クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

僕はどこから 関連記事

  • ドラマホリック!『僕はどこから』第1話場面写真

    今夜スタート『僕はどこから』 Hey!Say!JUMP中島裕翔が“他人の思考をコピーできる”青年に

    エンタメ

     Hey!Say!JUMPの中島裕翔が主演を務め、俳優の間宮祥太朗が共演するドラマ『僕はどこから』(テレビ東京系/毎週水曜24時12分)が今夜8日スタート。小説家志望の青年・薫(中島)と、若くしてヤクザの組長となった男・智美(間宮)が、運命の出会いを果たし、命を懸けた自分探しが始まる。@@cutter 市川マサの同名漫画をドラマ化する本作は、特殊な能力を持つ青年とエリートヤクザの“若さゆえに抱える苦悩”や“揺るぎない友情”を真正面から描く青春異能クライムサスペンス。脚本は、映画『凶悪』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した高橋泉が担当する。  今から半年前。竹内薫(中島)は、認知症を患う母・陽子(仙道敦子)の介護をしながら小説家を目指していた。薄暗い部屋で原稿用紙に一心不乱に文字を書きなぐる薫。だが薫が持つ“文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできる”特殊能力により、小説は参考にした作家の作風にことごとく酷似。出版社に持ち込むたび酷評され、挙句「キミってもんがないのかい?」と一蹴されてしまう。  その頃、22歳の若さで講談会系東宮寺組聖狗会の組長となった藤原智美(間宮)は、会長の東宮寺正胤(若林豪)から、誰もやりたがらない“デカいシノギ”の依頼を受ける。依頼主が「先生」だと聞いた部下の権堂真司(音尾琢真)は不安がるが、智美は冷静に「藤原千佳(上白石萌歌)に連絡を取れ」と指示をする。  そして、このシノギに、なぜか薫が巻き込まれることとなる…。  ドラマ『僕はどこから』第1話はテレビ東京系にて本日1月8日24時12分放送。

  • ドラマホリック!『僕はどこから』第1話より

    中島裕翔『僕はどこから』に岡崎体育が出演 危険度MAXなクレイジー男に

    エンタメ

     Hey!Say!JUMPの中島裕翔が主演を務め、俳優の間宮祥太朗が共演する今夜1月8日スタートのドラマ『僕はどこから』(テレビ東京系/毎週水曜24時12分)に、シンガーソングライターの岡崎体育が出演することが発表された。危険度MAXで最高にクレイジーな暴力団組員役を演じる。@@cutter 市川マサの同名漫画をドラマ化する本作は、特殊な能力を持つ青年とエリートヤクザの“若さゆえに抱える苦悩”や“揺るぎない友情”を真正面から描く青春異能クライムサスペンス。脚本は、映画『凶悪』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した高橋泉が担当する。  文章を書き写すことで他人の思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内薫(中島)。認知症を患う母と2人暮らしの薫には、類いまれな能力ゆえに「自分独自の作品」が作れないという大きな壁が立ちはだかっていた。そんな薫に、さらに「母の事故」という悲劇が降りかかる。絶望に陥った薫の前に、元同級生で講談会系東宮寺組聖狗会組長の藤原智美(間宮)が現れる。智美が莫大な報酬と共に提示したのは、とある家庭の息子を一流大学に入学させる、いわゆる替え玉受験の仕事。薫はその異能を生かして成功直前までこぎつけるが…。  岡崎が演じるのは、講談会系東宮寺組会長の子飼いである山田龍一(高橋努)の弟分・駿役。駿は幼少期に親に捨てられ、預けられた「希育園」で龍一と出会い、実際に血のつながりはないものの慕うようになる。ある意味純粋であり、怖いほど欲望のままに動く男だ。  岡崎は「駿を演じるのはとても難しかったのですが、せっかく頂いた役なのでこれはどうにかセントリックと思って、自分の中に潜在していたエキセントリックさを表現することができたと思います。駿を演じることができて良かセントリックでした」とコメント。主演の中島については「顔が小さくて足が長くてハンサムで笑顔がキュートで、もうジャニーズに入ればいいのにと思いました! 僕も中島裕翔さんと同じくらいハンサムなので、みなさんがドラマを観ている途中で僕と中島さんを見間違えてしまわないか心配です!」と話している。  また、本日放送の第1話に、芥川賞作家の羽田圭介が出演することも発表された。「小説家志望の青年・薫」を主役に置いた物語だからこそ、「本物の作家であり、かつ僕どこの世界観に合う羽田さんに出演してもらいたい!」という監督・プロデューサーの熱望により実現したという。  さらに本作の主題歌がHey!Say!JUMPが歌う「I am」に決定。本作のために書き下ろされた楽曲で、自分探しの旅をテーマにした、メロディアスでありながら心に深く突き刺さる“激情型”ロックダンスチューンとなっている。  ドラマ『僕はどこから』は、テレビ東京系にて1月8日より毎週水曜24時12分放送。

  • ドラマホリック!『僕はどこから』追加キャスト陣

    中島裕翔主演『僕はどこから』、共演に音尾琢真&須藤理彩&仙道敦子ら

    エンタメ

     Hey!Say!JUMPの中島裕翔が主演を務め、俳優の間宮祥太朗、女優の上白石萌歌が共演する2020年1月8日スタートのドラマ『僕はどこから』(テレビ東京系/毎週水曜24時12分)より、俳優の音尾琢真、女優の須藤理彩、仙道敦子ら追加キャストが発表された。@@cutter 市川マサの同名漫画をドラマ化する本作は、特殊な能力を持つ青年とエリートヤクザの“若さゆえに抱える苦悩”や“揺るぎない友情”を真正面から描く青春異能クライムサスペンス。脚本は、映画『凶悪』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した高橋泉が担当する。  文章を書き写すことで他人の思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内薫(中島)。認知症を患う母と2人暮らしの薫には、類いまれな能力ゆえに「自分独自の作品」が作れないという大きな壁が立ちはだかっていた。そんな薫に、さらに「母の事故」という悲劇が降りかかる。絶望に陥った薫の前に、元同級生の暴力団組長・藤原智美(間宮)が現れる。智美が莫大な報酬と共に提示したのは、とある家庭の息子を一流大学に入学させる、いわゆる替え玉受験の仕事。薫はその異能を生かして成功直前までこぎつけるが…。  発表されたのは、主人公たちを取り巻く役どころとなる6人の共演陣。智美(間宮)の身の回りのお世話係の権堂真司役を音尾琢真が、講談会系東宮寺組会長の子飼いであり、笑顔を張り付けた得体のしれない男・山田龍一役を高橋努が演じ、冷酷無慈悲な講談会系東宮寺組会長・東宮寺正胤役に若林豪が扮する。  さらに、息子の玲を名門大学に入れることに固執し、玲に執着する・井上涼子役を須藤理彩が、母・涼子からの執着に耐え兼ね、薫&智美も巻き込む大きな事件を起こす井上玲役を笠松将が務め、若年性アルツハイマーを患っている、息子思いの薫の母・竹内陽子役には仙道敦子が決定した。  音尾は「間宮祥太郎さんよりずっと年上だけど子分という立ち位置も面白く、自分なりの居様を見つけさせてもらいました」と語り、仙道は「中島さんは昔から拝見しておりましたが、思った通りの優しいオーラの人でした。親子のシーンを重ねていきながら、人柄にも触れて、中島さん演じる薫くんとの穏やかな時間が画面にも溢れているかと思います」とコメントしている。  ドラマ『僕はどこから』は、テレビ東京系にて2020年1月8日より毎週水曜24時12分放送。

  • ドラマホリック!『僕はどこから』ヒロイン役の上白石萌歌の七変化フォトギャラリー

    中島裕翔主演新ドラマ『僕はどこから』、ヒロインに上白石萌歌

    エンタメ

     Hey!Say!JUMPの中島裕翔が主演を務め、俳優の間宮祥太朗が共演する2020年1月8日スタートのドラマ『僕はどこから』(テレビ東京系/毎週水曜24時12分)のヒロイン役で、女優の上白石萌歌が出演することが発表された。@@cutter 市川マサの同名漫画をドラマ化する本作は、特殊な能力を持つ青年とエリートヤクザの“若さゆえに抱える苦悩”や“揺るぎない友情”を真正面から描く青春異能クライムサスペンス。脚本は、映画『凶悪』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した高橋泉が担当する。  文章を書き写すことで他人の思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内薫(中島)。認知症を患う母と2人暮らしの薫には、類いまれな能力ゆえに「自分独自の作品」が作れないという大きな壁が立ちはだかっていた。そんな薫に、さらに「母の事故」という悲劇が降りかかる。絶望に陥った薫の前に、元同級生の暴力団組長・藤原智美(間宮)が現れる。智美が莫大な報酬と共に提示したのは、とある家庭の息子を一流大学に入学させる、いわゆる替え玉受験の仕事。薫はその異能を生かして成功直前までこぎつけるが…。  上白石が演じる藤原千佳は、智美に心酔する2つ違いの妹で、天真らんまんな明るさの中に、時折冷めた影が見え隠れする、ドラマ完全オリジナルキャラクターだ。  上白石は「原作からのヒントが少ない役柄だったので、イメージを膨らませながら演じることが楽しかったです。掴みどころがなく、何を考えているか分からない女の子だったので、私自身が千佳に振り回されてしまうこともありましたが(笑)千佳は一見明るく見えるけれど、苦しみや寂しさを若くして知っている、たった1人の心の支えであるお兄ちゃんを愛することに自分のアイデンティティを見出している子だと感じました」と話した上、「くるくると変わる、個性的で可愛いお洋服にも注目してみてください!」としている。  初共演となる中島については「歌って踊る、とても華やかで眩しいイメージがありましたが、カメラが回ると一転し、薫そのものになってらっしゃったことに驚きました」と語っている。  ドラマ『僕はどこから』は、テレビ東京系にて2020年1月8日より毎週水曜24時12分放送。

  • ドラマ『僕はどこから』メインカット(左から)間宮祥太朗、中島裕翔

    中島裕翔、『僕はどこから』でテレ東ドラマ初主演 共演に間宮祥太朗

    エンタメ

     市川マサの漫画『僕はどこから』が、Hey!Say!JUMPの中島裕翔の主演、俳優の間宮祥太朗の共演でドラマ化され、テレビ東京系にて2020年1月から毎週水曜24時12分に放送されることが決まった。中島はテレビ東京のドラマ初主演となる。@@cutter 本作は、特殊な能力を持つ青年とエリートヤクザの“若さゆえに抱える苦悩”や“揺るぎない友情”を真正面から描く青春異能クライムサスペンス。脚本は、映画『凶悪』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した高橋泉が担当する。  文章を書き写すことで他人の思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内薫(中島)。認知症を患う母と2人暮らしの薫には、類まれな能力ゆえに「自分独自の作品」が作れないという大きな壁が立ちはだかっていた。そんな自分の夢と現実にもがく薫に、さらに「母の事故」という悲劇が降りかかる。  絶望に陥った薫の前に、元同級生の講談会系東宮寺組最年少組長・藤原智美(間宮)が現れる。智美が莫大な報酬と共に提示したのは、とある家庭の息子を一流大学に入学させる、いわゆる替え玉受験の仕事。薫はその異能を生かして成功直前までこぎつけるが、予想だにしない大きな流れに飲み込まれることになる。  主演の中島は、役どころについて「まだ薫は子供であり、いろんな事に巻き込まれ、そこで時には自分で選択していく。その中で、薫自身だけでなく、その特殊な能力も成長していく過程が見せられると思います。そして良くも悪くも人の思考を読み取れて、急に他人の思考が入ってくるという描写もあり、その感情に即座に共感することをお芝居にするのが難しかったです」と語る。  5年ぶり4度目となる間宮との共演については「付き合いも長く今までの共演経験もあるので、不思議と、良い空気感を作れる自信のようなものがありましたし、心配や不安はありませんでした。(間宮と)久々に対面すると驚かされることも多くて、台本の細かい部分に気付いたりする点などとても新鮮で、良い刺激になりました」と話している。  間宮は「20歳でヤクザの組長という設定の藤原を真ん中に通った芯が表にも見えている様なイメージで演じました。包容力のある一面も感じて貰えたらと思います。そして裕翔とバディもので一緒にやれると聞いて純粋に嬉しかったです」と喜びを語った。  原作者の市川は「脚本、キャスティングを見て、すぐにスタッフの方から『僕はどこから』が愛されているのがわかり、大変嬉しく喜んでいます!!   やったー!」とのコメントを寄せている。  ドラマ『僕はどこから』は、テレビ東京系にて2020年1月より毎週水曜24時12分放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access