クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

未解決の女 警視庁文書捜査官 関連記事

  • 木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』Season2に出演する(左から)皆川猿時、波瑠、谷原章介

    波瑠×鈴木京香『未解決の女』、谷原章介が新係長に着任&皆川猿時が初参戦

    エンタメ

     女優の波瑠と鈴木京香が共演し、8月6日スタートするドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』Season2(テレビ朝日系/毎週木曜21時、初回は20時より2時間スペシャル)の新キャストとして、俳優の谷原章介と皆川猿時がレギュラー出演することが発表された。@@cutter 本作は、警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査する“新感覚の爽快ミステリー”。2018年4月期に木曜ドラマ枠の連続ドラマ、2019年4月28日にはドラマスペシャルが放送された。  谷原が演じる国木田哲夫は、ドラマスペシャルでは京都府警捜査一課の刑事として登場。朋と理沙と連携し、東京と京都で起こった連続殺人事件を捜査した。Season2では警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係の“新係長”に就任し、朋、理沙、草加慎司(遠藤憲一)ら第6係のメンバーをけん引していくことに。  この驚きの展開に、谷原も「国木田はスペシャルの最後で、朋ちゃんに『またね!』と言ってウインクして去って行きましたが、仲間として帰ってこられるなんて! 『未解決の女』の世界にまた参加することができて光栄です」と大喜び。スペシャルでははんなりと上品でありつつ、時折ちょっぴり鼻につく言葉で毒も吐く京男ぶりで人気を博した国木田だが、そのキャラクターは今回も健在のようで、「遠藤憲一さんのハードボイルドさとは対照的な品の良さを前面に出していきたいと思います」と語る。  波瑠も「谷原さんはスペシャルのとき、常に読書されている姿が印象的でした。6係にさらに“良い声”が増えそうで、今後の撮影が楽しみです」と胸を弾ませる、  一方、初参戦の皆川が演じるのは、「特命捜査対策室」室長補佐・宗像利夫。第6係に嫌味の集中砲火を浴びせる警視庁捜査一課の室長・古賀清成(沢村一樹)を四六時中サポートする側近だが、基本ラインは古賀に絶対服従…と見えて、たまにそっと正論を進言し、ムチャクチャな古賀をうまく軌道修正させるなど、なかなかのやり手だったりする。  役どころについて皆川は「ボスにもウザがられる腰巾着豚野郎です(笑)。ある意味、とっても人間的なキャラクターではないかと思います。ソーシャルディスタンスぎりぎりを攻めたいです!」と宣言。波瑠も「皆川さんはさすがのコメディー力で、一緒のシーンでは圧倒されています」と驚くほど、コミカルな芝居を連発し、『未解決の女』に新たな笑いの風を吹き込んでいく。  木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』Season2は、テレビ朝日系にて8月6日より毎週木曜21時放送(初回は20時より2時間スペシャル)。

  • 木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』Season2メインビジュアル(左から)鈴木京香、波瑠

    波瑠×鈴木京香『未解決の女』、2年ぶりのSeason2決定 初回2時間スペシャル

    エンタメ

     女優の波瑠と鈴木京香が共演するドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』の約2年ぶりとなるSeason2が、テレビ朝日系にて8月6日より毎週木曜21時に放送されることが決まった。初回は20時より2時間スペシャルとなる。@@cutter 本作は、警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査する“新感覚の爽快ミステリー”。2018年4月期に木曜ドラマ枠の連続ドラマ、2019年4月28日にはドラマスペシャルが放送された。  Season2でも波瑠&鈴木が演じる朋&理沙が名コンビぶりを発揮しながら、“一筋縄では行かない令和の未解決事件”にさっそうと立ち向かっていく。脚本はこれまで通り、NHK連続テレビ小説『あさが来た』、来年放送の大河ドラマ『青天を衝け』などで知られる大森美香が担当。  さらに、味わい深い芝居で個性的なキャラクターを演じるレギュラー男性キャスト陣の続投も決定。第6係に嫌味の集中砲火を浴びせる警視庁捜査一課「特命捜査対策室」の室長・古賀清成役の沢村一樹をはじめ、第6係のメンバー、草加慎司役の遠藤憲一、財津喜延役の高田純次、第6係とは対象的な花形部署「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事・岡部守役の工藤阿須加も健在。また、山内圭哉が演じてきた第5係の刑事・桑部一郎が、同部署の係長に昇進するという珍事(!?)も起こる。  波瑠は「今回の撮影現場ではフェイスシールドをつけたり、手洗いなどにも気をつけたり…と、スタッフの皆さんが以前より気を配っていて、撮影の進め方もやはり変わったなと感じます。でも、ドラマ自体の温度感は以前のままで、現場も基本的ににぎやかな雰囲気! 『こんなに久しぶりなのに、皆さんと楽しくおしゃべりができてよかった!』という安心感があります」と語る。  鈴木は「Season2をご覧になる皆さんには“文書を中心とした謎解き”という、変わった切り口のサスペンスをぜひ楽しんでいただきたいです。あとはやっぱり、個性豊かなキャストの関係性ですね! 本当に『こんな刑事さんがいたら、いいなぁ!』と思う方たちばかりで、楽しくやっていますので、ぜひご覧ください」とメッセージを寄せた。  木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』Season2は、テレビ朝日系にて8月6日より毎週木曜21時放送(初回は20時より2時間スペシャル)。

  • 『未解決の女 警視庁文書捜査官』に出演する波瑠と鈴木京香

    波瑠&鈴木京香のバディぶりが「可愛い」と話題 『未解決の女』2話

    エンタメ

     女優の波瑠が主演を務める『未解決の女 警視庁文書捜査官』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第2話が26日に放送され、熱血刑事を演じる波瑠と、頭脳派刑事役の鈴木京香のバディぶりに注目が集まっている。@@cutter 大手企業社長・幸田雅也(戸次重幸)の娘・遥花(畑芽育)が誘拐された。犯人による身代金の要求とともに、電話口から聞こえてきたのは、遥花からの“かもめ”という言葉。文書整理の部署である「6係」配属の鳴海理沙(鈴木)には、その言葉に心当たりがあった。12年前の誘拐事件の被害者で坂下菜々美(高岡早紀)の娘・芽衣も「かもめ」と言っていたのだ。  同じく6係の矢代朋(波瑠)が捜査本部に召集され、身代金1億円の受け渡しをする社長秘書の替え玉に選ばれる。犯人の指示で走らされた朋だったが、自慢の体力があだとなり、本物の秘書ではないことが犯人に露見。結局1億円だけ奪われ、人質も解放されないという最悪の事態を招いてしまう。    1億円が入った登山用バッグを「重い」と言いながら都内を汗だくで駆け回ったり、日頃の鬱憤(うっぷん)を解消するため、上司の写真を貼りつけたマネキンに柔道の技をかける朋。一方、人嫌いで花粉も気になり、紫外線が苦手と外に出ることを嫌がるも、文字の解読だけは大好きという理沙の対照的なバディぶりが、SNS上で話題に。  「犯人から言われた言葉を細かく聞いておけ」という理沙に対し「先輩は文字フェチすぎる」と朋が独り言のようにつぶやくと、理沙が「誰が文字フェチですって!?」と言い合うなど、凸凹な関係性に「おもしろかわいい」「波瑠ちゃんと京香さんのバディ最高かよ」と言った声が多く寄せられていた。

  • 『未解決の女 警視庁文書捜査官』制作発表記者会見時の波瑠

    波瑠主演『未解決の女』初回、『名探偵コナン』形式の取り調べが話題に

    エンタメ

     女優の波瑠が主演を務める『未解決の女 警視庁文書捜査官』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の初回が19日に放送された。これまでクールビューティーな役が多かった波瑠の新境地ともいえる“熱血刑事”役に対し、「新鮮」「意外性があって面白い」と、好評の声が多く寄せられている。また、取り調べのシーンに登場した、人気アニメ『名探偵コナン』に関するセリフが話題となっている。@@cutter 原作は麻見和史の小説『警視庁文書捜査官』(角川文庫)。脚本は、波瑠の出世作である連続テレビ小説『あさが来た』を手がけた大森美香だ。    直感だけを頼りに突っ走る熱血刑事・矢代朋(波瑠)が配属されたのは、文書整理をする窓際部署「特命捜査対策室」第6係。そこで出会った、文章から書き手の性格を読み取る頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)とバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査していく。  第6係に持ち込まれたのは、連続変死事件の被害者である女性二人の「遺書」。その恋人でフリーライターのMizuki(風間俊介)は1日も早い犯人逮捕を望んでいる。その後の捜査で、Mizukiが、10年前に密室で殺された人気ミステリー作家・嶋野泉水(中山美穂)のゴーストライターだったことが分かり、事件は意外な方向へ…。  主演の波瑠は、正義感と情熱を武器に、なりふり構わず事件解決に奔走する熱血刑事役。これまで『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(フジテレビ・カンテレ系)や『BORDER』(テレビ朝日系)などクールな役柄が多かっただけに、「意外性あって面白い」「すんごい新鮮だなぁ」といった声がネット上であがった。  劇中、人が苦手という理沙が、朋にワイヤレスのイヤホンを渡し、代わりに取り調べを頼んだシーンが登場。朋が「またこの、コナンくん形式ですか?」と言いながら、手で蝶ネクタイの形を作った場面に、『名探偵コナン』のファンは驚き。「まさか自分で言うとは」「テレ朝なのにコナン出してくる」とザワつかせていた。『名探偵コナン』では、コナンが探偵・毛利小五郎を眠らせ、蝶ネクタイ型の変声機で小五郎になりすまして謎解きをする有名なシーンがある。

  • 『未解決の女 警視庁文書捜査官』制作発表記者会見に登場した波瑠

    波瑠、遠藤憲一のスイーツ報告が日課「安定した答えが返ってくる」

    エンタメ

     女優の波瑠と鈴木京香が16日、都内にて開催された新ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(テレビ朝日系/4月19日より毎週木曜21時)の制作発表記者会見に共演の沢村一樹、遠藤憲一らと出席した。波瑠は現場での日課などに触れ、沢村は中学生時代に経験した未解決事件を紹介した。@@cutter 本作は、警視庁捜査一課「特命対策室」第6係、通称「文書解読係」に配属された肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、「倉庫番の魔女」と呼ばれる文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木)が 、文字を糸口に未解決事件を解決する姿を描く。波瑠は鈴木との初共演について「私が手を引っ張って先輩を歩かせているというか(笑)。『早く歩いて!あっちです!』というような感じで、ちょっとずつバディにはなってきているなって感じです」とニッコリ。  撮影現場での印象的なエピソードに話が及ぶと、「現場に来た時の日課に、遠藤さんが昨日召し上がられたスイーツを聞くというものがありまして。『昨日は何を食べられたんですか?』と聞くと、だいたい安定した答えが返ってくる」とコメント。その場で昨日は何を食べたか聞かれた遠藤は「昨日はプリンです! 最近甘いものハマっちゃってて」と白い歯を見せた。  一方、特命対策室の室長・古賀清成に扮する沢村は、役柄に関して「そうそうたる先輩たちを現場で怒鳴り散らしている」としつつ「ここ数年、好感度を上げることに尽力してきたんですけど、それがたぶん全部台無しになる」と苦笑い。タイトルに絡めて、自身にとっての未解決事件を聞かれると、中学の時にベッドの下に作っていたという“私設ライブラリー”に言及。「“セクスィー・カートゥーン”とか、色々あったんですけど、それが一夜にして閉鎖に追い込まれたんです。学校から帰ってきたら、何もなくなっていたんですよ。ちょっと未解決なんですよ。たぶん母だと思うんですけど、聞くに聞けない」と明かして波瑠や鈴木を笑わせていた。  この日の会見には工藤阿須加、山内圭哉、高田純次、光石研、脚本家の大森美香も出席。会見に登場したザ・たっち(たくや/かずや)を交えて、筆跡を当てるクイズコーナーも行われた。  新ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』は、テレビ朝日系にて4月19日より毎週木曜21時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access