Iターン 関連記事

  • ドラマ24『Iターン』エンディングテーマを担当する竹原ピストル

    ムロツヨシ×古田新太『Iターン』、エンディングテーマは竹原ピストル

    エンタメ

     俳優のムロツヨシと古田新太のダブル主演で7月にスタートするドラマ『Iターン』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)のエンディングテーマが、竹原ピストルの「ON THE ROAD」に決定した。@@cutter 本作は、『侠飯』『すじぼり』などの作品で知られる福澤徹三の同名小説を、『下衆の愛』『獣道』などを手掛けた映画監督・内田英治が全話の脚本・監督を務めて実写ドラマ化。左遷先の“修羅の街”で対立する二大ヤクザににらまれ、不幸の無限ループに陥る中年サラリーマンを、テレビ東京のドラマには初主演となるムロが演じ、昔気質なヤクザの親分を古田が務める。  中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロ)は45歳にして、左遷同然の人事で、妻と娘を東京に残し、ヤクザが牛耳る“修羅の街”へ単身赴任することに。社員2名の阿修羅支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」と無理難題を押し付けられ、懸命に売り上げアップを図る。そんな中、狛江が制作を担当したチラシにとんでもないミスが発覚。しかも怒り心頭の依頼主が「竜崎組」というヤクザの会社だったことが分かる。追い打ちをかけるように、阿修羅市を牛耳る「岩切組」の組長・岩切猛(古田)も怒鳴り込んでくる…。  エンディングテーマを担当する竹原ピストルは、2003年に2人組ユニット「野狐禅」でデビュー。解散後、ソロ活動を精力的に続け、2015年にはCMソングなどで話題に。2017年大晦日の紅白歌合戦に初出場した。また、役者としても評価が高く、数々の映画への出演歴がある。2016年に公開された、西川美和監督『永い言い訳』での好演により、キネマ旬報の助演男優賞、日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞している。  エンディングテーマの曲名は「ON THE ROAD」。竹原の圧倒的な歌唱、歩き続ける大人たちの背中をそっと押してくれる言葉、キャッチーなメロディがあいまった、脳内リフレイン必至の楽曲となっている。  ドラマ24『Iターン』は、テレビ東京系にて7月12日より毎週金曜24時12分放送。

  • ドラマ24『Iターン』に出演する黒木瞳

    ムロツヨシ×古田新太『Iターン』、黒木瞳らクセあり追加キャスト発表

    エンタメ

     俳優のムロツヨシと古田新太のダブル主演で7月にスタートするドラマ『Iターン』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)に、レギュラーキャストとして女優の黒木瞳、俳優の相島一之、笹野高史、ラッパーの般若らが出演することが発表された。それぞれクセの強いキャラクターを演じる。@@cutter 本作は、『侠飯』『すじぼり』などの作品で知られる福澤徹三の同名小説を、『下衆の愛』『獣道』などを手掛けた映画監督・内田英治が全話の脚本・監督を務めて実写ドラマ化。左遷先の“修羅の街”で対立する二大ヤクザににらまれ、不幸の無限ループに陥る中年サラリーマンを、テレビ東京のドラマには初主演となるムロが演じ、昔気質なヤクザの親分を古田が務める。  中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロ)は45歳にして、左遷同然の人事で、妻と娘を東京に残し、ヤクザが牛耳る“修羅の街”へ単身赴任することに。社員2名の阿修羅支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」と無理難題を押し付けられ、懸命に売り上げアップを図る。そんな中、狛江が制作を担当したチラシにとんでもないミスが発覚。しかも怒り心頭の依頼主が「竜崎組」というヤクザの会社だったことが分かる。追い打ちをかけるように、阿修羅市を牛耳る「岩切組」の組長・岩切猛(古田)も怒鳴り込んできて…。  ドラマ24初出演の黒木が演じるのは、タロット占いができるスナック「来夢来都(らいむらいと)」のママ、麗香。「なんてハチャメチャな面白い作品だろうと思い、実現するのであれば参加させていただきたいと申し上げました。ハチャメチャなんですけど、その中に人間味があって引き付けられたんじゃないかなと思います」とコメント。  「麗香は、岩切組も竜崎組もどちらも知っている場末のスナックのママ。憩いの場でもありますし、新しく入ってくる狛江さんにもタロット占いで助言をしたりします。占いを通して哲学を言うんですよね。憎いセリフが多くていいなぁと思います」と役どころについて語り、共演する古田のことは「前に夫婦を演じたり、私の宝塚時代をご覧になっていたりということで、なんとなく同志のように思っていましたが、岩切と麗香にもそんな感じがあると思います。楽しみにしていただきたいです」と話し、期待を寄せた。  ほかに、狛江の上司で狛江に左遷を命じる宣告社・東京本社部長の高峰博之役を相島、阿修羅支店と昔からの付き合いの土沼印刷社長の土沼昭吉役を笹野、狛江の妻・敦子役を渡辺真起子が演じ、竜崎組と怪しいつながりがある大手銀行の支店長・瀬戸川達郎役を手塚とおる、阿修羅警察署刑事・城島豊役を河原雅彦、竜崎組組員で睨みをきかせている神野晃役をラッパーの般若、同じく竜崎組組員の黒田啓二役は田本清嵐、麗香の店で働くホステス・めぐみ役を森田望智がそれぞれ務める。  ドラマ24『Iターン』は、テレビ東京系にて7月12日より毎週金曜24時12分放送。

  • ドラマ24『Iターン』に出演する渡辺大知

    渡辺大知&鈴木愛理、『Iターン』でムロツヨシを困らせる若手社員に

    エンタメ

     俳優のムロツヨシと古田新太のダブル主演で7月にスタートするドラマ『Iターン』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)に俳優の渡辺大知と元℃‐uteの鈴木愛理が出演することが発表された。2人は、ムロ演じる狛江を困らせる、単身赴任先の若手社員役を務める。@@cutter 本作は、『侠飯』『すじぼり』などの作品で知られる福澤徹三の同名小説を、『下衆の愛』『獣道』などを手掛けた映画監督・内田英治が全話の脚本・監督を務めて実写ドラマ化。左遷先の“修羅の街”で対立する二大ヤクザににらまれ、不幸の無限ループに陥る中年サラリーマンを、テレビ東京のドラマには初主演となるムロが演じる。  中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロ)は45歳にして、左遷同然の人事で、妻と娘を東京に残し、ヤクザが牛耳る“修羅の街”へ単身赴任することに。社員2名の阿修羅支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」と無理難題を押し付けられ、懸命に売り上げアップを図る。そんな中、狛江が制作を担当したチラシにとんでもないミスが見つかり、怒り心頭の依頼主は「竜崎組」というヤクザの会社だったことが分かる。追い打ちをかけるように、阿修羅市を牛耳る「岩切組」の組長・岩切猛(古田)も怒鳴り込んでくる。    阿修羅支店の若手社員・柳直樹を演じる渡辺は「ぼくは無気力に仕事をこなしていながらも、胸に熱いものを持った柳という男をやらせて頂きました。ムロツヨシさん演じる狛江支店長との出会いを経て、少しずつ変化していくところが見せられたらなぁと思ってやりました」と語る。  鈴木は、もう1人の阿修羅支店の若手社員・吉村美月役。「昨年ソロデビューしたばかりで、いろんなことにチャレンジしたいなという時に、すごく嬉しいお話をいただけたので、みっちり勉強できたらいいなと思って臨みました」とコメント。「新しく狛江支店長が来ることによって感化され、恋をすることによって感化され、少しずつ変わっていきます。その変化を演技やセリフだけじゃなく、メイクでも工夫しているので、そういうところもみてもらえたらいいなと思います」と見どころをアピールした。  ドラマ24『Iターン』は、テレビ東京系にて7月12日より毎週金曜24時12分放送。

  • ドラマ24『Iターン』メインビジュアル

    ムロツヨシ×古田新太『Iターン』メインビジュアル解禁 オープニングテーマはにゃんぞぬデシ

    エンタメ

     俳優のムロツヨシと古田新太のダブル主演で7月にスタートするドラマ『Iターン』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)より、ムロ演じる主人公・狛江が、古田と田中圭のふんする町の二大ヤクザに挟まれて頭を抱えるメインビジュアルが解禁された。また、オープニングテーマは女性シンガーソングライター・にゃんぞぬデシが書き下ろした「勘違い心拍数」に決まった。@@cutter 本作は、『侠飯』『すじぼり』などの作品で知られる福澤徹三の同名小説を、『下衆の愛』『獣道』などを手掛けた映画監督・内田英治が全話の脚本・監督を務めて実写ドラマ化。左遷先の“修羅の街”で対立する二大ヤクザににらまれ、不幸の無限ループに陥る中年サラリーマンを、テレビ東京のドラマには初主演となるムロが演じる。  中堅広告代理店に勤める狛江光雄(ムロ)は45歳にして、左遷同然の人事で、妻と娘を東京に残し、ヤクザが牛耳る“修羅の街”へ単身赴任することに。社員2名の貧弱支店の支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」と無理難題を押し付けられ、懸命に売り上げアップを図る。そんな中、狛江が担当したチラシにとんでもないミスが見つかり、怒り心頭の依頼主・竜崎(田中)の会社は「竜崎組」というヤクザであることが発覚。追い打ちをかけるように、「岩切組」の親分・岩切猛(古田)も怒鳴り込んでくる。  メインビジュアルでは、頭を抱える狛江を、ネクタイを引っ張りながらにらみ付ける岩切と、お金で揺さぶりをかける竜崎のヤクザ2人が両脇から取り囲んでおり、3人それぞれの役柄や関係性が表れた構図となっている。  オープニングテーマ「勘違い心拍数」は、平成生まれ20歳のにゃんぞぬデシが、ドラマからインスピレーションを得て、毎日を奮闘する誰しもに寄り添う応援ソングとして書き下ろした。「この度初めてドラマのオープニングをやらせていただくので、心拍数が上がっています」というにゃんぞぬデシ。「私は主人公の狛江さんが心の中に住んでいたり、住まざるをえない環境にいる方は多いのではないかと思いました。人の顔色を伺ったり、自分の言いたいことを言えなかったり、力のある人間が力を振り回している時に、『かかってこい!』と思いながら脳内再生されて、この曲があなたの味方になれることを願っております」と話す。  ドラマ24『Iターン』は、テレビ東京系にて7月より毎週金曜24時12分放送。

  • ドラマ24『Iターン』に出演する田中圭

    田中圭、7月新ドラマでインテリヤクザに ムロツヨシ&古田新太と対決

    エンタメ

     俳優のムロツヨシと古田新太がダブル主演を務め、7月にスタートするドラマ『Iターン』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)より、古田新太率いる岩切組をつぶそうと企む「竜崎組」の組長・竜崎剣司役を田中圭が務めることが発表された。テレビ東京のドラマ出演は、2016年放送のドラマスペシャル湊かなえサスペンス『望郷』以来3年ぶりとなる。@@cutter 本作は、『侠飯』『すじぼり』などの作品で知られる福澤徹三の同名小説を、映画『下衆の愛』『獣道』を手掛けた映画監督・内田英治が全話の脚本・監督を務めて実写ドラマ化。左遷先の“修羅の街”で対立する二大ヤクザににらまれ、不幸の無限ループに陥る中年サラリーマン・狛江をムロが演じ、昔ながらの性格のヤクザの組長・岩切を古田が演じる。  田中が演じる竜崎は“冷徹で計算高い頭脳派ヤクザ”。昔気質の岩切とは全く違う新しいやり方でのし上がり、2人はバチバチと火花を散らす犬猿の仲。そんな2つの組が対立する街にやって来た狛江は、赴任早々まさかのトラブルによって、竜崎には目を付けられ、岩切には“舎弟”にされてしまう。昔気質の人情派な岩切と、冷徹な竜崎に睨まれた狛江、さらに次々に罠を仕掛ける竜崎と、3人の絶妙な掛け合いが見どころとなる。  田中は「脚本を読んだだけでも、完成を楽しくイメージできる作品だったので、きっとそれ以上に僕のイメージじゃ足りないところがおもしろく追加されて、笑ってもらえるんじゃないかなと思います。主人公が、周りの人たちに強く言えずにどんどん巻き込まれていってしまう様子を、イライラするのか、おもしろおかしくみてくれるのか、それは皆さん次第ですが(笑)」と作品の魅力を語る。  主演のムロは「田中圭くんと初めてお芝居したのですが、やっとだなという感覚があり、嬉しかったです。僕は“嫉妬”を誉め言葉として使うんですけど、彼は、嫉妬するくらいのお芝居の感覚を持っていると思います」と田中の演技を絶賛。  古田は「圭ちゃんとはピストルの撃ち合いをして二人でぶっ飛ぶというシーンがありました。今まで共演してもそんなに絡むことがなかったので、同じ画角でピストルの撃ち合いをしたのが楽しかったです」とコメントを寄せた。  ほかに岩切組の組員として、毎熊克哉、塚原大助、菊池均也、森羅万象が出演することも発表された。  ドラマ24『Iターン』は、テレビ東京系にて7月より毎週金曜24時12分放送。

  • 『Iターン』にムロツヨシと共に主演する古田新太

    古田新太、7月期はヤクザに変身 『Iターン』でムロツヨシを舎弟に

    エンタメ

     俳優のムロツヨシが主演を務め、7月にスタートするドラマ『Iターン』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)に、もう1人の主演として俳優の古田新太が出演することが発表された。主人公のサラリーマン・狛江(ムロ)を無理やり舎弟にして振り回すヤクザの組長・岩切猛役を演じる。@@cutter 本作は、『侠飯』『すじぼり』などの作品で知られる福澤徹三の同名小説を、『下衆の愛』『獣道』などを手掛けた映画監督・内田英治が全話の脚本・監督を務めて実写ドラマ化。左遷先の“修羅の街”で対立する二大ヤクザににらまれ、不幸の無限ループに陥る中年サラリーマンを、テレビ東京のドラマには初主演となるムロが演じる。  中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロ)は45歳にして、左遷同然の人事で、妻と娘を東京に残し、ヤクザが牛耳る“修羅の街”へ単身赴任することに。社員2名の貧弱支店の支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」と無理難題を押し付けられ、懸命に売り上げアップを図る。そんな中、狛江が制作を担当したチラシにとんでもないミスが見つかり、怒り心頭の依頼主は「竜崎組」というヤクザの会社だったことが分かる。追い打ちをかけるように、阿修羅市を牛耳る「岩切組」の組長・岩切猛(古田)も怒鳴り込んでくる。  古田が演じる岩切は、人情に厚く仲間を絶対に裏切らない一方、裏切り者には容赦がない昔かたぎのヤクザの親分。役どころについて古田も「今の時代ではちょっとコンプラ的にダメな人かなと思います」と苦笑する。  狛江は仕事で起こしたミスがきっかけで、無理やり岩切の舎弟にされ、サラリーマンとヤクザの二重生活を始めることになる。岩切組での仕事は、狛江には戸惑いばかり。ケツ持ちしている店でトラブルが起きたら駆けつけなければならないし、殴られたり、2階から逆さ吊りにされたりすることも。そんな日々を過ごすうち、いつの間にやら狛江と岩切の間にはバディのような空気感が…。  古田はムロについて、「いくらいじめられる役をやってもお客さんに笑われるというすごくいい才能を持っています」と評する。ムロからも古田に対し、殴るシーンではフリでなく本気でやってほしいと頼んだという。古田は「殴ってほしそうにしているからオイラは普通に殴っています(笑)。それがかわいそうにみえると残念ですけど、ムロの場合はおもしろい」と話している。  ドラマ24『Iターン』は、テレビ東京系にて7月より毎週金曜24時12分放送。

  • ドラマ24『Iターン』に出演するムロツヨシ

    ムロツヨシ、テレ東ドラマ初主演 日本で最も不幸なサラリーマンに

    エンタメ

     俳優のムロツヨシが主演を務めるドラマ『Iターン』が、テレビ東京系にて7月から放送されることが決まった。@@cutter 本作は、『侠飯』『すじぼり』などの作品で知られる福澤徹三の同名小説を、『下衆の愛』『獣道』などを手掛けた映画監督・内田英治が全話の脚本・監督を務めて実写ドラマ化。左遷先の“修羅の街”で対立する二大ヤクザににらまれ、不幸の無限ループに陥る中年サラリーマンを、テレビ東京のドラマには初主演となるムロが演じる。派遣型風俗店の日常を描く現在放送中の『フルーツ宅配便』、男性カップルの食卓を描く4月スタートの『きのう何食べた?』に続き、挑戦的な作品を送り出してきた「ドラマ24」枠での放送となる。  中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロ)は45歳にして、左遷同然の人事で、妻と娘を東京に残し、ヤクザが牛耳る“修羅の街”へ単身赴任することに。社員2名の貧弱支店の支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」と無理難題を押し付けられ、懸命に売り上げアップを図る。そんな中、新規でチラシの制作を請け負った会社から突然、電話が。これが悪夢の始まりだった。  怒り心頭の社長・竜崎が手にするのは狛江が担当したチラシ。そこにはとんでもないミスが。しかも、その会社は「竜崎組」というヤクザの会社であることが発覚。追い打ちをかけるように「岩切組」の親分・岩切も怒鳴り込んでくる。突然2人の組長に挟まれ危機的状況の狛江。さらに岩切は無理やり狛江を「舎弟」として岩切組の一員に!?  これまでも『勇者ヨシヒコ』など「ドラマ24」枠の番組に出演してきたムロは「いろいろ経験させてもらった場所で、主演として呼んでもらえたことが、歴史がある感じがして嬉しいです」と話す。狛江の役どころについては「自分の中に潜んでいるMの心が久々に出てきました。僕自身、SとM両方持っていると思うのですが、今回はMを全面にだしたほうがいいなと思って演じています」としている。  ドラマ24『Iターン』は、テレビ東京系にて7月より毎週金曜24時12分放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access