「いい裏切りがありました」

    アニメ・コミック

     声優の野沢雅子が、14日に東京・日本武道館で開催された映画『ドラゴンボール超 ブロリー』ワールドプレミアに登場。野沢は「本(脚本)を読みますと、こういう感じに仕上がるだろうなっていうのは分かるんですよ。でも、いい裏切りがありましたね、この作品は。ちょっと違ってました」と本作の魅力を語った。@@cutter 劇場版20作目で、原作者の鳥山明が脚本を手掛けた本作では、孫悟空(野沢)とベジータ(堀川りょう)が、悲劇的な過去を持つもうひとりのサイヤ人・ブロリー(島田敏)と繰り広げる戦いを描く。イベントには声優の堀川りょう、中尾隆聖、島田敏、久川綾、古川登志夫、宝亀克寿、長峯達也監督に加え、本作の主題歌を担当した歌手の三浦大知も参加した。  野沢は武道館でのプレミア開催について「ただ、びっくりです。こんなところでは、ありえないでしょう、私たちは。すごくうれしいです。ありがとうございます」と喜びのコメント。堀川は「正直言って、本当にこんなにうれしいことはないと思います。これだけたくさんの方がいらしてくれたっていうことは、『ドラゴンボール』を愛してくださっている方が、これだけたくさんいるということですから、すごく、率直にうれしいです」と笑顔を見せた。  フリーザ役の中尾は、フリーザの声で「素晴らしい! この一言です」と声を上げ、会場を大いに沸かせた。一方で島田は「戦闘民族サイヤ人の名に恥じることのないバトルを、思う存分繰り広げさせていただきました。どうぞ、バトルシーンも併せてお楽しみいただければと思います」と見どころをアピール。  野沢は本作がどんな作品になったか、改めて問われると「(劇場版)20作品ってびっくりしたんですけど、そんなにやった?って思ったんですけど、今までで一番いいですね!」と太鼓判。「だいたい、本(脚本)を読みますと、こういう感じに仕上がるだろうなっていうのは分かるんですよ。でも、いい裏切りがありましたね、この作品は。ちょっと違ってました」と満足げに続けていた。  映画『ドラゴンボール超 ブロリー』は、12月14日よりロードショー。

  • 映画『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』完成披露試写会の様子

    戸田恵子&中尾隆聖、映画『アンパンマン』30周年にしみじみ

    アニメ・コミック

     『それいけ!アンパンマン』劇場版30作目となる『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』の完成披露試写会が10日、都内で開催され、戸田恵子、中尾隆聖、ゲスト声優の杏、アンジャッシュ・渡部建、児嶋一哉らが出席。30周年にちなんで登壇陣の30年前の写真が公開され、劇場を沸かせた。@@cutter 記念すべき30作目の完成に、アンパンマンの声を務めてきた戸田は「みなさまのおかげをもちまして30周年を迎えることができました」と感慨深げ。中尾はこの日も壇上で、ばいきんまんの独特のしゃがれ声を響かせたが、30年前オーディションでこの役を射止めたことを明かし「やなせ(たかし/原作者)先生に『ばいきんまんは、誰もいないなら私がやりたいくらい』と言われて、プレッシャーでした。あの声を作ってしまって苦労してます」と苦笑交じりに語っていた。  戸田と杏は、CMで義理の親子を演じてるが、プライベートでも頻繁に戸田が杏の子どもたちの顔を見に家を訪れるなど、仲が良いそう。この日、登壇陣は約30年前の写真を持ち寄ったが、杏の1~2歳時の写真に戸田は「誰かに似てると思ったら、いまの杏ちゃんの子どもたちにそっくり!」とニッコリ。その杏が演じた、クルンちゃんについて戸田は「身内意識があるので、ドキドキして(完成作を)見ましたが、なんとも自然な声で、クルンちゃんがだんだん杏ちゃんに見えてきて、母のような気持ちで見ていました。クルンちゃんがついにアンパンマンに会えたシーンは感動しました」と“娘”の演技に太鼓判を押した。  中尾は30年前ではなく、15年前の『アンパンマン』メンバーが揃った記念パーティの写真を公開。中尾、戸田に、故やなせ先生、そして昨年、急逝した初代ドキンちゃん役の鶴ひろみさんの姿もあり、中尾は「みんな若い…」と思いにふけると、戸田も「中尾さんの隣が初代ドキンちゃんの鶴さんで。先生も笑顔で…」としみじみと過ぎし日に想いを馳せていた。  最後は、ドリーミングが駆けつけ、主題歌「アンパンマンのマーチ」を観客と一緒に歌って盛り上がった。

  • 第25回日本映画批評家大賞アニメ部門授賞式に登壇した渕上舞 

    渕上舞、ガルパンは「声優人生最後の作品になると思ってた」4年前の出会いは奇跡

    アニメ・コミック

     第25回日本映画批評家大賞アニメ部門の授賞式が25日に開催され、新人声優賞に『ガールズ&パンツァ― 劇場版』に出演した渕上舞が選出された。渕上は『ガールズ&パンツァー』は「声優人生最後の作品になると思って臨んだ」と語るなど、本作にかけた4年前の思いを告白し、受賞の喜びを吐露した。@@cutter 実写部門に先がけて行なわれた日本映画批評家大賞のアニメ部門。新人声優賞は、サンクチュアリ作品賞に選ばれた『ガールズ&パンツァ― 劇場版』で西住みほを演じた渕上舞、『心が叫びたがってるんだ。』で成瀬順を演じた水瀬いのりが受賞した。  渕上は「西住みほと出会ったのは4年近く前。当時はプライベートや仕事でうまくいかないことがとても多くて、『ガールズ&パンツァー』は声優人生最後の作品だなと思って臨んだ作品でした。そこからこうやって華々しい場に立てるのは奇跡」と感慨深げ。その後、「(本作以外に新しく)大好きな作品、大好きなキャラクターと出会う度に“あの時やめなくてよかったなぁ”と幸せを噛みしめる毎日です。ここから先も、できれば一日でも長く西住みほとともに毎日を過ごしていけたら嬉しい」と述べた。  同じく新人声優賞の水瀬は「成瀬順は言葉を封印された女の子。声優でありながら言葉をつむぐことができないヒロインという、難しい役でした。アフレコをしたときは19で、10代ラストに難しい役を引き当ててプレッシャーもありました」と当時の苦労を述懐。そして「これからも声優という仕事、アニメーションの素晴らしさを伝えていければ」と受賞の喜びを語った。  ダイヤモンド大賞に選ばれたのは、『ハレンチ学園』や『マジンガーZ』で知られる漫画家・永井豪。「アニメーションに関わって45年、漫画家デビューしてから50年になります。アニメーションは、右も左も分からなかった。企画書を書き上げ、キャラクターを山のように描いてシナリオライターの方にお渡しする日々を、漫画を描く合間に行なっていました。死ぬような思いを毎日して、大変な時間を過ごした」と振り返り、トロフィーを右手で握りしめて「ようやく認められたのかな」とほほ笑んだ。  授賞式では他にも、作品賞の『バケモノの子』、ファミリー作品賞の『妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』などが表彰され、関係者が登壇して喜びを語った。 【アニメ部門受賞一覧】 新人声優賞:渕上舞『ガールズ&パンツァー劇場版』       水瀬いのり『心が叫びたがってるんだ。』 最優秀声優賞:小桜エツコ『妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』        中尾隆聖『ドラゴンボールZ 復活の「F」』 サンクチュアリ作品賞:『ガールズ&パンツァー劇場版』 ファミリー作品賞:『妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』 監督賞:橋本昌和『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』 作品賞:『バケモノの子』 功労賞:友永和秀     内田健二     渡辺宙明 ダイヤモンド大賞:永井豪

  • 映画『ペット』の日本語吹替え予告が解禁!

    バナナマン&佐藤栞里、沢城みゆきら豪華声優陣が参加!『ペット』日本語吹替予告解禁

    アニメ・コミック

     2015年に大きな話題を呼んだ映画『ミニオンズ』を生み出したイルミネーション・スタジオとユニバーサル・スタジオが再びタッグを組んだ最新作『ペット』の日本語吹替え予告が解禁となった。吹替え版では、バナナマンや佐藤栞里のほか、沢城みゆき、銀河万丈、中尾隆聖らが出演しており、豪華声優陣の共演が実現した。@@cutter 本作は、「飼い主が留守にしている時に、ペットたちはどんなことをしているのだろう」という、誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常をユーモラスに描いた長編アニメ。  バナナマンの設楽統がテリア混ざりの雑種犬・マックス役を、日村勇紀が保健所から救出されたずんぐりむっくりしたのろまな犬・デューク役を担当する。また、マックスの飼い主であるケイティを、声優に初めて挑戦する佐藤栞里が務める。  公開された映像では、本作に登場する可愛らしいキャラクターたちの声優陣も明らかになった。元気で可愛いポメラニアン・ギジェット役をアニメ『ルパン三世』の峰不二子役で知られる沢城、バセットハウンドの老犬・ポップス役を銀河、態度の大きな野良猫スフィンクス・オゾン役を山寺宏一、「オレ様最強!」と高笑いを響かせるウサギのスノーボール役を中尾が担当している。  大好きな飼い主のケイティと不自由ない生活を送っていたマックスだったが、ケイティが大型犬デュークを保護して連れ帰ってきた時から、生活が一変してしまう。そして、ある日、お互いに自分が優位に立とうと奮闘する中で、ある事件をきっかけに2匹は都会という荒野で迷子になってしまった。はたしてマックスたちは、ケイティが帰宅するまでに家に帰ることができるのだろうか。  映画『ペット』は8月11日より全国ロードショー。

  • 『ドラゴンボール Z 復活の「F」』“天下一ファンミーティング”にて

    <アニメジャパン>上島竜兵、“悪の帝王”フリーザに「お前、絡みづらいな!」と暴言

    アニメ・コミック

     21日、東京ビッグサイトで開催中の「Anime Japan2015」のGREENステージにて、映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の公開を記念した“天下一ファンミーティング”が開催され、声優の野沢雅子、中尾隆聖、堀川りょう、佐藤正治、古川登志夫が登壇。シークレットゲストには、お笑いトリオのダチョウ倶楽部(肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵)も駆けつけ、会場を大いに盛り上げた。@@cutter 本作では、劇場版第19作目にして、初めて原作者の鳥山明が自ら脚本を担当。宇宙最強の存在として恐れられた“悪の帝王”フリーザが復活する。鳥山の脚本とあって、野沢も「さすが鳥山先生!」とその内容に大興奮。中尾は「私の戦闘力は53万です」と名セリフを交えて挨拶。「『F』というのは、フリーザのFでもありますが、応援してくださるファンの『F』でもあります」と話し、会場から拍手を浴びていた。    悟空とフリーザが壮絶な戦いを繰り広げる本作。中尾は「マコさんに嫌われるように頑張りました」と、野沢の存在が刺激となった様子。野沢は「フリーザ、大っ嫌い」と返して、会場も大爆笑。「憎たらしいんですよ。常に上から目線ですからね。でも悟空らしくフェアに戦っています」とアクション満載だという本作の見どころをアピールした。    また、ゲストとして登場したダチョウ倶楽部は『ドラゴンボール』の大ファンだとか。伝説の必殺技と自分たちのギャグを交えて、「か・め・は・め・ヤー!」」と挨拶。肥後は「鳥山先生のギャグはダチョウ倶楽部にも通じる。鳥山先生のギャグをパクりたい」と野心満々。  メンバーからフリーザと対決するようにけしかけられたのが上島で、「いや、俺はいいよ」と上島。肥後、寺門、観客も「じゃあ俺が、俺が」と手をあげると、「どうぞどうぞ」と会場一体となってダチョウ倶楽部のお決まりのギャグを展開。さらに上島は持ちギャグの「くるりんぱ」でフリーザとの対決を試みたが、フリーザは微動だにせず、上島は「絡みづらいな、お前!」とフリーザ相手に大苦戦していた。  『ドラゴンボールZ 復活の「F」』は4月18日より公開。

  • 「第八回声優アワード」受賞メンバー

    梶裕貴「魂込めて、心臓捧げて頑張っていきたい」声優アワード2年連続主演男優賞

    アニメ・コミック

     「第八回声優アワード」授賞式が1日、都内にて行われ、同賞初となる2年連続主演男優賞を受賞した梶裕貴をはじめ、歌唱賞受賞の宮野真守、特別賞を受賞した『それいけ!アンパンマン』の戸田恵子、中尾隆聖ほか受賞者が一堂に会した。@@cutter 「声優アワード」は、その年度に「最も印象に残る」声優や作品を対象に、その業績を称える本格的な「声優を対象とするアワード」として2006年に創設。日本音声製作者連盟、KADOKAWA、文化放送、小学館、小学館集英社プロダクション、アーイメージがアニメ業界各社と協力し、声優を表彰するものとしては業界最大の舞台を提供し、声優地位の向上に寄与することを目的としている。  2年連続で主演男優賞受賞となった梶は、昨年の初受賞時を振り返り「また、このような賞を頂くのは難しいかもしれないと思っていました」と語る。また、2013年は“縁”というものの大きさを感じた1年だったと話す。「これからも一つ一つの作品、役との出会いを大切に、新しく出会う共演者の方、スタッフの方、応援してくれるみなさんとの出会い、すべてを大切にして一人の役者として精進していきたいと思います。魂込めて、心臓捧げて頑張っていきたいと思います」と決意を新たにした。  特別賞『それいけ!アンパンマン』から、代表として授賞式に登壇したアンパンマン役の戸田は「昨年10月に、やなせたかし先生がサッとマントをつけて、天国へパトロールに行ってしまいました」と“アンパンマン”の生みの親らしい例えを用い、やなせ先生に思いを馳せる。さらに、やなせ先生が天国へと旅立ち、日の浅い頃は、その喪失感があまりにも大きく正直やる気が出なかったと当時の思いを口にする。だが、そんな当時の戸田の気持ちとは裏腹に、アンパンマンをキラキラした瞳で見つめる子どもたちの姿に接し、気持ちに変化が生まれたとも明かした。「私達一人ひとりは小さい傘しかさせませんが、声優チーム、スタッフとつなげて、(やなせ)先生のような大きな傘になるように、これから頑張っていきたいと思います」と思いを定めた。 ■第八回声優アワード受賞者一覧 主演男優賞:梶裕貴 主演女優賞:佐藤利奈 助演男優賞:細谷佳正 助演女優賞:石川由依 新人男優賞:石川界人/山下大輝 新人女優賞:内田真礼 歌唱賞:宮野真守 最多得票賞:神谷浩史 特別功労賞:内海賢二/来宮良子 功労賞:キートン山田/納谷六朗 シナジー賞:『ガールズ&パンツァー』渕上舞 富山敬賞:三木眞一郎 高橋和枝賞:三石琴乃 キッズ・ファミリー賞:比嘉久美子 特別賞:戸田恵子/中尾隆聖 パーソナリティ賞:授賞条件を満たす方が不在のため、該当者なしとなりました

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access