クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

捨ててよ、安達さん。 関連記事

  • ドラマ25『捨ててよ、安達さん。』第12話(最終回)場面写真

    『捨ててよ、安達さん。』最終回 安達祐実、壮絶な号泣演技…共感と称賛の声

    エンタメ

     女優の安達祐実が “本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)の最終回が3日に放送され、安達さん(安達)が母親との関係に苦悩し声を上げ号泣する姿に、ネット上には「安達さん凄いよ…」「もらい泣きしちゃう…」といった反響が巻き起こった。@@cutter 安達さんは、およそ3ヵ月前に母親と交わした電話での出来事を思い出す。母親からの“あなたは私のモノ”という言葉に強い反感を抱いた安達さんは、静かに涙を流すと物置に閉まってあった“ヘソの緒が入った箱”をリビングのゴミ箱に捨てる。  しかし彼女はゴミ箱に捨てたヘソの緒が入った箱を処分できずにいる。この約3ヵ月間、安達さんは“捨てられなかったモノ”と向き合うことで、自分の内面や過去、そして家族とも対峙(たいじ)してきた。母親に反感を抱きつつも、自身も子どもたちのことを“自分のモノ”だと感じてしまう矛盾に引き裂かれる彼女は、ゴミ箱からヘソの緒が入った箱を拾い上げると声をあげて号泣。まるで赤ちゃんのような大きな声で泣きながら涙を流すと、胎児のように丸くなり眠りについてしまう。  安達自身の人生を反映したストーリーの中で、彼女がエモーショナルな号泣を披露すると、ネット上には「演技力が凄すぎて…安達さん凄いよ…」「撮影期間中リアル安達さんの精神状態大丈夫だったの」などの声が相次いだ。  その後、安達さんは夢の中で「しんどいよ…大丈夫じゃない」とつぶやくと「お母さんがいつも正しいの。私はいつも間違ってる…でも私はお母さんのものじゃない」と心境を吐露する。安達さんの切実な訴えに、ネット上には「もらい泣きしちゃう…」「涙ボロボロだよ」といったコメントが殺到した。  最終回放送終了後、ネット上には「すごいドラマ…こういうドラマに出会えて幸せ。泣いてます」「最終回、よ、よ、よ、良すぎた…!!」などの投稿が集まり、さらに「この脚本受けた安達祐実が凄いよ」「安達さんの俳優魂に圧倒された」といった称賛も多数寄せられていた。

  • ドラマ25『捨ててよ、安達さん。』第12話(最終回)場面写真

    今夜最終回『捨ててよ、安達さん。』“安達さん”安達祐実が捨てられなかったモノ 謎の少女の正体も

    エンタメ

     女優の安達祐実が芸歴36年目にして、最初で最後の安達祐実“本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)。今夜放送される最終回では、捨てられないでいるゴミ箱の中身に向き合う安達さん(安達)と謎の少女(川上凛子)の正体に迫る。@@cutter■最終回は安達さん&謎の少女にフォーカス  自身についてのインタビューから始まる最終回。安達さんは娘、夫、母親、自分…それぞれに思いを巡らせ、ある日の母親との電話を思い出す。そして、ずっと捨てられないでいるゴミ箱の中身と向き合うことに。安達さんが捨てられないモノ、夢に度々現れた謎の少女の正体、モノを整理するうちに安達さんに起きた心情の変化とは? さまざまな角度から安達さんの向こう側を探る。  擬人化したモノが安達さんの夢の中に現れ、自分を捨ててほしいと名乗り出るシュールな世界観を展開する本作。安達演じる本作の主人公「安達さん」は、女性誌の連載企画の依頼を受けたことをきっかけに、自身の代表作がダビングされた“完パケDVD”をはじめ、さまざまな“捨てられないモノ”を捨てていく。モノを演じるゲストには、臼田あさ美、梶原ひかり、片桐はいり、加藤諒、貫地谷しほり、北村匠海、早織、じろう(シソンヌ)、徳永えり、戸塚純貴、松本まりか、YOU、渡辺大知ら豪華なキャストが集結する。    『捨ててよ、安達さん。』第12話(最終回)はテレビ東京系にて7月3日24時52分より放送。

  • 安達祐実

    『捨ててよ、安達さん。』安達祐実、愛着から執着へ 「ずっと私のもの!」狂気の演技にネット「恐い」

    エンタメ

     女優の安達祐実が “本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)の第11話が26日に放送され、15年以上愛用するパジャマ(YOU)に強い執着を見せる安達さん(安達)の姿に、ネット上には「すごいよ安達さん…」「恐い。恐いよ安達さん」などの声が相次いだ。@@cutter 第11話で安達さんの夢の中に登場したのは、15年以上愛用しているというパジャマ。ゴムも伸び切ってしまうほどボロボロで、外にも出たいというパジャマは“もう捨ててほしい”と申し出る。しかし安達さんは2回の妊娠・出産を共に乗り越えたパジャマに深い愛着を持っているため捨てることを固辞し続ける。  ドラマの前半は、捨ててほしいパジャマとどうしても捨てたくない安達さんのやりとりがコミカルに描写される。しかし後半になると一転、シリアスな展開に。安達さんは真剣な表情になると妊娠中も体を守ってくれたパジャマについて「あなたはいつも、すごく優しかった」とつぶやき「だからずっと優しいままのあなたでいてよ…」と懇願。安達さんがパジャマへの強い執着を隠さない姿に、ネット上には「すごい…優しい流れからの狂気」「執着に狂気を感じる」といったコメントが寄せられた。  さらに安達さんは思いつめたような表情でパジャマに対して「私、絶対あなたを捨てないよ…あの子たちと繋がってた証拠だもん! 絶対に捨てない…あなたはずっと私のもの…」と伝える。安達さんの言動にパジャマは「ちょ…ちょっと恐い」と一言。  さらにパジャマが「ずっと安達さんのものって言われると、なんか“恐っ”ってなっちゃって…」と笑ってごまかそうとすると、安達さんは「なんで! 私、あなたを着てると“あぁ…家族手に入れたんだなぁ…”って思えるんだよ」と詰め寄る。愛着から執着へと転じた安達さんを熱演する本人の姿に、ネット上には「すごいよ安達さん…」「恐い。恐いよ安達さん」などの投稿が集まった。

  • ドラマ25『捨ててよ、安達さん。』第11話場面写真

    今夜の『捨ててよ、安達さん。』 安達祐実、パジャマ役のYOUに「あなたはずっと、私のもの」

    エンタメ

     女優の安達祐実が芸歴36年目にして、最初で最後の安達祐実“本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)第11話が今夜放送される。ゲストは、安達さんが15年以上愛用するパジャマ役のYOU。@@cutter■ゲストはパジャマ役のYOU  ドラマのクランクアップの記念に、新しいモコモコパジャマをもらった安達さん。その夜の夢で、安達さんが15年以上愛用するパジャマ(YOU)が、なぜかヒールと革ジャンで現れた。ゴムも伸びてダルダルになり「捨てたらいいじゃないですか安達さん」と訴えるパジャマに、「あなたはずっと、私のもの」と、どうしても捨てられない安達さん。そんな2人を見た少女(川上凛子)が、安達さんに問いかける…。  擬人化したモノが安達さんの夢の中に現れ、自分を捨ててほしいと名乗り出るシュールな世界観を展開する本作。安達演じる本作の主人公「安達さん」は、女性誌の連載企画の依頼を受けたことをきっかけに、自身の代表作がダビングされた“完パケDVD”をはじめ、さまざまな“捨てられないモノ”を捨てていく。モノを演じるゲストには、臼田あさ美、梶原ひかり、片桐はいり、加藤諒、貫地谷しほり、北村匠海、早織、じろう(シソンヌ)、徳永えり、戸塚純貴、松本まりか、YOU、渡辺大知ら豪華なキャストが集結する。  『捨ててよ、安達さん。』第11話はテレビ東京系にて今夜24時52分より放送。

  • 安達祐実

    『捨ててよ、安達さん。』安達祐実に“ゴッドタン”出演オファー! ネット歓喜

    エンタメ

     女優の安達祐実が “本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)の第10話が19日に放送され、冒頭で安達さん(安達)のもとに同局の人気バラエティ番組『ゴッドタン』から出演オファーが来るという展開に、ネット上には「めちゃくちゃおもしろい」「本当に出てくれないかな」といった反響が巻き起こった。@@cutter 第10話の冒頭、車で移動中の安達さん(安達)に西村マネージャー(西村晋弥)が『ゴッドタン』から出演オファーがあったことを告げる。それを聞いた安達さんはパッと明るい表情になり「すごいすごい! わぁ〜」と一言。この冒頭シーンにネット上には「安達祐実出演回の『ゴッドタン』あったらめちゃくちゃおもしろいなー」「本当に出てくれないかな」などの声が相次いだ。  ゲストが秘密を打ち明けるというトーク企画に招かれる安達に、西村マネージャーは、スタッフからの言葉として「“ぜんぜん大した話じゃなくていい”っておっしゃってたんで…」と伝えると、安達さんは真面目な表情になり「なに言ってるの。ダメだよ…そんなヌルい考えじゃいけないでしょ…」と応じる。この安達さんの言葉に、ネット上には「安達さん『ゴッドタン』への理解が深い」「『ゴッドタン』でもプロ意識が高い安達さん」といったコメントが集まった。  「地上波にのせて大丈夫な範囲でお願いしますね…」と西村マネージャーからたしなめられる安達さんは、うれしそうに「『ゴッドタン』かぁ…『ゴッドタン』きたかぁ…」とつぶやく。人気番組からのオファーに笑顔でみせる安達さんの姿に、ネット上には「『ゴッドタン』出演で嬉しそうにしてる安達さん可愛い笑」「ゴッドタンのオファーにニヤける安達さんかわいい」などの投稿も寄せられていた。  『ゴッドタン』(テレビ東京/毎週土曜25時45分)は2005年にスタートしたバラエティ番組。「キス我慢選手権」や「芸人マジ歌選手権」などの人気企画で知られている。

  • ドラマ25『捨ててよ、安達さん。』第10話場面写真

    今夜の『捨ててよ、安達さん。』 シソンヌじろう登場 安達祐実の秘密が狙われる

    エンタメ

     女優の安達祐実が芸歴36年目にして、最初で最後の安達祐実“本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)第10話が今夜放送される。ゲストは給与明細役のシソンヌ・じろう。@@cutter■ゲストは給与明細役のじろう(シソンヌ)  バラエティ番組出演のため、暴露する秘密を考える安達さん。すると、夢の中で安達さんの秘密を知るという給与明細(じろう)が現れ、その秘密が誰かに狙われていると告げる。それは20代の頃、とあるアルバイトをしていた時のもので、記憶の中「あんた、目が死んでんだよ」という言葉が頭をよぎり…。  擬人化したモノが安達さんの夢の中に現れ、自分を捨ててほしいと名乗り出るシュールな世界観を展開する本作。安達演じる本作の主人公「安達さん」は、女性誌の連載企画の依頼を受けたことをきっかけに、自身の代表作がダビングされた“完パケDVD”をはじめ、さまざまな“捨てられないモノ”を捨てていく。モノを演じるゲストには、臼田あさ美、梶原ひかり、片桐はいり、加藤諒、貫地谷しほり、北村匠海、早織、じろう(シソンヌ)、徳永えり、戸塚純貴、松本まりか、YOU、渡辺大知ら豪華なキャストが集結する。  『捨ててよ、安達さん。』第10話はテレビ東京系にて今夜24時52分より放送。

  • 安達祐実

    『捨ててよ、安達さん。』安達祐実の金髪ロングヘアに反響「最高」「かわいい!」

    エンタメ

     女優の安達祐実が“本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)の第9話が12日に放送され、安達さん(安達)が夢の中で金髪のロングヘアを披露すると、ネット上には「かわいい!」「素敵!!!」「最高」などの声が相次いだ。@@cutter 安達さんは仕事で海外にいる夫との家事についてのやりとりにイライラを募らせていた。そんな中、失恋をきっかけに金髪になった西村マネージャー(西村晋弥)からドラマのために前髪を5ミリ切ってくれと言われる。その日の夜、寝ようとする安達さんのスマートフォンに、夫から“髪を切ろうと思うけどどういう感じがいい?”とメッセージが入る…。  眠りについた安達さんは夢の中で不満を爆発させる。安達さんは「どんな感じがいいと思うって何?」とつぶやくと、誰に聞かせるでもなく「自分で考えろよ! こっちは切りたくなったって仕事のためにミリ単位で髪型調整してんのに…」と早口でまくし立てる。収まらない安達さんは「ていうか西村くんはさ、それわかってて、なんで自分だけ自由に髪型変えてるわけ?」と一人で話し続ける。  鬱憤の溜まった安達さんの愚痴の数々にネット上には「言い過ぎる安達さんかわいい」「不満ぶわ〜でなんかかわいい」といったコメントが寄せられた。  「おっさんの髪型なんかどうでもいいわ! アフロでもパンチでも好きにしろや!」と言い放った安達さんに、夢の中の少女(川上凛子)は「だから、その頭?」とポツリ。鏡で自分の姿を見た安達さんは、自分が金髪のロングヘアになっていることに気付き「え?え? なんで? いいのぉ?」とうろたえてしまう。その姿を見た少女は笑顔を浮かべると「いいんだよ、夢の中は自由なんだから」と言葉をかける。  画面に金髪ロングヘアとなった安達さんの姿が映し出されると、ネット上には「かわいい!」「金髪の安達さん素敵!!!」「金髪の安達祐実とか最高」「金髪も似合うとかなんなん」などの投稿が集まった。

  • 『捨ててよ、安達さん。』第9話より

    今夜の『捨ててよ、安達さん。』 本人役の北村匠海、ギターを手に美声を披露

    エンタメ

     女優の安達祐実が芸歴36年目にして、最初で最後の安達祐実“本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)第9話が今夜放送される。ゲストは本人役で出演する北村匠海。@@cutter■ゲストは本人役の北村匠海  安達さんは朝から家事分担ができない夫とのやりとりでイライラしていた。そんな中、失恋をきっかけに金髪になった西村マネージャー(西村晋弥)からドラマのために前髪を5ミリ切ってくれと言われる。髪の毛ひとつ自由にできないと夢の中でも荒れる安達さんの前に現れたのは、娘の姿をした少女(新井美羽)と、歌を披露する北村匠海だった。  擬人化したモノが安達さんの夢の中に現れ、自分を捨ててほしいと名乗り出るシュールな世界観を展開する本作。主にモノとして出演するゲストには、臼田あさ美、梶原ひかり、片桐はいり、加藤諒、貫地谷しほり、北村匠海、早織、じろう(シソンヌ)、徳永えり、戸塚純貴、松本まりか、YOU、渡辺大知と豪華な顔ぶれがそろう。  『捨ててよ、安達さん。』はテレビ東京系にて毎週金曜24時52分より放送。

  • 安達祐実

    『捨ててよ、安達さん。』安達祐実、元彼との切ない恋の終わりにネット「マジで心にくる…」

    エンタメ

     女優の安達祐実が “本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)の第8話が5日に放送され、安達さん(安達)が過去の苦い恋を振り返る姿に、ネット上には「マジで心にくる…」「すごく染みる…」「切ない」といった反響が巻き起こった。@@cutter 眠りについた安達さんの夢の中に今回現れたのは、“安達さんがかつて交際していた男性と付き合った時に、無理して買った価格もヒールも高め”の靴(早織)。十数年以上前から、安達さんに履かれなくなってしまった靴は、話し方もしぐさもひどく卑屈な様子。  謎の少女(川上凛子)から、その靴を履いていた当時の交際相手について聞かれた安達さんは「いい人だった。とっても」と「付き合ってた頃は私もまだ若かったからさ、頑張っちゃったんだよねぇ…」と苦笑いを浮かべ「背が低いのとか、子供っぽいのとか、恋し始めたらすごく嫌になってきて…彼に大人の女性に見られたいって頑張っちゃって…」と昔を振り返る。  安達さんが話した内容から、ネット上には「あの元彼のことを匂わせている?」などの声が寄せられ、さまざまな憶測が広がった。  さらに安達さんは「しかもサイズが合ってなくて…」と自嘲気味に語ると「高い靴なのに中敷したり、あとカカトのとこ靴擦れ防止のやつ貼ったりとか、足にも絆創膏いっぱい貼って、履いてた」と告白。その後、その靴を履いて当時交際していた男性と歩いている姿をショーウィンドウで見たという安達さんは「私の頑張ってますみたいな感じがすごすぎて…」とうつむきながら話すと、続けて「足よりもっと胸が…苦しくて」と涙で声を詰まらせる。  安達さんが過去の苦い恋について振り返る姿に、ネット上には「安達さんの芝居、マジで心にくる…」「安達さんの表情がほんと泣かせるんだわぁ」といったコメントが集まり、さらに「なんかすごく染みる…」「今週はいつにも増して切ないの?」などの反響も相次いだ。

  • 『捨ててよ、安達さん。』第8話より

    今夜の『捨ててよ、安達さん。』 早織、卑屈な靴役で出演 安達祐実に元彼との記憶が

    エンタメ

     女優の安達祐実が芸歴36年目にして、最初で最後の安達祐実“本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)第8話が今夜放送される。ゲストは靴役として出演する早織。@@cutter■ゲストは靴役の早織  夢の中で謎の少女(川上凛子)の真相を探ろうとしていると、玄関に来訪者が現れる。それは、安達さんがかつて交際していた男性に釣り合うようにと無理して買った靴(早織)だった。かつてないほどに卑屈な彼女は「捨ててください」と安達さんに頼み込む。元彼との思い出が詰まった靴に安達さんが下した決断は…?  擬人化したモノが安達さんの夢の中に現れ、自分を捨ててほしいと名乗り出るシュールな世界観を展開する本作。主にモノとして出演するゲストには、臼田あさ美、梶原ひかり、片桐はいり、加藤諒、貫地谷しほり、北村匠海、早織、じろう(シソンヌ)、徳永えり、戸塚純貴、松本まりか、YOU、渡辺大知と豪華な顔ぶれがそろう。  『捨ててよ、安達さん。』はテレビ東京系にて毎週金曜24時52分より放送。

  • 『捨ててよ、安達さん。』でノリノリバトルを展開した(左から)松本まりかと徳永えり

    『捨ててよ、安達さん。』松本まりか&徳永えりの“ノリノリバトル”にネット歓喜「胸熱!」

    エンタメ

     女優の安達祐実が“本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)の第7話が29日に放送され、ゲストとして女優の松本まりかと徳永えりが登場し熱演を見せると、ネット上には「胸熱!」「2人、ノリノリだなぁ」などの声が集まった。@@cutter ある日、安達さんは自宅の本棚から整理するものを選ぶことに。処分する本を選んでいるうちに眠ったしまった安達さん(安達)の夢の中に、ロングスカートに花柄のブラウス、さらに黄色いライダースジャケットを肩から羽織ったヨウコ(松本)と名乗る女性が颯爽と現れ「あの子を捨てて頂戴!」と居丈高に言い放つ。  さらに、安達さんの自宅の2階からは黒いタイトスカートに清潔感漂う白いジャケットを身につけたミヤ(徳永えり)と名乗る女性が姿を見せ「いいえ、この人を捨てて頂戴」と冷静な口調で注文する。  2人の名前は、安達さんが愛読している小池真理子の恋愛小説『狂王の庭』の登場人物。単行本と文庫本を所有している安達さんに、単行本のヨウコと文庫本のミヤが“どちらかを捨ててほしい”と詰め寄るのだった。  ハードカバーの単行本であるヨウコは自身について大仰なそぶりで「単行本は言わば!作家、編集者、そしてデザイナーの愛の結晶…」と話すと、芝居掛かった口調で「文庫本とは格が違うの格が…」と語る。  一方のミヤは「ハッ!格ぅ?」と声をあげると「ちゃんちゃらおかしい…文庫本のこの洗練されたミニマムデザインの良さがお分かりでないの?」と対抗心を燃やす。  本を演じる2人の演技派女優の熱演に、ネット上には「このメンツが同じ画に入るのアツいな」「松本まりかさんに徳永えりさんは胸熱!」などの投稿が相次ぎ、さらに「松本まりか&徳永えりの適材適所感」「今日の出演者の2人、ノリノリだなぁ」といった反響も上がっていた。

  • 『捨ててよ、安達さん。』第7話より

    今夜の『捨ててよ、安達さん。』 松本まりか&徳永えりか出演 過去の事実が明らかに

    エンタメ

     女優の安達祐実が芸歴36年目にして、最初で最後の安達祐実“本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)第7話が今夜29日に放送される。ゲストは松本まりかと徳永えり。@@cutter■ゲストは徳永えり&松本まりか  連載のネタがそろそろ切れてきた頃、西村マネージャー(西村晋弥)からの勧めもあり、今回は自宅の本棚から整理するものを選ぶことに。その夜、安達さんの夢の中に現れたのはミヤ(徳永えり)とヨウコ(松本まりか)と名乗る2人の女性。その名前に聞き覚えのある安達さんは感激するが…。2人の正体とは? そして、忘れていた事実が発覚する。  擬人化したモノが安達さんの夢の中に現れ、自分を捨ててほしいと名乗り出るシュールな世界観を展開する本作。主にモノとして出演するゲストには、臼田あさ美、梶原ひかり、片桐はいり、加藤諒、貫地谷しほり、北村匠海、早織、じろう(シソンヌ)、徳永えり、戸塚純貴、松本まりか、YOU、渡辺大知と豪華な顔ぶれがそろう。  『捨ててよ、安達さん。』はテレビ東京系にて毎週金曜24時52分より放送。

  • 安達祐実

    『捨ててよ、安達さん。』安達祐実の“1回目の婚約指輪”に視聴者「あの人が思い浮かんじゃう」

    エンタメ

     女優の安達祐実が “本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)の第6話が22日に放送され、安達さんが手放そうとする“1回目の婚約指輪”について描かれると、ネット上には「あの人が思い浮かんじゃう」と安達本人の“前夫”のあの人を想起する声が上がった。@@cutter ある日、安達さん(安達)は物置で1回目の婚約指輪を見つける。眠りについた安達さんの前に謎の少女(川上凛子)が現れると、さらに“捨ててほしいモノ”として1回目の婚約指輪(渡辺大知)が姿を見せる。  安達さんを演じる安達は、2005年にお笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田潤と結婚。2人は女児を設けるものの2009年に離婚している。そんな実際のエピソードを想起させる物語に対して、ネット上には「元旦那の婚約指輪の話、どうしてもあの人が思い浮かんじゃうよね」「そこ触れていいんだというドキドキ感」などの声が相次いだ。  安達さんの目の前に現れた婚約指輪は“海に投げ捨ててほしい”と懇願。しかし安達さんと謎の少女は婚約指輪を売りに出すことを伝える。不服そうな婚約指輪だったが、自分が売られてお金に変わることで安達さんやその娘の生活費として役に立てることに気付く。その後、婚約指輪は売られることを了承。夢から覚めた安達さんも婚約指輪を処分しようと決意する。  このストーリー展開に、ネット上には「熱々の鉄板ジョークより熱い内容」「この脚本エグすぎる」といったコメントが殺到。また本作では本編終了後に“この物語はフィクションです 実在の人物・団体とは関係がありません が、実在する安達祐実とは少々関係がございます”とクレジットされるのがおなじみとなっていて、第6話放送終了後にも同様の文言がクレジットされると、ネット上には「今日のは少々どころではなかった」「今日は神回でした」となどの投稿が寄せられていた。

  • 『捨ててよ、安達さん。』第6話より

    今夜の『捨ててよ、安達さん。』 渡辺大知、安達祐実のワケありな指輪として登場

    エンタメ

     女優の安達祐実が芸歴36年目にして、最初で最後の安達祐実“本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)第6話が今夜22日に放送される。ゲストは指輪役の渡辺大知。@@cutter■ゲストは指輪役の渡辺大知  安達さんは、自宅の物置である物を複雑な表情で見つめていた。その夜、安達さんが以前お世話になったスタッフの結婚パーティーでもらったタオルを謎の少女(川上凛子)が発見したのをきっかけに、自身の結婚当初を思い出す。そして、いつものように「捨ててほしい」と訪れたモノは指輪(渡辺大知)だった。安達さんは思い当たる節があるようで…。  擬人化したモノが安達さんの夢の中に現れ、自分を捨ててほしいと名乗り出るシュールな世界観を展開する本作。主にモノとして出演するゲストには、臼田あさ美、梶原ひかり、片桐はいり、加藤諒、貫地谷しほり、北村匠海、早織、シソンヌのじろう、徳永えり、戸塚純貴、松本まりか、YOU、渡辺大知と豪華な顔ぶれがそろう。  『捨ててよ、安達さん。』はテレビ東京系にて毎週金曜24時52分より放送。

  • 安達祐実

    『捨ててよ、安達さん』安達祐実、子役出身女優対決に怒りの本音炸裂 「胸に染みる」「泣ける…」と反響

    エンタメ

     女優の安達祐実が “本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)の第5話が15日に放送され、安達さんが感情をむき出しにしながら本音を言い放つシーンに、ネット上には「激アツじゃん!」「泣ける…」「胸に染みる」などの声が集まった。@@cutter ドラマ撮影の合間に、共演中の女優・梶原ひかり(本人)から“本気でぶつかり合いたい”と演技について要求される安達さん。しかし安達さんは、梶原の威圧的な態度にたじろいでしまう。その夜、安達さんの夢の中に、梶原が現れる。  夢の中の梶原は、安達さん本人を前にして“尊敬できない”と本音を明かす。そして安達さんを“その場の空気を悪くしないためにただやり過ごす人”と表現すると「あふれ出てしまう“役者魂”みたいなものないんですか!?」と問い詰める。  すると安達さんは真顔になり「何がいけないの?」とポツリ。安達さんは驚いて無口になった梶原を真剣な表情で見つめながら「みんなが気持ちよく過ごせるように考えて動いて何が悪いの?」と言葉を重ねる。ついに安達さんは怒りをたぎらせながら「みんなが言いたい放題、やりたい放題やってたら、この世界成り立たないでしょ?」と話すと「あたしは考えてやってんの!技術でやってる!“役者魂”っていう曖昧なものに頼ってないの!!」と本音を炸裂させる。  安達さん同様、子役時代から活躍し続ける梶原との本人対決で、安達さんが怒りをあらわにしながら本音を語る姿に、ネット上には「目力凄い」「激アツじゃん!安達さん!それだよそれ!」「キレる安達さんかっこいい!」などの声が相次いだ。  さらに安達さんが語った言葉について、ネット上には「今日の安達さんの言葉は胸に染みる」「安達さんの気持ちわかりすぎてしんどい…」といったコメントが集まり、さらに「今日はちょっと泣ける…」「ガン泣きなんですが」などの投稿も寄せられている。

  • 『捨ててよ、安達さん。』第5話より

    今夜の『捨ててよ、安達さん。』 梶原ひかりが本人役で登場 安達さんに威圧的な態度

    エンタメ

     女優の安達祐実が芸歴36年目にして、最初で最後の安達祐実“本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)第5話が今夜15日に放送される。ゲストは本人役の梶原ひかり。@@cutter■ゲストは本人役で登場する梶原ひかり  自身が出演するドラマ撮影の合間に、共演中の女優・梶原ひかりからある相談を持ちかけられる安達さん。しかし安達さんは、梶原の威圧的な態度に圧倒されてしまう。さらに、西村マネージャー(西村晋弥)に言われた一言が気になってしまい…。その夜、夢の中に現れたのは梶原ひかり本人だった。  擬人化したモノが安達さんの夢の中に現れ、自分を捨ててほしいと名乗り出るシュールな世界観を展開する本作。ゲストには、臼田あさ美、梶原ひかり、片桐はいり、加藤諒、貫地谷しほり、北村匠海、早織、シソンヌのじろう、徳永えり、戸塚純貴、松本まりか、YOU、渡辺大知と豪華な顔ぶれがそろう。  『捨ててよ、安達さん。』はテレビ東京にて毎週金曜24時52分より放送。

  • 安達祐実

    『捨ててよ、安達さん。』安達祐実 “贈り物”めぐるやりとりにネットで共感の声

    エンタメ

     女優の安達祐実が “本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)の第4話が8日に放送され、遠い親戚からの贈り物にまつわるエピソードに、ネットでは「判るなぁ」「刺さる…」などの声が集まったものの、その後の展開に視聴者からのツッコミも投稿された。@@cutter ある日安達さん(安達)の元へ親戚の光代おばさんから手作りの時計が届く。度々、手作りのものを送ってくる光代おばさんに、安達さんはいつも通りお礼の手紙を書こうとするものの筆が進まない。いつの間にか眠ってしまった安達さんの元に、光代おばさんが作った時計(片桐はいり)が現れる。  時計は意外にも安達さんに「捨ててもらえないかしら? 私のこと」と言い放つ。時計は、光代おばさんが時計を作っている最中に体調を崩したことを明かす。これまで安達さんからていねいなお礼が返ってきたことで手作りがエスカレートしてきたため、時計は光代おばさんの体調を心配して「祐実ちゃんから終わらせてあげてくれないかしら?」と提案する。そして時計は「気持ちの贈り合いはここでおしまい」と宣言する。  安達さんと時計のやりとりに、ネット上には「気持ちの贈り合いの悪循環、判るなぁ」「刺さる…ほんとに素晴らしい」「今日の話、なんだかすごくわかる」といった共感の声が寄せられた。  その後、時計を捨てることを決意した安達さん。その話を、安達さんが“手作り”した「ハチミツ紅生姜湯」を飲みながら聞く西村マネージャー(西村晋弥)。安達さんは「おいしい?」と聞くと、西村マネージャーは笑顔で「おいしいですよコレ」と返答。すると安達さんは「そうなんだぁ、今度私も飲んでみよっかなぁ」とポツリ。このセリフにネット上には「自分は飲んでない」「毒味させてるじゃんww」「まだ飲んでない」などのツッコミが相次いでいた。

  • 『捨ててよ、安達さん。』第4話より

    今夜の『捨ててよ、安達さん。』 安達祐実の元に“時計”の片桐はいりが現れる

    エンタメ

     女優の安達祐実が芸歴36年目にして、最初で最後の安達祐実“本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)第4話が今夜8日に放送される。ゲストは時計役の片桐はいり。@@cutter■ゲストは時計役の片桐はいり  ある日安達さんの元へ遠い親戚だという光代おばちゃんから手作りの大きな時計が届く。お礼の手紙を書こうと筆を執ったが、あまり進まず…。悩んでいるうちに眠ってしまった安達さんの夢の中に光代おばさん手作りの時計・ミツヨ(片桐はいり)が現れる。安達さんは、今まで知らなかった意外な事実を知ることに…。  各話、擬人化したモノが安達さんの夢の中に現れ、自分を捨ててほしいと名乗り出るシュールな世界観を展開する本作。モノを演じるゲストには、臼田あさ美、梶原ひかり、片桐はいり、加藤諒、貫地谷しほり、北村匠海、早織、シソンヌのじろう、徳永えり、戸塚純貴、松本まりか、YOU、渡辺大知と豪華な顔ぶれがそろう。  『捨ててよ、安達さん。』はテレビ東京にて毎週金曜24時52分より放送。

  • 安達祐実

    『捨ててよ、安達さん。』安達祐実のJK制服姿にネット「違和感ない!!」

    エンタメ

     女優の安達祐実が芸歴36年目にして、最初で最後の安達祐実“本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)の第3話が1日に放送され、安達の高校生時代の制服姿が披露されると、ネット上には「制服姿違和感ない!!」「JK違和感ゼロ」などの声が集まった。@@cutter 本作は安達にとって10年ぶりとなる地上波連続ドラマ主演作。ある日、女性誌の編集長から“毎号私物を1つ捨てる”という連載企画を持ちかけられた安達さん(安達)と、擬人化された彼女の私物たちとの対話を描いていく。  ある日、マネージャー(西村晋弥)との会話から高校生時代に使っていた携帯電話を思い出した安達さん(安達)。その夜、夢の中に安達さんが使っていた初代携帯電話の男(加藤諒)が現れる。「自分には安達さんの青春時代の思い出が詰まっている」と主張する男に対して、高校生ですでに女優として多忙を極めていた安達さんは「なかったんで。青春とか」と応えてしまう。  夢から覚めた安達さんは、初代携帯電話を手に取り電源を入れてみる。安達さんは高校時代に友人とやりとりしたメールを眺めると、写真が保存されているのを発見。開いてみると、そこには制服姿の安達さんが砂浜で友人たちと楽しげに記念撮影に興じる姿が収められていた。  画面に安達さんの女子高生時代の制服姿が映し出されると、ネット上には「制服姿違和感ない!!」「JK違和感ゼロ」「違和感なしすげぇ」といった声が殺到。さらに「現在だろうと思うんだけど当時の写真と言われても俺は信じてしまう」「制服着てても当時なのか今着てるのかどっちか正直わからん」などのコメントが相次いだ。

  • 『捨ててよ、安達さん。』第3話より

    今夜の『捨ててよ、安達さん。』 加藤諒、安達祐実の“携帯電話”に

    エンタメ

     女優の安達祐実が芸歴36年目にして、最初で最後の安達祐実“本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)第3話が今夜1日に放送される。ゲストは携帯電話役の加藤諒。@@cutter■加藤諒が安達さんの“初代携帯電話”に  ある日、西村マネージャー(西村晋弥)との会話でふと、学生時代に使っていた携帯電話の存在を思い出した安達さん(安達)。その夜、夢の中に安達さんが使っていた初代携帯電話の男(加藤)が現れるが、今まで登場したモノたちと少し様子が違うようで…。初代携帯電話との出合いを機に思い出した自身の学生時代の本当の記憶とは…。  各話、擬人化したモノが安達さんの夢の中に現れ、自分を捨ててほしいと名乗り出るシュールな世界観を展開する本作。モノを演じるゲストには、臼田あさ美、梶原ひかり、片桐はいり、加藤諒、貫地谷しほり、北村匠海、早織、シソンヌのじろう、徳永えり、戸塚純貴、松本まりか、YOU、渡辺大知と豪華な顔ぶれがそろう。  『捨ててよ、安達さん。』はテレビ東京にて毎週金曜24時52分より放送。

  • 安達祐実

    『捨ててよ、安達さん。』安達祐実の“ダボダボ部屋着姿”に「旦那さんの着てる感じで可愛い」「ほんと38?」

    エンタメ

     女優の安達祐実が芸歴36年目にして、最初で最後の安達祐実“本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)の第2話が24日に放送され、夢の中の安達さん(安達)がダボダボの部屋着姿を披露すると、ネット上には「旦那さんの着てる感じで可愛い」「オシャレ」「ほんと38???」などの反響が巻き起こった。@@cutter 本作は安達にとって10年ぶりとなる地上波連続ドラマ主演作。ある日、女性誌の編集長から“毎号私物を1つ捨てる”という連載企画を持ちかけられた安達さん(安達)と、擬人化された彼女の私物たちとの対話を描いていく。  ある日の夜、安達さんは冷蔵庫に置いてあった紅生姜をつまんでいるうちに、ソファで眠りについてしまう。安達さんがふと気がつきテーブルに目をやると、そこには夢の中にだけ現れる謎の少女(川上凛子)が紅生姜を食べる姿があった。  物語は第1話と同様に、安達さんが夢の中で謎の少女や“捨てられないモノ”たちと対話を重ねるという展開に。夢の中の安達さんは、起きていた時の服装と打って変わって、黒とネイビーのボーダー柄があしらわれたオーバーサイズのラガーシャツに、オレンジ色の袴風パンツというダボダボファッションを披露。  夢の中の安達さんを演じる安達が見せたダボダボファッションに、ネット上には「安達さんの部屋着が可愛い」「旦那さんの着てる感じで可愛いよね」「可愛いしオシャレだ」といった声が相次ぎ、さらに「ダボダボの服きてる安達祐実さん可愛すぎる、、ほんと38???」「安達祐実、何歳だよ?」「安達祐実が安達祐実のまま38歳になってるの本当にすごいな」などのコメントも集まっていた。

  • 『捨ててよ、安達さん。』第2話より

    今夜の『捨ててよ、安達さん。』 ゲストは輪ゴム役・臼田あさ美、レジ袋役・戸塚純貴

    エンタメ

     女優の安達祐実が芸歴36年目にして、最初で最後の安達祐実“本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)第2話が今夜24日に放送される。第2話のゲストは、輪ゴム役・臼田あさ美とレジ袋役・戸塚純貴。@@cutter■輪ゴム役・臼田あさ美とレジ袋役・戸塚純貴がケンカ  女性向けのライフスタイル雑誌の編集者から“毎号私物を1つ整理してほしい”という企画の依頼を受けた安達さん(安達)。再び夢の中に現れた少女(川上凛子)を見て、安達さんは幼少期時代のある出来事を思い出す。そんな中、輪ゴム(臼田)とレジ袋(戸塚)を名乗る男女2人が安達さんの元を訪れる。何やら自身の使い方について不満がたまっているらしく…。さらに、話していくうちに輪ゴムとレジ袋がケンカを始めてしまう。  各話、擬人化したモノが安達さんの夢の中に現れ、自分を捨ててほしいと名乗り出るシュールな世界観を展開する本作。モノを演じるゲストには、臼田あさ美、梶原ひかり、片桐はいり、加藤諒、貫地谷しほり、北村匠海、早織、シソンヌのじろう、徳永えり、戸塚純貴、松本まりか、YOU、渡辺大知と豪華な顔ぶれがそろう。  『捨ててよ、安達さん。』はテレビ東京にて毎週金曜24時52分より放送。

  • (左から)安達祐実、貫地谷しほり

    『捨ててよ、安達さん。』初回 安達祐実&貫地谷しほりの熱演にネット「名作の予感」

    エンタメ

     女優の安達祐実が主演を務めるドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)の初回が17日に放送され、本人役の安達さんとDVD役でゲスト出演した女優の貫地谷しほりが熱演を見せると、ネット上には「切ない…」「ガチ演技よかった~」「名作の予感」などの反響が巻き起こった。@@cutter 本作は安達にとって10年ぶりとなる地上波連続ドラマ主演作。ある日、女性誌の編集長から“毎号私物を1つ捨てる”という連載企画を持ちかけられた安達さん(安達)と、擬人化された彼女の私物たちとの対話を描いていく。  連載を持ちかけられた安達さんは、自宅に帰って“捨てるもの”を探すため、部屋を物色してみると古いDVDを発見。その夜、眠りについた安達さんの夢の中に謎の少女(川上凛子)が現れる。  夢の中の少女(川上凛子)は、安達さんの自宅にやってきた女性をリビングに招き入れる。その女性は安達さんの代表作“と世間で言われている作品”のDVD(貫地谷しほり)。DVDは安達さんの所有物となって以降、自分を観てくれないことに業を煮やし「同情するなら観ておくれ!!」と懇願する。この言葉に、ネット上には「これは代表作だわ(笑)」「あっ名セリフ」といった投稿が集まった。  DVDから代表作を観てくれないことを責められた安達さんは伏し目がちに「ずっと“あの作品”の安達祐実だったの」と応えると「最近やっとそれから解放されて来たんだよ。観ちゃったら私また、引っ張られるかもしれないし…」と本音を口にする。するとDVDは代表作から解放されてほしい気持ちから「捨ててよ、安達さん…」と言葉をかける。この展開にネット上には「切ない…」「泣けちゃう」などのコメントが寄せられた。  初回の放送終了後、ネット上には「貫地谷vs安達さん面白い」「安達さんと貫地谷さんのガチ演技よかった~」といった2人の熱演を称賛する声や「名作の予感」「これはやばいドラマだ(絶賛)」などの評価が相次いだ。

  • 安達祐実

    安達祐実、天才子役から女性の憧れの存在へ “奇跡の38歳”これまでの軌跡

    エンタメ

     ドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)がスタートした。タイトルにある“安達さん”とは、女優の安達祐実のことだ。今回は、安達にとっては『娼婦と淑女』(東海テレビ・フジテレビ系)以来10年ぶりに地上波連続ドラマ主演にして、初めて“安達祐実”役を演じる彼女のフィルモグラフィーを振り返ってみたい。@@cutter 作品の内容は、安達演じる“安達さん”が、女性誌の連載企画の依頼を受けたことをきっかけに、自分の代表作がダビングされた“完パケDVD”をはじめ、これまで“捨てられなかったモノ”をいかにして捨てていくかが描かれる。安達が捨てられない “モノ”たちは、臼田あさ美、梶原ひかり、片桐はいり、加藤諒、貫地谷しほり、北村匠海ら豪華な俳優たちによって擬人化される。 ■「同情するならカネをくれ」で一世風靡(ふうび) “天才子役”の地位を確立  今年9月で39歳となる安達だが、2歳のころからモデルを務めており、今年デビュー36周年を迎える大ベテランだ。まずお茶の間で大きな話題となったのが、ハウス食品「カリー工房」のテレビCM。オンエアは1991年ということなので、安達が小学校中学年ぐらいのころのCMだが、小林稔侍がカレーを食べているところに「お父さん、ほらうまくできたでしょ」と「ぐ」の字が大きい“どんぐり”と書かれた習字を見せる“どんぐり眼”の安達。「具が大きい」のフレーズとともに、安達のかわいらしい姿は大反響を呼んだ。  1993年公開の『REX 恐竜物語』では、映画初出演ながら主演を務め、配給収入20億円を超えるスマッシュヒットを記録。天才子役と称されると、翌1994年には野島伸司企画の連続ドラマ『家なき子』(日本テレビ系)で、養父から家庭内暴力を受ける少女・相沢すずを演じ「同情するならカネをくれ」というフレーズは、新語・流行語大賞(現ユーキャン新語・流行語大賞)の年間大賞に選ばれるなど、社会現象にもなった。@@separator■20年ぶりの主演作で激しい濡れ場に挑戦 広がり続ける役柄の幅  その後も『ガラスの仮面』(テレビ朝日系・1997年)で、天才女優・北島マヤ、『青い鳥症候群』(同系・1999年)で主演を務めるなどコンスタントに女優業を続けるなか、24歳のときに結婚すると、出産、離婚、そして再婚を経験するなど、大人の女性としての人生経験も積んでいく。  そんななか、映画『家なき子』(1994年)以来、20年ぶりの主演映画『花宵道中』では、女郎役に扮し、劇中では激しい濡れ場も披露。女の情念を大胆に演じ切った。  スクリーンで魅せる艶めかしさは、安達の持つ“かわいらしい”イメージに新たな魅力を加えた。その後は、グッと役柄の幅も広がり、かわいらしい役はもちろん、『婚外恋愛に似たもの』(dTV・2018年)では、普通の専業主婦が、アイドルオタクに変ぼうする役を演じ、連続ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系・2019年)では、深田恭子演じる人生や恋に悩む予備校教師・春見順子の親友でキャバクラオーナーの松岡美和として、姉御肌のサバサバキャラを好演した。 ■セルフメイク動画が大反響 女性の憧れの存在に  さらに前述したように今年39歳を迎えるが、安達の変わらぬ若さと可れんさは、多くの女性から羨望のまなざしを向けられている。昨年YouTubeで公開したセルフメイク動画は541万回再生を突破(2020年4月17日現在)し、「2児の母とは思えないみずみずしさ」と大反響を呼んだ。  『捨ててよ、安達さん。』放送決定に際して安達は「自分の役を演じるという、なかなか巡り合えない、おそらく最初で最後の機会。どこが私の素に近く、どこが演じている部分なのか、曖昧な狭間を楽しんでいただけたら」とコメントしている。子役としてブレイクし、年を重ね、今や女性から憧れの存在として充実一途の彼女が、どんな表情を見せてくれるのか、今から楽しみだ。(文:磯部正和)

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access