桜田通 関連記事

  • 『コーヒー&バニラ』ポスタービジュアル

    福原遥×桜田通『コーヒー&バニラ』、ポスタービジュアル公開

    エンタメ

     女優の福原遥が主演する7月スタートの新ドラマ『コーヒー&バニラ』より、ポスタービジュアルが解禁。さらに、オープニング主題歌にGOOD ON THE REELの書き下ろし楽曲「YOU&I」、エンディング主題歌に宮川愛李の新曲「メランコリック」が決定した。@@cutter 原作は、シリーズ累計450万部を突破し「Cheese!」(小学館)で連載中の朱神宝による同名コミック。ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』などで注目の女優・福原が主人公・リサを演じ、リサの初めての彼氏で、何もかもが完璧な若手社長・深見宏斗をドラマ『パーフェクトクライム』『わたし、定時で帰ります。』の桜田通が務める。  この度、公開されたポスターは、主人公・リサのすぐそばで、初カレとして彼女を溺愛するパーフェクトイケメン社長・深見が見守る一方、恋敵となるライバル社長の超肉食系・阿久津(黒羽麻璃央)や、リサと同級生の犬系男子・吉木(小越勇輝)、深見の秘書の美青年・雪(濱正悟)が2人を挑戦的に取り囲んでいるもの。「苦くて甘い、恋の味」というキャッチコピーの通り、初めて恋を知る超ウブ女子大生のリサの戸惑いと、深見との甘くてビターな展開を予感させるビジュアルとなっている。  さらに、オープニング主題歌がGOOD ON THE REELの書き下ろし楽曲「YOU&I」に決定。これまでのイメージとは違う爽やかなポップソングを書き上げたボーカルの千野隆尋は「今までに書いたことのないようなテーマだったので、正直非常に苦労しました。それでもこうして曲に出来たことで、バンドの新たな可能性が広がったように思います」とコメント。  エンディング主題歌は、宮川愛李の新曲「メランコリック」。「愛や友情を強く求め、深夜に流れる映画の様に静かで何もない退屈な日々から抜け出したい、と願う少女の歌」として制作された楽曲を歌い上げる宮川は「今回私の楽曲『メランコリック』とタイアップさせていただいた『コーヒー&バニラ』の主人公であるリサちゃんの恋に対する願望は詩と非常にマッチした部分があって、まさにこの作品にピッタリな曲ではないかなと思っております」と語った。  ドラマ特区『コーヒー&バニラ』は、MBSにて7月4日より毎週木曜24時59分、テレビ神奈川にて7月4日より毎週木曜23時放送。

  • ドラマ特区『コーヒー&バニラ』に出演する福原遥と桜田通

    福原遥、新ドラマ『コーヒー&バニラ』で主演 相手役に桜田通

    エンタメ

     女優の福原遥が、7月スタートのドラマ特区『コーヒー&バニラ』(MBS/毎週木曜24時59分、テレビ神奈川/毎週木曜23時、テレ玉/毎週水曜23時30分)で主演を務めることがわかった。相手役に桜田通を迎える。@@cutter 原作は、シリーズ累計450万部を突破し「Cheese!」(小学館)で連載中の朱神宝による同名コミック。ドラマ『3年A組‐今から皆さんは、人質です-』などで注目の女優・福原が主人公・リサを演じ、リサの初めての彼氏で、何もかもが完璧な若手社長・深見宏斗をドラマ『パーフェクトクライム』『わたし、定時で帰ります』の桜田が務める。  モテ系女子大生の白城リサは、周りから高嶺の花扱いされているが、実は恋愛経験ナシ。しかし、「恋をするならとろけるような甘い甘い恋がしたい」という夢を見ていたある日、しつこいナンパに困っていたところ、彼女の前にスーツが似合う素敵なオトナ男子・深見宏斗が現れる。スマートな振る舞いでリサを助けてくれた深見。お礼も兼ねて、そのまま食事に行くことになるのだが…。  福原は、役柄について「素直で真っ直ぐな心を持っているけど、自分に自信がなく前に踏み出せずにいる女の子」と説明。続けて「そんなリサが深見さんと出会い、どんどん強くなっていく姿やリサの魅力を自分自身でしっかりと感じ、皆様にお届けできるよう頑張ります」と意気込みを語った。  何もかもパーフェクトな若手実業家・深見を演じる桜田は、「彼を演じられる人間などいないと思っていました。するとなんという運命の悪戯なのか…僕の人生の全ての経験、知識を総動員して頑張ろうと思います」とコメント。そして「原作の良いところもドラマならではの部分も、観て頂く方々に伝わるように『コーヒー&バニラ』の物語の世界を責任を持って全力で生きようと思います」と力強く語った。  そのほかのキャストとして、深見とはライバル関係の社長・阿久津孝晃役で黒羽麻璃央、リサに想いを寄せる同級生・吉木翼役で小越勇輝、深見の秘書・市柳雪役で濱正悟、リサの幼馴染で親友・芦屋なつき役で喜多乃愛が出演することも決定した。  ドラマ特区『コーヒー&バニラ』は、MBSにて7月4日より毎週木曜24時59分、テレビ神奈川にて7月4日より毎週木曜23時、テレ玉にて7月10日より毎週水曜23時30分放送。

  • (左から)向井理、桜田通

    『わた定』種田家“イケメン兄弟”オフショット 「絵になる」の声

    エンタメ

     俳優の桜田通が11日、自身のインスタグラムを更新し、ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)において、兄弟役で共演中の向井理との2ショットを投稿した。ファンからは「イケメン兄弟」「絵になる」といった声が寄せられている。@@cutter 本作は、作家の朱野帰子による同名のお仕事小説を映像化。過去のトラウマから“残業ゼロ、定時で帰る”をモットーとする32歳の独身OL・東山結衣(吉高由里子)が、くせ者の同僚社員たちの抱えるさまざまなトラブルを解決していく姿を描く。向井は結衣の元婚約者の種田晃太郎を、桜田は種田の弟・柊を演じている。  桜田は同日、「『わたし、定時で帰ります。』第9話の放送が終わりまして、次週ついに最終回です。物語全体の結末はもちろん、個人的にはこうにぃと柊くんの関係にも注目してもらえたら嬉しいです」とコメント。向井については「本当に自然体で優しくて、かっこいい素敵な方です」とつづっている。  ファンからは「イケメン兄弟」「絵になる兄弟ですね」「二人ともかっこいい」といったコメントが集まったほか、残り1話を残すのみとなったドラマについても「寂しい」「目が離せませんね~」といった期待の声が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/dorisakurada/

  • (左から)吉高由里子、向井理

    『わた定』 結衣が種田家に!? オフショットにファン騒然「どういう展開?」

    エンタメ

     ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)の公式インスタグラムが11日、吉高由里子演じる東山結衣が、向井理演じる種田晃太郎の一家と食卓を囲むオフショットを投稿。劇中では結衣はすでに種田と別れているにも拘わらず、披露された家族団らんショットにファンからは「待って、え!?」「なんで種田ファミリーと結衣が?!」といった驚きの声が殺到している。@@cutter 本作は、作家の朱野帰子による同名のお仕事小説を映像化。過去のトラウマから“残業ゼロ、定時で帰る”をモットーとする32歳の独身OL・東山結衣(吉高)が、くせ者の同僚社員たちの抱えるさまざまなトラブルを解決していく姿を描く。  公式インスタグラムは「今夜10時から、第9話放送です」と報告した後、「結衣と種田一家の#素敵なオフショット#家族団欒とてもほっこりする1枚 どんなシーンで登場するのか?皆さま、お見逃しなく」というコメントと一緒に、結衣を演じる吉高、種田を演じる向井らのオフショットを投稿。2人のほかに種田の弟・柊を演じる桜田通、種田の両親を演じる宮地雅子、山中敦史がにこやかに写っている。  結衣が元彼の種田、そして現在結婚を前提に交際する巧(中丸雄一)の間で揺れ動く姿が描かれている最中での今回の投稿に、視聴者からは「なんで種田ファミリーと結衣が?!」「どうなるのー????」と驚きの声があがっているほか、「種田さんとゆいちゃんが復縁してほしーー」「全力で、より戻して欲しいです!」といった期待の声も多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/watashi_teiji/

  • 映画『ラ』舞台挨拶付き完成披露上映会にて

    桜田通、“隠しページ”の存在を暴露「誰も気づいてくれない」 

    映画

     俳優・桜田通が14日、都内で行われた主演映画『ラ』の完成披露上映会に、共演の福田麻由子、笠松将、ダンカン、高橋朋広監督と共に出席。本作にちなみ「最近新しく始めたこと」という質問に「オフィシャルサイトを開設して2~3週間経ったんだけど誰も隠しページに気づいてくれない」と、内心寂しく思っていることを暴露した。@@cutter 『ラ』は、失われた友情を取り戻すため奮闘する音楽青春映画であり、思いもよらぬ展開が待ち受ける“波乱のエンターテインメント”。1年前、ある出来事を機に解散してしまったバンド「LACTIC ACID」の元ボーカル・慎平(桜田)。恋人のゆかり(福田)に「あるもの」と引き換えに金銭をバックアップしてもらい、元メンバーの黒やん(笠松)を誘いバンド再結成のために動き出す。   桜田にとっては今回の役は「自分自身も挑戦しなければいけない役」と明かし、桜田と笠松、福田と監督で撮影前に事前のリハーサルをしっかりと行うことで、彼らの関係性を作り上げていったという。  映画タイトルの『ラ』はオーケストラが音を合わせる基準音であり、赤ちゃんの産声の音、はじまりの音ということにちなみ「最近始めたこと」という質問には「青汁飲み始めました。粉じゃなくて冷凍の飲んでます。飲みやすくて美味しいですよ」と福田。  桜田は「最近オフィシャルサイトを立ち上げたんですけど、オフィシャルサイト内で始めてることがあって。隠してるんですけど、オープンしてから2~3週間経っても誰も気づかなくて。今言いたくはないんですけど、秘密のページみたいなのがあるんですよ」と、隠しページの存在を暴露。ブログなどにも誰からも見つけたという反応がないらしく、しびれを切らした挙げ句の発言で会場を驚かせた。  また、上映会冒頭では、出演者たちが登場するなり観客がダンカンの衣装に釘付けに。カルロス・ゴーン氏が保釈された際の服装を彷彿させる姿で登場したダンカンは、「タクシーの運転手役をこの衣装でやってるんですけど、その後ゴーンの野郎が真似しやがって」とジョークを飛ばしまくり、桜田も「マジですか!?」と爆笑する一幕もあった。  映画『ラ』は、4月5日より全国順次公開。

  • 『わたし、定時で帰ります。』に出演する中丸雄一

    中丸雄一、『わたし、定時で帰ります。』で吉高由里子の恋人に

    エンタメ

     女優の吉高由里子のTBS初主演で4月にスタートするドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)に、KAT‐TUNの中丸雄一が吉高演じる主人公・結衣の恋人役で出演することが発表された。吉高とは初共演となる。@@cutter 本作は、作家の朱野帰子による同名小説を映像化した心温まるワーキングドラマ。“残業ゼロ、定時で帰る”がモットーのヒロインが、くせ者の同僚社員たちが抱えるさまざまなトラブルを解決していく様を描く。  WEB制作会社でディレクターとして働く32歳の独身OL・東山結衣(吉高)は、過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。仕事中は誰よりも効率を追求し、定時になるときっぱり退社。行きつけの中華料理店でビールを楽しむ生活を送っている。しかし会社に新任の部長が赴任してきたことをきっかけに、結衣の前に次々とくせ者社員たちが立ちはだかる…。  中丸が演じるのは、結衣の恋人・諏訪巧役。結衣の元婚約者・種田晃太郎(向井理)がワーカホリックなのとは対照的に、仕事よりもプライベートの時間を重んじるマイペースで家庭的な性格で、結衣にとっては理想的な恋人となる。  中丸は「最近、自分の周りの人と『働き方改革』や『働き方』に関して話すことが多いので、皆さんもとても注目しているテーマだと思います。たくさん共感していただき、翌日の話のネタになるようなドラマになればうれしいです」と話す。初共演となる吉高については「結衣のイメージにぴったりだなと感じています。一緒のシーンが多くなると思うので、空き時間にも自然に会話をして良い雰囲気でお芝居をしていければと思います」としている。  また、結衣の行きつけの店「上海飯店」の店主・王丹役で江口のりこ、店の常連客の役で梶原善と酒井敏也が出演。個性的な実力派俳優たちが繰り広げる「上海飯店」での軽快な会話劇も見どころのひとつとなる。さらに、結衣にさまざまな情報を提供する謎の男・ハンドルネーム<愁>役には桜田通が決定した。  火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』は、TBS系にて4月より毎週火曜22時放送。

  • ドラマ『パーフェクトクライム』メインビジュアル

    トリンドル玲奈、本格ベッドシーン初挑戦 主演新ドラマで魔性の女に

    エンタメ

     女優のトリンドル玲奈が、2019年1月スタートのドラマ『Perfect Crime パーフェクトクライム』(ABCテレビ/毎週日曜23時35分・テレビ朝日/毎週土曜26時30分)で主演を務めることが決定。本作でベッドシーンに挑戦するトリンドルは「あまり生々しくなく、でもドキドキ出来て現実逃避できるような、妄想の世界に近いような感じを作り上げられたらと思っています!」と語っている。@@cutter 本作は、電子コミックで600万ダウンロードを突破し、LINEマンガ“女性向けランキング”で1位を獲得した同名コミックを実写ドラマ化したクライムラブストーリー。インテリアプランナーのヒロインが、危険な恋の罠に堕ちていく姿を官能的に描いていく。  インテリアプランナーの前島香織(トリンドル)は、上司である冬木(眞島秀和)との許されない秘密の関係を何年も続けていた。そんな彼女の前に現れたのは、ニューヨークから転勤してきた若き敏腕デザイナーの東雲遥斗(桜田通)。社内での不倫の現場を東雲に目撃されてしまった香織は、仕事で東雲と組むことに。東雲との出会いによって、気づかぬうちに張り巡らされた恋の罠に落ちていく…。  ヒロイン役のトリンドルは本作について「原作と漫画を読ませていただいて、どハマりしてしまいました」と語ると、続けて「登場人物の(皆、良い人です!)それぞれの思いが、罠となって仕掛けられる大人の恋愛サスペンスです」とコメント。また自身の役柄について「人当たりが良くて、同性からも異性からも愛される、まさにパーフェクトな人物だと思います。恋愛以外は」と語った。  香織に近づき冷徹なそぶりで罠を仕掛けながらも香織に強く惹かれるニューヨーク帰りのデザイナー・遥斗を演じる桜田は「僕にとってあまり経験したことのない作品になるので、今の自分にとってやり甲斐があるものだと感じられて、とても光栄に思いました」と語っている。  ほかの共演キャストには、落合モトキ、永尾まりや、伊藤ゆみ、喜多陽子が発表されている。  ドラマ『Perfect Crime パーフェクトクライム』は、ABCテレビにて2019年1月20日より毎週日曜23時35分放送。テレビ朝日では1月19日より毎週土曜26時30分放送。

  • 映画『リケ恋~理系が恋に落ちたので証明してみた。~』に出演する桜田通

    浅川梨奈&西銘駿のW主演『リケ恋』映画化 追加キャストに桜田通ら

    映画

     グラビアアイドルで女優の浅川梨奈と、俳優の西銘駿がダブル主演を務めたドラマ『リケ恋~理系が恋に落ちたので証明してみた。~』(テレ玉ほか)の劇場版が、来年2月に公開されることが決定。俳優の桜田通ら劇場版のオリジナルキャラクターを演じるキャストも発表された。@@cutter 同作は、山本アリフレッドによる累計発行部数60万部超えの人気コミック『理系が恋に落ちたので証明してみた。』が原作。恋に不器用な理系女子・氷室菖蒲(浅川)が恋した相手の理系男子・雪村心夜(西銘)と、「好き」の定義を定めるべく、“恋の証明実験”を繰り広げる「理系バカ」たちのラブコメディ。浅川と西銘のほか、矢野優花、荻野可鈴、藤田富が出演している。  オリジナルストーリーとなる劇場版では、ドラマ版から発展した“恋の実験”が、新たな“胸キュンドラマ”を巻き起こすことに。「理系バカ」だけに留まらず、劇場版オリジナルキャラクターの「文系バカ」たちも登場する。  このたび発表されたキャストは、劇場版オリジナルの「文系バカ」のメンバーたち。神凪悠役に桜田、黒崎藤馬役に男女混合ダンス&ヴォーカルグループlolのメンバーである佐藤友祐、朝比奈蓮華役に女優の鈴木つく詩が扮する。  また、劇場版のオープニング曲と主題歌も決定。オープニングは、ハワイ生まれのヒップホップアーティストJEY‐Jが歌う『Tearin’ Us Apart feat.A.Rose Jackson』、主題歌は2ピースロックバンドのnelが手がける『忘れないで』に決まった。  映画『リケ恋~理系が恋に落ちたので証明してみた。~』は2019年2月1日より全国順次公開。

  • 『花のち晴れ~花男 Next Season~』より

    今夜『花のち晴れ』嘉島陸の動きに注目 物語終盤の“台風の目”に

    エンタメ

     女優の杉咲花が主演を務めるドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系/毎週火曜22時)が、6月12日放送の第9話で急展開を迎えることが分かった。物語の鍵を握る桃乃園学院の生徒会副会長で、天馬(中川大志)を慕う近衛を演じる嘉島陸は「近衛の企み、怖さというか悪役感が出るといいなと思います」と語っている。@@cutter 第9話では、音(杉咲)が何者かに襲われてしまう。必死に助けを求める音は、そこに偶然通りかかった桃乃園学院の近衛(嘉島)たちに助けられる。病院に駆けつけた天馬は音の身を案じて、晴(平野紫耀)にも報告すべきだと助言するが、音はメグリン(飯豊まりえ)との初デートのプランを必死に考える晴に心配をかけまいと、自分が襲われたことを黙っていた。そんな中、音は事件を裏で操っていた犯人の正体を知ることに…。  天馬を崇拝する近衛を演じている嘉島は、このドラマで7年ぶりに俳優に本格復帰した期待の若手俳優。重要な役を演じる嘉島は「この役を与えて頂いたことに感謝しながら、一生懸命やらなくてはと思っています」と一言。続けて「監督に求められる演技をしっかり表現するプレッシャーはありますが、自分なりの近衛に近づけていきたい」と意欲を語った。  第9話で近衛は音と晴、天馬の関係を大きく揺るがす一大事を引き起こしてしまう。そんな近衛を演じる嘉島は「表情で伝えていくことを鍛えて、無言の、台詞のない中でも何かを伝えていけるようになりたいと思っています」とコメントしている。  また第9話には、ミュージカル『テニスの王子様』で主役を演じ、映画『EVEN~君に贈る歌~』で主演を務める桜田通が初登場。桜田は、近衛の前に現れ、不穏な影をちらつかせる青山透役を演じる。  ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』第9話は、TBS系にて6月12日22時放送。

  • ドラマ『警視庁いきもの係』第6話

    IKKO、ゲイバーのママに!『警視庁いきもの係』で2年ぶりドラマ出演

    エンタメ

     美容家でタレントのIKKOが、テレビドラマ『警視庁いきもの係』(フジテレビ系/毎週日曜21時)の第6話(13日放送)にゲイバーのママ役で出演。「どういう役なんだろうと思ったら、ゲイバーのママの役で(笑)。役柄を聞いて、余計に“やりたい、やりたい!”という気持ちになりました(笑)」とノリノリでオファーを受けたという。@@cutter 『警視庁いきもの係』は、警視庁総務部総務課・動植物管理係、通称“いきもの係”を舞台に、元捜査一課の鬼警部補・須藤友三(渡部篤郎)と、動物マニアの新米巡査・薄圭子(橋本環奈)が、動物の生態をもとに事件解決に奔走する姿を描く。第6話で友三と圭子は、ヨウムの飼い主でフリーライターの梶田実(斉藤佑介)の殺害事件の謎を追うこととなる。  IKKOが演じるのは、梶田が行きつけのゲイバーのママ・アニータ。IKKOはアニータを演じるにあたって、スタッフから事前にロケ現場の写真を入手し、店内の雰囲気に合わせて、自前で衣装やメイクを考えるなど、気合い十分で撮影に挑んだ。アニータは、三浦翔平が演じる捜査一課の石松和夫から殺害された梶田について聞き込みを受ける役どころだが、IKKOは三浦との共演について「(三浦は)あまりにもきれいすぎて、直視できなかったです(笑)」とコメントしている。ちなみに、IKKOがドラマに出演するのは、『美女と男子』(NHK/2015年4月~8月放送)以来2年ぶりとなる。  また、IKKO同様に第6話に桜田通もゲスト出演。桜田が演じるのは、梶田がよく仕事をしていた出版社に務める編集者・野間夏夫。野間は梶田の担当で、事件の手がかりを追う石松から梶田に関する情報を求められる。  ドラマ『クズの本懐』(同局)や映画『君の膵臓をたべたい』など、シリアスな作品への出演が多い桜田は、「ここ最近、皆さんが見たことのない僕になっています」と意味深なコメントを寄せている。

  • 『マジで航海してます。』メインビジュアル&追加キャスト解禁

    桜田通・ボイメン勇翔、『マジで航海してます。』出演決定! メインビジュアルも解禁

    エンタメ

     飯豊まりえと武田玲奈がダブル主演で航海士を目指す青春コメディ『マジで航海してます。』(MBS/TBS)の主要キャストらによるメインビジュアルが解禁。さらに、桜田通、BOYS AND MENの勇翔、井澤勇貴、池本啓太、堀部圭亮、温水洋一、岡田浩暉、岩井堂聖子らが追加キャストとして発表された。@@cutter 同作は、ある大学の練習船「未来丸」を舞台に、関東商船大学1年生の坂本真鈴(飯豊)と石川燕(武田)が、新入生最初の訓練である1ヵ月間の「乗船実習」に参加。男子が8割という男だらけの船上で“外航船員”を目指して奮闘する姿を描く。  今回、発表された追加キャストからはコメントも到着。燕のことが気になるヘビー級のシャイボーイ・八木大和役の桜田は「青春ストーリーになるかと思いきや、船酔いなどをリアルな描写をコミカルに描いた、笑って泣ける作品」と印象を語っている。  また、神戸海南大学の1年生で筋肉自慢の鳴海新太役として出演、自身の所属するグループによる主題歌「帆を上げろ!」も担当するBOYS AND MENの勇翔は「キャストの方とは全員初共演でしがすぐに打ち解けることができ、遠慮することなく撮影できたと思います」と撮影現場の印象を述べ、「監督も面白い方でコメディシーンは全力でバカやらせていただきました」と振り返っている。  ドラマ『マジで航海してます。』は、2017年7月よりMBS、TBSにて放送。MBS・HBCは7月2日より毎週日曜24時50分から(初回放送は25時から)放送、TBSは7月4日より毎週火曜25時28分から(初回放送は深夜25時時30分から)放送、RKBは7月5日より毎週水曜25時25分から放送、CBCは8月2日より毎週水曜25時37分から放送。

  • 『クズの本懐』ドラマとアニメのキャストが互いにコラボ出演!

    『クズの本懐』桜田通&安済知佳、アニメとドラマの垣根を超えたコラボ出演決定

    エンタメ

     アニメと実写ドラマともに盛り上がりをみせる、高校生カップルの歪んだ恋愛模様を描いた『クズの本懐』(フジテレビ)。最終話に向けてその展開が注目される中、ドラマ版キャストの桜田通とアニメ版キャストの安済知佳が、互いに“コラボレーション”出演を果たすことが分かった。@@cutter 本作は、月刊『ビッグガンガン』(スクウェア・エニックス)で連載中の横槍メンゴによる同名コミックが原作。誰にも言えない秘密の契約を結んだ高校2年生の安楽岡花火と粟屋麦が、不条理な感情をなぐさめ合い、堕ちていくさまが描かれている。  実写ドラマ版で麦を演じる桜田は、3月22日に放送されるアニメ版の第11話で倉田織役として出演。「アニメでの『クズの本懐』の世界に参加させて頂けるということで、とても緊張しながら収録しました」と振り返る桜田は、「今回アニメ版で相手として会話をした登場人物は麦でもなく花火でもなく、あの人でした」とその内容を伝えている。  また、アニメ版で安楽岡花火を演じる安済は、4月5日に放送される実写ドラマの最終話へゲスト出演。「アニメだけでなくドラマの『クズの本懐』の世界も知ることができ、とても光栄です」と話す安済は、「花火と共演するというのは不思議な感覚でしたが、とてもおもしろかたです」と収録時を振り返っている。  アニメ『クズの本懐』はフジテレビ「ノイタミナ」枠で毎週木曜24時55分から、実写ドラマ版は、同局にて毎週水曜25時55分から放送中。

  • 映画『君の膵臓をたべたい』メインカット

    小栗旬、北川景子らキャスト登場『君の膵臓をたべたい』映像&初ビジュアル解禁

    映画

     2016年本屋大賞第2位など、大きな話題を巻き起こしたベストセラー小説の実写化映画『君の膵臓(すいぞう)をたべたい』(7月28日より全国公開)の本編特報映像とメインビジュアルが解禁された。@@cutter 2016年・年間ベストセラーランキング単行本フィクション部門1位(日販調べ)、Yahoo!検索大賞2016年小説部門賞受賞と、2015年6月の発売後、破竹の勢いで発行部数75万部を突破(2017年1月末時点)した住野よる原作の『君の膵臓をたべたい』は、膵臓の病に侵された高校生と同級生の“僕”の交流を、“僕”の視点を中心に現在と過去をつないで描いたストーリー。  ヒロインで、重い膵臓の病を罹う山内桜良役を、現在公開中の映画『咲‐Saki‐』で初主演、『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』でもヒロインを務めた浜辺美波が担当。桜良の病気を唯一知ることになるクラスメイトの、過去の“僕”役を、ダンスロックバンド・DISH//のメンバーで、ドラマ『ゆとりですがなにか』『仰げば尊し』に出演した北村匠海が演じる。さらに現在で、教師となった“僕”を小栗旬が、桜良の親友・恭子を北川景子が担当。他にも大友花恋、矢本悠馬、桜田通、森下大地、上地雄輔らが名を連ねる。  本作のメガホンを取るのは『黒崎くんの言いなりになんてならない』、『君と100回目の恋』を手掛けた月川翔監督。脚本には『僕等がいた』、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』など青春映画の名手であり、2017年後期NHK連続テレビ小説『わろてんか』も控えている吉田智子。  特報映像では、“過去”の浜辺・北村、“現在”の小栗・北川というメインキャストの面々が登場し、爽やかで切ない世界観が30秒の映像の中に広がっている。また同じく初解禁となるメインビジュアルは、原作のイメージをベースとした桜の木のもとにたたずむ桜良と“僕”の劇中カットが描かれている。  映画『君の膵臓をたべたい』は7月28日より全国公開。

  • 「桜田通 2017.4→2018.3 SO REALカレンダー」発売記念握手会を行った桜田通

    桜田通、プライベート感いっぱいのカレンダーをアピール「僕の人となりが分かる」

    エンタメ

     俳優の桜田通が5日、自身がモデルの「桜田通 2017.4→2018.3 SO REALカレンダー」刊行記念握手会に登場。プライベート感いっぱいの出来に満足気な様子を見せ、「僕の人となりが分かる」とアピールした。@@cutter 同商品は、全カット撮り下ろしの13枚つづり卓上カレンダー。“極めて普通の桜田通”を集めた「SO REAL」をテーマに、桜田のプライベートや素顔に迫った。  握手会の直前、桜田は長身の映えるスタイリッシュな出で立ちで報道陣の前に登場。同カレンダーについて「本当にいつもお世話になっている美容室や好きなセレクトショップを含め、仲の良い友達と撮っている写真だったり。今回一緒に作ってくれたスタッフさんも普段から知っている方。変な意味ではなく、撮影するためにそんなに気合いが入っていない。フラットな普段の状態をそのままカレンダーの中に込めました」と紹介し、「普段の僕の人となりが分かる」とアピールした。  お気に入りの一枚は、行きつけの表参道の美容室でのカット。「あんまりこういうところを撮る機会がない。髪の毛を切っているところだったり、人と喋っているところが(カレンダー内に)ある」と話し、「作り笑顔があまりできないけど自然に笑えてる」とその出来に満足気な様子を見せた。  今回は、泡風呂にも初チャレンジ。「僕お風呂好きなんですけど、どういうシチュエーションにするかというところで、(編集スタッフに)任せたら泡風呂になった」と撮影時の成り行きを振り返った。  現在は『クズの本懐』と『嫌われる勇気』に平行して出演中。「普段はけっこうお酒から離れているけど、ドラマの監督とご一緒するときは一杯くらい飲んだりしている。仕事の裏側みたいなものとかはまだ出してない。撮ったらまた違った表情になるかな」と早くも次回作に思いを馳せていた。  「桜田通 2017.4→2018.3 SO REALカレンダー」は2月4日より発売中。価格は1900円(税込み)。

  • 桜田通、『クズの本懐』への思いを綴る

    桜田通、『クズの本懐』への思いを綴る「実写化への風当たりの強さ、理解している」

    エンタメ

     俳優の桜田通が18日、自身のブログを更新。現在、放送中の主演ドラマ『クズの本懐』について、「 『原作だけが好きだから、実写化して欲しくなかった』という言葉、すごく理解できます」と語った。@@cutter 『クズの本懐』は、月刊「ビッグガンガン」にて連載中の横槍メンゴによる同名漫画を基にする作品。劇中では、誰にも言えない秘密の契約を結んだ高校2年生の安楽岡花火(吉本実憂)と粟屋麦(桜田)が、不条理な感情を慰め合い、堕ちていく様が描かれる。  同作でドラマ初主演を務める桜田は、「 『実写化』の作品に出ることは光栄でもあり、責任もとても感じています」と心境を吐露。また、「『原作だけが好きだから、実写化して欲しくなかった』という言葉、すごく理解できます」とも綴っている。  しかし、演じることに迷いはない様子。「でも、ネガティヴな感情に恐れて、多くの人の心を動かす、エネルギーある作品が産まれる可能性を失くしてしまうより、諦めずに挑戦していくことを選択するべき」と実写化の意義を訴え、「観終わってからこのドラマを好きだったと言ってもらえる作品になりますように」と抱負を語っている。

  • 桜田通、真剣佑の日本アカデミー新人賞受賞を喜ぶ 自身への刺激に

    桜田通、真剣佑の日本アカデミー新人賞受賞を喜ぶ 自身への刺激に

    エンタメ

     俳優の桜田通が17日、自身のブログを更新。友人である真剣佑が日本アカデミー賞の新人賞を獲得したことを受け、「おめでとう、すごく嬉しいね」と喜びを語った。@@cutter 桜田はブログで「アカデミー新人俳優賞取ったねおめでとう、すごく嬉しいね でも、すごく納得できる 真剣佑 あの男だもの 最高だもの」と真剣佑の受賞を祝福。続けて、「それだけを目指してるわけじゃなくとも 賞を受け取った人にしか見えない景色はあるんだろうな 夢がある世界だ」とあこがれの気持ちを吐露している。  さらに、「現実も夢もしっかり見ていきたいな 楽しむこと忘れたら終わりだよなぁ 苦しいことばかりに目を向けてたら息苦しいからね 僕も細かい夢が沢山あるから いつかなんか賞的なもの取れたら嬉しいね わからんけど」と将来的な野望ものぞかせた。  桜田は、香里奈や加藤シゲアキとの共演作で、アドラー心理学をテーマにしたドラマ『嫌われる勇気』が1月12日より放送中。また、1月18日からは、横槍メンゴによる同名コミックの実写ドラマ化作品で、吉本実憂とW主演を務める『クズの本懐』が放送スタートとなる。 引用:http://ameblo.jp/dori-s/

  • ノイタミナプロジェクト発表会 2017に出席した、吉本実憂

    吉本実憂、ドラマ版『クズの本懐』で大胆ラブシーンに挑戦!初主演の抱負語る

    アニメ・コミック

     ノイタミナプロジェクト発表会 2017が15日に都内で行われ、アニメ版が2017年1月12日より放送開始となる『クズの本懐』の実写ドラマ版にて、ともに初主演を務める吉本実憂と桜田通が出席。吉本は「実写化というものにとらわれず、この作品が伝えようとしているものを、お芝居で伝えていけるように」と抱負を語った。@@cutter 『クズの本懐』は、月刊「ビッグガンガン」にて連載中の横槍メンゴによる同名漫画を基にする作品。劇中では、誰にも言えない秘密の契約を結んだ高校2年生の安楽岡花火と粟屋麦が、不条理な感情を慰め合い、堕ちていく様が描かれる。ドラマ版で濃厚なラブシーンに挑戦している吉本は、一足先に鑑賞したアニメ版について「花火というキャラクターを良い意味で裏切られたので、改めて撮影頑張ろうって思わせていただきました」とコメント。  実写作品であることについては、「実写化というものにとらわれず、この作品が伝えようとしているものを、お芝居で伝えていけるように、表現できるように精いっぱいがんばって行きます」と語った。一方、桜田はアニメ版の質に圧倒されたそうで、「ちゃんとアニメからも良い影響をいただいて、参考にできることをして、もっと作品として『クズの本懐』のクオリティを高めていきたい」と意気込んだ。当日は、『クズの本懐』の原作が来春に完結し、テレビアニメと実写ドラマが原作のラストまで描くことも明かされた。  発表会では、新作の情報も解禁。水泳の飛び込みに青春を燃やすダイバーたちの姿を描く『DIVE!!』(原作:森絵都)は、2017年7月より放送開始。監督を鈴木薫、脚本を待田堂子が務め、主人公・坂井知季を梶裕貴が演じる。10月クール作品では、さとうけいいちが総監督を務め、籔田修平が監督を務める『いぬやしき』(原作:奥浩哉)が放送開始。同作は2018年に実写映画化も行われるという。また、『甲鉄城のカバネリ』は最終回の後日談のドラマCD化と、2018年の完成を目指して新作が制作されることが発表された。  ドラマ『クズの本懐』は、フジテレビオンデマンドで先行配信開始、1月18日25時55分より地上波放送開始。アニメ『クズの本懐』は、 1月12日25時55分より放送開始。

  • 吉本実憂と桜田通が共演!『クズの本懐』

    『クズの本懐』実写ドラマ決定!吉本実憂、桜田通が連ドラ初主演

    エンタメ

     高校生カップルの歪んだ恋愛模様を描くドラマ『クズの本懐』で、吉本実憂と桜田通が連ドラ初主演を務めることが明らかになった。吉本は「消えそうなほど繊細な光というものを表現出来れば」と意気込みを語っている。@@cutter 月刊「ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス)にて連載中の横槍メンゴによる同名漫画を基にする本作。劇中では、誰にも言えない秘密の契約を結んだ高校2年生の安楽岡花火と粟屋麦が、不条理な感情を慰め合い、堕ちていく様が描かれる。ドラマの他にも、2017年1月12日からは、フジテレビの木曜深夜放送のアニメ枠「ノイタミナ」にてアニメ版が放送開始となる。  ドラマで花火役を務めるのは、「第13回全日本国民的美少女コンテスト」グランプリを受賞後に女優デビューし、ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』やNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』などに出演してきた吉本実憂。麦役は、映画『orange‐オレンジ‐』で萩田朔役を演じて好評を博し、最近では『HOPE~期待ゼロの新入社員~』『こえ恋』『グッドモーニング・コール』へ出演し、2017年1月期のドラマ『嫌われる勇気』にも出演予定の桜田通が務める。  共に連ドラ初主演となる二人。吉本は「消えそうなほど繊細な光というものを表現出来ればと思いますし、感情の移り変わりにぜひ注目して頂きたいです」とコメント。一方の桜田は「美しく繊細な表現をする横槍メンゴさんが女性であることも説得力があり、一気に心を掴まれました」と原作を絶賛。そしてドラマ出演に向けて、「真っ直ぐに歪んでいく心と理性の瞬間に命を吹き込み、共有したい」と意気込みを語っている。  ドラマ『クズの本懐』は、フジテレビオンデマンドで先行配信開始、1月18日25時55分より地上波放送開始。アニメ『クズの本懐』は、 1月12日25時55分より放送開始。

  • 桜田通のBDを、真剣佑×神木隆之介×山崎賢人がお祝い

    スゴすぎる!真剣佑×神木隆之介×山崎賢人×桜田通、4ショットでBD祝う

    エンタメ

     俳優の真剣佑が、7日に自身のインスタグラムに神木隆之介、山崎賢人、桜田通らとの4ショットを披露。12月7日に24歳の誕生日を迎えた桜田のお祝いを兼ねて集合したようだ。@@cutter 掲載された写真は、それぞれキャップやメガネ、サングラスなど付けた4人が思い思いのポーズで写る1枚。カメラ目線を向ける神木、真剣、桜田と、目線を外す山崎が写っているが4人の距離が近く、仲の良い様子が垣間見える。真剣は「Happy Birthday Dori.」とコメントを残している。  同写真には、桜田へのお祝いの言葉とともに「イケメソ集団」「神メン…豪華すぎます」「このメンバー最高すぎる みんな大好き」「最高のメンバーですね~」と豪華な4人の姿を絶賛する声が多く寄せられている。

  • ドラマ『こえ恋』オールアップをした桜田通と竜星涼

    桜田通、『こえ恋』竜星涼とのオールアップを報告 固い表情に「素人だよな」と自虐

    エンタメ

     テレビ東京のドラマ『こえ恋』に出演中の桜田通が、『こえ恋』のオールアップを報告し、共演する竜星涼とのツーショット写真をブログにアップした。ファンからは「『こえ恋』オールアップお疲れ様でした!毎週いろんなどーりくんが観れて楽しいです」などのファンコメントが寄せられた。@@cutter 6月末に竜星と同時オールアップしたことをやっと報告できたと語る桜田は「同時オールアップって嬉しいね」と喜びを明かす。竜星は口をすぼめおどけているのに対して、桜田は少し固い表情。これに対して「俺そういうの本当に出来ないんだよね」「なんか基本、記念撮影って顔ひきつる」「素人だよな」などと自虐的につづった。  『こえ恋』は、無料アプリ『comico』のヒット漫画が原作。紙袋をかぶった謎のクラス委員長と彼の声に恋した高校生のピュアな青春物語。  ファンからは「すごく素敵な写真!仲いいのが伝わってくる」「桜田くんの表情もとっても素敵ですよ」「自分はそのままの通くんが好きですよ」との励ましや称賛の声、さらに「オールアップ結構前にしていたのですね!お疲れ様でした!こえ恋、どんどん楽しくなってますね」と視聴者からの感想も寄せられている。

  • 桜田通と竜星涼

    桜田通、竜星涼をトングで… 『orange』以来の再共演に「やっぱり落ち着く」

    エンタメ

     俳優の桜田通が、映画『orange ‐オレンジ‐』で共演した竜星涼と、撮影の帰りに焼肉へ行った際の写真をブログにアップ。2人が再共演する7月スタートの新ドラマ『こえ恋』(テレビ東京系)がクランクインしたことをファンに報告した。@@cutter 桜田は竜星との再会を振り返り「前の現場で一緒にいたもんだからその延長の感覚になってしまい特に話が盛り上がるわけではないところが僕達らしかったです」と一緒にいることが当たり前の感覚になってしまったことを語りつつ、「でもやっぱり落ち着くよ、竜星といる時間はお互いに気も使わないしな」と互いに飾らない関係であることを明かした。  ファンからは「仲間との再会!気を使わなくていいのは自然体で入れることでいいですよね」「ひさしぶりでも気をつかわないとか、いいですねー」と仲の良さを喜ぶ声や、「2人の組み合わせがまた見れてすっごい嬉しい」「またお二人のお芝居が見れると思うと、本当に楽しみです」と期待のコメントが寄せられた。

  • 出演者たちのビジュアルコメンタリーも収録された『orange‐オレンジ‐』ブルーレイ&DVD発売

    山崎賢人、土屋太鳳・竜星涼ら『orange』共演者との“絆”を語る

    映画

     土屋太鳳と山崎賢人が朝ドラ『まれ』に続いて映画初共演を果たし、第39回日本アカデミー賞新人賞をW受賞した映画『orange‐オレンジ‐』のブルーレイ&DVDが6月15日に発売されることがわかった。今回、発売に先立ち、土屋と山崎をはじめ、竜星涼、山崎紘菜、桜田通、清水くるみら出演者が再集合し収録されたビジュアルコメンタリー映像の一部が公開された。@@cutter 本作は、高野苺による大人気漫画を実写映画化した青春群像劇。10年後の自分からの手紙を受け取った高校2年生の菜穂(土屋)は、転校生の翔(山崎)を好きになり、その翔が1年後には死んでしまうことを知る。菜穂は、26歳の自分と同じ後悔を繰り返さないため、運命を変えるために動き出す。  豪華版に収録されるビジュアルコメンタリーでは、撮影から数ヵ月ぶりに集まった6人が、和気藹々と盛り上がる姿が映し出されている。出番がなくても現場にいたという6人は、どうやってこのシーンを撮影したかなどを揃って思い出し、「そうそう!」と裏話を披露。まるで、同窓会のような雰囲気が漂っている。  そして山崎は、「この6人で過ごした時間にはウソがない。だから楽しくて、みんなが愛おしくて、今日こうやって6人で見られて嬉しかった」としみじみと語る。土屋も、「このメンバーでできたことが本当に嬉しいし、本当に良かったなと思う。絆を感じる」と作品、そして共演者たちへの思いを明かした。  豪華版にはこのほかにも、未公開シーンやメイキング映像など、ここでしか見ることのできない貴重な特典映像も収録されており、オリジナルのレターセットやブックレットも同封。ファン必携の商品となっている。  『orange‐オレンジ‐』ブルーレイ(豪華版は6700円・税抜、通常盤は4700円・税抜)、DVD(豪華版は5800円・税抜、通常盤は3800円・税抜)は6月15日発売。

  • 清水富美加&新川優愛が“片想い”について激論

    清水富美加&新川優愛、片想いについて激論 「3年実らず」な恋愛経験も

    映画

     8つの片思いを描いた映画『全員、片想い』の完成披露試写会が5月31日に都内で行われ、出演する伊藤沙莉、中川大志、桜田通、広瀬アリス、知英、新川優愛、志尊淳、清水富美加、千葉雄大、横浜流星、加藤雅也、そして主題歌を担当した黒木渚の全12名が登壇した。舞台上ではタイトルにかけて「片想い」の話で女性キャストが大盛り上がり。特に清水と新川は「片想いが長くなると悟りが開けてくる」「生きてるだけでいい」と持論をぶつけ合い、ヒートアップしていた。@@cutter 『全員、片想い』は主演キャスト14名が織り成す、8つの片想いを描いたオムニバス映画。誰かに恋をしている、または恋がしたい、そんな全ての人たちに送る珠玉の物語が、切なくも温かい胸キュンエピソードとして展開される。  映画の中での1エピソード目「MY NICKNAME is BUTATCHI」で主演を務めたのは伊藤&中川。中川は「この映画は幼馴染の片想いということで、学生時代に経験したことのある人もいるかもしれない、友人と好きな人の間で揺れる切ない女の子の様子が描かれた映画です」とアピール。「一番最初のエピソードなので、映画に遅刻すると終わっちゃってると思うので(笑)、間に合うように来ていただければ」と冗談交じりに挨拶し、キラースマイルで中川目当てに来ている女性観客をメロメロにしていた。  6番目のエピソード「あさはんのゆげ」に主演している清水は、挙動不審な様子でトークを始め、その様子を突っ込まれると、「小顔、小顔(の演者)が続いているので、10センチくらい後ろに下がってしゃべらせてもらっています!1ヵ月で3キロ太ったから」と、新川、志尊、千葉と芸能界きっての小顔の並びにおびえた様子を見せた。  だが、片想いのエピソードを聞かれると、「片想い期間、1年ずっとしていたときがあって、だんだん悟りが開けていて、生きてるだけでいいなって思うんです」と清水節を全開にすると、横から新川が「めっちゃわかる」と同調。清水が「片想い、されるほうでしょう」と切り返すも、新川は「全然!私、普通に3年実らず、とかがある」「同じ日本にいるだけでいいやと思うよね」と、片想い同盟を結託していた。  『全員、片想い』は7月2日、全国公開。

  • 桜田通がブログで公開したちょんまげ姿

    桜田通、“ちょんまげ姿”にファン歓喜「めっちゃ凛々しい!」 時代劇初挑戦の意気込み

    エンタメ

     ミュージカル版『テニスの王子様』越前リョーマ役などで知られる俳優・桜田通が10日、自身のブログで時代劇のカツラをかぶった“チョンマゲ姿”を披露した。桜田は、BS JAPAN『多岐川恭 男と女のミステリー時代劇』の第7話「身代わり稼ぎ」で清太郎役として、時代劇に初挑戦する。@@cutter ブログで桜田は「台本読んだ時から内容が好きでした。人を想う気持ちは時代など関係ないのかもなぁと思わせてくれます。素敵。撮影期間は短かったけど、今回演じました。“清太郎”という役、なかなか筋の通った男でとても好きな役の1人になりました」と、撮影を振り返る。  また、役作りについても「僕は平成に産まれた普通の男なんだけども、清太郎くんの気持ちや想っていること、その時代に産まれたからこその宿命みたいなものを精一杯考えて、作品に込めました」と綴り「早く出来上がりが観たいです」とドラマ完成に期待を寄せた。  ファンからは「髷姿、めっちゃ凛々しい!」「通くんのちょんまげ姿最高です笑」「品のあるたたずまいにびっくり」「新しい通くん見れてハッピー」と絶賛の声や、「首を長くして楽しみにしてます」「いろんなジャンルでの活躍をみれて嬉しい限りです!」「次々と新しい役が決まって、今年度も大活躍な感じがします」と、桜田の新たな挑戦に期待する声が届いている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access