クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

リカ 関連記事

  • オトナの土ドラ『リカ』第2話場面写真

    『リカ』高岡早紀の企み? 患者の腹部から鉗子…ネット騒然「ゾッとする」

    エンタメ

     女優の高岡早紀が主演を務めるドラマ『リカ』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)の第2話が12日に放送された。意中の相手・大矢(小池徹平)に近づくための手段を選ばないリカ(高岡)にネットからは「恐ろしい人」「怖すぎるけど引き込まれる」などの反響が寄せられた。@@cutter リカが務める花山病院では、ナースコールで呼ばれた看護師長の小山内(池谷のぶえ)が非常階段から転落し、植物状態に。大矢は、警察に通報して調べたほうがいいと、院長で叔父の大次郎(西岡徳馬)に相談するが、病院の落ち度を世間に晒すことはないと拒否する。  そんな中、小山内の後任の看護師長・藤鐘(安藤玉恵)と看護師の木村(安座間美優)は、小山内が転落したときにナースコールで呼んだ認知症の患者から、ナースコールはしていないと報告を受ける。また、事務員の千秋(夏菜)は、小山内が転落した非常階段を修理に来た工事業者から「ネジがはずれている」という話を聞き、偽装工作を疑う。  リカは、さらに大矢に近づくための手段として、翌日の手術で大矢の補佐に入る看護師の倉田(藤本沙紀)から、担当を奪うための計画を企てる。その晩、リカは大矢の手袋が入ったハーバリウムをうっとりと見つめながら「もう少しよ、あなたにも私が運命の相手だってきっと分かるはず」「私たちは見えない赤い糸で繋がれてる」とつぶやく。このシーンではネットで「異常なほど怖い」「怯える」などの声が寄せられた。  大矢のオペの補佐をすることになったリカ。手術は無事に終わるが、術後一息ついていた大矢にリカは「鉗子が1本足りない」と報告をする。調べてみると患者の身体の中には鉗子が1本残されていた。「そんなミスをするはずない」と気が動転する大矢に、リカは「先生のためならなんでもします」と秘密で再手術を提案。「2人だけの秘密」と言われた大矢は再手術をして鉗子を取り出した。  その後リカは、大矢に「リカって呼んで」と要望。困惑する大矢に、リカはポケットからそっと大矢が患者の腹部から取り出した鉗子を見せる。驚く大矢にリカは「これは二人の絆の大事な証ですもの」とつぶやいた。ネットでは「リカが開腹して入れたの?」「マジでぞっとする」「弱みを握るため、弱みの捏造?」などとさまざまな憶測と意見が飛び交った。

  • オトナの土ドラ『リカ』第2話場面写真

    今夜の『リカ』 看護師・高岡早紀が小池徹平に近づくためにあらゆる手段を使い…

    エンタメ

     女優の高岡早紀が主演を務めるオトナの土ドラ『リカ』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)の第2話が今夜12日放送。第2話では、高岡演じる主人公・リカが、あらゆる手段を講じて副院長の大矢(小池徹平)に近づこうとする。@@cutter 本作は、五十嵐貴久による第2回ホラーサスペンス大賞を受賞したベストセラー『リカ』シリーズ(幻冬舎文庫)の中から、『リハーサル』『リカ』の2冊を原作に、常軌を逸した女・リカが周囲を破滅に追い込んでいく戦慄のエピソードを2部構成でドラマ化。リカのターゲットとなる男性を、第一部では小池が、第二部では大谷亮平が演じる。  リカが働き始めた花山病院では、ナースコールで呼ばれた看護師長の小山内(池谷のぶえ)が非常階段から転落し植物状態になってしまったことに皆ショックを受けていた。大矢(小池)は、警察に通報して調べた方が良いと、院長で叔父の大次郎(西岡德馬)に相談するが、大次郎は病院の落ち度を世間に晒すことはないと箝口令を敷くことに。  一方リカは、大矢に近づくための更なる手段として、翌日の虫垂炎の手術で大矢の補佐に入っている看護師の倉田(藤本沙紀)から担当を奪うための計画を企てる。  結局リカは大矢のオペの補佐をすることになり、手術は無事に終わるが、術後一息ついていた大矢のもとにリカが駆け込んでくる。リカが告げたのは、大矢には到底信じ難い事態だった…。リカに翻弄され続け、大矢の運命が次第に暗転していく。  オトナの土ドラ『リカ』第2話は、東海テレビ・フジテレビ系にて今夜10月12日23時40分より放送。

  • オトナの土ドラ『リカ』第1話場面写真

    『リカ』初回 高岡早紀が“自称28歳”の狂気を熱演 視聴者「超怖い」

    エンタメ

     女優の高岡早紀が主演を務めるドラマ『リカ』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)の初回が5日に放送された。狂気的な愛を持った主人公・リカ役の高岡の演技にSNS上には「ぴったりの配役」「美しい」などの声が多数寄せられた。@@cutter 本作は、第2回ホラーサスペンス大賞を受賞した五十嵐貴久の『リカ』シリーズ(幻冬舎文庫)から、『リハーサル』『リカ』の2冊を原作に、常軌を逸した女・リカが周囲を破滅に追い込んでいく恐怖のエピソードを2部構成でドラマ化。リカのターゲットとなる男性を、第1部では小池徹平、第2部では大谷亮平が演じる。  ドラマの冒頭、数々のハーバリウムが飾られた部屋でメイクをしているリカ。右腕には不気味なあざがあり、それをファンデーションで隠すと「やっと会える、運命の人」とつぶやく。その日、花山病院では看護師補充の面接が行われていた。終わり間近に現れたのは自称28歳のリカ。副院長の外科医・大矢昌史(小池)は、リカの年齢に違和感を持ちながらも、豊富な経験や日本医師協会前会長からの推薦状に驚きを隠せず「あなたみたいな優秀な方がなぜうちに」と疑問を口にする。リカはうれしそうに「運命なんです」とつぶやいた。  花山病院で働き始めたリカは、治療の際に大矢が廃棄した手袋を自宅に持ち帰り、ハーバリウムにしてうっとりと眺めていた。このシーンには、SNS上で「手袋のハーバリウムって、不気味」「超怖いんだけど」「小池徹平が捨てたもの落としたものをハーバリウムにしてるの怖すぎる」といった反響が相次いだ。  ある日、ボヤ騒ぎが起こりナースステーションが空になっていた時間に、呼吸器が外れて患者が亡くなってしまう。死亡には不審な点もあり、患者の部屋にいるリカを目撃したことのある小山内は、疑いの眼差しを向け、病院を辞めさせると通告。リカは小山内の背中に向かって「死ねばいい」とつぶやいた。その後、小山内が階段の下で血を流して倒れた姿で見つかる…。  SNS上には、狂気に満ちた“自称28歳”リカを演じる高岡について「原作のリカにぴったりの配役」「配役が絶妙」「高岡早紀様美しい」などの声が寄せられた。さらにドラマ本編には「ゾワゾワする」「恐いけど早く続きが観たい」「今後どうなるんだろう」など反響が寄せられている。

  • オトナの土ドラ『リカ』第1話場面写真

    今夜スタート『リカ』 自称28歳・高岡早紀が看護師として働き始めるも…

    エンタメ

     女優の高岡早紀が主演を務めるオトナの土ドラ『リカ』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)が今夜5日スタート。第1話では、すべての経歴を詐称している高岡演じる主人公・リカが看護師として働き始める。@@cutter 本作は、五十嵐貴久による第2回ホラーサスペンス大賞を受賞したベストセラー『リカ』シリーズ(幻冬舎文庫)の中から、『リハーサル』『リカ』の2冊を原作に、常軌を逸した女・リカが周囲を破滅に追い込んでいく戦慄のエピソードを2部構成でドラマ化。リカのターゲットとなる男性を、第一部では小池徹平が、第二部では大谷亮平が演じる。  舞台は地域医療に根差した個人病院、花山病院。副院長・大矢昌史(小池)は、優秀な外科医で患者や看護師たちの信頼も厚い。ある日、看護師補充の面接をしている花山病院にリカがやってくる。28歳と本人が自称する年齢に違和感は抱いたものの、豊富な経験は申し分なく、日本医師協会前会長からの推薦状まで持参したリカ。大矢は思わず「あなたみたいな優秀な方が何故うちに」と尋ねるとリカはうれしそうに「運命なんです」とつぶやく。  その時、リカの左腕の痣(あざ)が薄紅色に浮き上がったのを、看護師長の小山内(池谷のぶえ)だけは見逃さなかった。小山内だけはリカの冷え冷えとした得体のしれない空気に嫌悪を感じ反対するものの、大矢の叔父であり、脳梗塞を発症して以来、特別病室で生活する病院長・花山大次郎(西岡徳馬)は、医師協会前会長の推薦状を持ったリカを断る事は出来ないと仮採用を決める。  花山病院で働き始めたリカは、大矢との仕事では優秀な看護師として手腕を発揮するが、他の医師との仕事にはおよそやる気を見せないでいた。そして、サボり癖のある看護師・森田(立花恵理)から大次郎の看病を譲り受け、口うるさい大次郎の心をほぐし巧みに取り込んでいく。  「女は28歳までに結婚して、家庭に入って、愛する夫に尽くすのが一番幸せ…」と、自分の理想を話すリカに何か不気味なものを感じ困惑する大矢。リカが働き始めたことによって、花山病院の歯車が徐々に狂っていく。  オトナの土ドラ『リカ』は、東海テレビ・フジテレビ系にて今夜10月5日23時40分より放送。

  • オトナの土ドラ第22弾『リカ』制作発表にて

    高岡早紀、永遠の28歳役に「恥ずかしい」 娘からの反応も告白

    エンタメ

     女優の高岡早紀が2日、都内で行われた主演ドラマ『リカ』(東海テレビ・フジテレビ系/10月5日スタート)制作発表会見に俳優の小池徹平、大谷亮平とともに出席。高岡は、永遠の28歳を自称する主人公・雨宮リカを演じることについて「恥ずかしい」と吐露した。@@cutter 同作は、純愛モンスターが暗躍するサイコスリラー。愛する人を手に入れるためなら、手段を選ばない狂気のストーカー・リカを高岡が演じる。  高岡は「何度言っても恥ずかしいんですけど、永遠の28歳の純愛モンスターを演じさせていただきます」とリカの設定には困惑があった様子。「28歳の役ですというお話をいただいて、どんなことになるのか想像ができなかったです。今までにない役だったので、どのような化学反応が起こるのか。今までにない高岡早紀を見せることができれば」と意気込みを語った。  リカの異常性について小池は「目が合いすぎて。横から話しかけられててもずっとこっちを見てくるので直視できなくなっちゃって」と回顧。リカを演じていない時の高岡に対しては「めちゃめちゃいい姉さんというか。現場でも差し入れを入れていただいたり、ホラードラマを撮っているのに華やかな雰囲気になります」と笑顔で話した。  小池の言葉に高岡は「実はお断りしようかと思っていたんです。私自身がちょっとおかしなことになるんじゃないかなと想像して」と狂気のストーカー・リカを演じることに抵抗もあったとしたうえで、「意外と私大人だったんだなと。明るく楽しく、切り替えが上手にできる現場だからこそ、良い作品に繋がっていると思います」と明るく振る舞えている自分に安堵(あんど)の表情を浮かべた。  さらに同作への周りの反響を聞かれると「娘がまだ9歳で、楽しめるような作品ではないんですけれども観てもらったら、リカが28歳って言った時に『え、若!!』って言ってました(笑)」と回答。高岡自身の恋愛面で、リカのように積極的にアピールされた場合はどうかという質問には「うっとうしくてしょうがない。それほど知らない人から来られるわけで、迷惑でしかないですよね」と苦笑した。  新ドラマ『リカ』は、10月5日より東海テレビ・フジテレビ系にて毎週土曜23時40分放送。

  • オトナの土ドラ『リカ』場面写真

    夏菜、高岡早紀に運命を狂わされる 『リカ』追加キャスト発表

    エンタメ

     女優の高岡早紀が主演を務める10月5日スタートのドラマ『リカ』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)に、女優の夏菜が出演することが発表された。主人公リカ(高岡)に運命を大きく狂わされる悲劇の女性を演じる。@@cutter 本作は、第2回ホラーサスペンス大賞を受賞した五十嵐貴久の『リカ』シリーズ(幻冬舎文庫)から、『リハーサル』『リカ』の2冊を原作に、常軌を逸した女・リカが周囲を破滅に追い込んでいく恐怖のエピソードを2部構成でドラマ化。リカのターゲットとなる男性を、第1部では小池徹平、第2部では大谷亮平が演じる。  主人公・雨宮リカ(高岡)は、職歴や現住所、年齢など、すべて詐称で「女は28歳で結婚し、家庭に入るのが一番幸せ」という結婚観の持ち主。男性への愛はいちずだが常に一方的で、運命の相手と信じた男と自分だけの理想の世界を作ろうとし、そのためなら「障害物」と見なした相手を殺すことも辞さない。孤独な生活の中、心に闇を抱えたまま、毎回真剣に恋をしては生涯のパートナーを追い求めている純愛モンスターだ。  夏菜が演じる丘留(金沢)千秋は、第1部ではリカが看護師として勤める病院の事務員、第2部では映画会社に勤務。好奇心旺盛な今どきの女性で、物語のキーパーソンのひとりとなる。  役どころについて夏菜は「噂好きで、SNSの“いいね”が好きで、今どきの現代主婦といった、大人になり切れていない女性と思ったのが第一印象です。ただ、ドラマの中で千秋が一番視聴者の目線に近いキャラクターだと思っていて、特に第2部ではリカからの巻き込まれ方が壮絶なので、視聴者の方を巻き込んで一緒に楽しんでいただき、最後まで目が離せない存在になれたらいいなと思っています」と話す。  夏菜はまた、主演の高岡について、「リカにぴったりと言うと失礼かも知れないですが、高岡さんでしか出せない表情があると思いました。高岡さんとは10代の時以来の共演で、その時と変わらずに本当に美しい方で、どこか羽の生えたようなふわっとした雰囲気もずっと変わらず、おちゃめで可愛らしくて、そしてどこか妖艶で。でも、話すとサバサバしていて、やっぱり素敵な方だなというのをあらためて思います」と語っている。  このほかの追加キャストとして、徳永えり、柏原収史、西岡徳馬の出演も発表された。  オトナの土ドラ『リカ』は、東海テレビ・フジテレビ系にて10月5日より毎週土曜23時40分放送。

  • オトナの土ドラ『リカ』ビジュアル

    高岡早紀、“永遠の28歳”狂気のストーカーに オトナの土ドラ『リカ』10月スタート

    エンタメ

     女優の高岡早紀が、10月5日よりスタートするオトナの土ドラ『リカ』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)に主演することが発表された。愛する人を手に入れるためなら手段を選ばない狂気のストーカーを演じる。@@cutter 本作は、五十嵐貴久による第2回ホラーサスペンス大賞を受賞したベストセラー『リカ』シリーズ(幻冬舎文庫)の中から、『リハーサル』『リカ』の2冊を原作に、常軌を逸した女・リカが周囲を破滅に追い込んでいく戦慄のエピソードを2部構成でドラマ化。リカのターゲットとなる男性を、第一部では小池徹平が、第二部では大谷亮平が演じる。  高岡が演じる主人公・雨宮リカは、職歴や現住所、年齢など、すべて詐称で「女は28歳で結婚し、家庭に入るのが一番幸せ」という結婚観の持ち主。男性への愛は一途そのものだが常に一方的で、運命の相手と信じた男と自分だけの理想の世界を作ろうとする。そのためなら、「障害物」とみなした相手を殺すことも辞さない。孤独な生活の中、心に闇を抱えたまま、毎回真剣に恋をしては生涯のパートナーを追い求めている純愛モンスターだ。  高岡は台本を読んだ当時を振り返り「これは相当大変な役だと思いました。嫌われる女性を演じたことは過去にたくさんありましたが、ここまで救いようがなく、嫌われる要素しかない女性を演じた経験はありません。台本を読んでいてもうまく読み進められていないという現状で、単純に恐ろしい女に出会ってしまったと思っています」とコメント。  ただ、「リカはサイコな女性ではありますが、役をやる上でその部分を強く意識することはないです」ときっぱり。「彼女のピュアさや、誰かに必要とされたいと思う欲求は、大人になっても誰もが絶対に持っている部分であり、そこに関しては彼女に噓はなく、私自身も共感していけると思っています。まず、自分自身がリカを好きになり、受け入れなくてはいけないので、その要素を台本を読みながら一生懸命拾っているところです」と共感するポイントを探しながら役と向き合っていることを明かした。  一方、小池が第一部で演じるのは、リカが看護師として採用される花山病院の副院長で外科医・大矢昌史役。婚約者もいて順風満帆な人生だったが、リカの登場で全てを狂わされていく。小池は本作について「この作品はホラー的なジャンルになると思いますが、リカ自身がただ怖いストーカーというだけではなく、彼女の家庭環境のせいでこうなってしまったと想像させるような部分もしっかり描かれているというのが凄いと思いました」とコメント。  大谷が第二部で演じるのは、映画製作会社プロデューサーの本間隆雄。妻とは別居中で、仕事のリサーチでマッチングアプリを通じてリカと出会い、破滅への道をひた走る。大谷は「リカのキャラクターや、彼女がストーカーとして次にどういう手を打ってくるのかということも楽しみつつ、被害を与えてくる主人公に対抗する僕等を応援してくださればと思います」と語っている。  オトナの土ドラ『リカ』は、東海テレビ・フジテレビ系にて10月5日より毎週土曜23時40分放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access