TWO WEEKS 関連記事

  • ドラマ『TWO WEEKS』鈴木仁サプライズバースデーの様子

    鈴木仁、20歳のバースデーに三浦春馬&三浦貴大から大人のメッセージ

    エンタメ

     俳優の三浦春馬が主演を務める、新ドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)で、刑事役を演じる俳優の鈴木仁が7月22日に誕生日を迎え、21日に撮影現場で誕生日サプライズが行なわれた。@@cutter 本作は、殺人の濡れ衣を着せられた三浦演じる主人公・結城大地が、白血病の娘の命を救うために挑む2週間の逃亡劇を描いたタイムリミットサスペンス。三浦のほか芳根京子、比嘉愛未、三浦貴大、高嶋政伸、黒木瞳らが脇を固める。  鈴木が演じるのは、三浦貴大扮する刑事・有馬海忠と共に、結城を追い詰めていく新人刑事・乾大輝役。  今回お祝いが行われたのは、逃亡中の結城を追う有馬、乾、葛城茂(バッファロー吾郎A)、国木田孝(増田修一朗)が所属する刑事課に、検事・月島(芳根)と事務官の角田(近藤公園)が訪れるシーン。  撮影の冒頭で、「明日22日は鈴木仁君の20歳の誕生日です!」と紹介されると、捜査情報が書き込まれたホワイトボードが裏返り、スタッフからのメッセージが登場。続いてバースデーソングと共に、バッファローが鈴木の写真がプリントされた誕生日ケーキを運び込んだ。「おめでとう!」という声の中ロウソクの灯を吹き消し、三浦貴大から「おめでとうございます!」とプレゼントを手渡された鈴木は「ありがとうございます」と恐縮しきりの様子。20歳の抱負を聞かれると、「先輩方と楽しくお酒を飲めたらいいなと思います。これからもまだまだ撮影は続きますが、後輩らしくフレッシュさを忘れず、頑張っていきたいと思います。結城を捕まえましょう!」と、逃亡中の結城を追う刑事らしく場を盛り上げた。  20日に行われた鈴木のバースデーイベントでは、事務所の先輩・三浦春馬から、「大人になるために大切なことは、きっと自分の出来ないことではなく、出来ることを数え、その出来ることに誇りと自負を持って仕事を進めていけばいいんじゃないかと思います。“ジンジン”もそれを忘れずにマイペースにどんどん良い仕事をしていってください」とメッセージが寄せられていた。先輩役を務める三浦貴大からは、「大人としてアドバイス出来ることは、『僕みたいな大人にはなるな!』ってことですね(笑)。記憶を失うほどお酒を飲む大人にもなって欲しくないですし、仕事面では『僕みたいに雰囲気で芝居をする男にはなるな!』ですね(笑)」と、実力派俳優から意外とも取れるアドバイスが。  2人の「三浦先輩」の背中を見ながらの撮影が続くが、撮影現場について鈴木は、「すごく幸せです。最初は一番の若手なのでどういう立ち位置で現場にいればいいのかわからない部分もあったんですが、春馬さんや貴大さん、もちろん他の先輩方が居やすくしてくださっています。すごく勉強にもなるし、楽しく成長できる現場です。乾が有馬先輩の背中を追いかけるように、自分も春馬さんと貴大さんの背中を追いかけていきたいです」と語った。  ドラマ『TWO WEEKS』はカンテレ・フジテレビ系にて毎週火曜21時放送。

  • (左から)三浦春馬、稲垣来泉

    『TWO WEEKS』三浦春馬と“娘”とのシーンに「子役の子が天才すぎ」の声

    エンタメ

     三浦春馬が主演を務めるドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の初回が16日に放送され、三浦演じる結城とその娘はなとの心温まるやりとりが話題になっている。@@cutter 本作は、殺人の濡れ衣を着せられた三浦演じる主人公・結城大地が、白血病の娘の命を救うために挑む、2週間の逃亡劇を描いたタイムリミットサスペンス。  人生に希望を持たず毎日をただ刹那的に過ごす結城大地(三浦)の前に、8年前に別れを告げた青柳すみれ(比嘉愛未)が現れる。そして彼女から、結城との娘を産んでいたこと、8歳になる娘のはな(稲垣来泉)が白血病であることを告げられる。  病院で初めてはなと出会った結城は、はなに対して父親としてのいとおしさを覚える。さらに幸運にもドナーに適合し、2週間後に骨髄移植手術をすることになった結城は、生まれて初めて自分の生きる意味を見いだす。しかし何者かにはめられ、殺人事件の犯人として逮捕されてしまう結城だが、娘の命を救うため「俺は人間らしく生きたい」と、決死の逃亡に身を投じる。  反響が多数寄せられたのは、結城と娘はなが出会うシーン。このシーンは結城が回想するたび何度も登場し、「とにかく、はなちゃんが可愛かった」「はなちゃんに癒された」「子役の子が天才すぎ」などの書き込みが相次いだ。  賭博場や高級クラブ、殺人現場に交通事故…と、シリアスなシーンが多い中、小児病棟でのはなと父・結城のやりとりは唯一心洗われる場面。  はなは結城を一目見て「パパ? パパだよね、そうだよね?」と話しかけ、別れ際には「ありがとうパパ」「約束だよ」など、その真っすぐな言葉に胸を打たれた視聴者が続出したようだ。

  • 比嘉愛未

    比嘉愛未、“昭和感”あふれるポーズも…ファン「かわいい」「天使」

    エンタメ

     新ドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系/16日より毎週火曜21時)の公式インスタグラムが15日、出演者である比嘉愛未の美麗ショットを掲載。吸い込まれそうな瞳が特徴的な比嘉を多数紹介するも、「でも、ポーズは昭和」とお茶目なツッコミを寄せている。@@cutter 本作は、殺人の濡れ衣を着せられた三浦春馬演じる結城大地が、白血病の娘の命を救うために挑む、2週間の逃亡劇を描く。芳根京子、比嘉愛未、三浦貴大、高嶋政伸、黒木瞳らが脇を固めるタイムリミットサスペンスだ。  いよいよ本日16日にスタートする本作。同アカウントではここ数日、「【TWO WEEKS 写真部】」と題し、出演者らが撮った共演者の写真を紹介している。    15日に「吸い込まれそうな瞳、そして美貌。朗らかな笑顔に魅了されます。でも、ポーズは昭和…!?」というコメントとともに公開されたのは、三浦貴大が撮影したという大きな目が印象的な比嘉のショット4枚。かわいい笑顔やクールな表情を捉えた4枚だが、ポーズはどこか懐かしい匂いがするキュートな写真4枚だ。  ファンからは比嘉の写真に「艶っぽくて素敵です」「かわいい」「可愛すぎる 天使です」「昭和ポーズも、 気品と笑顔でフルカバー」といったコメントが集まった。また公式から「ポーズは昭和」とツッコまれた比嘉だが、コメント欄にて「つい出ちゃう昭和感笑」と自身のアカウントで返信。このやり取りに、ファンからは「比嘉ちゃんのそういうところが大好き」といった声も届いている。 引用:https://www.instagram.com/twoweeks_ktv/

  • 『TWO WEEKS』第1話場面写真

    今夜スタート『TWO WEEKS』 三浦春馬、娘を救うため決死の逃亡劇が始まる

    エンタメ

     俳優の三浦春馬が主演を務める、新ドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)が今夜16日スタート。娘の命を救うため、三浦ふんする主人公の2週間の逃亡劇が始まる。@@cutter 本作は、殺人の濡れ衣を着せられた三浦演じる結城大地が、白血病の娘の命を救うために挑む、2週間の逃亡劇を描いたタイムリミットサスペンス。三浦のほか、芳根京子、比嘉愛未、三浦貴大、高嶋政伸、黒木瞳らが脇を固める。  結城大地は、人生に希望を持たず、毎日をただ刹那的に過ごしている男。そんな彼の前に、かつて人生で唯一心の底から愛していながら「ある出来事」により一方的に別れを告げた青柳すみれ(比嘉)が現れる。  そして彼女から、結城との娘を産んでいたこと、そして、8歳になる娘のはな(稲垣来泉)が白血病であることを告げられる。突然明らかになった娘の存在に戸惑いながらも、病院で初めて出会ったはなを前に、父親としてのいとおしさを覚える結城。さらに、幸運にもドナーに適合したことで、結城は再び自分が生きる意味を見いだす。  一方、月島楓(芳根)は、かつて父親を死に追いやった8年前の事件の黒幕に復讐するため、旧知の仲の国会議員・久我早穂子(黒木)の支えも受けながら検事の道に進んだ現在も、独自に捜査を進めていた。そんな中、楓のスパイとして黒幕に迫った協力者が変わり果てた姿で見つかる。そして逮捕されたのは、遺体発見現場にいた結城だった…。  娘・はなの手術まで2週間。このままでは骨髄移植手術を行えないと考えた結城は、娘の命を救うため決死の逃亡に身を投じる。そんな結城の足取りを、刑事・有馬海忠(三浦貴大)をはじめとした警察、そして、協力者の死の真相を確かめたい楓ら検察が追い始める。さらには、結城と古くからの付き合いがある実業家・柴崎要(高嶋)もその動向を虎視眈々とうかがっていた…。  新ドラマ『TWO WEEKS』は、カンテレ・フジテレビ系にて今夜7月16日より毎週火曜21時放送(初回15分拡大)。

  • (左から)新火9ドラマ『TWO WEEKS』制作発表会見に登場した比嘉愛未、稲垣来泉、三浦春馬

    三浦春馬&比嘉愛未、娘役・稲垣来泉にメロメロ 待ち受けに設定も告白

    エンタメ

     俳優の三浦春馬が10日、都内で行われたドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)制作発表会見に出席。子役の稲垣来泉を待受画面に設定しているというゾッコンぶりを明かした。@@cutter 三浦春馬演じる主人公・結城大地が白血病の娘を救うために繰り広げる、無実の罪からの逃亡劇を描く本作。三浦春馬は初めての父親役に挑戦した。  会見には三浦春馬のほか、芳根京子、比嘉愛未、三浦貴大、稲垣来泉、高嶋政伸、黒木瞳が出席した。  撮影について三浦春馬は「ハードではあると思います。毎日逃亡劇ですから走り続けていますし、まだ、ほぼ1人で険しい顔をしているので、ほかのキャストの方と会っただけでいかにうれしかったか。ずっと寂しい思いはしてたんですけど、時折来泉ちゃんが現場に来てくれて癒やされたりもします」とコメント。  娘役の稲垣については「ここまでくびったけになる感じはないだろうなと思ったんですけど…。写真を一緒に撮ったものを待ち受けにさせてもらって、時間を確認するごとに見ることで、心の支えにもなり、モチベーションにもなりますね。実の親御さんになんと言ったらいいか分かんないですけど」とゾッコンの様子で、比嘉は「親ばかだよね」と笑った。  そんな比嘉も「これまで自立した女性とか気の強い女性といった役が多かったので、強さばかりが出てしまって、母性が出るかなと思ったんですけど、だめですね。溢れ出ちゃいます」とメロメロ。「母というよりもこれは恋なんじゃないかというくらい目で追ってしまう。1番のアイドルじゃないかなと思っています」と稲垣を抱きしめていた。  さらには三浦貴大も「来泉ちゃんがかわいいから、すぐにニヤニヤしちゃう。たまにパパって呼んでくれるんですけど」と吐露。稲垣は「間違えちゃうんだもん」と身をよじらせていた。  また、芳根との共演が5作品目だという三浦貴大は芳根について「初めて共演したときは17歳とかだったよね。年に1回共演させていただいてるんですけど、だんだん大人になっていって…。最初の頃はロケ現場を元気に駆け回っていたのに。お父さんじゃないですけど、感動しております」と回顧。芳根は恥ずかしそうに笑っていた。  ドラマ『TWO WEEKS』は、カンテレ・フジテレビ系にて7月16日より毎週火曜21時放送(初回15分拡大)。

  • (左から)杏、石原さとみ、深田恭子

    石原さとみ、深田恭子、杏の主演作も!「2019年夏ドラマ期待度ランキング」

    エンタメ

     「2019年夏ドラマ期待度ランキング」が発表され、女優の黒木華が主演を務めるドラマ『凪のお暇』(TBS系/7月19日より毎週金曜22時)が1位に輝いた。2位には『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS系/7月9日より毎週火曜22時)、3位には『ルパンの娘』(フジテレビ系/7月11日より毎週木曜22時)が続いている。@@cutter 今回の結果は、国内最大級の映画とドラマのレビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」が、2019年6月26日までのサービス内データに基づきランキング化したもの。  1位の『凪のお暇』は、コナリミサトの同名漫画が原作。2位には佐々木倫子による漫画『Heaven?』が原作の石原さとみ主演作『Heaven?~ご苦楽レストラン~』、3位には深田恭子が主演を務める『ルパンの娘』がピックアップされた。  4位には東村アキコの同名漫画が原作の『偽装不倫』(日本テレビ系/7月10日より毎週水曜22時)、5位にはムロツヨシ演じる主人公が日本最果ての街に左遷される『Iターン』(テレビ東京系/7月12日より毎週金曜24時12分)、6位には大泉洋が主演を務め『半沢直樹』の池井戸潤が原作を担当した今夜スタート『ノーサイド・ゲーム』(TBS系/7月7日より毎週日曜21時)が入った。  7位には多部未華子演じる経理女子の目線で見るお仕事ドラマ『これは経費で落ちません!』(NHK総合/7月26日より毎週金曜22時)、8位は三浦春馬主演のサスペンス・ミステリー『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系/7月16日より毎週火曜21時)、9位に上野樹里が主演する月9の医療ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系/7月8日より毎週月曜21時)、10位には間宮祥太朗が主演を務め、漫才コンビの成長を描いた『しゃべり暮らし』(テレビ朝日系/7月27日より毎週土曜23時15分)が続いている。

  • 比嘉愛未

    比嘉愛未、“娘”を前に「可愛すぎて顔がにやける」 ファン「本当のママみたい」

    エンタメ

     女優の比嘉愛未が29日、自身のインスタグラムを更新。7月より放送されるドラマ『TWO WEEKS』(フジテレビ、カンテレ系/7月16日より毎週火曜21時)にて娘役を演じる子役・稲垣来泉とのツーショットを投稿した。@@cutter ドラマ『TWO WEEKS』は三浦演じる主人公・結城が白血病の娘の命を救うため、2週間の逃亡劇を描くタイムリミットサスペンス。比嘉は結城の元恋人で、シングルマザーとして生きる青柳すみれを演じる。  「娘からのインタビュー中 可愛すぎて顔がにやける笑」と比嘉が投稿したのは、稲垣が比嘉にマイクを向けてインタビューをしているようなポーズをとった2ショット。比嘉は満面の笑みをこぼしており、続く2枚目の写真でも母のような慈愛に満ちた笑顔で稲垣を見つめている。  この投稿を受け、父親役を演じる俳優の三浦春馬も「可愛すぎる」とコメントし、泣いている顔と四葉のクローバーの絵文字を添えて絶賛した。また、ファンからも「比嘉ちゃん、本当のママみたい」「インタビュー中ににやけるってもう親ですか?ほんとにかわいいです」と、たまらない様子の反応が多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/higa_manami/

  • 『TWO WEEKS』に出演する磯村勇斗

    磯村勇斗、『TWO WEEKS』で三浦春馬と共演 自身初の殺し屋に

    エンタメ

     7月16日から放送の新ドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)より、磯村勇斗の出演が新たに決定。三浦春馬演じる結城大地が逃亡中に遭遇する謎の男・灰谷として、自身初の殺し屋役を演じる。@@cutter 本作は、殺人の濡れ衣を着せられた三浦演じる主人公・結城大地が、白血病の娘の命を救うために挑む2週間の逃亡劇を描いたタイムリミットサスペンス。三浦のほか芳根京子、比嘉愛未、三浦貴大、高嶋政伸、黒木瞳らが脇を固める。  結城大地(三浦)は、希望もなく毎日をただ刹那的に過ごしている男。そんな彼の前に、かつて人生で唯一心から愛していながら一方的に別れを告げた青柳すみれ(比嘉)が現れる。そして彼女から、結城との間に授かった8才になる娘のはな(稲垣来泉)の存在と、彼女が白血病であることを告げられる。父親としての愛情を覚える結城だったが、8年前に起きたある事件の犯人と疑われる事態に。はなの手術まで2週間。このままでは骨髄移植手術を行えないと考えた結城は、娘の命を救うため決死の逃亡に身を投じる…。  磯村が演じるのは、逃亡中の結城が遭遇する冷酷な殺し屋・灰谷。闇をまとった不気味な雰囲気と殺気を帯びた目が印象的だが、誰からの指示で動いているか、そして結城にとって敵か味方かも不明の謎の男。灰谷の登場は第2話(7月23日放送)からだが、結城の逃亡劇に大きな影響を与える重要なキーパーソンとなる。三浦春馬とは激しいアクションシーンも予定されている。  本作の出演について、磯村は「脚本を読んでいくと、『次はどうなる? 次は次は?』とページをめくる勢いが止まらなかったです。それくらいスリリングで、伏線が散りばめられていて、ヒヤヒヤしました」と語り、自身が演じる役柄については「灰谷はある事情を抱えた闇深い謎の男。口数が少なく表情で伝えるシーンが多いので、目の芝居が必要になるかと。見え方は謎の男ですが、演じる側としてはしっかりバックボーンを持って臨みたいと思います」と意気込みを語った。  ドラマ『TWO WEEKS』はカンテレ・フジテレビ系にて7月16日より毎週火曜21時放送(初回15分拡大)。

  • (左から)三浦春馬、比嘉愛未

    三浦春馬&比嘉愛未、寄り添う2ショットに「まさに美男美女」の声

    エンタメ

     7月16日から放送の新ドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の公式インスタグラムが23日に更新。主演を務める三浦春馬と、共演の比嘉愛未とのツーショットが掲載され、多くのファンから「美男美女」「眩しい笑顔の素敵なツーショット」といった声が続出している。@@cutter 本作は、殺人の濡れ衣を着せられた三浦演じる主人公・結城大地が、白血病の娘の命を救うために挑む、2週間の逃亡劇を描いたタイムリミットサスペンス。比嘉は結城の元恋人で、シングルマザーとして生きる女性を演じる。  「三浦春馬さん&比嘉愛未さんの素敵なオフショット こちらは回想シーンでのお2人 微笑ましいカップルだったんです。昔は…」という意味深なコメントと共に投稿された写真は、海をバックに三浦と比嘉が寄り添う笑顔の2人。過去にはすてきな恋人同士であった2人に、ドラマ本編では何が起こってしまうのだろうか。  コメント欄には、「まさに美男美女」「爽やかな二人!」といった称賛が相次いでいるほか、「こんなに幸せな二人に何が!!早くみたい」「こんなに幸せそうな2人が何で別れちゃったんでしょうね?」など、ドラマを期待する声が早くも多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/twoweeks_ktv/

  • 『TWO WEEKS』に出演する鈴木仁

    鈴木仁、『TWO WEEKS』で初の社会人役 三浦春馬を追う新人刑事に

    エンタメ

     俳優の三浦春馬が主演を務める、7月16日スタートの新ドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)に、俳優の鈴木仁が出演することが決定した。主人公を追う刑事を担当し、自身にとって初となる社会人役を演じる。@@cutter 本作は、殺人の濡れ衣を着せられた三浦春馬演じる主人公・結城大地が、白血病の娘の命を救うために挑む2週間の逃亡劇を描いたタイムリミットサスペンス。結城を追う新米検事・月島楓役を芳根京子、結城の元恋人・青柳すみれ役を比嘉愛未、結城を追い詰めていく刑事・有馬海忠役を三浦貴大、悪徳実業家・柴崎要役を高嶋政伸、国会議員・久我早穂子役を黒木瞳が担当する。  鈴木が演じるのは、純粋で生真面目な新人刑事・乾大輝。尊敬する先輩刑事の有馬のバディーとして、逃亡した結城捜索の最前線に立つ。鋭い洞察力と冷静な判断力を持つ有馬のもとで、新人の乾が刑事として成長していく姿も物語では描かれていく。  鈴木は脚本を読んだときの印象について「2週間というタイムリミットの中で過ごしていく緊迫感や、登場人物それぞれの人間模様に強いメッセージ性がある作品だなと思いました。僕が演じるのは『追う側』ですが、どう自分がこの逃亡劇に関わっていこうかなと、すごく深く考えながら脚本を読ませていただきました」とコメント。  これまで『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS)や『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ)などで高校生役を演じることが多かった鈴木は、今作で初めて社会人役を演じ、新鮮なスーツ姿を披露する。「純粋にうれしさもありつつ、緊張もしています。警察官の制服や、刑事としてのスーツを着ると自然と背筋が伸びます(笑)。こういった役にチャレンジしたいと思っていましたし、今回は、高校生役を演じてきた自分とはガラッと変わった新しい姿を見せられる機会だと思います。そういう部分を見てくださる方に感じていただければと思います」と新たなチャレンジが叶った喜びを明かす。  そして、自身が演じる乾について「刑事として結城を追っていく立場でありつつも、まだまだ未熟な部分が乾にはあると思います」と分析し、「そういう意味では、有馬という先輩を見ながら、物語が進む中で乾が成長していくところを見せていければと思います。自分自身も乾と同じように、三浦貴大さんという先輩を見ながら芝居を頑張っていきたいと思います」と意気込みを語っている。  ドラマ『TWO WEEKS』はカンテレ・フジテレビ系にて7月16日より毎週火曜21時放送。

  • ドラマ『TWO WEEKS』ティザー映像より

    三浦春馬が汗だくで駆け回る『TWO WEEKS』ティザー映像解禁

    エンタメ

     俳優の三浦春馬が主演を務める、7月スタートの新ドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)より、ティザー映像が解禁された。@@cutter 本作は、殺人の濡れ衣を着せられた三浦演じる主人公・結城大地が、白血病の娘の命を救うために挑む2週間の逃亡劇を描いたタイムリミットサスペンス。三浦のほか芳根京子、比嘉愛未、三浦貴大、高嶋政伸、黒木瞳らが脇を固める。  結城(三浦)は殺人未遂の罪で服役した過去を持ち、現在は人生に希望を持たず、毎日をただ刹那的に過ごしている男。そんな彼の前に、かつて人生で唯一心の底から愛していながら「ある出来事」により一方的に別れを告げた女性が現れる。そして彼女から、結城との娘を産んでいたこと、そして、“はな”という名の8歳になるその娘が白血病であることを告げられる。  突然明らかになった娘の存在に戸惑いながらも、病院で初めて出会ったはなに父親としてのいとおしさを覚える結城。さらに、幸運にもドナーに適合したことで、結城は再び自分が生きる意味を見いだす。しかし、その矢先、結城は何者かにはめられ、殺人事件の犯人として逮捕されてしまう。このままでは2週間後に行われる骨髄移植手術を行えないと考えた結城は、はなの命を救うため、決死の逃亡に身を投じる…。  公開されたティザー映像は、タイトルの「TWO WEEKS」(=14日間)をモチーフに制作。「14」、「13」、「12」と徐々にカウントダウンが進み、緊迫感が高まる中、殺人の濡れ衣を着せられた結城が逃亡する姿が描かれている。「タイムリミットは2週間 娘の命と無実の罪 愛するものを救えるか」というナレーションと共に、白血病に侵された娘の命を必ず救うという決意がにじみ出た結城の強い表情が印象的だ。  ドラマ『TWO WEEKS』はカンテレ・フジテレビ系にて7月16日より毎週火曜21時放送(初回15分拡大)。

  • ドラマ『TWO WEEKS』に出演する(左上から)比嘉愛未、三浦貴大、(左下から)高嶋政伸、黒木瞳

    比嘉愛未、連ドラ初の母親役挑戦 三浦春馬主演『TWO WEEKS』キャスト発表

    エンタメ

     俳優の三浦春馬が主演を務める、7月スタートの新ドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)に、女優の比嘉愛未が出演することが決定した。比嘉は連続ドラマ初の母親役を演じる。@@cutter 本作は、殺人の濡れ衣を着せられた三浦演じる主人公・結城大地が、白血病の娘の命を救うために挑む2週間の逃亡劇を描いたタイムリミットサスペンス。  比嘉が演じるのは、主人公・結城(三浦)の元恋人・青柳すみれ。8年前に結城から一方的に別れを告げられた後、結城に黙って娘のはな(稲垣来泉)を産み、シングルマザーとして育ててきた。しかし、白血病に侵されたはなのドナー適合者を探すため、はなの父親である結城のもとを訪れる。  ドラマ、映画、舞台でさまざまな役を演じ、最近では、連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)での妖艶なキャラクターが印象的な比嘉が今作で演じるすみれは、結城との辛い過去や、はなの病気といった不運に見舞われながらも、ひたむきに生きる芯の強い女性。母親として、はなを守りたいという母性、不安にかられて時折見せる弱さといった心の機微をどのように表現するのか注目だ。  比嘉は「一気に世界観に入り込めたので、ぜひ演じさせていただきたいなと思いました」と台本を読んだときのことを振り返る。「連ドラでは初めての母親役ということで、役者として1つのターニングポイントになる挑戦です。だけど、乗り越えた先は絶対景色が変わるような気がしますので、楽しみながら取り組んでいきたいです」と初挑戦への意気込みを語った。  今回併せて、俳優の三浦貴大、高嶋政伸、女優の黒木瞳の出演も発表され、三浦貴大は、比嘉演じるすみれの婚約者で、三浦春馬演じる主人公を追い詰める敏腕刑事役、高嶋は己の欲のためなら手段を選ばない実業家役、黒木は芳根京子演じるヒロインの強力な味方となる国会議員役をそれぞれ演じる。  ドラマ『TWO WEEKS』はカンテレ・フジテレビ系にて7月より毎週火曜21時放送。

  • ドラマ『TWO WEEKS』に出演する芳根京子

    芳根京子、三浦春馬主演ドラマ『TWO WEEKS』で初の検事役に挑戦

    エンタメ

     俳優の三浦春馬が主演を務める、7月スタートの新ドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)に、女優の芳根京子が出演することが決定した。芳根は初の“火9”ドラマへの出演で、三浦との共演は女優デビューとなった2013年の『ラスト・シンデレラ』(フジテレビ系)以来。本格的な共演は初めてとなる。@@cutter 本作は、殺人の濡れ衣を着せられた三浦演じる主人公・結城大地が、白血病の娘の命を救うために挑む2週間の逃亡劇を描いたタイムリミットサスペンス。  芳根が演じるのは、正義感にあふれた新米検事・月島楓。8年前の殺人未遂事件がきっかけで父親を亡くし、家庭を壊された経験があり、検事となった現在も仕事をこなしながら、事件の黒幕に復讐するため、独自に捜査を進めている。しかし、ある日、楓のスパイとして黒幕に迫った協力者が変わり果てた姿で発見されてしまう。遺体発見現場に居合わせたのは結城で、その結城が逃亡したとの知らせを聞いた月島は、事件の担当検事に名乗り出る。  芳根は脚本を読んだときの印象について「登場人物の意外な関係や、裏の顔が次々と明らかになっていくので、どんどん先が気になる物語だなと思いました。『結城が娘を救うために逃亡する』という話を軸に、それぞれがどういう行動を起こすのか、私自身も楽しみです」とコメント。  三浦との共演については「デビュー作は自分の中ですごく大事で大きな存在で、そのときご一緒した三浦さんともっと近い役で共演できることがすごくうれしいです。その時はまだ何もわからない中での撮影で『いるだけ』という感じだったので、自分の中でステップアップした感覚にもなりますし、初心に戻れると思いました」と話す。  芳根が演じる楓は、大学卒業後すぐに司法試験に合格した秀才で、テキパキと仕事をこなす反面、時折おっちょこちょいなところも見せる女性。しかし、その内面には、父親の事件の黒幕への強い復讐心を抱えているという、さまざまな一面を見せるキャラクターだ。  芳根は「楓は私より年上の25歳ですが、監督からは『大人びた演技でなく等身大でやってください』とおっしゃっていただきました」と明かし、「楓にとって受け入れられなかったり、信じられないことがたくさん起きる中で、感じたままの感情を出していこうと思います。検事というお仕事の責任を感じながらも背伸びし過ぎず、『正義って何だろう?』と自分の中で問いながら演じていきたいと思います」と意気込みを語った。  ドラマ『TWO WEEKS』はカンテレ・フジテレビ系にて7月より毎週火曜21時放送。

  • 『TWO WEEKS』に主演する三浦春馬

    三浦春馬、愛する娘を救うため逃亡犯に 7月期タイムリミットサスペンス主演

    エンタメ

     俳優の三浦春馬が、7月にスタートする新ドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)で主演を務めることが明らかになった。殺人のぬれぎぬを着せられた主人公・結城大地(三浦)が白血病の娘を救うため逃亡する2週間のタイムリミットサスペンスで、三浦は“火9ドラマ”初主演となる。@@cutter 結城は殺人未遂の罪で服役した過去を持ち、現在は人生に希望を持たず、毎日をただ刹那的に過ごしている男。そんな彼の前に、かつて人生で唯一心の底から愛していながら「ある出来事」により一方的に別れを告げた女性が現れる。そして彼女から、結城との娘を産んでいたこと、そして、“はな”という名の8歳になるその娘が白血病であることを告げられる。  突然明らかになった娘の存在に戸惑いながらも、病院で初めて出会ったはなに父親としてのいとおしさを覚える結城。さらに、幸運にもドナーに適合したことで、結城は再び自分が生きる意味を見いだす。しかし、その矢先、結城は何者かにはめられ、殺人事件の犯人として逮捕されてしまう。このままでは2週間後に行われる骨髄移植手術を行えないと考えた結城は、はなの命を救うため、決死の逃亡に身を投じる…。  結城は“退廃的な生き方”と、本来持っていたはずの“情に厚い人間らしさ”の微妙なバランスが求められる役どころ。逃亡の中で次第に父親として心の成長を遂げていく姿を、30歳の節目を前にした三浦が新たな挑戦として演じる。  三浦は脚本を読んだ感想を「今まで存在を知らなかった娘のために命をかけて2週間奮闘するという、すごくシンプルだけど、強い思いが込められています。また、回を追っていくごとに主人公の過去や登場人物たちの隠されたつながりが、スリリングな展開で明らかになっていくので、本当に魅力的な作品だという印象を受けました」と明かす。  さらに「自分の子どもと接する役どころは今まで演じたことがなかったので、初めてこういう役を演じることになる新鮮さや、自分がこのキャラクターをどう『生きる』のかというところにすごく興味があります」と話す三浦。「結城の父性愛がどう芽生え、どう大きく膨らんでいくのかということを、しっかりスタッフやキャストの皆さんと一緒に考えていきたいです。そして、驚きなのか愛情なのか、娘のはなちゃんとのシーンで自分の中に何が沸き起こるのか。今から楽しみですね!」と意気込んでいる。  ドラマ『TWO WEEKS』はカンテレ・フジテレビ系にて7月より毎週火曜21時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access