クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

アライブ がん専門医のカルテ 関連記事

  • 木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』代表カット

    今夜スタート『アライブ』 松下奈緒&木村佳乃、2人の医師ががん患者と向き合う

    エンタメ

     女優の松下奈緒が主演を務め、木村佳乃が共演するドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)が今夜9日スタート。がんのスペシャリストの内科医・松下と外科医・木村という2人の医師が、がん患者と向き合う。@@cutter 本作は、腫瘍内科というがんに特化した診療科を舞台に、がんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描くメディカル・ヒューマン・ストーリー。松下が主人公の腫瘍内科医・恩田心役、木村が消化器外科医・梶山薫役を務める。  恩田心(松下)は横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医。様々な症状のがん患者と日々向き合い、忙しい毎日を過ごしている。  この日、心は、担当患者・高坂民代(高畑淳子)に再発の告知をしていた。民代にとっては幾度目かの経験で、軽口を叩き去っていく。一息つく間もなく、次は、化学療法室から緊急の連絡が入り、初日の研修医・結城涼(清原翔)と共に駆けつけると、初来院の男性患者が倒れていた。  心たちが適切な処置を施し落ち着きを取り戻すが、紹介状に添えられたカルテを見て、心は違和感を感じる。担当医である消化器外科部長の美川に生検を進言しようとするが、美川から「勝手に人の患者を診るな」と言われてしまう。  その後、仕事を切り上げ別の病院に向かう心。3ヵ月前に事故に遭い意識不明となっている夫を見舞うためだ。少しの滞在の後、すぐに息子の蓮を迎えに行き帰宅すると、来るとは聞いていなかった義父・京太郎(北大路欣也)が出迎える。  数日後、先の男性患者に検査をオーダーしようとすると、すでに受けていることがわかり、結果を見ると予想は的中。カンファで美川に確認しようとするも「勝手に検査をするな」と言われてしまう。身に覚えがない心が反論しようとすると、自分が検査をしたと名乗り出る医師の姿が…。見慣れない彼女は、別の病院から転籍して来た消化器外科医の梶山薫(木村)だった。  内科医と外科医、立場の違う2人の医師のタッグが始動する。と、同時に、心の人生を一変させる、運命の歯車が少しずつ動き出そうとしていた―。  木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』第1話は、フジテレビ系にて今夜1月9日22時放送(初回15分拡大)。

  • 木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』第2話にゲスト出演する「寺脇康文」

    寺脇康文、松下奈緒主演『アライブ』に男性乳がん患者役でゲスト出演

    エンタメ

     女優の松下奈緒が主演を務め、木村佳乃が共演する1月9日スタートのドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第2話(1月16日放送)に、俳優の寺脇康文が男性乳がん患者の役で出演することが発表された。@@cutter 本作は、腫瘍内科というがんに特化した診療科を舞台に、がんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描くメディカル・ヒューマン・ストーリー。薬物療法を専門とするがん治療に取り組む腫瘍内科は、欧米に比べ、日本ではまだ歴史が浅いが、全ての種類のがん患者の診療にあたり、複雑化したがん診療を適切に行うために必要とされる存在。本作では日本のドラマでは初めて本格的に“腫瘍内科”にスポットを当て、医療現場の新たな一面を描く。  腫瘍内科医・恩田心(松下)は、国内ではまだ数少ない“がんのスペシャリスト”。元来負けず嫌いで大胆な面もあるが、患者に対して自然と寄り添う事ができる医師。学生時代に知り合った匠と結婚し、一人息子をもうけて順風満帆な毎日を送っていたが、3ヵ月前に匠が転倒事故に遭い、意識が戻らないまま。いまだに現実を受け止め切れていない時、勤務先の横浜みなと総合病院に移籍してきた消化器外科医の梶山薫(木村)と出会った。“がんを切る女医”としてがんの知識にたけている薫は、心の腫瘍内科医としての知識と姿勢に共鳴し、外科治療の立場から心を支えるバディとなっていく。  寺脇が演じるのは乳がん患者・日ノ原徹。乳がん全体のうち男性が発症するのは1%未満で、寺脇は非常に珍しく、難しい役どころに挑むことに。  日ノ原は妻と娘の3人家族で暮らしていたが、数年前に離婚し、今は独り身。横浜みなと総合病院の乳腺科で乳がんと診断され、心たち腫瘍内科の診察を受けに来る。日ノ原は、自分は男性なのに乳がんになるなんて信じられないと、ひどく困惑する。そんな日ノ原に、診察を担当することになった腫瘍内科医の光野守男(藤井隆)は遺伝の可能性を示唆。すると日ノ原は、元妻のもとにいる一人娘にも遺伝するのかと光野に聞き…。  どうしてがんは自分を選んだのか―1%未満のケースという日ノ原が、心や周りのがん患者との触れ合いを通して、少しずつ少しずつ前へ踏み出そうとする姿を、寺脇が繊細に紡ぎ上げていく。  寺脇は「男性が乳がんになるというのは、この脚本を読むまで私も知らなかったですから、それを知ってもらいたいということも含め、もし自分がそうなったらという想定で、決して他人事ではないということを皆さんに考えてもらえればいいなと思って演じました」と話している。  木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』は、フジテレビ系にて1月9日より毎週木曜22時放送(初回15分拡大)。

  • 木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』第1話に出演する石田明(NON STYLE)

    ノンスタ・石田明、民放連ドラ初出演 『アライブ』第1話のゲストに

    エンタメ

     女優の松下奈緒が主演を務め、木村佳乃が共演する1月9日スタートのドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の初回に、お笑いコンビNON STYLEの石田明が出演することが発表された。石田は民放連続ドラマには初出演となる。@@cutter 本作は、腫瘍内科というがんに特化した診療科を舞台に、がんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描くメディカル・ヒューマン・ストーリー。薬物療法を専門とするがん治療に取り組む腫瘍内科は、欧米に比べ、日本ではまだ歴史が浅いが、全ての種類のがん患者の診療にあたり、複雑化したがん診療を適切に行うために必要とされる存在。本作では日本のドラマでは初めて本格的に“腫瘍内科”にスポットを当て、医療現場の新たな一面を描く。  腫瘍内科医・恩田心(松下)は、国内ではまだ数少ない“がんのスペシャリスト”。元来負けず嫌いで大胆な面もあるが、患者に対して自然と寄り添う事ができる医師。学生時代に知り合った匠と結婚し、一人息子をもうけて順風満帆な毎日を送っていたが、3ヵ月前に匠が転倒事故に遭い、意識が戻らないまま。いまだに現実を受け止め切れていない時、勤務先の病院に移籍してきた消化器外科医の梶山薫(木村)と出会った。“がんを切る女医”としてがんの知識にたけている薫は、心の腫瘍内科医としての知識と姿勢に共鳴し、外科治療の立場から心を支えるバディとなっていく。  石田が演じるのは殿山俊樹という男性だが、サプライズ感あふれる登場となっており、果たして殿山とはどんな人間なのか、どのシーンに出演するのか、そして心たちとどのように関わり合うのか注目される。  「これまでお医者さんに引くほどお世話になってきたので、ドラマまでお医者さんのお世話になるとはと思いました」と話す石田。殿山役を演じた感想を「めちゃくちゃ緊張しました。みなさん器具の使い方やタイミング、スピードなんかも決まっていたので迷惑かけないようにしなくてはとドキドキしました」と語った上、「みなさん、僕を見逃さないように凝視しといてください!」と視聴者に呼びかけている。  木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』は、フジテレビ系にて1月9日より毎週木曜22時放送(初回15分拡大)。

  • 『アライブ がん専門医のカルテ』舞台あいさつの様子

    松下奈緒&木村佳乃、美しい“女医”姿で登場 『アライブ』で14年ぶり共演

    エンタメ

     女優の松下奈緒が6日、都内で行われた主演ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系/1月9日スタート)舞台あいさつに、共演の木村佳乃、清原翔、岡崎紗絵、藤井隆、木下ほうかと共に登壇。木村が、14年ぶりの共演となる松下の印象を明かす一幕もあった。@@cutter 同作は腫瘍内科を舞台に、がんに立ち向かう医師たちと患者の姿を描いた感動作。松下が腫瘍内科医を、木村がそのバディとなる消化器外科医をそれぞれ演じる。  現場の雰囲気について松下は「気を遣う方がいらっしゃらないので、非常に楽しくやらせていただいています」と報告。続けて「笑いもたくさんありますし、真剣なときは真剣にやりますし、メリハリがあって、居心地の良い現場を過ごさせていただいております」と笑みを浮かべた。  また、腫瘍内科医という役柄に関しては「難しいことだらけです」とコメント。「腫瘍内科医は手術をされないので、患者さんと向き合って話をして、同じ痛みを感じながら導いてらっしゃるという印象です。メンタルを強く持っていないと患者さんの気持ちに負けてしまうので、笑顔になりすぎずも、患者さんにきちんと向き合える距離感を大事にしています」と演じる上での心構えを明かした。  そんな松下に対して木村は「どんどん松下さんの魅力に引き込まれていきました。役柄にもご本人にも」と告白。松下とは14年ぶりの共演だとのことで、当時の松下の印象を「印象はそんなに変わらないんですけど、あのときはドラマ2本目だったので、キヨ様(清原)のように緊張なさっていた姿を覚えています」と回顧した。  さらに、年齢を重ねるとともに薄暗い場所で文字が見えづらくなってきたという木村が「目を休める」という抱負を語ると、藤井が「養命酒が良いですよ」、木下が「ピントケアも良いですよ」とそれぞれがCM出演する商品をアピール。会場の笑いを誘っていた。  ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』は、フジテレビ系にて1月9日より毎週木曜22時放送(初回15分拡大)。

  • 木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』に出演する小川紗良

    小川紗良、松下奈緒主演『アライブ』出演 乳がんと向き合う患者役

    エンタメ

     女優の松下奈緒が主演を務め、木村佳乃が共演する2020年1月9日スタートのドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)に、女優・映画監督で、NHK連続テレビ小説『まんぷく』で主人公の長女役を演じた小川紗良がレギュラー出演することが発表された。乳がん患者の役で、第2話(1月16日放送)より登場する。小川はフジテレビ系ドラマも医療ドラマも初出演。@@cutter 本作は、腫瘍内科というがんに特化した診療科を舞台に、がんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描くメディカル・ヒューマン・ストーリー。松下が主人公の腫瘍内科医・恩田心役、木村が消化器外科医・梶山薫役を務め、清原翔、木下ほうか、藤井隆、岡崎紗絵らが脇を固める。  小川が演じるのは、乳がん患者の佐倉莉子役。莉子は、ごく平凡な会社員。壮大な夢があるわけでもなく、かと言って毎日が楽しくないわけでもない。休日は友人と遊んで、いつか結婚をして…そんなふうに暮らしていたある日、乳がんが見つかる。横浜みなと総合病院で、心(松下)の診察を受ける莉子。心は莉子に乳房の全摘手術の話をするが、莉子は、自分の乳房が無くなるという現実が受け入れられず、心に「手術を遅らせるとかアリですか?」と言う…。  「医療ドラマに出演するのは初めてなので、2020年を新たな挑戦でスタートできることが嬉しかったです」と出演を喜ぶ小川。自ら演じる莉子について、「いつも逃げてばかりだった自分と、乳がんをきっかけに向き合わざるを得なくなる。心と身体は密接に繋がっていて、病気は人を逃さないということを強く感じました。しかしだからこそ、病気を克服しようとすることは自分自身を克服することにもなるのかもしれないと、少しだけ希望が持てました。その希望を頼りに、莉子と一緒に歩んでいけたらと思います」と話している。  木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』は、フジテレビ系にて2020年1月9日より毎週木曜22時放送(第1話15分拡大)。

  • 『クイズ!ドレミファドン!2020新春SP~話題のドラマ出演者がイントロに挑戦!!~』でのスペシャルドラマ『教場』チーム(左から)川口春奈、土田晃之、木村拓哉、富田望生、和田正人

    木村拓哉『ドレミファドン!』参戦 ものまねタレント・ホリは初対面に涙

    エンタメ

     2020年1月4日18時放送の『クイズ!ドレミファドン!2020新春SP~話題のドラマ出演者がイントロに挑戦!!~』(フジテレビ系)に、フジテレビ系冬ドラマの俳優陣が勢ぞろい。1月4、5日放送のスペシャルドラマ『教場』で主演を務める木村拓哉も参戦し、木村の物まねで知られるホリと初対面する。@@cutter 番組では、月9『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』、火9『10の秘密』、木10『アライブ がん専門医のカルテ』、土ドラ『悪魔の弁護人 御子柴礼司‐贖罪の奏鳴曲‐』、そして『教場』のキャスト陣がチーム対抗戦を行う。  イントロクイズでは、昭和・平成・令和を通じて、解答者にまつわる曲のイントロが次々に出題される。初めて買ったCDや以前出演したドラマの主題歌など、それぞれの解答者にとって特別思い入れの強い曲のため、正解できればガッツポーズだが、タッチの差で他の解答者に正解を出されてしまうと、悔しいことしきり。さらに、月9や朝ドラなど名作ドラマの裏話も出演者から続々と飛び出す。  制限時間内に“あるワードが含まれる曲名”をできるだけ多く書くことを競う「曲名早書きリレー」では、「地名がタイトルに入る曲」というお題に対し、答えが思いつかずに困った『10の秘密』チームの仲間由紀恵が架空の曲名で珍解答。この後、答えに苦しくなると、仲間が挙げた架空の曲名を他の解答者も答えに使うという流れがおこり、スタジオが笑いに包まれる。  また、ゲストで木村拓哉にふんしたホリと、渡部篤郎にふんした山本高広が登場。ホリは木村の物まねを始めて18年になるが、木村とは初対面で、足が震えるほどド緊張の中スタジオに現れた。木村の言葉に涙するホリ。果たして、木村がホリにかけた言葉とは?  制限時間内にハミングで曲をリレー形式で伝達し、曲名を当てる「ハミングリレー」では、出題された曲名を“ぺぺぺ”“にゃにゃにゃ”でハミングして同チームのメンバーに伝えていくことに。『教場』チームは、木村の統率力とチームワークが光る。  その他、サビの部分を聞いて曲を当てる「サビトロ」、歌詞の抜粋が書かれた8枚のパネルを1枚ずつ開けていき、歌詞の一部から曲名を予想する「ワードでひらめけ!歌詞マルチクイズ」、電車の発車などを知らせる時に駅のホームで流れる曲を当てる「駅メロ・ドン!」、そしてクライマックスは「ウルトライントロ&超ウルトライントロクイズ」で大逆転を狙う。さらには、NOKKO、ゴールデンボンバー、X JAPANのToshIらが生歌を披露する。  『クイズ!ドレミファドン!2020新春SP~話題のドラマ出演者がイントロに挑戦!!~』はフジテレビ系にて2020年1月4日18時放送。

  • 木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』発表された追加キャスト(左から)三浦翔平、高畑淳子、北大路欣也、田辺誠一、中村俊介

    松下奈緒×木村佳乃『アライブ』、全身がん患者役に高畑淳子&キーパーソンに三浦翔平

    エンタメ

     女優の松下奈緒が主演を務め、木村佳乃が共演する2020年1月9日スタートのドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の追加キャストとして、女優の高畑淳子や俳優の三浦翔平、北大路欣也、田辺誠一、中村俊介の出演が発表された。@@cutter 本作は、腫瘍内科というがんに特化した診療科を舞台に、がんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描くメディカル・ヒューマン・ストーリー。松下が主人公の腫瘍内科医・恩田心役、木村が消化器外科医・梶山薫役を務め、清原翔、木下ほうか、藤井隆、岡崎紗絵らが脇を固める。  今回発表されたのは、心(松下)と薫(木村)の周囲を取り巻く個性豊かな登場人物を演じるキャスト5名。  北大路が演じるのは、心の義父でベテラン脚本家の恩田京太郎。心の夫である匠を男手一つで育てあげ、おおらかで茶目っ気のある人物という役どころ。高畑が演じるのは、がんの再発・転移を繰り返し、心が一貫して担当医として向き合っている全身がんの患者・高坂民代。民代は院内の名物患者でもあり、情報通。自身の病状に対してどこか達観をしており、独自の死生観を持っている。  田辺は、薫が以前に勤めていた関東医科大学付属病院の消化器外科副科長・須藤進役。三浦は、謎の男・関川隆一役を演じ、第3話から登場。ストーリーに大きな影響を与えるキーパーソンとなる。中村がは、心の夫で小説家の恩田匠役に扮する。匠はある日、転倒事故に遭い緊急手術を受けるも、いまだに意識は戻らず、以来、笑顔の絶えなかった恩田家は一変してしまう。  高畑は、「全身がんを抱えながら、他人事の様にがんの治療と向き合っている女性…と考えると、まっ先に思い出すのが樹木希林さんです。希林さんの死生観、あの少し皮肉屋さんの感じ、そんな気配を出せないものかな―と思いつつ、最近の医療事情なども大いに勉強したいと思っております」とコメント。三浦は、役柄について「物語後半に向けての色んな伏線をはっていき、謎の男の魅力を精一杯引き出していきたいと思っています」と意気込んでいる。  木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』は、フジテレビ系にて2020年1月9日より毎週木曜22時放送。

  • 木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』に出演する(左から)木下ほうか、清原翔、岡崎紗絵、藤井隆

    松下奈緒主演『アライブ』、清原翔、岡崎紗絵ら追加キャスト発表

    エンタメ

     女優の松下奈緒が主演を務め、木村佳乃が共演する2020年1月9日スタートのドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の追加キャストとして、俳優の清原翔、木下ほうか、藤井隆、女優の岡崎紗絵の出演が発表された。@@cutter 本作は、腫瘍内科というがんに特化した診療科を舞台に、がんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描くメディカル・ヒューマン・ストーリー。松下が主人公の腫瘍内科医・恩田心役、木村が消化器外科医・梶山薫役を務める。  清原が演じるのは、2年目の研修医・結城涼。医師家系のエリートで、性格はクールかつ冷静沈着でぶっきらぼうだが、実は熱い思いを奥底に抱えている不器用な人間。家族全員が外科医で、自らも外科医志望。研修期間に腫瘍内科を選んだ理由は、外科医としてがん診療を見ておく必要があると思った程度で、時間の隙間を見つけては外科の勉強をしているが…。  清原は「一見クールだけど、熱い想いがある。そんな結城をどう演じるか、本当に楽しみです」と語っている。清原は松下とは初共演。  岡崎は、同じく2年目の研修医・夏樹奈海役。奈海は常に前向きで努力家だが、たまに頑張りが空回りしてしまうことも。小児科医を目指しており、小児がんは小児科医が診ることになるため、その時のために備えたいという理由から、研修に腫瘍内科を選ぶ。  岡崎は「私も奈海のように真っ直ぐに作品と向き合い、奈海の人に寄り添える優しさを出していけるよう、精一杯頑張ろうと思います」と意気込んでいる。  木下は腫瘍内科部長・阿久津晃役。阿久津は今の病院に腫瘍内科を立ち上げた当人で、あっけらかんとした人柄の楽天家。部下には非常に寛容で、基本的に診療は心たちに任せ、成長を見守っている。  藤井が演じるのは、心の同僚の腫瘍内科医・光野守男。もともとは優秀な麻酔科医だったが、第5子が産まれたことをきっかけに、勤務時間がある程度決まっている腫瘍内科に転科してきた。陽気でほがらかな人柄で患者の信頼も厚く、腫瘍内科の慢性的な人手不足を嘆きながらも、心とともに日々、懸命に患者と向き合っている。  木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』は、フジテレビ系にて2020年1月9日より毎週木曜22時放送。

  • 木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』(左から)主演の松下奈緒と木村佳乃

    松下奈緒、がん専門医で木曜劇場主演 14年ぶり共演の木村佳乃とバディ結成

    エンタメ

     女優の松下奈緒が腫瘍内科医役で主演を務め、木村佳乃が消化器外科医役で共演するドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』が、フジテレビ系にて2020年1月9日より毎週木曜22時に放送されることが決まった。@@cutter 本作は、腫瘍内科というがんに特化した診療科を舞台に、がんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描くメディカル・ヒューマン・ストーリー。薬物療法を専門とするがん治療に取り組む腫瘍内科は、欧米に比べ、日本ではまだ歴史が浅いが、全ての種類のがん患者の診療にあたり、複雑化したがん診療を適切に行うために必要とされる存在。本作では日本のドラマでは初めて本格的に“腫瘍内科”にスポットを当て、医療現場の新たな一面を描く。  主演の松下は、腫瘍内科医・恩田心役を演じる。心は国内ではまだ数少ない“がんのスペシャリスト”。元来負けず嫌いで大胆な面もあるが、患者に対して自然と寄り添う事ができる医師。学生時代に知り合った匠と結婚し、一人息子をもうけて順風満帆な毎日を送っていたが、3ヵ月前に匠が転倒事故に遭い、意識が戻らないまま。いまだに現実を受け止め切れていない時、勤務先の病院に移籍してきた消化器外科医の薫と出会った。この年齢になってできた大切な友人である彼女との出会いを、心は突然差し始めた一筋の光のように感じている。  木村は、心とタッグを組む有能な消化器外科医・梶山薫役。薫は腕が良いと評判で、特に“サイレントキラー”と呼ばれるすい臓がんの手術などを有能な手技で行い、“がんを切る女医”としてがんの知識にとても長けている。職場を転籍した先が心の勤める病院で、心の腫瘍内科医としての知識と姿勢に共鳴し、外科治療の立場から心を支えるバディとなっていく。しかし、心には絶対言えない秘密も抱えていた。  松下が連続ドラマで臨床医を演じるのは初めて。松下と木村の共演は『恋におちたら~僕の成功の秘密~』(2005年4月期)以来14年ぶりとなる。  松下は出演にあたり実際の腫瘍内科医に話を聞き、大きな刺激を受けたという。「何よりも大切にしたいと思ったのは、患者さんとの距離感やコミュニケーション。がんと共に懸命に生きている患者さんに寄り添えること。安心や信頼を持ってもらえる、なんでも話せる関係性を築けることも大事なんだと感じました。その気持ちを忘れずに演じたいと思います」と意気込む。  共演の木村は「がんの最新の情報はもちろん、ドキュメンタリーとは違うドラマならではのがんとの向き合い方、患者からの目線、お医者さんからの目線、そういうものを皆さんにお伝えできればいいな、と思います」としつつ、「ただ実際にすごく辛い思いをされている方はたくさんいて、私たち作る側は本当に気をつけなきゃいけないところがたくさんあると思います」とコメントを寄せた。  木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』は、フジテレビ系にて2020年1月9日より毎週木曜22時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access