ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~ 関連記事

  • 東京ドームで行われた福岡ソフトバンクホークス×オリックス・バファローズ戦で始球式に登板した鈴木伸之

    鈴木伸之、人生初の始球式で球速122km 自己採点は「90点!」

    エンタメ

     月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)に出演中の劇団EXILE・鈴木伸之が、22日東京ドームで行われた、プロ野球 パ・リーグ 福岡ソフトバンクホークス×オリックス・バファローズ戦で始球式に登板。見事なフォームから球速122kmの速球を披露し球場を沸かせた。@@cutter 今夜第3話が放送される本作で、初の月9出演で医者役に初挑戦している鈴木。容姿端麗で女性ウケがいい将来有望な外科医で、主人公・唯織(窪田正孝)とは、杏(本田翼)を巡り恋のライバルとなる辻村駿太郎という重要な役どころを演じている。  この日、福岡ソフトバンクホークスのユニフォームに身を包み、始球式に初挑戦した鈴木は、「いやー気持ちよかった」と一言。小学1年~中学2年まで野球をやっていたそうで、「少年野球をやっていたので夢だった。人生で初めての始球式だったのでめっちゃ緊張しましたが、楽しかったです」と夢の舞台を振り返る。続けて「自己採点は90点です。ちょっと高めに行ってしまいましたが」と満足げな様子を見せた。  球速122kmを記録したことを告げられると「練習では115kmがMAXだったのでうれしいですね!」と喜び、「肘を壊してやめてしまいましたが、こういった形で始球式ができてよかった」と語った。  鈴木伸之が出演する『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』は、フジテレビ系にて毎週月曜21時放送。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話場面写真

    今夜『ラジエーションハウス』、窪田正孝は内山理名の異変に気付くが…

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第3話が今夜放送される。マンモグラフィ検査を受けた女性誌編集者・葉山今日子(内山理名)に、放射線科医の杏(本田翼)は「異常なし」の診断結果を出すが、画像を見て何かに気づいた放射線技師の唯織(窪田)は、今日子の後を追いかける。@@cutter 本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  唯織は甘春総合病院の放射線科入局説明会であいさつをする杏の姿を見に行く。堂々と話す杏に見とれる唯織。しかし、杏が整形外科医の辻村(鈴木伸之)と食事に行ったことを偶然知り、ショックを受けてしまう。  同じ頃、裕乃(広瀬アリス)はマンモグラフィ検査に苦戦していた。そこに、結婚を控えた女性誌編集者・葉山今日子がやってくる。今日子は、母と祖母ががんに罹患(りかん)していることから毎年検査を受けていた。不安そうな今日子を和ませようと話しかける裕乃。だが、それを聞いていたたまき(山口紗弥加)から「ここはおしゃべりを楽しむ場所じゃない」と叱られてしまう。  今日子は日本人に多いデンスブレスト(=乳腺密度が濃い)の女性だった。読影した杏は鏑木(浅野和之)に相談したものの、病変が見つからないことから「異常なし」との診断結果を下す。  一方、たまきは友人から相談されたと言って、杏に1枚のマンモ画像を見せる。杏は右胸にある腫瘤が悪性の可能性を否定できないとして、再検査をした方がいいとたまきに伝える。  そんな中、唯織は、今日子のマンモ画像に目を止める。何かに気づいた唯織は、今日子の後を追いかけ、なるべく早く超音波検査を受けてほしいと伝えた。  その夜、たまきは裕乃に声をかけ、自ら被検者となってマンモグラフィ検査の練習をさせる。するとたまきは、その画像をこっそり持ち帰り…。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話は、フジテレビ系にて今夜4月22日21時放送。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』に出演する内山理名

    内山理名、19年ぶり月9出演 「37歳の自分にとって今しかできない役」

    エンタメ

     女優の内山理名が、今夜放送される俳優の窪田正孝主演の月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)第3話にゲスト出演することが分かった。19年ぶりの月9出演となる本作で乳がん患者を演じる内山は「今回のテーマはメッセージ性が強いと思いますのでやりがいがありますし、37歳の自分にとって“今しかできない役”だと思っています」とコメントを寄せている。@@cutter 本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  内山が演じるのは、女性誌の編集者・葉山今日子。結婚を控えている今日子は、ブライダルチェックの一つとして甘春総合病院の乳腺外科を訪れ、マンモグラフィ検査を受ける。検査の結果、異常なしとの診断を受けるが、今日子のマンモ画像を見て追いかけてきた唯織(窪田)から、なるべく早く超音波検査を受けるようにと言われ…。  内山は乳がんについて「とても見つかりにくい病気で、私ぐらいの世代にはすごく身近なものです」と語り、ドラマの概要に聞いたときに「“やります!早く台本を読みたいです!”と即答しました」と明かす。  月9ドラマへの出演は、『バスストップ』(2000年7月期)以来19年ぶりとなるが「監督さんに芝居についてたくさん怒られた思い出があるのが月9のイメージですかね(笑)」と振り返り、「逆に今回は、自分と同世代の監督(金井紘監督)なのがすごく楽しみです。20年近くお仕事をしていると、年上の監督さんや大御所と呼ばれる方とのお仕事が多かったので“教えてもらう”という感覚がほとんどでしたが、同世代の男性の監督なのでこれは面白いなと思いまして、今回は監督に“調理”してほしいなと。ですので、監督の言うことに“はい!はい!”と従っています(笑)」と語る。  初共演となる窪田については「役どころ含め、すごくがんばってらっしゃると感じました。本当にまじめな役者さんだと思いますし、そのままストレートに演じられているのを近くで見させていただいているので、本当に気持ちいいですね」とコメント。最後に「今回は“乳がん”という病気をテーマに、女性が感じる不安に焦点が当てられています。女性の方には病気になった時の心の動きに共感して見てもらえると思いますし、男性の方には女性の気持ちをこの作品を通して、ぜひ知っていただきたいと思っています」とメッセージを寄せている。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話は、フジテレビ系にて今夜21時放送。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』で共演中の(左から)窪田正孝、遠藤憲一

    窪田正孝を支える“理想の上司” 遠藤憲一がカッコいい! 『ラジエーションハウス』第2話

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第2話が15日に放送され、唯織(窪田正孝)の行動をサポートする放射線技師長・小野寺(遠藤憲一)の姿に、ネット上には「上司の鑑」「理想の上司」などの声が寄せられた。@@cutter 全122作品を数える“平成の月9”の大トリを飾る本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、患者の命を救う姿を描く。  技師長の小野寺(遠藤)は、膝の痛みを訴える少年・健太郎(石田星空)のレントゲン撮影を行うことに。健太郎のレントゲン画像の読影をした杏(本田翼)は、成長痛の可能性があるとしてしばらく経過を見ることにする。  健太郎の母・美佐子(中越典子)の病歴から、健太郎自身にも重大な病が隠されている可能性に気づいた唯織は、医師からのオーダーのない膝のMRI検査を実施しようとする。小野寺は「調べて病気がなけりゃ、それでいいじゃねーか」と唯織の判断を支持。しかしMRI検査を強行する唯織たちの前に鏑木(浅野和之)が乗り込んで来て「急患でもない患者の検査なんか許可した覚えはありませんよ!」と激昂する。これに対して小野寺は「責任なら私がとります」と話すと、続けて「この検査に1人の少年と母親の未来がかかっています」と言い放つ。この小野寺の言動に、SNS上には「上司に言われたいセリフや…」「まーじ理想の上司!」「上司の鑑」「小野寺の上司としてのカッコ良さが最高」などの声が殺到した。  MRI検査の結果、健太郎から骨肉腫が発見されてしまう。小さな身体からみつかった思わぬ大病に意気消沈するラジエーションハウスの面々に、小野寺は「ガンになりやすいんだったらよ、検査のたびに俺たちが早期に見つけ出してやればいいんだろ!」と言葉をかける。この“名言”に視聴者から「心強い言葉」「カッコイイこと言ったねぇー」「エンケンさん、イイトコ持っていくなぁ…」などのツイートが寄せられた。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話場面写真

    今夜『ラジエーションハウス』、窪田正孝は本田翼に自分のことを思い出してほしいが…

    エンタメ

     窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第2話が今夜放送される。ラジエーションハウスの面々は、膝の痛みを訴える少年や愛犬を大事にする閉所恐怖症の婦人など、さまざまな患者を診察する。@@cutter 全122作品を数える“平成の月9”の大トリを飾る本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  唯織(窪田)は、甘春総合病院院長の渚(和久井映見)から、放射線科医として働く気はないのか、と問われる。しかし唯織は、医師免許を取ったのは放射線技師として働く上で病気について深く知った方が良いと思ったからだと言って断る。放射線科医とタッグを組めば最高の診断ができるはず、と続ける唯織。その思いを受け止めた渚は、技師として働く以上、周囲に医者であることがばれないように、と釘を刺した。  ラジエーションハウスの技師長・小野寺(遠藤憲一)は、妻から離婚を突きつけられていたが、それを拒否し続けていた。膝の痛みを訴える少年・健太郎(石田星空)のレントゲン撮影を行った際、離婚したら会えなくなるかもしれない息子のことを思い出す小野寺。辻村(鈴木伸之)とともに健太郎のレントゲン画像の読影をした杏(本田翼)は、成長痛の可能性があるとしてしばらく経過を見ることにする。  一方、唯織と裕乃(広瀬アリス)は、MRI検査にもかかわらず携帯電話を手放そうとしない富恵(宮田早苗)に手を焼く。閉所恐怖症だという富恵は、携帯電話に保存してある愛犬の写真を見せ、一緒じゃなければ入れない、と騒ぎ立てた。そのとき唯織は、かつて杏が捨て犬の手当てをしたことを思い出す。唯織は、杏がそのときのことを覚えていれば、自分のことも思い出すかもしれないと考える…。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話は、フジテレビ系にて今夜4月15日21時放送。

  • 浜野謙太

    浜野謙太、うさ耳姿ではしゃごうとするも…照れ笑いが「かわいい」と話題

    エンタメ

     ミュージシャンで俳優の浜野謙太が8日、自身のインスタグラムに、うさ耳帽子をかぶった自身の動画を投稿。浜野は音楽に合わせて身体を動かすも、はしゃぎきれずに照れ笑いを浮かべる姿にファンからは「可愛すぎ」「永遠に見てられます」などのコメントが多数寄せられている。@@cutter 「はしゃぎ方が分からずおじさん死亡」というコメントとともに投稿されたのは、うさぎの頭を模した帽子をかぶった浜野が、音楽にのって身体を動かす様子を捉えた映像。帽子には耳あてのような形で足がぶら下がっており、その足を触ると耳が動く仕組みになっている。浜野は音楽に合わせて帽子についた耳を動かすものの、途中から恥ずかしくなったのか照れ笑いを浮かべて天を仰いでしまう。  そんな浜野は現在放送中の月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)では放射線技師を演じており、動画の中で彼が着ているのも、ドラマの衣装と思われる。  浜野がうさ耳を試す姿にファンからは「可愛すぎ」「可愛いです!永遠に見てられます」「めっちゃカワイイ」などのコメントが多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/hamaken0805/

  • (左から)本田翼、窪田正孝

    本田翼のお尻を窪田正孝がわしづかみ! 『ラジエーションハウス』初回

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)が8日に放送され、唯織(窪田)が、思いを寄せる杏(本田翼)のお尻を触ってしまうシーンに、ネット上には「ラッキースケベ運すごい」「ドタバタ大変ねぇ窪田くん(笑)」などの声が寄せられた。@@cutter 全122作品を数える“平成の月9”の大トリを飾る本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、患者の命を救う姿を描く。  放射線技師の五十嵐唯織(窪田)は、思いを寄せている幼なじみの甘春杏(本田)が放射線科医として勤務する甘春総合病院に採用される。初出勤の日、バスで病院へと向かう唯織は運転手・天野(春海四方)のわずかな異変に気づき救急車を呼ぶよう乗客に呼びかける。駆けつけた救急隊員に、天野を血管造影ができる病院へ搬送するよう指示した唯織は、バスの一件で遅刻しながらもついに杏と再会を果たすのだが…。  杏と再会した唯織だったが、彼女は「どなたですか?」と覚えていない様子。「スミマセンが急いでいますので…」と歩き出した杏を追いかけた唯織だったが、彼女のそばでつまづき杏を抱きしめてしまう。驚いた彼女は唯織に張り手を浴びせてその場から立ち去る。このシーンにネット上には「窪田くんいい感じにキモいよ」「変質者扱いされとる」「完全にストーカー扱い」などの反響が。  病院に放射線技師としてやってきた唯織と、彼の同期で新人の裕乃(広瀬アリス)にあいさつにやってきた杏。そっけない態度で「よろしくお願いします」とあいさつし、その場を立ち去ろうとした杏を再び追いかけた唯織だったが、またつまづいてしまい、今度は彼女のお尻を両手でつかんでしまう。「ご、ごめんなさい…」とつぶやく唯織に杏は強烈なパンチを食らわせると「この変態!!」と一喝。このシーンにSNS上には「ラッキースケベ運凄い」「殴られ上手」「抱きついたりお尻にしがみついたりドタバタ大変ねぇ窪田くん(笑)」などの声が寄せられた。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第1話場面写真

    窪田正孝『ラジエーションハウス』今夜スタート 幼なじみ・本田翼と再会するが…

    エンタメ

     窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)が今夜スタート。第1話で窪田演じる主人公の唯織は、本田翼演じる幼なじみの杏との約束を信じて放射線技師として就職、待望の再会を果たすが、なんと杏は唯織のことなど全く覚えておらず…。@@cutter 全122作品を数える“平成の月9”の大トリを飾る本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  五十嵐唯織(窪田)は、「写真には必ず真実が映る」と信じている放射線技師。アメリカで最も権威ある放射線科医からその才能を認められた唯織は、帰国後、ずっと思いを寄せている幼なじみの甘春杏(本田)が放射線科医として勤務する甘春総合病院に採用される。22年前、杏は父親の跡を継いで医者になる夢を唯織に話していた。そのとき、杏は病気を見つけるにはカメラマンが必要だから、世界一のカメラマンになってお手伝いをして、と唯織に告げていた。  初出勤の日、唯織はバスで甘春総合病院へと向かう。同じバスには、唯織とともに採用された新人放射線技師の広瀬裕乃(広瀬アリス)の姿もあった。その途中、バス運転手・天野(春海四方)のわずかな異変に気づいた唯織は、救急車を呼ぶよう乗客に呼びかける。唯織は、駆けつけた救急隊員に、血管造影ができる病院へ搬送するよう指示し、天野は甘春総合病院に搬送された。救急担当の整形外科医・辻村駿太郎(鈴木伸之)が受け入れるが、天野は自力で立てるほど元気で…。  甘春総合病院の放射線科は、科長兼診療部長の鏑木安富(浅野和之)のもと、ギャンブル好きの技師長・小野寺俊夫(遠藤憲一)、男勝りな独身女子・黒羽たまき(山口紗弥加)、軒下吾郎(浜野謙太)、威能圭(丸山智己)、悠木倫(矢野聖人)が放射線技師として働いている。彼らの間では、唯織が病院長・大森渚(和久井映見)の隠し子ではないか、という噂も広まっていた。  唯織は、バスの一件で遅刻しながらも、遂に杏と再会を果たす。ところが杏は、唯織のことなどまったく覚えていなかった。大きなショックを受ける唯織。  そんな折、前夜、唯織が河川敷で出会い、親しくなった菊島亨(イッセー尾形)が甘春総合病院に搬送されてくる。実は菊島は世界的な写真家だった。小野寺たちは、頭痛を訴える菊島の頭部MRI検査を行うが、画像の左上が黒く抜けて欠損していて…。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第1話は、フジテレビ系にて今夜4月8日21時放送(初回30分拡大)。

  • (左から)月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』取材会に登場した本田翼、窪田正孝、広瀬アリス

    窪田正孝の自称整形疑惑「鼻がシュッとしたり…」に、本田翼&広瀬アリスも仰天

    エンタメ

     俳優の窪田正孝、本田翼、広瀬アリスが5日、都内で行われた『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』取材会に出席。役衣装でそろって登壇した三人は終始リラックスした雰囲気で、「1年前からやっていたんじゃないかと思うくらい」と窪田が表現するほど、仲睦まじいやり取りが展開された。@@cutter “平成最後の月9”としても“新元号・令和最初の月9”としても注目を集める本作は、放射線科=ラジエーションハウスで働く放射線技師や放射線科医たちの知られざる姿を描くドラマ。患者の病やケガの根源を見つけ出す、縁の下のヒーロー・五十嵐唯織を月9初主演の窪田が演じる。  「子供の頃から名作と言われる月9は見ていたので、30になって立てることは喜びが大きい反面、責任もあるなと思っています」と感慨を明かした窪田は、本田、広瀬の目をチラチラ気にしながら「本当にチーム感がどんどんできあがっていくので、映像にも反映されるんじゃないかと思っています」とチームワークのよさに自信をのぞかせる。  本田も「前室が静かになったことは一度もないです。それくらいずっとみんな、話しています」とし、広瀬も共演の遠藤憲一と、まるでコントのようなコミュニケーションを取っていると窪田が暴露。「こんな化学反応が起きるふたり、いない」とコメントされていた。  窪田は本田との共演は7年ぶり。変わったところはあるかと記者から振られると、思案顔の本田が「意外と人って変わらないかもしれないですね」と窪田の顔をしげしげ見つめながら答えた。すると、窪田は「(本田は)7年前から顔が変わっていないんですよね、若いまま。ほら、私は鼻がシュッとしたりとか、いろいろ…」と、まるで整形したかのような発言をすると、本田&広瀬は「ええええ!!!!」と大袈裟に驚く。思わず窪田は「嘘だよ!! 嘘ですよ、本当にごめんなさい! 調子に乗りました!」と整形疑惑を即、自分で否定していた。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』は、フジテレビ系にて4月8日より毎週月曜21時放送(初回30分拡大)。

  • (左から)鈴木伸之、本田翼、窪田正孝

    本田翼、白衣姿でピースサイン 鈴木伸之&窪田正孝と笑顔の3ショットに反響

    エンタメ

     俳優の鈴木伸之が1日、自身のブログを更新。4月8日より放送の月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/月曜21時)で共演する本田翼、窪田正孝とのスリーショットを掲載し、「笑顔がとっても素敵ですね」などのコメントが寄せられている。@@cutter 更新当日、新元号が「令和」になったことをつづった鈴木。「残り1ヶ月の平成!そして平成最後の、新元号一発目の月9ドラマ、ぜひ楽しんでほしいです」と、自身が出演する月9ドラマをアピール。  続けて、「そんな今日にふさわしい写真が 窪田さん本田さんお二人にも現場で写真を撮ってもらいました 撮影中のお二人でしたが、神対応でした!」と明かし、白衣姿の鈴木と本田、コートを羽織った窪田の3人がピースサインをしている和やかな写真を掲載。鈴木からの動画コメントも公開し、ファンに向けて「楽しみに待っていてください」とメッセージを送った。  本作は現在「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックが原作。放射線技師で掟破りな主人公・五十嵐唯織(窪田)が、病の“写真家”として患者の“視えない病”を診つけ出し、命を救っていく。ヒロインの放射線科医・甘春杏役を本田が、整形外科医・辻村駿太郎役を鈴木が演じる。  ブログの写真をみたファンからは、「主演2人との写真、待ってました」「最高のスリーショット!」「皆さんの笑顔がとっても素敵ですね」とのコメントとともに、「ラジエーションハウスめちゃくちゃ楽しみにしてます!」といった期待の声も寄せられている。 引用:https://ameblo.jp/radiationhouse-suzuki/

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』に出演する鈴木伸之

    鈴木伸之、初の“月9”で医者役初挑戦 『ラジエーションハウス』出演決定

    エンタメ

     劇団EXILEの鈴木伸之が、窪田正孝が主演を務める新ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)に医者役で出演することが発表された。鈴木が「月9」ドラマに出演するのは今回が初で、医者役を演じるのも初となる。鈴木は「子どもの頃から憧れていた“月9”に初めて出演が決まり、素直にうれしいですし、すごく楽しみです!」と喜びのコメントを寄せている。@@cutter 全122作品を数える“平成の月9”の大トリを飾る本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  窪田演じる主人公の五十嵐唯織は、写真には必ず“真実”が写ると信じている診療放射線技師。米国で最も権威ある放射線科医から認められた後、帰国し、ヒロインの甘春杏(本田翼)が放射線科医として勤務する甘春総合病院で働き始めることに…。  鈴木が演じる辻村駿太郎は、甘春総合病院に勤務する将来有望な整形外科医。容姿端麗で女性ウケがよく、自由奔放で何事も“ダメダメな”唯織とは対照的なキャラクターだ。エリート意識が強いため、技師の面々とは幾度となく衝突。唯織とは杏を巡る恋のライバルで、杏の気をひこうとデートに誘うなど、さまざまなアプローチを仕掛けていく。また、回を追うごとに重要なキーになっていく存在でもある。  鈴木は「コメディーな部分とシリアスな部分のメリハリを付けて、辻村駿太郎をしっかりと魅せていきたいです。また、白衣を着るのが初めてなので、すごく新鮮です! 共演者の皆さんも、同世代で今すごく勢いのある方々ばかりなので、チームワークで良いドラマにできるように僕も微力ながら盛り上げていきたいと思います!」と抱負を語っている。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』は、フジテレビ系にて4月8日より毎週月曜21時放送(初回は30分拡大)。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』出演キャスト

    窪田正孝主演月9追加キャストに、和久井映見&遠藤憲一&山口紗弥加

    エンタメ

     窪田正孝が主演を務める新ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)に、新たに遠藤憲一、山口紗弥加、浅野和之、和久井映見らが出演することが決定した。さらに、浜野謙太、丸山智己、矢野聖人らの共演も発表されている。@@cutter 全122作品を数える“平成の月9”の大トリを飾る本作は「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  窪田演じる主人公の五十嵐唯織は、写真には必ず“真実”が写ると信じている診療放射線技師。米国で最も権威ある放射線科医から認められた後、帰国し、ヒロインの甘春杏(本田翼)が放射線科医として勤務する甘春総合病院で働き始めることに…。  遠藤が演じるのは、唯織や甘春杏、広瀬アリス演じる新人技師・広瀬裕乃が勤務する甘春総合病院で先輩放射線技師として働く小野寺俊夫。『氷の世界』以来約20年ぶりの月9レギュラー出演となる遠藤は「月9は恋愛ものが多いし華やかなので、もう出演する機会がないのかなと思っていたのですが、今回お声がけいただき、うれしく思います」とコメントしている。  唯織と同じく放射線技師として勤務する男勝りな独身女子・黒羽たまきを演じる山口は「急いで原作を読み、思ったことは、“一刻も早くドラマにして皆さんにお届けしたい!”です。今までにない医療ドラマになる、そんな予感にわくわくしています」と意気込みを語った。  浅野は、唯織らが籍を置く放射線科の科長兼診療部長を務める鏑木安富を演じる。院長の座を狙い、唯織を厄介者扱いする鏑木を演じることについて「徹底的に“嫌われ者”を演じたいと思います!」と力強くコメントしている。  和久井は、甘春総合病院の“良心”として技師らを束ねる病院長・大森渚役。2012年放送の大河ドラマ『平清盛』において、窪田の母親役を演じた和久井は「窪田さんとまたドラマでご一緒させていただけることがとてもうれしく、スタッフ・キャスト皆様、また再会させていただける方、初めてご一緒させていただける方との時間にうれしくも緊張しております」と語った。  さらに、唯織らと共に放射線技師として働く軒下吾郎を浜野謙太、威能圭を丸山智己、そして悠木倫を月9初出演の矢野聖人がそれぞれ演じる。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』は、フジテレビ系にて4月8日より毎週月曜21時放送(初回は30分拡大)。

  • 『ラジエーションハウス』に出演する広瀬アリス

    広瀬アリス、4月期『ラジエーションハウス』で8年ぶり月9出演

    エンタメ

     女優の広瀬アリスが、窪田正孝が主演を務める新ドラマ『ラジエーションハウス』(フジテレビ系/毎週月曜21時)に出演することが発表された。広瀬は、2011年1月期放送の『大切なことはすべて君が教えてくれた』以来8年ぶりの「月9」出演となる。@@cutter 全122作品を数える“平成の月9”の大トリを飾る本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  窪田演じる主人公の五十嵐唯織は、写真には必ず“真実”が写ると信じている診療放射線技師。米国で最も権威ある放射線科医から認められた後、帰国し、ヒロインの甘春杏(本田翼)が放射線科医として勤務する甘春総合病院で働き始めることに…。  広瀬が演じる広瀬裕乃は、唯織の同僚の新人放射線技師。患者の役に立ちたい一心で何事も一生懸命頑張るが、物覚えが悪くて不器用なため、いつも空回りしてばかり。喜怒哀楽が激しく、感情がすぐ顔に出てしまい、いかなる時も自由奔放な唯織に振り回されてしまうが、次第に一番のよき理解者になっていく。と、同時に異性としても気になる存在になるというキャラクターだ。  本作で初めて医療ドラマに挑戦する広瀬は、8年ぶりの月9出演について「あれはまだ16歳のときでしたね。あの時には感じなかった緊張感があります。やっぱり当時は怖いもの知らずと言いますか…。こんなこと言っちゃいけないかもしれないですが、同世代の方が多かったので“お仕事”という意識が薄かったように思います(笑)」と振り返る。  自身が演じる裕乃については、「裕乃は真っすぐな女の子で、物語の中で唯一“白”というか、視聴者の皆さんと一番近い目線で物事を見られるキャラクター」と分析し、「裕乃ほど私は喜怒哀楽が激しいとは思っていませんが、多分激しいんだと思います。周りの方の話を聞くと…(笑)。本当に似ている部分が多いので、“ありのまま”とまではいきませんが、自分の思いをしっかり出していきたいと思っています」と意気込みを語っている。  『ラジエーションハウス』は、フジテレビ系にて4月より毎週月曜21時放送。

  • 『ラジエーションハウス』で共演する(左から)窪田正孝、本田翼

    窪田正孝、平成ラスト“月9”主演 ヒロインに本田翼

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演、本田翼がヒロイン役を務め、医療を縁の下で支える放射線技師の活躍を描くドラマ『ラジエーションハウス』(フジテレビ系/毎週月曜21時)が、4月からスタートすることが分かった。窪田は「月9」ドラマ初主演で、本作を含め全122作品を数える“平成の月9”の大トリを飾る。@@cutter 本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  窪田演じる主人公の五十嵐唯織は、写真には必ず“真実”が写ると信じている診療放射線技師。米国で最も権威ある放射線科医から認められた後、帰国し、ヒロインの甘春杏(本田)が放射線科医として勤務する甘春総合病院で働き始めることに…。  窪田の「月9」ドラマ出演は『SUMMER NUDE』(2013年7月期)以来、約6年ぶり。また、本作にて5年連続で連続ドラマの主演を務めることになる。窪田は「今回、初めてとなる月9の主演にお声をかけていただき大変光栄に思います。唯織の真っすぐな感性、技師としての才能、憧れの杏への気持ちを、彼に寄り添いながら体現できればと思っています。4月にふさわしい爽やかなドラマを、“ラジハ”メンバーで築き上げていきたいです」と意気込んでいる。  一方、本田が演じるヒロインの杏は、甘春総合病院の前院長の娘で放射線科医。父の愛した病院を守りたい、患者を常に助けたいと思っているが、患者よりも病院のルールや効率を優先してしまうことも。また医師免許を持たない放射線技師を見下している。強気で勝ち気でありながら、実は自分にまったく自信がない。加えて、真面目でプライドが人一倍高いばかりに、何でも一人で背負い込んでしまう一面もある人物。  本田は「初の医者役、そして命に携わる物語なので重みや責任を感じています。またこれまで放射線科医の方に直接お会いした経験がないので事前に勉強をし、撮影に臨みたいと思います。原作は読み進めていく度にいろいろな発見がありましたので、新しいタイプの医療ドラマをお届けできるのではないかと思っています」と話している。  『ラジエーションハウス』は、フジテレビ系にて4月より毎週月曜21時放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access