遠藤久美子 関連記事

  • 映画『こはく』追加キャスト

    井浦新×アキラ100%『こはく』、追加キャストに監督妻・遠藤久美子ら

    映画

     俳優の井浦新が主演を務め、お笑い芸人のアキラ100%こと大橋彰と兄弟役でタッグを組む映画『こはく』より、追加キャストとして主人公・亮太(井浦)のモデルになった横尾初喜監督の妻である女優・遠藤久美子が、亮太の妻役で出演することが発表された。@@cutter 本作は、横尾監督の幼少期の実体験をもとに、両親の離婚で心に深い傷を負い、別れた父の姿を追い続ける男の姿を描く。映画『きらきら眼鏡』の守口悠介が横尾とともに共同脚本を担当。井浦が主人公・亮太を演じるほか、アキラ100%が本名の大橋彰名義で兄・章一役を務め、従来のキャラクターと180度異なる新境地を開いている。  長崎県でガラス細工の工場を営む亮太(井浦)は、幼い頃別れた父の工場を受け継ぎ、厳しい状況ながらもなんとかうまくやっている毎日。だが、かつての父と同様に自身も離婚を経験し、子どもたちと会うことができずにいた。定職に就かずブラブラし、虚言癖のある兄・章一(大橋)の存在も悩みのタネだ。そんなある日、亮太は章一から、街で偶然父の姿を見かけたと聞く。信じられずにいる亮太だが、そんな折、現在の妻・友里恵(遠藤)に妊娠を告げられる。「お父さんになる自信、ある?」。その一言で、父のいない過去を引きずったままの自分に気付いた亮太は、章一を信じ、共に父を探し始める。  横尾監督作品には前作『ゆらり』に続いての出演となる遠藤は「撮影に入る2年前から、主人の想いに寄り添い、過去を共有してきました。痛みも喜びも全て受け止め、家族として生き続ける覚悟を持って、撮影の日々を過ごせたことを役者としても妻としても、幸せに思います」とコメントしている。  さらに、亮太・章一兄弟の母親・元子役に木内みどり、父の失踪に関わる女性・小杉晃子役に鶴田真由が決定。木内は「父と息子、母と息子、夫と妻、兄と弟。そう生まれたからというだけの関係からそうありたいと願う関係へと、はっきり自覚して選び取ると生きやすくなる。人生がキラキラしてくる。あたたかい映画。母役、うれしかった」、鶴田は「横尾監督の自伝ともいえる大切な作品に参加できたことを光栄に思います」と語っている。  このほか、父親探しの途中で出会う黒服の男・佐久本役に嶋田久作、亮太が経営するガラス細工会社の職人・宮本哲郎役に石倉三郎、哲郎の孫・優希役に塩田みう、ガラス細工会社社員・越野啓介役に寿大聡、そして兄弟の父親役には鶴見辰吾と、実力派キャストが脇を固める。  映画『こはく』は6月21日より長崎県で先行公開。7月6日より全国順次公開。

  • 遠藤久美子、男児出産を報告「温かく見守って頂けたら幸いです」

    遠藤久美子、第1子男児出産 「温かく見守って頂けたら幸いです」

    エンタメ

     女優・遠藤久美子が,、横尾初喜監督との第1子となる男の子を出産したことを、2日、所属事務所・東宝芸能を通じて発表した。遠藤は立ち会い出産だったことを報告し「未熟者ではありますが、温かく見守って頂けたら幸いです」とコメントを寄せている。@@cutter 遠藤は、昨年7月に映画監督の横尾初喜との結婚を発表。今年3月が出産予定と伝えられていた。    以下、コメント全文。    「この度、第一子である男の子を出産しました事をご報告申し上げます。母子共に健康で、出産には主人も立ち会い支えてくれました。夫婦の絆をより一層深めてくれた小さな命の誕生に感謝し、これからは家族の絆を深め、温かい家庭を築いていきたいと思います。未熟者ではありますが、温かく見守って頂けたら幸いです」。

  • 『嵐の涙~私たちに明日はある~』取材会に出席した佐藤江梨子

    佐藤江梨子、宅間孝行と“台本以上の”キスシーン 最後の「昼ドラ」に責任重大

    エンタメ

     佐藤江梨子、宅間孝行、遠藤久美子が22日、最後の「昼ドラ」として話題となっているドラマ『嵐の涙~私たちに明日はある~』の取材会に出席。主演の佐藤は、夫婦役で共演する宅間とのキスシーンについて「台本では一回しかないのに、いっぱいしてくれる。受け入れましたけど」と明かし、会場を盛り上げた。@@cutter 宅間との共演が夢だったという佐藤は、「後輩が宅間さんの舞台に出てたんです。ある日、宅間さんが誕生日なんでプレゼントを買って下さい、と言うんで買ってあげて、“私も宅間さんと共演できますように”という手紙を書いたんです。それを勘違いしてくれて…」と、それがたくさんのキスシーンへと繋がったという。遠藤からも「お二人は相思相愛で、私たちが赤面するぐらいキスしているんです」と現場の裏話が飛び出した。  佐藤は昼ドラ初出演にして初主演となるが「責任重大ですね。でも、最後の最後なので、祭りだと思ってお受けしたんです」とオファーを受けた心境を告白。そして、数多くの俳優たちが出演してきた昼ドラの幕引きとなる本作について、「偉い人がいっぱい出てくれるに違いない」と冗談混じりに、豪華ゲスト陣の出演を期待する場面も。  また、本作は佐藤にとって第一子出産後、初のドラマ出演でもある。「妊娠中に24キロも太って、体が変わったのでできるのかなと思ったんですが、現場に来ると身が引き締まって顔だけやつれていってます」と苦笑いを浮かべつつ、「(家では)二宮金次郎になってます。台本持って、(子どもを)おぶって。でも、スタッフ・共演者の方が素敵なので、支えられています」とハードと言われる昼ドラ出演への意気込みを語った。  本作は、51年半に渡り計213作品を放送してきた東海テレビ制作「昼ドラ」の最後の作品。無情にも断ち切られた親子、夫婦の絆を通して親子愛を描く。ドラマ『嵐の涙~私たちに明日はある~』は、東海テレビ・フジテレビ系にて2月1日より毎週月曜日~金曜日の13時25分~13時55分に放送。

  • 歴代マドンナたちが集結!『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』取材会の様子

    蛭子能収、笑いは全て計算?『ローカル路線バス』歴代マドンナ集結でブーイング

    エンタメ

     テレビ東京の人気番組『ローカル路線 バス乗り継ぎの旅』の放送20回記念取材会が29日に都内で行われ、メインキャストの太川陽介、蛭子能収、そして本番組で2人と旅を共にした歴代のマドンナたちが勢ぞろいした。@@cutter 本番組は、太川、蛭子と毎回女性ゲスト=マドンナを1名加えた3人が、3泊4日の日程内に日本国内の路線バスを乗り継いで、目的地への到達を目指す旅。「他の交通機関の利用は禁止」「宿は自分たちで交渉する」など、厳しいルールのもと敢行される旅番組だ。  メインキャストを務める太川は、「8年前、普通の旅番組として始まったのが、、まさかこんな番組になると思いませんでしたね」と述懐。「旅のルートがある限り、蛭子さんが生きてる限り、そしてマドンナの出演のOKが取れる限り、続けていきたいと思っています」と抱負を語った。  一方の蛭子は、「この番組のおかげで仕事が増えて、去年、今年とすごく儲けさせていただいた」と話し、マドンナ全員からブーイングが飛ぶ始末。  太川とのコンビについても、「まったく違う性格なんですが、僕はまったく嫌じゃなくて、ただついていくだけで、楽にやらせていただいています。でも、その分人を笑わせなければという考えがあるので」とニヤリ。太川から「計算あるの?」と突っ込まれると、「俺は結構、計算高いんですよ。計算してないように見せるのが実はうまいんです」とアピールしていた。  続いて、歴代のマドンナが番組についてのそれぞれの思い出を語り始めるも、いつしか話は蛭子にまつわる逸話の暴露大会に。根本りつ子が「年を取った人と旅したくないと言われた」と口火を切ると、「簡単な名前なのに覚えてもらえなかった」(ちはる)、「夜にこっそりマージャンに行ってた」(藤田朋子)など、次々にクレームが飛び出す。自分のものを絶対に人に譲らないという蛭子がハンバーガーを野村に分けてあげたことが発覚すると、出演者全員が驚きの声を挙げていた。  『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 大感謝祭』は6月13日、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 第20弾』は6月20日18時30分放送。

  • 大人の魅力がたっぷりの遠藤久美子のグラビアが『週刊プレイボーイ』に登場

    遠藤久美子、5年ぶりのグラビアで妖艶な女性美!“触りたくなる柔肌”披露

    エンタメ

     数々のバラエティ番組出演で人気を博し、近年では女優業を中心に活動をしている遠藤久美子が、デビュー20周年を迎え、5年ぶりとなる『週刊プレイボーイ』(集英社)のグラビアに挑戦し、16ページに渡って掲載されることがわかった。@@cutter 本誌グラビアの撮影では、Gパン白シャツで走り回るなど、従来の天真爛漫なイメージを映したショットや縁側で風を感じているナチュラルなショットのほか、バスタブで撮影したモノクロ写真や、アイシャドウが印象的な大人の色気を感じる妖艶なショットなど、多彩な遠藤の顔を見ることができる。中には、シースルーの衣装など、ドキッとするような写真もあり、成熟した大人の魅力が伝わる。  現在36歳の遠藤は、1995年にTVCM『マクドナルド 証明写真編』で、健康的な可愛らしさで注目。元来、グラビア経験があまりなかったというが、5年前の32歳のとき、同じく「週刊プレイボーイ」で“カッコイイ女性”をテーマにグラビアを披露すると、ネットでも話題になった。  今回の撮影に際して遠藤は、マネージャーから「やってみない?」と提案されて「“是非”という気持ちと、“(4月8日で)37歳だよ?”という気持ちの狭間で葛藤しました」と心情を吐露する。しかし、「グラビアという“女性の美”を表現するという仕事はゼロに近かったので、“年齢的にも最後かな?”と思って引き受けました」とグラビアへ挑戦した経緯を明かした。  「今後は女優業を中心にやっていきたいです。映画、舞台それぞれに全然違う魅力があります。演じることが好き、演じることができれば幸せなので、小さな役でもやっていきたいです!」と話す遠藤。本誌発売後は、シーズン1よりレギュラー出演の『警視庁捜査一課9係』<シーズン10>(テレビ朝日)が4月22日から放送されるなど、活躍の場をさらに広げている。大人の女性の魅力を兼ね備えた遠藤に注目されたい。  遠藤久美子のグラビア掲載『週刊プレイボーイ4月13日号』(税込420円)は、3月30日発売。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access