クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

遺留捜査 関連記事

  • 『遺留捜査スペシャル』場面写真

    上川隆也主演『遺留捜査』スペシャルで復活 ゲストにえなりかずき

    エンタメ

     俳優の上川隆也が主演を務め、9月に第5シリーズの最終回を迎えたドラマ『遺留捜査』(テレビ朝日系)が、早くもスペシャルで復活。えなりかずきが民俗学者役でゲスト出演することが分かった。もともと同作のファンだったというえなりは「初日に斜めがけバッグを背負った上川さんにご挨拶した際、糸村さんにしか見えなくて、“テレビと一緒だ!”と感激しました(笑)」と語っている。@@cutter 『遺留捜査』は、超マイペースで空気を読まない不思議キャラの刑事・糸村聡(上川)が、事件現場に残された遺留品からメッセージを読み取り、事件を解決するとともに遺族の心情をも救う姿を描く人気シリーズ。今年9月まで放送されていた第5シリーズ最終回の視聴率は13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東)を記録した。  スペシャル版の舞台となるのは、滝つぼから修験道者の水死体が見つかった「つぐは村」。天狗伝説が残るこの村に向かった糸村は、フィールドワーク中の杉田義明教授(えなり)と出会う。一方、京都府警のホストコンピューターが何者かに不正に侵入され、捜査資料がとある人物にハッキングされる事態も発生。“天狗伝説”と“ハッキング”という、ある意味“対極”ともいえるような2つの断片を糸村はどう結びつけていくのか。  今回、民俗学者に扮するえなりは「大学で民俗学の授業を取っていて、民俗学の先生方も生で見て、こういう学問の世界があるんだ~と、漠然と受けていた授業が役に立ってよかったと思いました」と大学生時代を回顧。役作りについては「ニコニコしているけど何を考えているかわからないという人物がわたくしの知り合いに2名ほどいて(笑)、その方々をイメージしながらやらせていただきました」と語っている。  「『遺留捜査』の世界の内側に入ることができてとてもうれしかったです」と大喜びのえなりは、「隔絶され、独特の文化を発展させた村での事件が描かれているので、いつにも増してスリルを味わえる作品だと思います。一緒に“つぐは村”に行った気持ちになって、サスペンスの醍醐味をぜひ味わっていただきたいです」と本作をアピールしている。  『遺留捜査スペシャル』は、テレビ朝日系にて11月11日21時放送。

  • 『遺留捜査』最終回で『科捜研の女』とコラボ

    『遺留捜査』上川隆也×『科捜研の女』沢口靖子コラボ 21年ぶりの共演実現

    エンタメ

     上川隆也が主演を務めるドラマ『遺留捜査』が、ドラマ『科捜研の女』と“奇跡のコラボ”を行うことが分かった。沢口靖子演じる榊マリコが『科捜研の女』を飛び出し、『遺留捜査』の世界に出現する。@@cutter 『遺留捜査』最終回2時間スペシャル(テレビ朝日系/9月13日20時)は、ベンチャー企業の社長が爆発物によって殺害された事件を発端に展開するストーリー。巨額の富を生むバイオサイエンス研究をめぐる殺人なのか、糸村ら“特別捜査対策室”のメンバーが事件を追うが、その“特対室”にマリコがふらりと現れる。マリコが他作品に登場するのは、19年の歴史を誇る『科捜研の女』史上初。上川隆也と沢口靖子は、なんと今回約21年ぶりのドラマ共演を果たす。  このコラボを発案したのは、上川と科捜研研究員・村木繁役の甲本雅裕。上川は「昨年から、村木さんの活動場所として、『科捜研の女』のセットをお借りして撮影していたんです。それならば『科捜研の女』のどなたかとすれ違うようなクロスオーバーが起きてもおかしくないでしょうと、常々、軽口混じりに話していました」と言うが、「まさかマリコさんが来てくださるとは…」と実現に驚愕したと話す。沢口は上川からの熱いオファーに「同じ“京都府警”を舞台にした作品ですから、とても楽しい企画だなと思いました」とノリノリで快諾したことを明かした。  今回のコラボに対し沢口は「糸村さんは“遺留品”、マリコは“物証”と、こだわるものはそれぞれ違いますが、信念を持って行動する一匹狼的なところはとても似ていると思います。糸村さんには“これからも負けないで”とお伝えしたい」と上川演じる糸村にエール。  一方上川は「糸村からすると、おそらくいつ科捜研に行ってもマリコさんは外出されていて、ずっとすれ違ってきた存在だったのではないでしょうか…。今回お会いできて、僕としても糸村としてもひとしおの思いがありました」と念願かなって邂逅した喜びを語り、なんと「次回は糸村が科捜研に行きます」と、“再コラボ”を力強く宣言した。  ドラマ『遺留捜査』最終回2時間スペシャルは、テレビ朝日系にて今夜9月13日20時放送。

  • ドラマ『遺留捜査』完成披露試写会&舞台挨拶に出席した上川隆也(左)と栗山千明(右)

    上川隆也がドラマでロッククライミング 栗山千明「私がソワソワ」

    エンタメ

     俳優の上川隆也と女優の栗山千明が6日、都内でドラマ『遺留捜査』(テレビ朝日系/7月12日スタート、毎週木曜20時)完成披露試写会&舞台挨拶に出席した。本作の撮影でロッククライミングに挑戦したという上川は、「気持ちを新たにして臨んだ場面でした」と振り返った。@@cutter 本作は、2011年から続く連続ドラマシリーズの第5弾で、京都を舞台に上川演じる刑事・糸村聡が事件現場に残された“遺留品”にこだわり、被害者が訴えたかったメッセージを読み取って解決していくミステリードラマ。捜査一課からやってきた新メンバー・岩田信之(梶原善)が今シーズンから加入し、さらなる難事件に挑む。  上川演じる糸村は、遺留品のためであればどんな場所にでも行ってしまうという男。それだけに、上川はこれまでにも本シリーズでさまざまなアクションにチャレンジしてきた。今シーズンでは、初回冒頭からロッククライミングに挑戦し、高さ20メートル以上の岩を登る。  断崖絶壁ともいえる岩山に登る撮影について上川は「そもそも、糸村が何をしでかそうと僕自身は驚きはしないんです。遺留品が目的となると彼は何をするかわからない男なので、台本を読んでも『ロッククライミングなんだ』ぐらいしか思わなかった」とひょうひょうと話したが、それでも、さすがに岩山を前にしたときは「ここを登るのか…という(不安な)思いにはかられました」と苦笑い。  さらに、撮影前日には雨が降っていたそうで、「岩の壁面がそこそこ濡れていて、滑りやすい状況だったので、覚悟というほどではないですが、気持ちを新たにしました」と撮影の裏側も明かした。  一方、そんなロッククライミングシーンの撮影を岩の下から見ていたという栗山は「上川さんは全然平気とおっしゃってましたが、私自身が高所恐怖症なので、見ている私がソワソワしました」と思い出したように表情を歪め、会場からは栗山に共感する声が上がっていた。  ドラマ『遺留捜査』はテレビ朝日系にて、7月12日より毎週木曜20時から放送。

  • 『遺留捜査』第5シリーズより

    上川隆也主演『遺留捜査』第5シリーズ決定 新メンバーに梶原善

    エンタメ

     上川隆也が主演を務めるドラマ『遺留捜査』(テレビ朝日系/毎週木曜20時)が7月よりスタートすることが決定した。新シリーズからは新たなメンバーを迎え、上川演じる主人公・糸村聡がさらなる難事件に挑む。@@cutter 本作は、遺留品に込められた最後のメッセージに耳を傾け、被害者の想いと事件の真相に迫る刑事・糸村聡(上川)の活躍を描くサスペンスドラマ。昨年7月に放送された第4シリーズから一年、難事件を鮮やかに処理することから“火消し”と呼ばれる京都府警“特別捜査対策室”、通称“特対”に、捜査一課から引き抜かれた新メンバー・岩田信之が加入する。  猪突猛進タイプでプライドの高い岩田を演じるのは、確かな演技力に定評がある梶原善。栗山千明、戸田恵子、永井大ら、前シリーズの特対メンバーが再集結するほか、第1シリーズからレギュラー出演してきた甲本雅裕も引き続き登板する。  主演の上川は「『遺留捜査』という少し変わった刑事ドラマが、これまで続いてきた事が、既に希有な事だと思います。それがさらに一つシーズンを重ねる事ができる。やはり、有り難い以外の何物でも無いと思います」と、喜びを明かす。「これまでと変わることのない『遺留捜査』と、ほんのちょっと変わった『遺留捜査』。この物語はシーズンの毎に、こんな不思議な幕の開け方をしてきました。今回も、『変わらないけれど変わった遺留捜査』が5回目のシーズンを迎えますが、皆様はどうぞ変わらず、お楽しみ下さい」とメッセージを寄せた。  一方新メンバーの岩田を演じる梶原は「この『遺留捜査』は大人気シリーズで個性あふれるメンバーがそろう上、京都での撮影とあって、楽しみで仕方ないですね。僕は、寒い冬の京都より、夏の京都が大好き。空いてる時間は、町をプラプラするのが楽しみです」と撮影に期待を寄せる。また「上川さんとは約10年ぶりの共演ですが、その10年間の空白を少しずつ埋めていきたいと思います。新参者ですが、素早くチームに溶けこめるようがんばります」と意気込みを語っている。  ドラマ『遺留捜査』はテレビ朝日系にて、7月より毎週木曜20時放送。

  • 上川隆也、『遺留捜査』の制作記者会見に登壇

    上川隆也、『遺留捜査』糸村の姿で登場「新しさと変わらないところ両方を楽しんで」

    エンタメ

     俳優の上川隆也が、5日に都内で行われた新ドラマ『遺留捜査』(テレビ朝日系/毎週木曜20時)の制作発表会見に登場。この日は七夕前ということでキャストたちは色とりどりの浴衣姿で登壇するなか、上川は役柄スーツに鞄を斜め掛けした糸村の衣装で姿を見せた。@@cutter 本作は、事件現場に残された“遺留品”が持つ意味を徹底的に探り、声なき遺体が訴えたかったメッセージを代弁することで事件を解決するだけでなく、遺族の心情をも救う刑事・糸村聡(上川)の活躍を描く第4シーズン。  糸村は警視庁月島中央署から、強行犯捜査を担う京都府警捜査一課の中にあって、特殊な事情のある案件に優先的に投入されるチーム“特別捜査対策室”、通称“特対”に着任し、様々な事件を解決していく。  上川は今回の見どころとして「舞台が京都に変わったうえで、それでも遺留捜査という変わらないものを進めていく。新しさと変わらないところの両方を楽しんでいただければと思います」と語る上川はキャストの中で唯一、役柄の糸村の衣装で登場。「変わらないものの象徴で」と微笑んだ。  七夕前ということで、登壇キャスト全員が短冊に願いごとを記入する場面も。上川が書いたのは“適度な暑さ及び降雨”で、「京都でのロケがスムーズに進み、かつ快適にみなさんが撮影に臨むことができるようにと願って」との思いとのことだ。  キャストたちが遺留捜査と同様にこだわりのあるものについて問われると、上川は「愛犬の健康です。メスなんですけど、彼女がいないと僕の毎日はもう立ちゆかないので」と熱く語った。  また栗山千明は「私は洋服などについているタグがないと眠れないタイプでして、そのタグにもこだわりがあって、硬めのアメリカ製のタグを触りながら就寝するのが日常です」とかなりマニアックな答えをし、周りを驚かせると、段田安則は「栗山さんのタグになりたい」と話し、笑いを誘った。なお記者会見には永井大、甲本雅裕、戸田恵子も登壇した。  ドラマ『遺留捜査』第4シーズンは、テレビ朝日系にて7月13日より毎週木曜20時から放送。

  • 上川隆也主演『遺留捜査』、2年ぶり復活!“新バディ”栗山千明が参戦

    上川隆也主演『遺留捜査』、2年ぶり復活! “新バディ”栗山千明が参戦

    エンタメ

     俳優の上川隆也が主演を務め人気を博したテレビドラマ『遺留捜査』が、2年ぶりに復活し、上川演じる主人公・糸村刑事の新たな相棒役として、栗山千明が出演することがわかった。栗山は「糸村さんの個性的な面が強調されるようになれば…と思いながら演じています」とコメントしている。@@cutter 本作は、事件現場に残された“遺留品”が持つ意味を徹底的に探り、声なき遺体が訴えたかったメッセージを代弁することで事件を解決するだけでなく、遺族の心情をも救う刑事・糸村聡(上川)の活躍を描く人気ドラマの第4シーズン。糸村は、警視庁月島中央署から京都府警捜査一課特別捜査対策室に異動。強行犯捜査を担う京都府警捜査一課の中にあって、特殊な事情のある案件に優先的に投入されるチーム“特別捜査対策室”、通称“特対”に着任し、様々な事件を解決していく。  糸村とコンビを組む女性刑事・神崎莉緒役で初参戦となった栗山は、「まっすぐで真面目で真っ当な刑事。だからこそ、糸村さんの個性的な面が強調されるようになれば…と思いながら演じています」と意気込む。見どころについては「糸村さんは、やはり人とは違う視点をもっているところが面白いですね。糸村さんの捜査からは、事件の奥に隠れた人の想いを感じることができます。新シリーズもそんなストーリーが詰まっていますので、ぜひ楽しみにしていて下さい!」とアピールしている。  一方の上川は「シリーズがはじまって6年が経ちますが、糸村という男は変わらないな、としみじみ感じます。そのあまりの揺るぎなさに、感心すら覚えました。糸村の奔放な感性は、僕が演じてきたほかのどんな役ももっていないもの」とコメント。また、「糸村という男の変わらなさ、奔放さは、僕が演じてきたほかのどんな役にもないもの。6年を経て糸村という役の“唯一感”ともいうべきものを強く感じています」と役柄への思い入れを語っている。  『遺留捜査』第4シーズンは、テレビ朝日系にて7月より毎週木曜20時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access